FC2ブログ

医者に殺されない47の心得

パニックについての記事はまだ続けますが、


今日は、2月23日の朝日新聞朝刊の広告欄からです。
A01-10-01[1]

============================引用はじめ

医者に殺されない47の心得
医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法
第60回菊池寛賞受賞
慶應義塾大学医学部放射線科講師
近藤誠
病院に行く前に、必ず読んでください
全国からお便りが殺到!!
高血圧、糖尿病、ガン、インフルエンザ・・・。
その薬と治療が、あなたの命をちぢめる。

検診や人間ドックによくいく人ほど早死にするとは
医者選びのポイントがはっきり書いてあって勉強になった
 3種類以上の薬を出す医者を信じちゃいけないんですね・・・
◎子どもに安易にインフルエンザ・ワクチンを打った事を反省
◎糖尿病の私に医者の友人がこの本をすすめてくれました。
 『僕にはこれを書く勇気はないけれど真実だよ』と
芸能人ががん手術の後すぐなくなる理由がわかった
◎高血圧の基準値を変えるだけで薬の売り上げが6倍だなんて・・・。
 ”130で高血圧なんて嘘”に納得。もう薬はやめます
コーヒー糖尿病や脳卒中を遠ざけるとは驚き!
患者の目を見ずにパソコンばかり見ながら薬を出す医者に
 疑問を感じていたところ、この本に出会いました
 もっと患者の立場に立った医師が増えてほしいです
抗ガン剤を拒否する決心がついた。”恐れるべきは、
 ガンではなく、ガン治療”
。これ以上の名言はない
◎親がガンで死に自分も・・・と恐れていたが、恐怖が消えた
◎知人はコレステロールの薬を飲み続け、うつを発症し、
 自ら命を絶ちました。彼にこの本を読ませたかった。
病院の選び方が、根本から変わりました
◎私の父は薬害で苦しみ亡くなりました。父はことあるごとに
 ”薬は毒だ”と言っていました。この本を読んで、
 父は正しかったと確信。近藤先生は医師の立場でありながら、
 よくこのような本をお書きになったと感激しました

47の心得

心得 1 「とりあえず病院へ」は、医者のおいしいお客様
心得 4 「血圧130で病気」なんて、ありえない
心得 8 「早期発見」は、実はラッキーではない
心得10 医療被ばくを避けよ。CT1回でも発ガンのリスクあり
心得13 風邪で抗生物質を出す医者を信用するな
心得15 ガンの9割は治療するほど命を縮める
心得22 胃を切り取る前に知っておきたいこと
心得28 100歳への体作りは毎日の卵と牛乳から
心得30 昆布やわかめを食べ過ぎるとガンになる
心得33 コーヒーは、糖尿病、脳卒中、胆石、シワを遠ざける
心得40 大病院にとってあなたは患者ではなく被験者
心得42 ぽっくりいく技術を身につける ほか

=================================引用終わり

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法
(2012/12/13)
近藤誠

商品詳細を見る


医者を簡単に信じてはいけない。
医者の多くはヤクザや強盗よりタチが悪い。ヤクザは
しろうと衆を殺したり、指を詰めさせたりはしない。
強盗だって、たいていはお金をとるだけ。しかし
医者は、患者を脅して金を払わせた上、しょっちゅう
体を不自由にさせたり、死なせたりするんですから」
・・・レビューより

(この本のレビューはしっかり書かれている方が多いです。
中村勘三郎さんが、近藤誠さんの著書を読んでいたら、
死ななかったのではないかと私も思ってました。
転移したガンを放置している知人は、ぼちぼちやっているようです。
ガンになったからといってそんなにほいほい死ぬようなものじゃありません。)



近藤さんは、乳がんの手術で、乳房はおろか、筋肉からリンパまで、
ごっそり切り取ってしまうような、従来の手術の方法は、たいへんむごいだけでなく
温存療法と治療効果が変わらないので、やめようと提唱された方です。

これほど有名な医者が書かれた本の・・・衝撃的な表題・・・
すごいとおもいます。

近藤さんが、食べ物のことを書かれた本というのは、あまり読んだことがないので
意外な感じがしましたが、私も同意見です(えらそうに、すみません)

