雅子さまと水俣病

5月10日、ポストセブンの記事を追記しました。
===============================引用はじめ

http://www.news-postseven.com/archives/20130509_187071.html
小和田夫妻 雅子さまを追って
オランダへ日本から発っていた

2013.05.09 07:00

オランダでの王位継承行事ご出席のため、皇太子ご夫妻が日本を出発した4月28日の翌日夜9時半過ぎ、都内の隠れ家的な寿司店を1組の老夫婦が訪れた。

 この老夫婦こそ雅子さまのご両親・小和田恆(ひさし)さん(80才)と優美子さん(75才)夫妻だった。外務省のエリート官僚として事務次官や国連大使などを歴任した恆さんは現在、オランダ・ハーグにある国際司法裁判所判事を務め、基本的には優美子さんとともに同国で暮らしている。

 この日、夫妻は大好きだというお寿司を心ゆくまで堪能すると、「明日、朝10時の飛行機でオランダに戻らなきゃならないの。また夏に帰ってくるわ」と女性客や店主に言い残して店を後にした。そして翌4月30日、朝7時半過ぎ、小和田邸前に迎えに来たハイヤーに乗り込み、ふたりは娘・雅子さまを追ってオランダへと旅立っていった──。

 即位式の翌5月1日夜──皇太子ご夫妻が宿泊されていたホテルを、小和田夫妻が訪ねた。皇太子ご夫妻と一緒にお茶を飲みながら、3時間ほど前日の即位式について歓談されたという。

 この面会は、新聞・テレビでも報じられたが、誰もがオランダに赴任中の小和田夫妻が、自分たちの住む国へ久々のご公務としてやってきた娘を訪ねたものと、思ったはず。しかし現実は、雅子さまを追いかけて、2日遅れで日本からオランダへと渡り、現地で面会したのだった。

 小和田夫妻が日本にいたのには理由がある。それは、今回のオランダ訪問が決まるまでの約1か月間、休暇を取って日本に戻り、雅子さまと直接相談のやりとりをするためだった。

 オランダ側から招待を受けたのは3月初め。回答の期限は3月上旬だったが、雅子さまは逡巡を繰り返され、その回答を1か月以上引き延ばされた。これには風岡典之宮内庁長官からも異例の苦言が呈されるなど、波紋を広げることとなり、雅子さまの悩みは大きくなるばかりだった。そんな雅子さまを支えたのが、小和田夫妻だったのだ。

「小和田さんは3月下旬に帰国されました。恆さんは帰国して間もない3月27日に、安倍晋三首相と面談しています。このとき、雅子さまのオランダ訪問について首相に相談されたそうです」(外務省関係者)

 その後はずっと東京に滞在していたのだが、3月末には、都内の高級中華料理店で皇太子ご一家と一緒に食事をされてもいる。

「皇太子ご一家、さらに雅子さまの妹の池田礼子さん一家もお誘いになって食事会を開かれたようです。1人3万円のコースを召し上がったみたいですね。そこでもオランダ訪問の件が話題になって、恆さんが“行けそうですか?”と質問すると、皇太子ご夫妻は“そのつもりです”とお答えになったそうです。

 しかし、やはり雅子さまは困惑の表情をされていたみたいで…。恆さんは心配になったようで、それからオランダ訪問が決まるまで、雅子さまを励ますために何度も電話をしていたそうです。優美子さんも、ひそかに雅子さんのもとを訪れていたという話もあります」(前出・外務省関係者)

 さらに恆さんは、オランダ王室への根回しも行っていたという。

「小和田夫妻としては、雅子さまがオランダ訪問という“成功体験”をされることが、病状の快方にとってとても重要なことだと考えたようです。そのため、恆さんは自らのルートを使って、オランダ王室に“返答はギリギリまで待ってほしい”とか、“オランダに行ってからも行事への出席が直前になって取りやめになる可能性もあるが理解してほしい”などと説明したそうです。小和田家にとっても、今回のオランダ訪問は、雅子さまの健康回復のための大きなチャンスと考えていたんです」(前出・外務省関係者)

