スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネトウヨってどんな人?・・・ネットで横行する大人のいじめ

このところいじめ関係の記事を書いていたんで、
デヴィ夫人のブログも時々読んでいたんですが、
これは・・・なんというか・・・

ネットに流れていた画像を,勝手に正しいと思って使っちゃった様ですね。
使われた方は、良い人に間違えられるなら、まあ、謝れば済むことでしょうが、
犯罪もどきの人物と、間違えられたというのは、黙っていられないでしょう。

しかし、デヴィ夫人は、それに対して、
「売られたけんかは買います。」と、逆に、告訴したらしいのです。

=================================引用はじめ

デヴィ夫人を提訴へ!
大津いじめでブログに無関係女性写真掲載


スポニチアネックス 8月2日(木)7時57分配信

大津のいじめ問題に触れたブログで、無関係の女性の写真を掲載したデヴィ夫人

 滋賀県大津市で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとされる問題にからみ、タレントのデヴィ夫人(72)が提訴されることが1日、分かった。

 夫人は自身のブログでこのいじめ問題に触れた際、無関係の女性の写真を掲載していた。写真を使われたことで女性は「名誉が傷付けられた」としており、代理人弁護士は「来週中にも裁判所に訴状を提出する」としている。

 訴えを起こすのは兵庫県在住の女性スタイリスト(50)。

 代理人によると、夫人は「大津市のいじめ自殺事件」と題した7月10日付のブログに「とんでもないのが母親」と実名を挙げた上で「自分の息子を人権侵害もはなはだしいリンチ同様な事を平気でする人間に育て上げるとは!」などと母親のことを痛烈に批判。その上で女性の写真を掲載していた。しかし、そこに写っていたのはいじめたとされる同級生の母親ではなく、無関係の女性スタイリストのものだった。

 大津のいじめ自殺問題は7月初旬に問題化。その直後からインターネットの掲示板には、女性の写真が「母親」であるかのようにアップされていた。デヴィ夫人はその情報をもとにブログに取り上げたとみられ、ネット上で大きな話題となった。代理人は「デヴィ夫人は誤った情報を信じて書き込んだ。もう少し確認してから書くべき。社会常識として許されない」と憤っている。

=============================引用終わり

デヴィ夫人の、8月9日のブログ記事に、

【今日 午後3時に 東京地方検察庁 特捜部に
○○ ○○氏と スポーツ ニッポン紙に対して
「刑事告訴状」を 提出致しました。】
と書いてありました。

写真は削除した、ということは掲載されていたことは事実なんでしょうから、
スポニチ他の記事は事実なんだろうし、
この人は何度も、逆告訴とかをやっているリピーターのようですし、

一般常識で考えたら、謝らなければしょうがないことのように思いますが。

テレビなどの仕事もキャンセルされたとか書いてありましたが、あたり前だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところでネトウヨってネット用語がありますよね、
私ももう10年、ネットに書き込みなどをしていますが、

あまり政治の方には詳しくないので、
どういう意味だか深く追求することもなかったのですが
ウィキペディア、ネット右翼
http://ja.wikipedia.org/wiki/ネット右翼

簡単に言うとこういうことみたいですね。

E3838DE38388E382A6E383A8E381AEE5AE9FE6858B[1]

私的には、ネトウヨとは
イデオロギーがどうのこうのというよりは、
(政治なんてころころ変わってしまいますからね)
「ネットは真実で、マスコミは捏造」
「ネットの情報には捏造が多い、と言う人は、マスコミに洗脳された情報弱者」
・・・・と思い込んでいる人

ネット情報だって、元をたどっていくと、
マスコミの記事に、尾ひれがついているものだったりするわけですが・・・
出所がはっきりしない記事は、転載できませんからね・・・少なくとも私は。


f2a7833a-s[1]

または、
「これが正義」であり「真実」という信条、あるいは「ひとつの攻撃的な方向」、の元に、
ネット上で群れて、それで人間関係を保とうとしている人々。



もちろんマスコミは正しいことばかりを言っているわけではありません。
某大国による、マネー収集システムだとか、外資系の魂胆だとか、
そういうのがからんでいるのも事実だと思います。

