スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮頸がんワクチン被害者連絡会ができたようです

実を言うと、昨日、金銭的なことで良い事がありました。
昨日妹とお昼を食べていたら、妹が突然、手相の百握りの話をしだしたんですね。
「あんた百握りやろ?」と、
私は百握りですが、普段そんなこと意識していないので、
いきなり何を言い出すのだろうと、怪訝に思っていたのですが、

その数時間後に、良い知らせが舞い込んできたのです。

RIMG0124.jpg
(背景は、会長さんのおしりで、失礼しました。)

母の介護でお金がいると、思っていたのですが、
どうも、金策に頭を悩ませなくて済みそうです。
ちょっとこじゃれた施設に、入れてあげられるかもしれません。

私は、その前日の、新しいピンクの財布(ピンクは他力本願でタナボタ)に
お札をたくさん入れた画像をUPしましたが、
それのおかげもあったのかもと、思ってます。
 
宗教なんか信じないと言っておきながら、おかしいのですけれど・・・・
しかし、私はお金の苦労をしたことがありません。
借金をしたこともありません。
土壇場のところで、何とかなってきています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日の話題は、朝日新聞から、子宮頸がんワクチン被害者の話です。

子宮頸がんワクチン 重い訴え
「副作用」の悩み200件超
被害者連絡会 中止求め嘆願書

TKY201304080623[1]

http://www.asahi.com/area/tokyo/articles/MTW1304091300001.html

”悩み”だなんて、そんな簡単な問題じゃないです、
本当にひどい、犯罪とも言える、副作用の実態です。

========================引用はじめ(抜粋)

女子生徒は2年前の9月、2回目の接種後に手首や太もも、ひざの痛みを訴えるようになった。
小中学校は皆勤。スポーツ少年団で主将をつとめ、剣道の地区新人戦では上位入賞する腕前だった。自身も「初めは筋肉痛かな、と我慢していた。でも、どうして痛みが続くのかと思っていた」という。

 昨年4月の3回目の接種後に悪化。エックス線検査では異常がないのに、手の痛みでペットボトルのふたが開けられず、足の痛みで階段も上り下りできない。

 高熱が続き、自宅で寝たきりに。血液検査で難病の全身性エリテマトーデスと診断された。厚労省には、副作用としての報告が病院や製薬会社から寄せられている症状だが、医者にはワクチンとの因果関係を尋ねられないでいる。

 接種後の副作用を訴え、保護者たち約50人が被害者連絡会を立ち上げたのは今年3月25日。これまで寄せられた200件を超える被害相談も紹介された。

 「歩行がおかしくなり、立てなくなる。心理的な問題と言われ、精神科に入院を勧められた」(中部地方)

 「接種後2週間たたず車椅子に。数字が数えられなくなり、自分の名前も分からなくなる。睡眠障害がひどく毎日が修羅場」(関東地方)

 「痛みは肋骨(ろっこつ)、骨盤、腕、足、耳の中など至るところに飛ぶ。トンカチで殴られているような激痛もある。製薬会社は副作用の情報も、被害者の情報も何も教えてくれない」(関東地方)

=================================引用終わり

医者もひどいです。
厄介な、医療被害者は、キチガイ扱いです。

これは経験があります。
アトピーがある長男が、病院へ行ったのですが、
ステロイド軟膏を、使いたくないとことわったら、
皮膚科の医者に、神経科へ行けと言われたと、すごく怒ってました。

素直に医者の言うことを聞かない患者は、キチガイにされてしまうんですね。

どっちがキチガイだか!!

また薬には、説明書に書いてない、副作用もあるんです。
これも常識みたいですよ。

やはり長男の話ですが、寝る前にアレルギーの薬を飲んだところ、
夜中に両手が痛くなって、病院に行こうにも、
車の運転さえできない状態だと言うので、
私が夜間救急へ連れて行ったことがあります。

そのときの外科医は「薬の副作用だ」と言ったそうです。
もちろんそんな副作用があることは、説明書には書いてありません。
でも、ちゃんと勉強している医者なら、副作用と認めるでしょう。



被害者側か、専門家かどっちがキチガイでしょうか、
専門家はこんなこと言ってます。
専門家は「予防に効果、接種を」
============================引用はじめ(抜粋)

副作用について、医療機関から厚労省にあった報告によると、昨年12月末までにワクチン接種を受けたのべ829万221人のうち1166人に発疹や関節痛などが起きている。

接種後の失神が多いことはわかっている。

 ワクチンに詳しい川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は「ワクチンの中身が主な原因ではなく、接種対象の思春期の女子に起こりやすい、注射の痛みの恐怖やストレスなどの反応と考えられる」と話す。

 歩行が困難になったり、うつ症状を訴えたりする例もあるが、個人差が大きく、ワクチンとの因果関係は判断しにくいのが現状だ。ワクチンは世界100カ国以上で使われ、これまでに副作用の報告で接種中止になった国はないという。

 東京大の川名敬准教授(産婦人科)は「どんなワクチンにも副作用はある。このため、接種しないという選択もできるようになっている。子宮頸がんは命に関わるだけではなく、治っても女性の妊娠や出産に影響を与える。ワクチンにがんを防ぐ効果はあるとの報告はあり、接種を勧めたい」と話している

===============================引用終わり

ものすごく論点がずれています。
恐怖を煽る人がいるから、失神するんだと言わんばかりの責任転嫁です。

こういう責任転嫁、どっかの原発関係の人たちも言ってたっけ?

普段は、がんは怖くない、早期発見すれば治ると言っておきながら、
製薬会社の都合で、恐ろしい病気に早変わりしてしまうんですね。

また、女性にとっては怖い病気である、全身性エリトマトーデスも
原因不明といっておきながら、
ワクチンが原因であることが、はっきりしているではありませんか

それに、いくら妊娠出産ができても、
車椅子の生活や、名前もわからない、となってしまったら
意味がないって、どうしてわからないのでしょうか。



厚生労働省は、ワクチンには効果がない、と認めています
ヒトパピローマウイルスは、
HPV16型が検出される女性の割合は0.­5%、18型は0.2%であり、
感染した人の、90%以上が、自然排出されると、
厚生労働省も認めているんですよね。
【『ガーダシル』『サーバリックス』の両ワクチンによる副反応被害者数は全世界で2万8千661人。死亡者数は130人にのぼっている。
しかし、これは報告された件数だけ。実際にはこの10倍以上の被害者がいると予想されています。】


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。