オールレーズンとオールアップルどっちが好き?

11月3日の朝日新聞声欄のからです。

============================引用はじめ
添加物だらけの食品見直せ
           会社社長 吉野喜之 (岐阜県高山市 81)

加工食品の表示制度の改定に消費者庁が取り組んでいます。しかし、政治の強力な援護がなければ、農林水産、厚生労働などの省益維持勢力の前に、消費者不在の方向付けしか出来ないであろうことは明白です。
 師走の繁忙期に向けて、保健センターから零細の多い食品業界に「食品表示に関する説明会」を行うという通知が来ました。内容は4時間程度で7人の係官が話します。数百人を対象に通知されていると思いますが、最後の10分間が質疑の時間という、まさにセレモニーです。
 食品の内容表示は大切です。近年大きな変化があったのにお気づきでしょうか。原材料表示の欄で「添加物」は別枠だったのが、いつの間にか「原材料」一本になっています。名称のあいまいさを利用した、「添加物」が「原材料」に化けたのです。日本の農畜水産業の産物は世界に誇れる味です。これに加える添加物の是非は国民の命にかかわる問題です。
 なぜ添加物がかくも増えたか、消費者も考える必要はないでしょうか。安売りで1個60円のパンの「原材料」に20品目も乗っています。大型店が消費の大部分を占める今日、流通業者も安売りだけでない、内容ある競争をするべきだと思います。

============================引用終わり

私はこの投書が気になって、調べてみたんですが、
高山のしにせのあられ屋さんみたいです。
http://www.hida-arare.jp/prof.html
81歳というお歳で、このような大変参考になる情報を書いて下さって、
すばらしいと思いました。ありがとうございます。
私たち消費者、母親も、負けてはいられませんよね。


加工食品には私も不審に思っていました。
原材料が、加工でんぷんだとか、加工油脂だとか、ほとんど自然物ではありませんし、
ほとんどの加工食品に使われている、リン酸塩はこんなにも種類があります。
PRODUCT INFORMATION リン酸塩
http://www.taiyo-chem.co.jp/products/products1.html

去年だったかスーパーで買ったカップ入りの、水羊羹を食べてみたら、
まずかったんですよねー
ただ甘くて、べたべたと口当たりが悪く、
小豆と寒天の特有の香りとほくほくした舌触りがありません。

原材料をみてみたら、ポリリンだったかなんだったか、リン酸塩を筆頭に、
いろんなものが入っていました。

結局そういう添加物で、増量するんですね、水増しです。
そうするとおいしくないので、またほかの添加物でカムフラージュするんでしょう。
ですから、添加物が原材料といっても言い過ぎではないのかもしれません。

結局今年の夏は、水羊羹は無しで、ガリガリ君にしときました。

DSCN3908_m[1]
ガリガリ君のほうがましだと思いましたので・・・


リン酸塩はカルシウムとのバランスによって、骨をつくっていますので、
リンの摂取が多すぎると、骨が弱くなります。

加工食品に添加されるリンは、量が少ないので、影響しないという人もいますが、
くどいようですが、リンとは表示されていなくても、ほとんどの加工食品に
添加されているので(歯みがきにまで!!)それを考えると、大変な量になります。

だいいち、骨や関節の問題を持った人が多すぎます。
おばさんならともかく、若い人までも・・・

プロゴルファーの石川遼さんも、嵐の二宮和也さんも、
10代から腰痛に苦しんでいるそうです。
本当に気の毒です。
もちろん、「腰痛」がそのままカルシウムとリンの関係によるものかどうかは、
わからないのですが、肝心の骨が、しっかりしていないと、話になりません。
骨をつくり、守るためにリンを減らすことは、実行可能な健康法なのです。
(グルコサミン、コンドロイチンは、自分の体の中でつくられるもので、
食べ物から摂ることもできます。)

1292311493_7f4da981c8[1]
(この人とにかく線が細い、あごの細さ、とてもアラサーの男性とは思えません。)

肉はいけないとか、牛乳はいけないとか、塩分糖分はいけないとか、
そういうことがやかましく言われていますが、その影で、
大事なことを見落としてはいないでしょうか。


RIMG0049.jpg
(生協のウィンナーソーセージの原材料は、かなりシンプル
生協組合員はやめられません)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、オールレーズンとオールアップルを食べ比べてみると、
オールアップルはおいしくなかったので、原材料を調べてみました。
材料が違いました。
舌って正直だと思いました。

◆オールレーズン
原材料名 レーズン、小麦粉、砂糖、ブドウ糖果糖液糖、加糖れん乳、バター、洋酒、マーガリン、発酵種、鶏卵、脱脂粉乳、モルトエキス、チーズフード、食塩、植物油脂、膨脹剤、カラメル色素、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

◆オールアップル
原材料名 小麦粉、蜜煮りんご、ブドウ糖果糖液糖、砂糖、マーガリン、りんご果汁、鶏卵、脱脂粉乳、ファットスプレッド、食塩、洋酒、発酵種、シナモン、セルロース、膨脹剤、酸味料、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)



吉野さんの投書にはパンが出てきますが、スーパーには、
小さな店でも、立派なベーカリーがあります。
安売りの日には、目だつところに大メーカーのパンが山と積まれます。

