体罰はなぜいけないか・・・そして、児童相談所を叩く人たち

体罰を肯定する人たちが、児童相談所を叩き始めるとは・・・
思ってもいませんでした。 そこまでするんだ~
怖いですねー


前回の記事の続きです。


一応母親の立場で当ブログを書いています。

他のブログもよく読みますが、
一見普通のお母さんのブログ、と思って読んでいると、
戸塚ヨットスクールを支援する会のリンクがデカデカと張ってあったりすると、
ドキッとします。ぶるぶる・・・心臓に悪いです。

(こういうの)↓
sien2[1]



西村眞悟の長男が飛び降り自殺したという事件は、記憶に新しいのですが、
西村眞悟は戸塚ヨットスクールを支援する会の発起人だったんですね
知らなかったです。

===================================引用はじめ
萃香の寝ゲロ
http://blog.livedoor.jp/rockshock5893/archives/51657860.html
2011.1.180:31

【狂った教育】石原は戸塚ヨットスクールを支援する会の会長【支援します】

「戸塚ヨットスクールを支援する会」発起人の西村眞悟さんの長男が、
うつのため自宅から飛び降り自殺されました。

西村真悟議員長男“飛び降り自殺”
http://chae01jp.seesaa.net/article/78230104.html

西村さんは、早いうちに長男を戸塚ヨットスクールに入校させていれば、
このような悲劇は起こらなかったのではないでしょうか

戸塚ヨットスクールを支援する会
http://www.kyouiku-saisei.com/
■発起人・理事一覧
会長:石原慎太郎(東京都知事)
伊東四朗(俳優)、伊藤玲子(鎌倉市議会議員)、植芝守央(合気道道主)、鍵谷武雄、
加瀬英明(外交評論家)、上之郷利昭(ジャーナリスト)、河西善三郎、
木下吉信(大阪市議会議員)、国重光煕・晶(㈱トリム)、栗原俊記、
古賀俊昭(東京都議会議員)、小嶋一碩(千草ホテル)、小林則子、小室直樹(作家)、
近藤建(㈱ピコイ)、榊原康三(西尾市議会議員)、澤龍(サワズ㈱)、
信楽充男(㈱雍州路)、篠宮良幸、嶋崎和明(嶋崎犬猫病院)、白岩正通(白岩工業)、
鈴木和孝(鈴木コーヒー)、鈴木絢詞、高池勝彦(弁護士)、高花豊(テイケイ㈱)、
田代ひろし(東京都議会議員)、立川談志(落語家)、田中健介(㈱ケン・コーポレーション)、
田中博政(共栄コンクリート㈱)、柘植久慶(作家)、津田佐兵衛(㈱井筒八ツ橋本舗)、
土屋たかゆき (東京都議会議員)、寺岡直彦(㈱てら岡)、戸塚マツ、殿岡昭郎、
中澤茂和(月曜評論社)、中村ロク郎(有倫間学園)、中村実(船橋市議会議員)、
★西村眞悟(衆議院議員)、日野晃(武道家)、福原寿万子(福原病院)、堀本和博(㈱世界日報社)、
眞鍋晃篤(自民党)、水島毅、南丘喜八郎(㈱K&Kプレス)、南出喜久治(弁護士)、
三宅博(八尾市議会議員)、三輪和雄(日本世論の会)、茂木弘道(㈱世界出版)、
森下敬一(自然医学会)、山本善心、横田建文、渡辺正廣

少数の学校なのに少なくとも7名が死亡
# 1979年 少年(当時13歳)が死亡
# 1980年 入校4日目に暴行により青年(当時21歳)が死亡
# 1982年 少年2名(当時15歳)が船から海に飛び込んだとして行方不明
体罰から逃れるために飛び込んだとして監禁致死で起訴
# 1982年12月 少年(当時13歳)が死亡。入校一週間で暴行を受け、戸塚宏とコーチらはヨットから何度も海に落とし、死亡。この間、一切治療は行われなかった。
傷害致死で起訴された。
* 2006年10月 - スクールからいなくなった訓練生の25歳男性が、知多湾で水死体となって発見される。
* 2009年10月19日、戸塚ヨットスクールの寮内にて、訓練生の女性が寮の3階より飛び降りて死亡した。

