FC2ブログ

宝くじよりリスクが多い医療の現実と、やっぱこれだねがん温熱療法(保険適用)

みなさん、読んでくださってありがとうございます。
なかなかの、ランキングでございます。

私は、夜中にはパソコンにさわらないんですけれど、
ま、実名を挙げて毒舌記事を書いていますので、
夜中のうちにブログが炎上していたらどうしようと、不安になったりするわけです。
何しろ不安障がいですから・・・

医者の言葉をそのまま信じて、治療に励んでいる人たちに申し訳ないとも思います。
何しろ、私は小心者なので・・・・

前回の記事では近藤誠さんのインタビューを記事にしましたが、
「がん治療の9割は命を縮める」そうです。
これは他の病気にも言えることだろうと思いますが、

この言葉を聞くと、宝くじを思い出すんですね。
宝くじは9割弱がはずれで、損をします。リスクですね。
1割は損と儲けが同じで、±0
1%強が、多少なりとも儲かるそうです。

で、私の家族が病気になって医者ににかかったとき、どうだったかを思い出してみると、
9割はリスクだったもしれません。

いちばん大きいのは、父で、
かかりつけ医の注射器から、C型肝炎に感染したこと(医者は廃業)、
糖尿病で長らく闘病していましたが、亡くなりました。
根拠のない、行き過ぎた食事制限に端を発し、いいかげんな投薬、
インスリン注射、人工透析と、お決まりのコースで亡くなりました。
まさに医者に殺されたと思います。

息子のアトピーのステロイド、アレルギー薬、私の向精神薬は、量は少ないとはいえ、
副作用、リバウンドが出ましたので、リスクです。

次男の生後一ヶ月のころの肺炎は入院して助かりました、ベネフィットです。
しかしこの子は早産で、早産の原因は、
9ヶ月のときの検診だと思います。
「痛いなーこのやろー」乱暴な検診を受けた、その日の夜に早産しました。

私のパニック発作の、救急には助けられました、

あとは、風邪を引いたとかそういうのが多いのですが、
こういうのは、可もなし不可もなし・・・しかしお金を払った分、損でしょうか?

医者へ行くのはほとんど宝くじかも、ギャンブルかもしれません。
私は宝くじも、ギャンブルも・・・やりませんねぇーー。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
hyperthermia01[1]
(がんの温熱療法ハイパーサーミアの機械、保険適用なんだってさ!!)

ところで、近藤誠さんはがんが治るとは言っていませんが、
安保徹さんはがんは治ると言っています。
近藤さんでさえまだあちら側の人です、患者側の人ではありません。

  ・・・ここから、当ブログの過去記事のコピーです。・・・

安保徹さんの「免疫革命」118ページ~119ページより、
=========================引用開始
ガン細胞を攻撃するのは、おもにNK細胞、胸腺外分化T細胞、障害性T細胞と自己抗体産生のB細胞の四種類です、これらの白血球の細胞がガンをたたくときには、必ず炎症反応が起こって、発熱、痛み、不快を伴います。あるいは下痢をすることもあります。肺がんなら咳が出てきたりします。大腸がんだと血便が出たりしますし、膀胱がんだと血尿が出たりします。それが治癒に向かっている反応なのです。
 もう少し詳しくメカニズムを説明します。副交感神経というのはリラックスの神経ですが、急激に活性化されると、プロスタグランジン、アセチルコリン、ヒスタミン、セロトニン、ロイコトリエンなどの物質をだします。これらはどれも、発熱や痛みをだす物質なので、不快な症状が現れます。ところが普通の患者さんも、免疫のことをきちんとわかっていない医師たちも、こういう症状が治癒の過程で自然に起こるということがわかっていないものですから、つい、症状を止めたくなるのです。そのため、鎮痛剤、消炎剤、解熱剤、とくに、ステロイド剤を患者に服用させてしまいます。もちろん、痛みとか発熱が止まりますから、そのときは元気が出てきます。しかし、これは、治癒反応を止めているわけで、ガンを根本から治していくという意味では、まったく逆効果なことをやっているのです。じっさいには、ガンの自然退縮につながる治癒反応が始まると一週間ぐらいは寝込むようなつらい症状が続きます。その後、リンパ球が増えてガンが退縮し始めます。だから、ガンの患者さんで免疫活性療法で治していくつもりの人は、この反応をぜひ覚えておいてほしいと思います。この反応が分からないと、症状の変化に不安になるし、事情を理解していない医師に相談してしまえば、薬を出されて、治癒症状を止められてしまいますから、注意が必要です。
実はこの治癒反応は昔から、傍腫瘍性症候群(パラネオプラスティック・シンドローム)という名前で、がん患者の治癒過程で必ず起こる反応として知られていました。ところが忘れ去られてしまったのです。戦後抗ガン剤を使うようになって以来、この反応が出なくなってしまったからです。免疫が活性化して攻撃する反応ですから、抗ガン剤を使って免疫を抑制する治療が行われると、当然この反応が起こらなくなります。

