全学年35人学級、断念  文科省、自民意向受け白紙に

昨日は、多くのFC2訪問者の方に来ていただき、ありがとうございます。
それにもかかわらず、ランキングは大きくダウン、
なんか胡散臭いんですよね~

やっぱり「ホームスクーラーが増えた」というニュースや
「ホームスクーラーは究極のエリート教育だ」
「学校教育は洗脳だ」「M教師はクビにするべきだ」 という意見を、
拡散してもらっては困る、という人がいるのかもしれませんね。
・・・では、教育問題もっとやりましょう(ニヤリ)
IMG_7569_1[1]
(ついこないだまで蒸気機関車が走ってた~ 子どものときぐらいゆっくり行こうよ)


産経ニュースより、
中2男子が自殺図る? 
校内で、生活指導中 岐阜

2013.1.26 01:18
 25日午後2時半ごろ、岐阜県多治見市の市立中学校内の自習室で、2年の男子生徒(14)がぐったりした状態でいるのを教諭が見つけた。生徒は病院に運ばれたが、意識不明の重体。首に電気コードが巻いてあったことなどから、県警などは自殺を図ったとみている。

 市教育委員会は、担任教諭や生徒の両親への聞き取りの結果、生徒の周辺で、いじめや体罰はなかったとしている。

 市教委によると、生徒は午後1時45分ごろから、自分のクラスの5時間目の授業には出席せずに、自習室で1人で担任ら複数の教諭から交代で生活面の指導を受けていた。担任教諭は2時10分ごろに部屋を離れ、別の教諭が2時35分ごろ、生徒の異変に気付いた。

 村瀬登志夫教育長は「現在のところ指導は適切だと思うが、今後も調査する」と話した。

===================================引用終わり

私はこのニュースを読んだとき、尼崎JR福知山線脱線事故の、日勤教育を思い出しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/日勤教育

教委はいじめや体罰はなかったといってますが、
【自習室で1人で担任ら複数の教諭から交代で生活面の指導を受けていた。】
これはどうみても、いじめや体罰に、低接すると思います。

いじめや体罰はなかったと言ってしまうのが、「教育委員会って頭が悪い」という証拠。


昨日の、当ブログ記事では、安倍政権はどうしても5歳から義務教育をはじめたいみたいだ、
という主旨の、記事を書きましたが、
また変なことを言っています。

朝日新聞デジタルより、
===================================引用はじめ
全学年35人学級、断念 
文科省、自民意向受け白紙に

2013年1月26日5時29分
 【花野雄太】文部科学省は、公立小中学校の全学年に少人数学級を導入する計画を断念することを決めた。今年度までに小1、小2の「35人以下学級」を実現した民主党政権は、新年度から5年間で中3まで全学年に広げる計画を立てていたが、政権交代で白紙に戻った。

 文科省は昨年9月、小3~中3を35人以下学級にするには教員1万9800人の定数増が必要と判断。2013~17年度に実現する計画で、新たに1学年分を増やす3900人分(85億円)の予算を概算要求していた。どの学年に先に導入するかを都道府県が選ぶ方法を想定していた。

 しかし、自民党内には全国一律の底上げよりも、学力向上やいじめ問題対応などに焦点を絞った追加配置(加配)の方が費用対効果が高いとの主張が強い。その意向を受けた財務省と文科省が調整した結果、(1)小学校で担任とは別に理科や英語を教える専科教員を配置する(2)いじめ問題への対応などで生徒指導の態勢を強める(3)マネジメント強化のため主幹教諭を置く――といった学校に限定し、増員を認めることにした。

====================================引用終わり

おかしくないですか、5歳から義務教育(アイデアww だとサ!!)をする
というなら予算もある、教員も補充できるんじゃないか、と思うところですが、

予算がないから、35人学級は、断念というのです。
この少人数学級というのは、何十年も前から言われていたことなんですね。

少人数学級に関しては、保護者の側も教師の側も、誰にとっても、
文句なく、早急に実現してもらいたいと、叫ばれている問題なのです。

それが・・・はぁ?・・・生徒指導? 主幹教諭?

この政権は、生徒の学力のこととか、
最前線の担任という仕事とは何かとか、何も考えていませんね。

やりたいことは管理の強化。
学校内ヒエラルキーを強化したいと考えているとしか思えません。
c0156885_8344354[1]
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する