石けんと合成界面活性剤

常在菌培養について書いています。

スキンケアの基本は、洗顔なんですが、
私は顔を1日1回石けんで洗っています。

市販の化粧水や、乳液など保湿系スキンケアには、
合成界面活性剤が入っているので、一切使いません。
保湿スキンケアをしなくても、お肌は自分では年齢のわりにはきれいだと思っています。

どちらも界面活性剤であるのにもかかわらず、
どうして石けんは普通に使うのに、徹底的に合界(合成界面活性剤の略)を避けるのかというと、
性質が違うからです。

石けんは牛脂、オリーブオイルや、ココナッツオイルなどの油脂に、
苛性ソーダや苛性カリといったアルカリ剤を加えて熟成させたものです。
石油系油や、ワックスでは作れません。

石けんはアルカリ性なんですが、酸性の肌の汚れと一緒になって中和されたり、
すすぎの水で薄められることによって、界面活性効果が速やかに無くなってしまうんです。
そして油汚れなどとなじんだ石けんは石けんかすとなって、無害なものとなります。
石けんかすは元が脂肪酸なので、肌の上に残っても、水に流されて微生物や水生生物が食べても、
もちろん常在菌が食べても問題になりません。


ところが中性の合界というものは、酸性の汚れと一緒になっても、水で薄めても、
界面活性効果が無くならないんです。
微量に肌の上に残った合界は永く界面活性効果を持ち続けてしまうんです。

界面活性効果というのは、水と油のように、本来は混じり合わないものを混じり合わせること。
界面という混じりあわないものの持つ境界線、つまりバリア、が無くなってしまうんです。
ですから本来は浸透しない化粧品や薬品の成分が、
(防腐剤や香料といった好ましくないものであっても)
合界によってバリアが破壊され皮膚から浸透してしまうんです。

石けんではこのようなことは起こりません。
しかし合界は植物性であっても合界の性質を持っているんです。
また皮肉なことに合界に殺菌効果があるというのは、テレビのCMでもがんがん流していますね。
殺菌効果も長く続くのでしょう。


環境にもよくありません。
生活廃水の中には合界が入っていて
生活廃水が流れ込む川などで泡が立って消えないことや、魚が浮くこともあります。


合界にも長所はあります、
硬水を使用をする場合、洗濯水の使い回しをする場合。
価格が安いということです。


天然の洗浄剤には、灰汁、石灰(アルカリ剤)、
植物などに含まれるサポニン(シャボンの語源となった。インドハーブのシカカイなどの成分)
等があります。
スポンサーサイト

コメント

合成界面活性剤!!

こんにちは。
はじめてコメントさせていただきます。

@コスメで、いつも読ませて頂いています。
ブログをなさっていると発見して飛んで参りました。

合成界面活性剤、怖いですね!!
以前、クレンジングシート(化粧落としシート)を
使っていたことがあり、「これはヤバイヤツだ」と気づき、
捨てるのがもったいないのでレンジ周りの掃除に使ったら
予想通り一般的なレンジ周り用の洗剤よりよっぽどピッカピカ☆
ヤカンは鏡面仕上げ☆になりました。
そして、素手だったため、手はかさかさ・・・
以来、クレンジングシートはしつこい油汚れ用お掃除グッズとなりました。

これから度々お邪魔させて頂きます!!
よろしくお願いいたします。
更新、楽しみにしております☆☆☆

  • 2011/10/09 (Sun) 16:30
  • 3時の母 #TUlcOVmM
  • URL
No title

おーっ!! 3時の母さんこんにちは、

使わないクレンジングシートの有効利用ですね。
うーんすばらしい!!

こんな古い記事まで読んでいただき、
ありがとうございました。

  • 2011/10/09 (Sun) 17:01
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する