スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業が求める人材とは・・・エリート教育の実態

前回は教育にお金をかければかけるほど、ばかが増え、
その上お金だけはがっぽりもぎ取られていく、という趣旨の記事を書きましたが。

そういえば、地元にこんな学校がありました。
すっかり忘れていましたが・・・

special-school-kairyou[1]

====================================

支配者が支配者のために作った
海陽学園は教育格差の頂点
あなたは名古屋のほうにある
「海陽学園」 という学校をご存知でしょうか?

http://finalrich.com/sos/sos-education-special-school.html


1期生を東大に13人も合格させた『海陽学園』
--設立母体のトヨタやJR東海が
生徒育成に積極参加
  2012年03月16日12時21分
http://pika2.livedoor.biz/archives/3900279.html

800px-Kaiyo_Academy[1]

2006年にできたエリート校で、全寮制の中高一貫、男子校だとかって、
地元ではローカルニュースでやっていた(過去形?)ので、
皆さん知っていると思うんですけれど、
ネットのウワサを見てみると、私としてはやっぱりというか・・・

===================================引用はじめ

【海陽学園の実態】 Version 2.0
・学費がべらぼうに高い
・ゲーム機器、漫画、自転車、カード等々は持ち込み禁止。自転車は各寮に共用として5台のみ。
・音楽CDは5枚まで
・学習参考書以外の本は10冊まで。本は海陽学園の検閲を通った図書館の本を利用させるため。
・発信機付きの携帯端末を持たされるので、居場所が筒抜け。しかも電子錠の開閉を端末でするため、持たずにすますことができない。
・端末はPHSになっているが、生徒が発信することはできず、着信も指定された番号からのみしかできない。
・週末の帰宅は保護者の送迎が必要
・週末の外出は本人が管理者に申請し承認を受け教職員が引率することによってのみ許可される
・何を食べたかまで記録され、管理される。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私個人的には、海陽学園というのはとても素敵な学園だと思っています。
が、先日、知人が、海陽について塾の室長に尋ねたところ、以下のようなことを聞いたそうです。
海陽学園を志望するにあたって気になっているので、どなたかご存じないでしょうか。

生徒の自立性も尊重した全人格的な教育を謳ってはいるものの、結局は、進学実績偏重のガチガチ管理教育で、東京の私立難関校における自立尊重とは対極にある。

生徒のレベルは毎年右肩下がりで、今年は定員の半分ほどしか埋まらなかった。
そのため、1期生の進学実績に学園の存亡がかかっており、生徒はますます勉強を強いられて、息切れする者もいる。
息切れした生徒は、退学して転校してもやはり勉強する気が起きず、親は困っている。
成績の良い生徒の中にもすでに息切れし始めている者がおり、このままでは大学受験前に失速して、まさかの不合格者が多くなることを心配している。

ただ、世の中にはいろいろな生徒がいるので、中には海陽が合っている子もいて、そういう例外的な子には海陽はいいかもしれない。
けれど、その見極めは非常に難しく、最低でも半年くらいは寮生活を体験しないと、ほんとうの意味での海陽適性は見極められないだろう。

=================================引用終わり

蒲郡といえば、ずっと昔に管理教育のメッカとして、悪名をとどろかせた
岡崎、豊田に近い地域でもあります。
(刑務所じゃあるまいし、と言いたくなるような生活を
莫大なお金をかけて子どもに強いるんでしょうか)

全寮制で年間300万円以上、6年間のトータルで2000万円ぐらいかかるらしいです。

いや、いいですよ、お金持ちの人たちが何にお金を使おうと・・・
それに、こういう学校が合う子どももいるでしょう、それはそれでいいのですが・・・

(子どもの皆さん、おかしいのは大人ですよ!!)

しかし、支配者が支配者のために作った(私に言わせれば)ムショ・・・・
その(支配者の)発想の貧困さに、寒気がします。

中部地方の・・・ということはこの国を牽引している、大企業が、
こういう人材を(エリートとして!!)求めているということです。
これらの企業は、ムショの出身者を積極的に(エリートとして!!)
採用していくことでしょう。
じゃなきゃおかしいですよね。

採用には、創造だとかフレンドリーだとかグローバルだとかそういう人材を求める、
とか企業が言っているのは表向き。
真っ赤なうそでしょうね。
target[1]

企業がどんな人材を求めているのか、本音が見えるというものです。
求めるのは(リーダーだか、支配者だかしらないが)人じゃない、
つまりロボット。

いつまでこんなことの繰り返しをやっているんでしょう。
この国を代表する、企業の行く末が心配です。

教育工場の子どもたち (講談社文庫)教育工場の子どもたち (講談社文庫)
(1986/09)
鎌田 慧

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

以前テレビで特集してましたよー(>_<)
気味の悪い学校だと思いました。

  • 2012/06/06 (Wed) 00:39
  • あさり #-
  • URL
No title

あさりさん、
気味が悪いですよね。

  • 2012/06/06 (Wed) 07:24
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/06/07 (Thu) 00:50
  • #
No title

私も、今日の週刊誌の見出しで、知りましたが、
可能性がある、というだけで騒ぎすぎというか、
すごいコメントですね。

隠す必要もないんですが、
それは子ども本人のプライバシーで、家族の問題ではありませんから、
親といえども、慎重になっていただきたいですね。

  • 2012/06/07 (Thu) 08:04
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。