ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5

前回の記事を書いていて、
ブログこらぁ~!責任者出て来いさんが紹介していた記事が気になって、
転載させていただきます。

私がホームスクーラーを支持する大きな理由のひとつに、こういうことがあるんですよね。

===============================引用はじめ
ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5
http://youpouch.com/2012/02/06/53534/
もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。
 
1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんによると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。
 
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだそうです。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。
 
4. 「友人関係を続けていれば良かった」
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。
 
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。
 
以上、どれも重く響く内容でした。これを読んで、あなたは明日からどう過ごしますか。
(文=阪井亮太)

==============================引用終わり

The-top-five-regrets-of-t-007[1]

最近私は、臓器移植はしないでほしいということ、がんになったら延命治療を拒否すること、
など自分の死に対する考えを、周りの人に伝えてきました。

それを聞いた人の、反応が、興味深いものでした。
もういいかげん、いい中年になった人でも、
「死」を語るということに、拒否感を持っている人がいます。

こういう人たちって、例えば「あなたのやりたいことって何?」と、訊いても
「わからない」といいます。
私から見ると、「他人に望まれるように」がすべてのような生き方に見えます。
「おあずけ人生」「ゴマすり人生」を生きてきたように見えます。

長い間おあずけを食らってきた、
つまり自分のやりたいことを何ひとつやってきていない。
周りからコントロールされることに、甘んじてきてしまった。

悔いが残るとは、こういうことをいうのではないでしょうか。
自分が求めてきた飛び切りのご褒美を、受け取っていないうちは、
「死」は語れないのでしょう。


前向きに生きるということは、とてもいいことです。
一日も長く生きようと思うのもいいことです。

しかし、人の評価ばかりを気にし、世間でうまくやっていくことだけを考え、
自分自身に忠実に生きてこなかった
自分を幸せにできなかった、ことによる、
生へのしがみつきは、悔いを残します。

前述の知人は、回復の見込みのない病気になり、治療も出来なく、
どうしようもなくなって、初めて「死にたくない!」と叫び始めました。

私は、人のため、つまり人に評価されるためにだけに生きてきて、
自分のやりたいことをやってこなかった、この知人に、
自分のやりたかったことは、何だったのか考えてほしくて
「あなたのやりたいことは何?」と、ずっと問い続けてきました。
でももう遅かったんです。


生へのしがみつきは、怪しい健康法、民間療法、宗教に依存したり、
医者や薬への依存につながり、かえって寿命を縮める結果になりかねません。


一日一日を、自分に忠実にに生きてきたか・・・
それでいいじゃないですか、
ご褒美なんて、幻想です。

やりたいことはやった。自分に忠実に生きた。
それなら、死に隣して悔いは少ないと思います。

一人一人が自分を(本当の)幸せにしてあげれば、
世の中の人々は全員が(本当の)幸せということになります。



マイケルジャクソンのマンインザミラー
まずは自分を変えようと、連呼している。
自分自身で問題を解決するんだ、と言っている。

そのとおり、叫んでいるだけでは、いつまで待っても、
誰も解決なんかしてくれません。

チェーンジ!!
それは明快なこと、
それはみんなわかっているはず。



カッコよくて結構好きな曲ですが。
これを聞くたび、いつも疑問に思うんですが、
マイケルにとって、自分を変えるとは、どういう意味だったのでしょう?
マイケルは、人を喜ばすために生きたけれど、自分にとってはどうだったのだろう?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する