==================引用終わり、強調はフォーミディブル

ここで問題になるのは、傍腫瘍性症候群という、痛みや発熱といった不快な症状に、
鎮痛剤、消炎剤、解熱剤、ステロイドを投与して
せっかくの自然治癒力、免疫力を台無しにし、がんをのさばらせてしまうことでしょう。

これを読んでいて私は、ライ症候群を思い出しました。
ライ症候群というのは、インフルエンザや水疱瘡などの感染症の子供に、
鎮痛剤や解解熱剤を投与することによって、免疫力が抑制され、治らないどころか、
脳や肝臓に異常を来たし、ひどければ死んでしまう症状です。
私たちはこれによって、免疫力が抑制されることの怖さを学んだのです。

    ・・・コピーここまで、・・・

阿保さんの本の、傍腫瘍性症候群(腫瘍熱?)がんが治るときに発熱するというのは
とても重要なことではないかと思い、一昨年ですか、本から書き写しておいたのです。

どうして乳がんになる女性が多いのか、しかも若い人まで・・・と思って、
調べてみたんですが、温熱療法が効くんじゃないでしょうか、
男性にはわからないでしょうが、意外と乳房は、体温が低いんですよね。
冬などさわるとおっぱいが冷たく感じることはあります。
その上ブラジャーで締め付けたりするので、血行が悪くなりがちではないでしょうか。
それと冷房です。

私は温熱療法(ハイパーサーミア)は危険性も少なく、高い確率で治ると思います。
なぜなら、テレビなどの健康情報で報道されたのを見たことがないからです。
それにもかかわらず、保険適応であり診療報酬が低いからです。
ということは、効果があると考えられます。

41度ぐらいでも効果があるらしいので
乳がんなら自分でお風呂や湯たんぽでおっぱいを温めることも可能です。
深部の体温を41度まで上げることはできませんが、
冷えや低体温は、一時的にでも改善できると思います。
治療とまではいかなくても、予防が出来るかもしれません。

傍腫瘍性症候群(腫瘍熱)のがんをやっつけるメカニズムを見ると、
たまにはインフルエンザで1週間ぐらい発熱するというのも、
がん予防にいいのかもしれません。
発熱をきっかけに、腫瘍が治ったというネット情報も見かけました。

私は毎日お風呂にはいっています。
多少の風邪ならかまわず入ります。
酒もタバコもやらないので、これだけは贅沢させてもらうと思って入っています。
去年ぐらいから、冬場3日に2日ぐらいは全身に塩を塗っています。
昔からおばちゃんたちがやっていた、健康法です。

不思議ですね、塩を塗るようになってからはしもやけも出来ず、
すねもかゆくなりません。調子に乗って顔にまで塗っています。
靴下も重ねばきしなくてもよくなりました。
家にいるときはノーブラです。
(外出するときはワコールのたっかいブラで、がっつりボディメイクしますが
・・・かっこいいですよ・・・てへへ)
冷えや低体温が解消されるだけでも、がんをはじめいろんな病気の予防になると思われます。
私は今のところどこも悪いところはありません。
体の深部にがんがあれば別ですが。

そして、もっとも重要なことは病院で出される薬、
ステロイドや精神薬や鎮痛消炎剤や抗がん剤は、
体を冷やし、免疫力を下げるので、使用しないことです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サーバリックス[1]

ところで、この国の医療の実態はひどすぎます
===============================引用はじめ
子宮頸がんワクチン重い副反応 
中学生、長期通学不能に

朝日新聞デジタル 3月8日(金)9時28分配信

 【斎藤智子】子宮頸(けい)がんワクチン「サーバリックス」を接種した東京都杉並区の女子中学生(14)が、歩行障害などの重い症状が出て、1年3カ月にわたり通学できない状況だったことが、7日の区議会で明らかになった。無料接種を行った区は「接種の副反応」と認め、補償する方針だ。補償額は未定。

 サーバリックスは3回の接種が必要。母親によると、女子中学生は12歳だった2011年10月に区内の医療機関で2回目の接種をした。その直後、接種した左腕がしびれ、腫れて痛む症状が出た。症状は脚や背中にも広がり入院。今年1月には通学できる状態になったが、割り算ができないなどの症状が残っているという。

 接種した区内の医療機関は「サーバリックスの副反応」と診断し保健所に報告した。厚生労働省によると、昨年8月末の時点で、全国で接種した延べ663万5千人のうち956人に副反応が起きているという。失神が多いが「四肢の運動能力低下」「歩行不能」などで未回復の例もあり、副反応の発生率はインフルエンザワクチンの10倍程度という。
===============================引用終わり

こんなにひどいワクチンが定期接種化されるようです。
一人につき5万円ほどかかるそうです。
もちろん私たちの税金ですよね。ばかばかしい!!