※女性セブン2013年5月23日号

==============================引用終わり

~~~~~~~~~~~~~~~ここまで追記~~~~~~~~~~~


SEB201305010041[1]
(5月1日、朝日新聞1面の画像)

ゴールデンウイークは私自身がバタバタしていたというのもあるんですが、

雅子さんのオランダ訪問のニュースを見たり、
検索したりする気持ちがまったく起きませんでした。
見るたびにぞっとするんで。

5月1日の、朝日新聞朝刊の1面の写真は、上の画像でした。
水俣病の57年目の慰霊式が熊本県水俣市で開かれたんです。

他にも、新しく水俣病に認定された方のニュースなどもありました。


当の雅子さんはというと・・・

===============================引用はじめ
正次郎のNewsToday
http://kotodamayogen.blog.fc2.com/blog-entry-1786.html
渡邉 正次郎

雅子妃に同情が湧かない理由はこれ!!両陛下と一緒の園遊会はイヤ!!でも両親と会えるオランダには浮き浮き訪問!!

 日本の“民”と接する大切な園遊会には、両陛下と並ぶから嫌だと出席せず、オランダ国王の結婚式には喜び勇んで飛んで行った雅子妃。ヨーロッパ育ちのせいでご本人も日本人という感覚がないのだろうか。それとも日本の“民”が嫌いなのか、国民に崇拝され、敬愛され、国民から憧憬の眼差しを向けられる両陛下が憎いのか。

 雅子妃、妃は私ごとき(大叔父・父の従兄は天皇護衛の近衛騎兵でしたが)男のブログなど目にしないでしょうが、妃殿下に国民の同情が湧かないのは妃殿下の行動にあるのです。今回、オランダ国王結婚式にご出席までは良しとしましょう。

 ところが、妃殿下は式典には出席されましたが、体調を崩したくないと“晩さん会等々”の幾つかはご出席されませんでした。これも良しとしましょう。ですが、それでいながら、あってはいけない行動を取られたことです。
それは、オランダ・バーグに滞在中の小和田ご両親と再会されたことです。しかも、4時間もの長時間だと報道されています。

 これは拙いです。これでは雅子妃は、オランダ国王の結婚式典に出席は口実であって、両親と会いたかったからだ、と勘繰るのが下司な国民です。少し前にもブログに書きました。妃殿下は国民から真の敬愛を受けるには、実家のご家族との交際を断つ、ことです。

父上の小和田氏は長い外交官生活でしたから、“外交機密費横領疑惑”でも名が浮上しました。が、全マスコミが記事にしなかったのは、雅子妃殿下の父上だったからです。莫大な外交機密費が妃殿下のご成長にも纏わりつくのを日本人のマスコミ人が憂慮したのです。
最後にします。オランダでご両親にお会いにならなければ、「お可哀想に・・」と同情が湧いたのですが、残念無念。
2013-05-04
================================引用終わり

まったくもう予想通りというか・・・あきれてものが言えません。
この親子対面に、何千万という税金が使われているんです。

まあ、いつまでも雅子さんを責めていても仕方がないのですが、

両親の小和田夫妻もまったく常識がないトンデモということがよくわかります。
こんな人が外交官だか国際司法裁判所の判事だかなんだか知らないけれど、
原発御用学者も真っ青!!なんではないでしょうか。

雅子さんに言っておきます。(読まないでしょうが)
いつまでも馬鹿親に依存していては、治るものも治りません。

雅子さんもまだ愛子さんが幼いので、ヤンママ気分なのかもしれませんが、
世間では、アラウンド50歳で、
舅さん、姑さんの、世話をしている人もいます。
姑さんになって、嫁さんに気をつかっている人もいます。
孫のめんどうをみている人もいます。
親はいつまでも、頼れるものではありません。

もう若くはないんです。
頭が硬くなる前に、自律をすることを考える歳です。

親から精神的に離れて、客観的に、これから自分がどう生きるのか、
考えないといけません。かしこい人はやっています。
それができないと、(むしろ旗はないものの)たいへんなことになりますよ。

いい歳をして、親だけでなく子どもにも夫にも、国民にも、
依存ばかりしているのが、見苦しいんです。

まあ、気がつくことは無理でしょうが・・・
世の中にまったく目を向けず、
自分のビョーキという殻の中に閉じこもっている人には無理でしょう。


雅子と、チッソ、水俣病との関係

=================================引用始め
末田耕一
http://researchmap.jp/jozd2nhtz-1863290/?block...
日誌
新規日誌3 
2013/04/07
(5)雅子さまと水俣病トラウマPTSDとナロードニキ
by:サイコドクターS

