天界の人、魔界の人

大晦日の紅白歌合戦で、美輪明宏さんのヨイトマケの唄が高評だったようです。
美輪さんは77歳だそうですが、表現力のすばらしさは、そのお歳を感じさせません。



一方、頭脳の方も冴えわたっているようで、
朝日新聞、12月22日のbeの、悩みのるつぼは、
ズバッと・・・的確に、答えています。
ここまではっきりいえるのは、美輪さんならではかもしれません。
=================================引用はじめ
父の不倫で家族が崩壊しました
                         30代 女性

 ごく普通の家庭が一瞬にして崩壊したのは5年前、父が不倫をして家庭を捨てたときでした。
 離婚調停が破談したとき、母は私の目の前で睡眠薬を多量に摂取して、自殺を図りました。未遂に終わりましたが、何か不安なことが起こるとすぐに情緒不安定になります。
 父は、社会的地位のある人です。弟は、父と母2人の問題だから巻き込まれるのは迷惑だといい、この問題にまったく向き合いません。
 母は「何で私だけこんなひどい目にあわなければならないの!」と愚痴をいうだけ。みんな自分勝手です。母からの愚痴をしょっちゅう聞いていて私自身も精神的にぼろぼろです。時々、家族みんながこの世からいなくなれば私は幸せになれるのではないかという恐ろしい気持ちを抱いてしまいます。
 そんな私にも長年支えてくれる恋人がいます。彼はよき理解者ですが、家族がこのような状況であるせいか結婚には消極的です。いざこざが長く続毛羽、彼を失ってしまうかもしれず、とても不安です。
 関係の修復は不可能であっても親としての責任をきちんと果たしてもらいたいので、自分の結婚式には2人にきちんと出てほしいと思っています。しかし、私の人生を狂わせた両親を許すことはできませんので、老後の面倒は見たくありません。こんな私は最低でしょうか。


母親としての自覚を促しなさい
                 歌手・俳優 美輪明宏

父親が不倫をして家族を捨てたときから家族が崩壊したとのことですが、問題はあなたの母親です。
母親は情緒不安定の身勝手で厄介な人。だから父親は疲れてしまい、平穏や癒しを求めて他の女に走ったのです。あなたの弟は男だから、そうした父親の気持ちがわかる。だから両親の問題に立ち入ろうとしない。弟の態度は正解なのです。
 あなたは両親の気持ちがわかっていない。家族はもうすでにバラバラになっていたのです。一緒に住んでいても、各人が四隅を見てバラバラというのはよくあることです。
 母親の愚痴を聞かされているようですが、あなたが感情のゴミ捨て場になっている。母親は愚痴をこぼしてせいせいしようとしているのです。聞いたふりだけしていればいい。自分の耳を木の洞穴だと思ってやり過ごしなさい。
 あなたの母親によく似たタイプの人を私も知っています。自分がみんなに大事にされたい、「姫様」のつもりでいる醜いオバサンです。息子に嫁が来るといびります。
 あなたがぼろぼろだというなら、家を出ればいい。母親というものは本来は娘の気持ちを思いやり心配するべき存在です。それが逆転している。母親の務めを果たしていない人だからおきゅうを据えた方がいい。病気になったふりをして自室にこもるか、近所に部屋でも借りて別に暮らすか、恋人がいるのだから一緒に暮らしてもいい。母親にはこう言いなさい。
「わが子の一生を台無しにする気ですか?もう私を解放してください。私には私の生活、人生がある。今日から私の人生を歩みます。娘の幸せを祈ってくれるでしょうね? 親ですもの娘の幸せを奪わないでくださいね」と。母親としての自覚を促すのです。
 結婚式に両親を呼びたいなんて甘っちょろいエゴなことを考えているから駄目なのです。余計な人は呼ばず、2人だけで挙げればよい。よっぽど密度が濃く、充実したいい思い出になる。式に莫大な費用をかけ、何百人と人を呼んでも別れてしまう芸能人たちもよくいるでしょう?
 本当の家族というのは、互いに助け合って負担にならないもの。母親というのは、無償の愛にあふれていて子どものために犠牲になって死ねるぐらいの存在です。それを遅まきながら自覚させること、荒療治になっても親と離れ、彼と所帯を持って、それからは自分と彼のことだけをお考えなさい。
 
=================================引用終わり

20100514141651b14[1]


美輪さんは、長崎で被爆し、体の不調で苦しんだそうです。
三島由紀夫さんが亡くなった30代のころ髪が真っ白になったので、
今は黄色に染めているんだそうです
たいへんな苦労をされてきたんですね。

美輪さんは、人は天界の人と魔界の人の2種類に分かれると言っています。
こういう表現が最適とは思いませんが、
簡単に言えば、2種類の人がいるといえると私も思います。
この相談のように、自分の親が魔界の人である可能性はあります。
残念ながら親を変えることはできません。
しかし、自分が魔界の人にならない方法はあります。
自分が魔界の人にならなければ、子どもが天界の人になる可能性は高いです。

ヨイトマケの唄のおかあちゃんが天界の人(親)なら、
原発で儲けている人は魔界の人(親)といえるのではないでしょうか。

菅に退陣要求した高木毅(自)の父は、
最低な暴言を残した元敦賀市長だ。

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65735931.html
【そりゃあもうまったくタナボタ式の街づくりが出来るんじゃなかろうか、と、そういうことで私は皆さんに(原発を)お薦めしたい。これは(私は)信念を持っとる、信念!
……えー、その代わりに100年経って片輪が生まれてくるやら、50後に生まれた子供が全部片輪になるやら、それはわかりませんよ。わかりませんけど、今の段階では(原発を)おやりになった方がよいのではなかろうか…。こいうふうに思っております。どうもありがとうございました。(会場、大拍手)』】
 

こういう人に、どんなに「あなたの言っていることはおかしい」と説明しても、
決して理解はできないでしょう。
世の中には天界の人がいる、ということ自体が理解できないのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

DkwlM[1]
斉藤和義さん「NUKE IS OVER」、原子力は終わった。
スポンサーサイト

コメント

今年も宜しくお願いします。
三輪さんのヨイトマケは、いつ聞いても素晴らしいですね。斎藤さんの密かな脱原発アピールも、見逃しませんでした(^∇^)
良い一年になれば…と思いますが、今年もいろいろありそうです。

  • 2013/01/04 (Fri) 10:29
  • あさり #-
  • URL
No title

あさりさん、

来ていただいてありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

  • 2013/01/04 (Fri) 21:23
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する