私は、この本はまだ読んでませんから、
近藤さんがどのような理由で書かれたのかはわかりませんが、

私なりに日ごろから思っていることは。

牛乳はカルシウムの吸収率がよく、摂取しやすく、安価
牛乳はモー毒なんて言っているエライ先生もいるみたいですが、
どうしてモー毒なのかはっきり証明してもらいたいです

卵はアミノ酸バランスがよく、ビタミン、ミネラルも豊富、食べやすくて安価

わかめなどはヨウ素の過剰摂取、原発事故以来ストロンチウムが心配
北海道産のたらなど、ベクレているものが流通しているとのニュースもありました。
海はそうとう汚染されているようです。
わかめなどは三陸産などが多く、カルシウムやヨウ素を多く含むといわれています。
放射性ヨウ素は半減期が短いのでそれほど問題にはならないかもしれませんが、
ストロンチウムは生物には、カルシウムと見分けがつかないので、
カルシウムとして吸収されてしまう可能性が高いです。
ですから私は、特に原発事故以来、
わざわざ買ってまで、わかめや昆布を食べようとは思いません。

コーヒー
私は、お酒はだめですが、コーヒーは飲んでいます。
パニックにコーヒーはよくないという人もいますが、
・・・別に・・・飲んでもどうっていうこともありません(笑)
しわは年の割にはないほうだと思います。
今のところ悪いところもないし、若く見られていますので、
効果があったのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

まさにその通りです。

降圧剤なんか飲んじゃいけませんよ。130以上で高血圧とすれば、日本では6000万人が、患者になります。これにカルシウム拮抗剤や、アンジオテンシン変換酵素阻害薬なんぞ飲んだら、必要な所に血が行かなくなります。よって酸素不足が起こり、変調をきたす。

前から見ているんですが、こういうブログもあります。面白いですよ。
http://homepage2.nifty.com/motoyama/salt.htm

No title

Apocalypseさん

情報ありがとうございます。
塩のサイトは詳しいですね。
これから暑い夏になると、塩が足りない方が問題になってきます。

病気のほとんどは意図的に作られたものであることは、あきらかです。
それも、医療関係者が儲けるために。

このブログ面白いでしょ。

数年前に見つけたんですが、なかなかですね。トップページから見るといろんなことが書いてあります。すべて本当とは思いませんが。
佐賀には、代替医療をやっていて一時、医師法違反で、保健所や県が入って、医業停止にまで持ち込まれそうになった「矢山クリニック」と言うところがあります。私はかかったことはありませんが、なかなかおもしろそうなクリニックです。推薦はいたしません(知らないので)。塩の話に出てくる「船井総研」もお気に入りのようです。歯の「アマルガム」が悪さをしている・・・と記述はありますが?まあ水銀入ってますからね。  時間あったら見てみて下さい。
矢山クリニックホームページ
http://www.yayamaclinic.com/index.html
船井総研のページ
http://www.funaiyukio.com/close-up/index_0705.asp
それと先ほど紹介した「塩の話」の本山さんの「よろずや寸話録2009」
http://homepage2.nifty.com/motoyama/info_5.htm

何が本当かわからなくなってきました???

更に追い打ち「thinker]のページから「抹殺されたがん治療法」
http://www.thinker-japan.com/life.html

こうなると何がなんだか・・・でも面白い

No title

Apocalypseさん、

九州にはユニークな病院がありますね。
私の住んでいる近くにも、脱ステ医として有名な皮膚科医がいますが、
ネットでは相当変わっているといううわさです。
でも、皮膚のトラブルがあったら絶対にここへ行きます。

光でがん治療ですが、
がんの原因が、細菌やウイルスとしたら、紫外線には殺菌効果はありますから、
お日様に当たることで、治療とまではいかなくても
予防ぐらいはできるかもしれませんね。
たしか、安保徹さんも、日に当たれって言っていたような希ガス・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

上の方

それ、宗教的ですよね。

私もいまいちはっきり何がしたいのか理解できないので、
ウィキペディアで調べてみたところ、
思想みたいなものだとか・・・

ミスコングランプリみたいな人が、
やっているとかいうと、信じてしまいますよね。

くすり

気に入ったMRからの高い薬を沢山使ってる。
以前と違うと言われたり、他の病院で使ってたのを
言われると「これは新しい良い薬なんで、試してみて
ください」って押し売り。
気に入ったMRというのは、菓子や備品を沢山持って来たり、
医者のプライドを満足させたり、少し美人?好み?だったり、
いろいろ。薬沢山出されても、不要と思ったら断りましょう。