〔この後、2011年12月、2012年1月と立て続けに事件が起こっているわけです〕

〔中略〕

石原は狂っている

======================引用終わり〔 〕内はフォーミディブル

名簿は古いので死んでしまった人もいるようですが、
石原慎太郎、西村眞悟は、まだやってるし、
南出喜久治も、しっかり名を連ねていますね。

まあ、西村真悟が長男を、戸塚ヨットスクールに入れたとしても、自殺の場所が
赤坂議員宿舎から、戸塚ヨットスクールの屋上に変わっただけのことでしょうが・・・

oZUKLo2c[1]


そういえば、この会とつながりがあるらしい、
船瀬俊介の中学生の子どもも、いじめられ、
亡くなったという事件があったと、思い出したので、調べてみました。
古い事件なので痕跡しかありませんが・・・

興味深いものなので、こちらのリンクからぜひ読んでみてください
http://mimizun.com/log/2ch/news/982099429/
===========================引用はじめ
埼玉医大医師女子中殺人罪で告訴

1 :george:2001/02/14(水) 06:23
先日、癌でもないのにかかわらず抗癌剤を過剰投与され女子高生を殺害した
埼玉医大で今度は女子中生を殺害したとして殺人罪で刑事告訴された。
http://www.yomiuri.co.jp/04/20010213ic29.htm
2 : :2001/02/14(水) 06:25
病院にはいきたくない。
3 :ななし:2001/02/14(水) 06:26
買ってはいけない書いた人らしいよ。
娘は確かにいじめられそうな感じだ。
4 :名無し:2001/02/14(水) 06:28
この女の子かわいかったよね。
画像きぼん
5 :ほい:2001/02/14(水) 06:31
なんでいじめられてたんだろか。
喋り方が変とか?
6 :竹中:2001/02/14(水) 06:35
イジメた奴、ぶっ殺してやる!
7 :age:2001/02/14(水) 06:57
買ってはいけないものはわかっていたが行ってはいけない病院は知らなかったのか。
8 :名無しさん23 :2001/02/14(水) 06:59
娘を使ってまでも煽るんだな、この作家は
9 :名無しさん23:2001/02/14(水) 07:03
合法的殺人と主張していたのが哀れ。
10 :なんで:2001/02/14(水) 07:03
「買ってはいけない」の著者が娘を薬で直そうとしたんだ?
心の病なのに・・・今回は医師に同情。
11 :名無しさん23 :2001/02/14(水) 07:04
>9
今度の作品は「合法的殺人」だったりして
12 :名無しさん23:2001/02/14(水) 07:08
鬱病の人って、スゴイ自殺願望あるでしょう。
だから亡くなった中学生が1番求めてたものではないの?

13 :age:2001/02/14(水) 12:18
あれだけの本を書いておきながら埼玉医大を選ぶとは、わけわからん。
14 :nanasi:2001/02/14(水) 12:28
>13
「買ってはいけない」の巻末で対談している医者のところに
入院させればよかったのにね。
添加物のことは詳しく調べているのに、なんでクスリの成分や
副作用は自分でしらべなかったのか?

15 :ななし:2001/02/14(水) 12:31
買ってはいけないがブームのとき、TVに出てたよ。
自然食品だけの冷蔵庫とか見せてた。ちらし寿司を
作って食べていたが、レポーターが「甘くないですね」
と言ってた。まずそうだったよ。
長女に「お菓子とか食べたいと思わない?」と聞くと
即座に「食べたい!」
体にいい食事したって死ぬんだから、お菓子くらい
食べさせてあげればよかったのに・・・

16 :名前の無い存在:2001/02/14(水) 12:45
親の因果が子に報い
17 :名無しさん23 :2001/02/14(水) 12:48
>>16
同意ーーーーー。

