親の虐待を暴露する子どもたち

J-CASTニュース

橋下大阪市長ウォッチ
「週刊朝日」に佐野眞一氏らが大型連載

2012/10/16 18:51

「日本維新の会」代表を務める大阪市の橋下徹市長を取り上げた大型連載「ハシシタ 奴の本性」が、首都圏で2012年10月16日に発売された「週刊朝日」10月26日号で始まった。

著者は、ノンフィクションライターの佐野眞一氏と同誌取材班。佐野氏は、いわゆる「東電OL殺人事件」でネパール人被告の冤罪をいち早く指摘したことで知られ、ダイエー創業者の故・中内功氏を取り上げた「カリスマ」、ソフトバンクの孫正義氏を取り上げた「あんぽん」などの著作が有名だ。

「一番問題にしなければならないのは、敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格」

連載初回は6ページに及び、9月12日に行われた「日本維新の会」旗揚げパーティーの様子を描写している。維新の会メンバーについては、
「橋下人気にあやかっていることが丸見えで、その醜悪さは正視できなかった」
などと、きわめて批判的だ。連載の狙いについては、

「もし万々が一、橋下が日本の政治を左右するような存在になったとすれば、一番問題にしなければならないのは、敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格であり、その厄介な性格の根にある橋下の本性である。そのためには、橋下徹の両親や、橋下家のルーツについて、できるだけ詳しく調べあげなければならない」
とつづられている。
橋下市長は、この連載について、ツイッターなどでは現時点では反応をみせていない。

====================================引用終わり
tc1_search_naver_jp[1]

週刊朝日もやりすぎかと思いますが・・・
面白いけれど、意味ないんじゃないかと。
もちろん政治家として、その筋の人たちとのつながりがあってはいけないので、
痛くても痛くなくても、腹は探られるのは、当たり前でしょうが。


橋下徹の父親はバリバリの暴力団で、子どもの面倒もみずに、自殺しているそうです。
完全に虐待親だと思います。
橋下自身は、育ててもらった覚えがないから関係ないと言っているようですが、
それ自体が、自分はネグレクトという虐待を受けてきたと告白しているようなものです。

ですからその言動に一貫性がなく、信用がなく、結局こき下ろされるんです。
それ(虐待を受けたこと)に気がついていないから、馬鹿なんです。
人には見えていて、自分には見えていない部分があることほど、怖いことはありません。

それ(虐待を受けたこと)に気がついて、子どもの立場からカミングアウトした、
以下の↓人たちと決定的に違うところです。

(不幸なことに幼いころに事故や病気で(ちゃんとした)親を亡くした人たちは、
親と自分は関係ないとは言わないでしょう、
親はこの世にいないけれど、心でつながっていると言うはずです。)


=================================引用はじめ

人気アイドルグループ「光GENJI」の中心メンバーだった大沢樹生(43)と女優・喜多嶋舞(40)の長男(15)が、両親から虐待を受けていたことを週刊文春に語った。
 長男によれば、喜多嶋にビンタされたり、後頭部の髪をつかんで風呂に沈められるなどの虐待を日常的に受けていたが、小学3年生の時、ハイヒールで殴られ出血したことで、大沢と喜多嶋は殴り合いのケンカになり、喜多嶋は家を出たという。

 2005年に両親は離婚し、長男は大沢に引き取られた。だが、長男は大沢からも殴られたり、「お前がいると家族が壊れる」と暴言を浴びせられるなどの虐待を受けるようになった。今年9月16日、日本刀を喉に突きつけられ
「これを引いたら死ぬぞ」と脅されたことをきっかけに家出したという。

 長男は、「家に戻ったら、僕がパパに殺されるか、今はかないませんが、僕がパパを殺すのか。このままでは僕も自分の子供ができた時に虐待してしまいそうで、それが怖いです。パパには、理由もなく人を殴ったり脅かしたりしたらいけないんだということを分かって欲しい」と話している。

 大沢は「模造刀の日本刀を突きつけたのは事実で行き過ぎだったと反省しています。ただ、それ以外の虐待は事実ではありません」と回答した。喜多嶋も「虐待の事実はない」と否定している。
==================================引用終わり

虐待を否定しているこの両親は、顔を見るだけでもちょっと怖い感じがするんですが。
img_2a5a6389654cae3b4b1fdd4a8d2e8bf241277[1]2000043071_220x200[1]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビル・クリントン元大統領は、
義父がアル中で、虐待を受けてきた、という
被虐待児であったことを、カミングアウトしたが、
大統領に当選した、ことで有名ですが、