甘いだけで、やわらかいというより、口の中でどろどろになって、
いやらしくまとわりつくようなパンは、
小麦製品とは思えません。

過食をする人は、パンを好む人が多いといいます。
実際私の周りの、食に問題を持つ人もパンが好きです。
あの菓子パンの柔らかさと甘さは、母親の乳房なんだそうです・・・
母親の愛なんでしょうね、本当に求めているのは。



スポンサーサイト

コメント

No title

お早いお返事ありがとうございます。

参考にさせていただきます。
マクロビやベジタリアン向けのサイトや本を見ていると動物性乳製品はよくないとあり、ヨーグルトを食べることが後ろめたかったのです、

丁寧なお返事ありがとうございました。
これからもブログ見続けます。

  • 2012/11/05 (Mon) 22:53
  • まい #X.Av9vec
  • URL
おじゃまします。

生協のこと述べておられましたね。「生協」お好きですか?
あえて一言言わせていただいてもいいでしょうか? 私が鹿児島に勤務しておりました時、家内が生協に入っており、よく食品を買っていました。あるとき生協の「ハム」を食べたところ、吐き気と下痢に見舞われました。 これはハムが問題だと思い、生協に出向き(店舗もあったので)、ちょっと文句を言ってやろうと思い、店長に「ハム食って嘔吐と下痢したぞ」と言うと、「発症した時間的にハムが原因とはいえない」とお詫びの一言もありませんでした。ちょっと頭にきたので、バックヤード見せて欲しいといって、中に入ると、納品されたパンが山積みで放置され、袋の中で汗をいっぱいかいていました。「これ、このままで大丈夫なの?」と聞くと、明日の朝になれば消えるとのこと。
手洗い場は狭く汚く、長らく掃除をしていない様子。壁には「インセクトイン」(現在は販売中止)ハエ取り紙みたいなもの(電動の)(怪しげなホームページ)
http://www.u-tex.co.jp/insect.html
が付けられていました。この「インセクト」が曲者で、鹿児島の前勤務していた給食調理施設にもありましたが、定期的にハエ取り紙の交換に来るのですが、どこの国の人かわからない(ラテンが少し入ったような、ブラジルの日系人かな)きて、それも時間外、1時間ほどで交換終了。確認のサインも貰いに来たので「取り替えたもの見せろ」と言うと、虫がいっぱい付いているので、気持ち悪くなるから「見ないほうがいいよ」とカタコト日本語でおっしゃる。いや私は見ると言ったら急に慌てだし、しどろもどろになり「上司と相談します」といって逃げるように帰って行きました。脚立に乗ってみてみると「取り替えた様子もないし、ハエ取り紙が電動で動いている様子もない。完全な詐欺でした。 即刻会社に電話すると誰も出ない。結局契約解除、契約違反で「賠償金と過去の支払い分をすべて返納させました」。警察沙汰にはしませんでしたが。それが2000年のことです。これが生協の壁にもついていたとすると・・・・・心配です。 それ以来「我が家は生協をやめました」フォーミディブルさんの取られている生協がそうだとは決して申しませんし、誹謗中傷する気もありませんが、やはりご自分の目で舞台裏を一度確かめてごらんになるのが一番かと。(それもアポ無しで)
ご近所さんに配る「宅配」には結構オリジナルもあるようですが、店は他のスーパーと変わりませんし、組合員ではないのに買い物をさせていると、一時期問題になったこともありましたよね。 今、私の住んでいる佐賀県では「店」は殆ど閉鎖されてしまい(昔はそれこそ盛況でしたが)、宅配のみになっているようです。 お気を悪くされましたらお詫びいたします。 こういうケースもあった、ということをお知らせしたかった。

  • 2012/11/19 (Mon) 16:17
  • Apocalypse #csN.BXfY
  • URL
No title

Apocalypse さん、

>それ以来「我が家は生協をやめました」、

問題点を取り上げたら、きりがないくらいで
実は私もやめようかと思ったんです。

以前のブログ記事か、アットコスメのほうだったか忘れましたが
たしか、書いた記憶があるのですが、
トランス脂肪酸が話題になっていたときに、生協に聞いてみたんですね、
トランス脂肪酸をどう思うかと。

生協の担当者は「トランス脂肪酸って何? 調べるから時間をくれ」
みたいな事を言うんで返事をまっていたら。
「(大)メーカーが安全って言っているから、いいんじゃないですか」
・・・みたいな。
いまだにマーガリンをバターより体に良いといって売っているんじゃないですか?
3.11以後に食品の放射線について聞いてみましたが、これも然り。

花王の合成洗剤、資生堂の合成シャンプーなんかもじゃんじゃん売っていますし、
まったく話にも何もなりません。

生協が良いというより、スーパーよりはまし、という感じで、
生協を、というより、メーカーを信用するしかないですね。
(大メーカー品より、地元のメーカー、比較的良心的な中小のメーカー、
の商品が比較的多い感じがするので)

添加物の少ない加工食品。
味。
(たとえばピザなど、スーパーの大メーカー品は
パンがふにゃふにゃで甘くソースも甘いが、生協のは、比較的トマトらしい味がする)

米ぬか粉石けん、合界不使用のはみがきも安いので、
(スーパーではパックスのはみがきとかそういう地味な商品は、
どんどん扱わなくなってしまいます)
売っているお店を探すだけでもたいへんなので、生協に籍は置いています。

米ぬか粉石けん 3キロ 698円以下で買え
ノンフォーム、1本 148円・・・・は、魅力的。

  • 2012/11/19 (Mon) 17:20
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する