日本精神医学が治せないのは庶民だろうが皇族(雅子さま)だろうが同じという意味では「民主的」である。「適応障害=心因反応=病気ではない」は論外として「遺伝病(仮説)」の「うつ病」とも言えない。言ったところで庶民同様治るわけはない。私は深夜の「NHKアーカイブ」で水俣病の被害者を見てあまりの「貧困」に衝撃を受けた。「戦後」とは思えない光景だった。「日本で一番切れる男」だった後藤田正晴が「雅子さまが皇室に輿入れしたら水俣の漁民がむしろ旗で皇居を囲むだろう」と警告した。後藤田の予測をいい意味で裏切り、水俣の人たちは雅子さまを責めたりしなかった。しかし、雅子さま自身は自らの恵まれた生活が株式会社「チッソ」の社長だった祖父の江頭豊氏が築いた資産の上にあることを意識しなかっただろうか?自分の豊かな生活が父祖による庶民への収奪の上にあることに煩悶した才能豊かな若者たちは太宰治、宮沢賢治、ロシアのナロードニキと珍しくはない。煩悶(心の傷)を芸術や政治活動に「昇華」しきれなかった雅子さまが「PTSD」を病むことに何の不思議があるのだろう。
===============================引用終わり

スポンサーサイト

コメント

こんにちわ♪♪

そうそう。雅子様。
両親と会って4時間話して、寝たのは朝方。。
女王が、雅子様の為に用意していたヨットクルーズをドタキャン。

体調を理由に、何でも許されるのか。

私は、パニック障害を職場で公表してないぞ。それを理由に逃げていないぞ。
楽な方に行けば行くほど、自分を許せなくなるものではないの?
どうして、あのような爽やかな笑顔が出来るんだろう?
達成感があるような、清々しい表情で。。
いろんなことが麻痺してるんだろう。
やっぱり精神薬のせいなんでしょうか。。。







  • 2013/05/09 (Thu) 17:45
  • チイチャン #7Hsxtjtg
  • URL
No title

チイチャンさん、

前回のときもそうでしたよね。

私もパニックであることは家族以外に公表してません。
言ったからといって、適切に扱ってもらえるわけではないし、
誰かに気を使わせているのも、いやですから。

本当に世間というものが見えてしまったら、
たまらないでしょうね、
公衆の面前であんなにへらへらしていられないでしょう。

  • 2013/05/09 (Thu) 18:28
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

後の報道で知りましたが、ご両親と面会してたとは…。やっと仕事したと思いきや見事に裏切ってくれましたね。

雅子妃の行動は異常ですが、国民の何%の人がこの事態を異常だと思っているのでしょうか。自分達の税金が使われている以上、天皇家が日本の象徴である以上、若い人たちも無関心では済ませて欲しくないです。

天皇家が日本の象徴というなら、今の日本の一般家庭を思うとある意味、合っていますよね。
妻の高学歴、共働き、子供のことに関してはモンスターの過保護、夫の3歩前を歩く妻、実家依存、離婚。

  • 2013/05/09 (Thu) 20:02
  • マコ #-
  • URL
No title

徒歩数分でも夫の実家なんてなるべく行きたくない会いたくない、
嫁ぎ先の行事となるとなぜか体調が悪くなり、

でも実家の両親がいるなら海外でも行けちゃう会えちゃう、
…という妻は結構いると思いますよほんと。

でも皇太子妃だから駄目というのがどうしてわからんのでしょうかね。

  • 2013/05/09 (Thu) 20:32
  • いちごほいっぷ改めラセティ #u2lyCPR2
  • URL

雅子さま、本当に残念でした。おかしなクスリでも服用しているんでしょうか。

シャーシャーと車を運転してきた小和田夫妻を見て、日本人として恥ずかしくないのかなと思いました。
親依存は程々に……ですね。

  • 2013/05/10 (Fri) 06:12
  • あさり #-
  • URL
No title

マコさん、

税金を使っている以上、私用と、公務を一緒にしてもらっては困ります。
無関心で済ませてもらいたくないですね。

  • 2013/05/10 (Fri) 08:09
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

いちごほいっぷ改めラセティさん、

そういう人多いですよね。

百歩譲って
雅子さんも実家(都内)に行ってはいけないとはいいませんけれど、
何でこんなに、大げさな話になっちゃうんでしょう??
意味がわかりません。

  • 2013/05/10 (Fri) 08:14
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

あさりさん、

>シャーシャーと車を運転してきた小和田夫妻を見て、
そうだったんですか、マスコミも事前にわかっていたんですかねW

小和田夫妻は、オランダに居たわけではなかった、
東京から追っかけていったらしいですね、
恥ずかしく思わない、神経がわからないです。

  • 2013/05/10 (Fri) 08:31
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する