葬儀屋に見積もりを出させました

母が脳出血で入院しています。

一週間ほどで、脳梗塞も併発しました。
意識は、眠ったような状態から戻りましたが、
自分の意思で身体は動かせないようです。
医者も脳出血があるため、脳梗塞の薬を使えないといいます。

もうすぐ80という高齢です。
高血圧の薬、糖尿病の薬、コレステロールの薬、がっつり飲んでました。
ですから重症化するのは、うすうすは覚悟していました。

私、妹、医師の3者で、胃ろうや人工呼吸器(チューブ栄養なども)
といった延命治療はしない、という、合意ができています。

老人介護施設を探せと、大あわてだったのですが、
病院から退院できるかどうかも、わからなくなりました。

予想通りといえば、予想どおりなのですが・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


悲しい話ですが、

葬儀屋に見積もりを出させました。

これは、たいへんな勉強になりました。
おもしろいですよー
もし記事にする機会がありましたら、書きます。

今からというか、元気なうちからどういう葬式をやったらよいか、
家族で話し合っておくということは、大切なことだと痛感しました。

お金にこまかく、押しの強い妹の意見↓、

●遺体を自宅(私たちからすれば実家)へ入れたくない。
●会館での葬儀。
●遺骨は、京都の西本願寺へお骨納めをする。
●離檀をしてもらわなければならない(私も妹も檀家じゃないのに?)
●仏壇のお魂抜きをしてもらわなければいけない。


私は、すべて却下
「あなたの意見は、私に協力を求められてもできない
どうしてもそうしたいなら、自己責任でやってくれ」と言いました。

私の意見
●実家は大きな家で、立派な仏間や、仏壇、
仏間と続き部屋となる店の間という場所はある
駐車も短時間なら何台かできるんだから、家でやる。
●無宗教で、持ち寄りパーティーのような、お別れ会をやる。
高級ワインを飲みたい人は、持ち込んでもらう、
食べたい人は、デリバリーOK、
お経をあげたい人はお経をあげていただく。
●香典、供え物は、固く辞退。
●お骨拾いは、形式的に、スプーン1杯の灰をもらってきて、
ゆかりの川に、形式的な散骨。



葬儀に最低限必要なもの

●病院あるいは施設から自宅への、寝台車
●死亡診断書、死亡届、火葬場の手続き
●親戚、町内会、敬老会への連絡
●棺の準備と納棺
●自宅から火葬場への霊柩車→火葬
●飾り物、ドライアイス等
フラワーアレンジメント(小さくてもいい)
写真(小さくてもいい)、ろうそく立て香炉(家にある)
                     ・・・・以上です。

これだけのステップを踏んでおけは、立派な葬式です。
お骨拾いは形式だけでもOKです。
法律的には何の問題もないです。

今のところ、妹からも、私の家族からも反論は返ってきてません。
・・・っていうか、
私がそう言ったら・・・

妹は、どこかのファミレスのデリバリーが食べたいとか
マージャン大会をやろうかとか、楽しそうに言いました。

私の家族は、ばあちゃん家の玄関や部屋に貼る、
”お別れ会の説明文”を作っておくとか、
お経のCD持っているから、BGで流しておこうとか、
楽しそうに言いました。




日ごろから「1円も足を出したらいけない」とか、
異常にお金にこまかい人は、
どこかがザルになっているのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/03/29 (Fri) 10:18
  • #
No title

上の方、ありがとうございます。

うまくいけばいいのですが。

っていうか、
うまくいかなくてもお金がかからないのだからそれでいいか。
後から文句言われても、後の祭りだもんねー。
しーらないっと。

坂口さん、あまりにも早すぎる。何があったんでしょうね。

  • 2013/03/29 (Fri) 15:22
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する