18 :名無しさん23:2001/02/14(水) 13:07
「買ってはいけない」は最近ではナンバーワンのトンデモ本。

「恐るべき漢方薬 正露丸」という項目の最初に、共著者の三好基晴とかいう
医師が

> 「漢方薬は自然のものだから副作用がない」とか、「4000年の歴史があ
> る漢方薬は副作用がないから、長年飲んでも安全」と信じている人が少なく
> ないようだ。しかし、漢方薬も薬である以上、必ず副作用がある。トリカブ
> トやフグの毒のように、天然で自然のものにも毒はあるのだ。薬というもの
> はすべて一時抑えの対処療法であり、「薬は本質的に毒」である。

と書いている。船瀬俊介は自分の書いた本も読んでいないのか?

19 :名無しさん23:2001/02/14(水) 13:11
氏んだ娘を使って売名行為とは許すまじき行為
20 :まぁ:2001/02/14(水) 13:13
こんな親に育てられたら心を病むのも理解できるな。
この父親こそ訴えられないものか???
21 :名無し:2001/02/14(水) 14:16
評論家船瀬俊介さん(50)
こいつが変人だから娘が重度の鬱病になったんだろう?
医者はその鬱病を治そうとしただけで殺そうとしたわけじゃないだろ。

親のせいで娘が病気になって死んだが結論。
22 :因果応報:2001/02/14(水) 14:20
この赤には笑った。
自分の子が基地外のなったのは親がキチガイだからなのにな。
医者には同情するよ。
23 :ななし:2001/02/14(水) 14:23
「買ってはいけない」商品には詳しくても
「逝ってはいけない病院」までわからなかったのか、大バカ。
オマエのせいで娘いじめられてたに違いないのに。
自分の罪深さを思い氏れって。


================================引用終わり

参考までに、こちらもどうぞ
埼玉医大医療過誤・損賠訴訟:被告に執行猶予判決 
父親、「実刑に」と訴え /埼玉
http://fujiken.txt-nifty.com/shakaihosho/2005/07/post_5795.html

今回の、滋賀のいじめ事件でも、船瀬はもっと前面に出て、
いじめを糾弾してもいいはずです。なぜしないのでしょう。
いっていることが反対です。
児童相談所に、「もっとしっかり、いじめっ子(暴力)を取り締まれ」
ぐらいの事をいっていいはずです。

彼らは体罰を肯定しているので、いじめっ子も肯定しなければなくなります。
いじめっ子を肯定し、いじめられっ子を否定しているので、
船瀬俊介は、いじめられっ子である自分の娘を、病院へブチこんでも、
ひどい薬を飲ませても、悪いことをしたとは思っていないでしょう。

仮に、児童相談所で、精神薬を飲ませるということがあったとして、
それがいけないことだったとして
埼玉医大で、いじめで不登校の自分の娘に、そういう薬を飲ませるのはOKなんでしょうか、
そして死んでしまったのは、医者が合法的殺人者だったからでしょうか。


出来の悪い娘に翻弄されたと、自分が被害者ぐらいにしか、思っていないかもしれません。
だから殺してしまった医者が悪いと執拗に・・・

・・・・アタマのおかしい人・・・・
彼らは言動が一致していません。
矛盾したことを平気で言います。

もちろん船瀬俊介(政治は詳しくないけれどたぶん西村眞吾も)の言っていること、
やっていることがすべて間違っていると言っているのではありません、

しかし健康オタクの、摂食障害者みたいなもの(AC)で、
言動が矛盾しているから、ガセもあるから、
(彼にとって大切な)信用を失い、世の中の混乱も招きます。
そして彼(彼ら)にとって世の中で一番大切なもの(わが子)を失います。
それが体罰、虐待(AC)の恐ろしいところです。


いささか古い、ソースを出してしまいましたが。
こういう人たちつまり、体罰を肯定する人たちが、
児童相談所を叩くようになるということは、
とても恐ろしいことではないかと思います。
今後も、その言動を、注視していく必要があると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する