アメリカの国民は、自分の育ち方と向き合うことを、
肯定的にとらえたんだなと思いました。

ヒラリーさんも、夫の女性問題をうまくかわしたという感があります。

112clintonspeak[1]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

レーガン元大統領の娘、パティ・デイビスさんは、
虐待されてきたこと、機能不全家庭であったことを、本に書きました。

わが娘を愛せなかった大統領へ―虐待されたトラウマを癒すまでわが娘を愛せなかった大統領へ―虐待されたトラウマを癒すまで
(1996/11)
パティ デイビス

商品詳細を見る


母親は薬物依存で暴力をふるい、
父のロナルド・レーガンは、家族の現実に向き合おうとしない。
レーガンは映画俳優だったらしいが、まるで家族を演じているかのよう。

現実を生きていない。
レーガンは最後には、アルツハイマーになったそうですが、わかる気もする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分の受けてきた、虐待や暴力を、公表するのは、どうしても必要があるからなんです。
社会的リスクを承知の上でやっているんです。

かく言う私も、ブログを書く、ひとつの目的として、
自分が受けてきた虐待と向き合うというのもあるんです。
ですからブログに、自分が精神的虐待を受けてきたこと。
母はほとんど人格障害で、父は私が苦しむ現実を見ていながら、何もしなかったことを、
少しづつ書いてきました。

精神的虐待は、わかりにくいので厄介ですよ。
私は母が良い母ごっこを演じるための、人形でしかなかったのです。
自分を立派に見せるための人形に仕上げることしか、頭になかったのです。
その分妹は(精神的に)野良犬みたいにほったらかしでした。


虐待についていろいろ勉強するうちに、
自分自身の、生き辛さ、人間関係や身体的症状に、関係があると気がついたのです。

自分の育ちと向き合うことによって
人付き合い、特に母親として子どもとの付き合い方、身体的症状に、
わずかづつでも向上があったと、思えるからこういう記事を書いているんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

他のブログなどの、体罰は是か非かみたいな記事を読んでいると、
体罰肯定派と、否定派に、大きく分かれます。

体罰を肯定する人、
精神的肉体的暴力、教育、コントロール、ネグレクトを虐待と認めない人、
親と自分は関係ないと言い切る人
自分が親でありながら、世代間連鎖はないと言う人
ACなんて古くて、嘘っぱちな概念だという人

でもそういう人は、子どもや孫、立場の弱い人から、
自分がやってきたことをいずれ、ばらされるかもしれませんよ!!


虐待されてきた事実を暴露しても、おおむね理解してもらえる、
http://geinolabo.ldblog.jp/archives/4203840.html

子どもが虐待を、書き込めるサイトも多い
http://6316.teacup.com/sbtetuya/bbs

私自身も、もうこんな母とは付き合えないと、親戚中に暴露したら、
真っ先に父の姉たちが理解してくれました
母にとっては小姑でも、親戚うちでは大御所ですから・・・。
母が勝手に馬鹿にし、敵に回し、拒否していた、親戚の人たちを、
私は味方につけたんだと、そのとき理解しました。
これは、気持ちの上で、大きかったです。
自分は親の恥に気がついてなくても、第三者で気がついている人もいるんですね。
ある意味ヤバイww

これは、言った者勝です。
親の立場の人は、後から「虐待の事実はない」と否定しても、誰も信用してもらえませんよ。

そういう時代になったんです。


(注、当ブログは、療法をお勧めするものではありません)

スポンサーサイト

コメント

一番深刻なのは精神的虐待です

一番深刻なのは精神的な虐待であり、だれにでもいつ何時起こり得ます。本当にいつ何時誰にでもです。親子、先輩後輩後から関係なくだれにでも起こります。実際に私もこのように↓某掲示板では犯人だと不当な因縁をつけられ虐待されています。
こんなふうに疑わしいだけの人を犯人であること前提に扱う時点でそんな人が自分の子はもちろん自分自身も守ることはできないでしょう。「疑わしきは罰せず」という司法の原則を無視しています。
本当に吐き気がします私がかつて住んでいた市は。このままだとその市はニューヨークと化す日もそお遠くはありませんね。

  • 2012/10/18 (Thu) 15:05
  • 元・S #-
  • URL
No title

元・Sさん
こんにちは、コメントありがとうございます。

元・Sさんの、ブログへはこちらから検索してお願いします。
”アメリカ犯罪報告の書”

元・Sさんのブログのアドレスが、表示できませんね~、

いじめかしら?変ですね~
いずれにしろ、ご迷惑をかけております。


テスト、
とうはんさんごめんなさい。
http://homeshoolclub.blogspot.com/
こちらはいいのに。

  • 2012/10/18 (Thu) 15:53
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する