No title

とくめいこさん、

情報ありがとうございます。
MRというのは、そうとういろんなことしているみたいですね。

>いろいろ。薬沢山出されても、不要と思ったら断りましょう。
そのとおりですね。

初見でびっくり

今日整形外科の待合で近藤drの記事を見て驚きましたあ

逆説の異端児いいですねえ 知り合いのおいちゃん検査で天国逝っちゃいましたよ

No title

ataruさん、

来ていただいてありがとうございます。

近藤さんの書かれたものは、おすすめしたいですね。

牛乳はカルシウムを奪いますよ

通りすがりの者ですが、失礼します。この本のことは知りませんが、
牛乳はガンの元です。
牛乳を飲むとカルシウムが奪われるのは既に証明されていますし、世界の常識です。

「乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか」http://www.amazon.co.jp/%E4%B9%B3%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%A8%E7%89%...

( ここから少し読めます→http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1275318/1293328/79889202?page=... )

「葬られた「第二のマクガバン報告」」上・中・下巻
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/dp/4901423142

で知ることが出来ます。是非図書館でも良いので読んでみて下さい。


日本では2003年から骨粗鬆症に絡めた牛乳の宣伝が行われなくなり、

2008年には厚生労働省研究班から「牛乳やヨーグルトなどの乳製品を多く摂取すると、飽和脂肪酸が血中ホルモン濃度を上げて前立腺ガンのリスクが高まる可能性があります。」と発表されています。

No title

Natsumiさん、

まず、当ブログは、どちらかと言えば「厚生労働省」や「世界の常識」の嘘を暴くという主旨で、書いているということをご了承ください。

牛乳悪者説を唱える人は、
「牛乳は人間が飲むようには造られていない」と必ず言いますが、
ここからしてもう嘘ですね。

人間が飲むように、あるいは食べるようにつくられた物なんてこの世にひとつもありません。

牛乳が子牛が飲むようにあるもの、であるように、
例えば、お米であっても、それはイネという植物が自分の子孫を残すために作っている「種子」であって、
その発芽と成長を促すための、栄養分が入っている、つまりイネの赤ちゃんのための栄養分が入っているところが、米なんです。
イネという植物が人間に食べさせるために、米をつくっているものではないのです。
それは卵であろうと、大豆であろうと、同じです。


もちろんお米などの農産物は人間が、生産者の都合の良いように勝手に品種改良し、農薬をかけてきたわけで、
私たちの祖先が食べてきたお米とは、まったく違う食べ物であることは言うまでもありません。

母乳だけは、そうではないといえるかもしれませんが、
それはむしろ「ごく小さい赤ちゃん」に限定されているものであって、
「人間の飲み物」とは到底言えないものといえます。

ですから、「牛乳は人間が飲むようには造られていない」という言葉を、
枕詞にした時点で、すでに終わっています。


食べ物の飽和脂肪酸・・・というより、人間の皮下脂肪等からホルモンがつくられるというのは本当ですが、すべての脂肪がホルモンに変わるわけではありません。
皮下脂肪や内臓脂肪がまったくなかったら、人間は生きられません、

もちろん太りすぎはいけません。
毎日、まるで子牛のように食事替りに、牛乳ばかり飲むバカは居ないと思いますし、
新生児に無理やり牛乳を飲ませるような事は、しないほうがいいと思います。

常識の範囲では飲んだ方がいいというスタンスは、私は変えません。

天からお与えの、食べ物を悪者扱いにする人は、
そのうちに、バチがあたりますよ。
昔はご飯粒をこぼしただけでも、バチがあたるとおばあさんにしかられたものです。


それよりも医療によって外から、人工的にこれでもかと投与される「ホルモン剤」、
あるいは「環境ホルモン」についてはどう思われますか?

農薬や、遺伝子組み換えの作物はどう思われますか?


近藤さんの本を読んでいらっしゃらないのは、残念です。
ぜひ読んでから、コメントをください。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