もっと言えば、このいじめ事件の加害者の親なんて、実名も画像も出していいと思います。
けれども、それならそれで、立派な大人なんだから最後まで、自分で責任を持つべきだし、
絶対に間違えてはいけない事、というのもあるんです。



ネットはもう限界が見えている、と当ブログでも書いてきましたが・・・
ネットには、子どもに対する体罰はおろか、いじめの抑止力もないらしい、

私もいろんなサイトにお邪魔するんですが、
ネット上での大人のいじめが目に余ります。絶望的です。
正義(というものがあるのかどうかは知らないが)なら何でも許されるんでしょうか
嫉妬、あるいは誰かをかばったから、というのも子どもと同じ。


上の絵ではオタク風のお兄さんが描かれていますが、
そういうイメージじゃない人たち、が危ない。
○○夫人や、それを支持する人(そのブログに賛美のコメントをするような人たち
○○夫人に都合のよいコメントの数だけでも、ものすごいものです。
私が見たときは、万単位でした。アクセスも一位だそうです。)

いじめているのは立派な人たち、多分、年配者、セレブ?、
あるいは、ネットに不慣れな、コミュニケーション能力に欠ける人。
だから余計に始末が悪い、こういう人たちとは付き合いきれません、
オタクのお兄さんより怖かったりします。


私的にはネットの信頼性は、マスコミ以下です。
そうさせてしまったのは、ほかならぬ、ネット大好きな人たち、
ネトウヨたちではないかと思います。


当ブログに足跡を付けていってくださった。
田中さんのブログは参考になりました。
ありがとうございました。
田中のブログ(ただ今〇〇ィ夫人ヲチ会場)
セレブ夫人と(不)愉快な仲間たち

http://tanakatanakatatanaka.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
スポンサーサイト

コメント

自分もネトウヨですが

ネトウヨネトウヨだからキモイとかいうのはやめてください。
「ネトウヨ」とは言わないで「新世代右翼」と言ってください。
「ネトウヨ」は「ネトウヨ」なりに信徒神社や日本のことを守ろうとしているのに
某極右の機関誌ではネトウヨを非国民の売国奴のように書いていましたが、右翼と思想が若干ずれててもその辺は譲り合ってください。そうしないと、ああだからダメこうだからダメで守れるべきものも守れなくなりますよ。神道だって時代とともに事実上は宗教改革を指摘今に至ったのですから

  • 2012/08/13 (Mon) 19:17
  • 元・S #-
  • URL
No title

元・Sさん、

「新世代右翼」と「ネット右翼」は違うんじゃないかと思います。
ひとつの言葉にする必要はないと思います。

ウィキペディアの、「ネット右翼」から、ですが、
【あるいは思想傾向とは無関係に、たんにネット掲示板における投稿内容の匿名性や群集性のもつ攻撃的性向を、ある種の「右翼」的発言と揶揄するための造語。】

【(ネトウヨの影響力として)インターネットの大衆化にともないネット上での言論の偏りが集団的に増幅される傾向についてはキャス・サンスティーンが集団極性化やサイバーカスケードの可能性として指摘している。】

こういう、インターネットの持つ、集団極性化現象、リスキーシフトのような性向はいじめとつながるのではないでしょうか。
私の勝手な判断ですが、インターネットで大人のいじめをする人たち、を指すことばと
も捉えていいんじゃないかと思うんです。
これもいじめになりますか?

思想的な問題を言っているのではありません。
思想も宗教も自由です。
しかし、いじめたり、いじめを黙認してはいけないでしょう。
大人のいじめもやめてくれといわなけりゃ。
私だって個人的には、マイノリティーだし、いじめられる側。

ネトウヨという言葉が悪ければ、集団極性化、リスキーシフト、サイバーカスケードという言葉に変えます。

  • 2012/08/14 (Tue) 08:25
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。