心の痛みがない愛は偽り

9月19日朝日新聞の、耕論、愛国 より、書き写しです。

最初に書いておきますが、私はこのおじさん、どういう人かよく知りません。
右翼だとかなんだとか、そういう話は苦手だし、よくわからないからです。
過去にどういう言動をしていた人かも知りません。

しかしこの新聞記事は理解できます。
いい事言っていると思います。


ph02[1]

==============================引用始め
心の痛みがない愛は偽り
鈴木邦男さん、新右翼団体「一水会」顧問

私はこれまで、何千回と君が代を歌い、日の丸を揚げ、靖国神社にも何百回と参拝しました。日本で一番の愛国者だと自負しています。しかし回数を重ねたから自負しているのではありません。時に暴力で左翼勢力と闘い、あるいは共闘を目指し、思案を深める中で愛国者の資格について考えてきました。
 まず、よその国の人も自分の国を愛しているということです。日本人だけが愛国心を持っているわけではないのです。三島由紀夫は愛国と言う言葉は嫌いだ、愛は無制限であり、故郷で区切られた愛など愛ではない、と言っています。外国人が母国に抱く愛国心を理解し、その上で日本を愛する。自分の国がすべて、日本だけがすばらしいと言う考えは、思い上がった自国愛に過ぎません。ただの排外主義です。愛国とは最も遠いものです。
 もう一つは、愛は欠点も失敗も認めた上でいとしいと思う心だという事です。日本はアジア諸国に対し、弁解しようのない失敗を犯してきた。そこを認めずに日本は正しかった、悪い事はしていない。失敗を認める事は反日だと言いつのり、良いところばかり愛するのは愛国心ではない。心の痛みを伴わない愛国心は、フィクションにすぎません。
 韓国の李明博大統領が竹島に上陸し、天皇に謝罪を求めました。兄弟が逮捕され、支持率も低い。任期わずかの今、最後は愛国政治家と評価されて終わりたいと願ったのでしょう。可哀想な人です。日本との関係が冷えれば、韓国にとってもマイナスです。友好的な日韓関係を築き、経済的にもより豊かにするほうが、より友好的です。
 日本でも愛国を訴える政治家が多くいます。尖閣諸島や竹島の問題では、戦争も辞さない勢いで国民を扇動しています。愛国を訴えて立派な政治家と思われたいのでしょう。あまりに不純、卑劣な態度です。
 大局的に国益を考え、中国や韓国をやっつけろと騒ぐ世論を抑えるのが政治家の役割です。国民と一緒になって騒いでどうするんですか。非国民、国賊と呼ばれても、冷静に対処する覚悟がなければ、真の愛国者とは言えません。国民生活を豊かにできない自らの無能を隠すために愛国を利用する卑怯者です。
 本来、愛国心とは家族への愛、故郷への愛、その延長線上に位置するものです。しかし最近は自分と国家を直接、結びつけることが愛国だと考えられているようです。では売国だ半日だと同胞を暴力的に批判し、弱い者をいじめて家族や地域に嫌われる者が、本当の愛国者でしょうか。多様性、敵対性もすべて含めて抱きしめる心。それが、日の丸掲揚や靖国参拝の回数では、はかれない真の愛国だと思います。(聞き手・秋山惣一郎)

=============================引用終わり

この文章は理解できます。

国境にとらわれているのは、頭が古いです。

【国民生活を豊かにできない自らの無能を隠すために愛国を利用する卑怯者です。】
中国人であろうが、韓国人であろうが、日本人であろうが、はたまたアメリカ人であろうが・・・です。

私たちは、これを見破る能力が必要ですね。

また【本来、愛国心とは家族への愛、故郷への愛、その延長線上に位置するものです。しかし最近は自分と国家を直接、結びつけることが愛国だと考えられているようです。】
これも変な話。
大切な自分の子どもを、この国の将来をしょって立つ、子どもや若者を、
散々いためつけておきながら、愛国もへったくれもありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もう一つ大きな問題点は教育です。
中国や韓国では反日教育がされているようです。

特に学校教育ですが、日本でも他人事ではありません。
原発教育だとかなんだとか、
フクシマ原発事故直後は一時期問題にされていましたが、
やっぱり学校教育は洗脳なんです。
どこの国の人であっても
自分の国の教育は間違っていない、という思い込みはやめたほうがいいと思います。

一つの方向に偏ってしまう事は、本当に怖い事です。
それは中国や韓国を反面教師にするべきでしょう。

少なくとも、一斉(学校)教育でなければ、ひとりひとりが多様性を持つ事ができます。
それは暴走への歯止めになるはずです。
スポンサーサイト

コメント

引用してくださり、ありがとうございました。

こんにちは。初めて書き込みします。私もこの記事を読んで、「そうだ。自分もこういうことを言いたかったんだ。」と思ったのですが、うっかり処分してしまい、見つけたいと思ってあれこれ検索していました。このサイトで見つけることができ、また管理人さんのメッセージにとても共感できました。日本の学校も「空気を読め。」というのはあるかもしれませんが、基本的には先生も極力ノンポリで授業を進めて下さっていたと思います。自分の頭で「本当かな?」と考える気持ちを失わないようにしないといけませんね。すみません。とりとめなくて。ありがとうございました。

  • 2012/10/22 (Mon) 08:39
  • 中井 #-
  • URL
No title

中井さん、

読んでくだっさって、
こちらこそありがとうございました。

  • 2012/10/22 (Mon) 09:24
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する