===============================引用はじめ
子宮頸がんなど3ワクチン定期接種化へ 
改正案が閣議決定
2013.3.1 15:54

 政府は1日、子宮頸がん、インフルエンザ菌b型(ヒブ)、小児用肺炎球菌の3ワクチン接種を、原則無料の「定期接種」の対象として追加する予防接種法改正案を閣議決定した。今国会に提出する。

 多くの自治体では3月末までの時限的措置で3ワクチンの無料接種を実施しているが、改正法が成立すれば4月以降に恒久化する。

 田村憲久厚生労働相は1日の閣議後の記者会見で、平成25年度当初から定期接種を開始できるように「今年度中にこの法案(の成立)をお願いしたい」と述べた。
===============================引用終わり

子宮頸がんワクチンの危険性を訴えている人でも、
子宮頸がんの検診の受診を薦めている人もいます。

このブログは、とても参考になります。
子宮頸がん検診で、「がん」患者が「つくられる」
さとう内科循環器科医院 - 宮城県大崎市 (2012年8月 6日 17:57)
http://satouclk.jp/2012/08/post-49.html
スポンサーサイト



コメント

No title

 こんばんわ。
子宮頸ガンワクチンの報道、見ました。

かかるかどうかもわからない病気の予防ということで、わざわざ体に微量でも菌を入れる。
私も、子供が生まれてから当たり前のように予防接種をしていましたが、発達障碍の息子は予防接種をするとテキメンに調子が悪くなります。
体調もそうですが(だいたい9割方発熱します)、睡眠時間が物凄く増えたり、情緒がとても不安定になります。

おかしいなあ、予防接種打つとどうもおかしいと思いつつ、でもまさかなあと思う自分もいた訳です。国で定められているものだし、まわりはなんの疑いもなしに打ってるし。
しかし、自分の思っていることがやっぱり正しいと思ったのは、打ち忘れていた3種混合を打ちに行ったときに、接種後30分以内に発熱。38度台が3.4日続きました。いろいろな病院にかかりましたが、原因不明。とても元気だったし、発熱以外症状はなく、明らかに風邪ではありませんでした。
ただ、睡眠時間が異常に増え、情緒的に物凄く荒れました。情緒的な不安定さは、熱が下がっても1週間以上続きました。

医者って、絶対予防接種のせいとは言わないんですよね。
どの医者もうやむやに言葉を濁して終わりです。
その後、某有名病院の予防接種外来にメールで質問したのですが、その医師の返信は、予防接種で副反応が出るという報告はそれ程ない。予防接種を打つことで副反応が出る確率より、予防接種を打たないことで感染し、まわりにかかる迷惑のことを考えろとお叱りを受けました。

それ以降、自分の感覚を信じてやっていこうと思うに至ります。
予防接種は今後一切受けないし・子供達にも打たせないつもりです。

近藤誠さんの本、さっそく読ませて頂きました。
とても勉強になりました。
近くの大型書店では、沢山平積みされていて、人気があるんだなあと。
良いものを紹介して頂き、ありがとうございます。
私もワイドスクランブルの人間一滴の近藤誠さんの回、拝見したかったです。

  • 2013/03/08 (Fri) 21:56
  • haruhika #UDG7GBcU
  • URL
No title

haruhikaさん、

貴重な体験談をありがとうございます。

普段から体が丈夫な人なら病気になってもすんなり治るでしょうが、
ぜひとも病気を予防してあげたいと思うような人達に、
予防接種は危険なんですよね。
やっぱり役に立たないじゃないかって、
私が子育てやっていた、昔も言われていました。

  • 2013/03/09 (Sat) 09:36
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/03/09 (Sat) 13:17
  • #
No title

上の方、

体験談をありがとうございます。
たいへんだったんですね。

有名人の闘病の話を聞いてもおかしいなと思うことはよくあるんですが、
リスクの多い苦しい闘病は
美談としてすりかえられてしまっているようで、
腑に落ちません。
医者は100%善で、病気は100%悪であるという思い込みが、
あるように思います。

最近はQOLが大切だとかいわれているのに、
苦しんでいる人が多いというのはおかしな話だと思います。

  • 2013/03/09 (Sat) 18:43
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する