スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体当たりなんていけないに決まってます

秋葉原無差別殺傷事件の加藤被告、
2審も死刑

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/590799/

秋葉原事件の被告に対し、二審でも死刑判決がでたということらしいですね。
日本の法律では、当然の判決といえると思います。

しかし、この事件が、いったい何を投げかけたのか、
朝日新聞9月13日朝刊に、興味深い意見が出ていたので、引用したいと思います。

================================引用はじめ
「結びつき社会に作れるか」
事件を取材・出版
中島・北大准教授に聞く


事件が投げかけたものとはなんだったのか。一審公判のほとんどを傍聴し、被告の友人や職場の同僚などに取材して、「秋葉原事件―加藤智大の軌跡」(朝日新聞社)を著した中島岳志・北海道大公共政策大学院准教授に聞いた。

 事件は、毎年3万人以上が自殺する社会に一直線でつながっているると思う。暴力が自らにではなく外に向かい、無差別殺人を起こした。「特異な人物による事件」とは思えない。
 手記には「孤立」という言葉が度々出てくる。仕事があり、居候できるほどの友達もいたが、彼は孤立感にとらわれていた。建前ではない「本当の人間関係」への欲望は誰にでもある。彼はそれをネットで実現しようとしたが、失敗した。
 手記には「誰かのために何かをさせてほしい」と思っていたとある。派遣労働で「お前の代わりはいくらでもいる」とつきつけれ続けた。部屋と職場を往復し、コンビニと牛丼屋に寄るだけの毎日。誰かのために存在しているという「かけがえのなさ」はなかった。
 彼は事件前に自殺しようとした後、車を止めた駐車場の管理人に「料金は年末まででいい」といわれ、働いて返すのが生きる目的になったと振り返っている。ちょっとした人とのつながりが、彼にとって「ミラクル(奇跡)」だったのだ。
 利害関係だけではない人との結びつきを、どれだけ社会につくれるか。これが事件が投げかけた問いだ。彼に似た思いを抱えて人は誰の身の回りにもきっといる。私たちは彼らに声をかけ、関係をつくろうとししているだろうか。
あれだけ騒がれた事件だが、もう誰も被告を見ていない。それでは事件の意味は生かされない。
 彼は死刑が執行されるときも後悔しないだろう。社会に希望はないと思っているからだ。5分だけでも彼に会い、「君が死ぬのを悔やむような社会を僕は作りたい」と言いたい。(聞き手・根岸拓朗)

==============================引用終わり

img_1609663_53179103_0[1]


もっともな意見だと思います。。

そして、ここには書かれていませんが、
親からの不適切な養育が問題であることはいうまでもありません。
「利害関係のない人間関係」その基本は親子の関係です。

このようなことを書くと、親から虐待を受けてきた人だって、
ほとんどの人は立派にやっているのだから、
それは問題ではないと言う人が必ず出てきます。

しかしナイフで無差別に刺すといったセンセーショナルな事件だけが問題ではないのです。
人を殺さなくたって、自分を殺せばそれは罪だと私は思います。
あるいは真綿でじわりじわりと首を絞めるように、あるいはお菓子に毒を混ぜるように
じわりじわりと人をあやめる・・・そういうのは多いです。

それも一般的に人格者とか、セレブとかいわれる人たちがやっていると
当ブログでも、例をあげて書いてきました。



たとえばこんなのもおかしいです。


本日9月15日の朝日新聞からです。
体罰の会とやらをやっている石原知事の言葉です。

==========================引用はじめ

石原知事「追っ払えばいい」
石原知事は14日の定例会見で「気が狂ってんじゃないかと思う。俺の物は俺の物、お前の物も俺のものという形でやられたらたまったもんじゃない」と中国を批判。「追っ払えばいいんだよ。体当たりしたらいいんだ」とも述べた。
 自らの言動が日中関係を悪化させているとの指摘に対しては「経済利益を失ったっていい。あの国の属国になることの方が、私はよっぽど嫌だね」と話した。
 新右翼団体「一水会」の鈴木邦男顧問は、最終的には国有化すべきだとの立場だが、石原知事のこれまでの言動には批判的だ。「いま国有化することは、危険な行動をとるよう中国に迫ることと同じだ」

============================引用終わり
05b40da1bc[1]

石原知事、政治には詳しくない私から見ても、めちゃくちゃです。
その辺の、酔っ払いのおじさんがしゃべっているのではありません
シロウトのネットの書き込みでもないんです。
政治家として、こんな外交があると思っているのでしょうか。
自分は傷つかないところにいるから、何でもいえるんです、

東京都が買い取っていたら、
東京都民は中国船に突撃させられるところだったのでしょうか?
(加藤は秋葉原でネットに巣くう、気が狂ったやからに、体当たり、攻撃をしました。)

石原知事の発言は、ほんとにネガティブ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

かげろうの家―女子高生監禁殺人事件 (追跡ルポルタージュ シリーズ「少年たちの未来」2)かげろうの家―女子高生監禁殺人事件 (追跡ルポルタージュ シリーズ「少年たちの未来」2)
(2012/07/04)
横川 和夫

商品詳細を見る

事件は風化させてはいけない、そこから学ぶべきものがあるから。
女子高生コンクリート詰め殺人事件は、凄惨な事件でした。



(画像は本文とは関係ありません)
スポンサーサイト

コメント

関係ないことであり無粋な話ですが

関係ないことで無粋なことかもしれませんが私は最近気づいたのですが思想はどうあれ私も石原や加藤智弘と似たところありますね。
発言自体が過激ですし。
 それだからエイプリルフールの日や、気に入らない奴や組織のブログには嵐をやりますしね。
 親に聞いてみたところ、普通の人は違い(そこまで言うか)とか思ったことをストレートにはっきり言ってしまう点では石原と似たところがあるいうところは幼いころからあって、それに私が気付いていなかっただけだそうです。
 最近では石原の発言に関して理解ないし共感できるものもありますし。(ただし彼を支持はしていませんよ。私は右翼でもリベラルですから。極右の思想には反対していますから。だから三島由紀夫は嫌いなんだ。)

  • 2012/09/15 (Sat) 20:26
  • 元・S #-
  • URL
No title

元・Sさん、

この、中島という人も、誰にでもそういう気持ちはあるよと、
いいたかったのではないでしょうか。
ネットが最後の砦だったんじゃないかなと、加藤の心もわかるような気がします。

でも、派遣社員の若者や、学生さんと、
都知事ともあろう人が一緒ではいけないと思います。
もっと大人になってもらわないと・・・

三島由紀夫ですか?
作品はどうってことなく読んでいます。結構えぐいのもありますが。
でもなぜ、自衛隊で割腹自殺したのかといった、思想的なものは、私には理解できません。

  • 2012/09/16 (Sun) 08:54
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。