やっぱりバカップルだった、アンジーとブラピ

株価の乱高下が続いていて、アベノミクスもどうも怪しくなってきたようですが、

株と言うのは、心理学なんだそうです。
PCの向こうにいる、誰だか分からない誰か、の心理を読んでいるようです。

株価という、実体がない心理学(群集心理?)に依存している
アベノミクスも、実体がないから馬鹿にされているのでしょうか。


医療もやっぱり行き着く先は、心理学のようです。

心理学を制するものは、世界を制する・・・のかもしれません。


N0028551_l[1]

アンジェリーナ・ジョリーの乳がん、
遺伝子検査+予防切除+乳房再建について書いてきました。
でも、なんとなく釈然としないものがあるんですよね。

●お母さんが健康な身体であるにもかかわらず、痛い思いをすることに対して、
子どもの立場にたって、子どもの気持ちを考えているとは感じられないこと。
●婚約者の、ブラッド・ピットが「勇敢だ」と褒め称えていること。
(私なら「心配しないで、子どもの親は母親だけではないよ」と言われたいですね)
●それほどがんを恐れている人が、タトゥーをいれ、隠そうともしていないこと。等々

U2389P28T3D2067296F326DT20080619155838[1]

やっぱり出てきましたねー。
この家族、おかしいです。

===================================引用はじめ
ブラッド・ピットが衝撃告白。
その1「ドラッグのダメージで
短期記憶力が失われつつある」!


TechinsightJapan 2013年5月22日 22時00分 (2013年5月24日 18時11分 更新)

俳優ブラッド・ピットが短期記憶力の減退を告白。ドラッグと大量飲酒のせいか。

当時はその妻であっただけに、女優ジェニファー・アニストンもこの話題に驚きを隠せないはずだ。俳優ブラッド・ピットがこのほど雑誌インタビューで、「長年の薬物依存が心身に与えるダメージは大きい。僕の場合、短期記憶の能力が失われつつある」などと激白した。

アンジェリーナ・ジョリーが「乳がん予防の目的で両乳房切断手術(double mastectomy)を受けた」と衝撃的な告白をしてから1週間が過ぎた。いまだその話題でもちきりというハリウッドで、今度は婚約者のブラッド・ピットの最新インタビューの内容が波紋を広げている。

このほどブラピは男性向け情報誌『エスクァイア』の表紙を飾り、特集インタビューに応じた。全米の書店にその最新号が並ぶのは今月末だが、その前に内容が少しばかり明らかにされている。アンジーへの深い愛情や尊敬の念はもちろんのこと、彼は自身が抱えている深刻な悩みをも暴露しており、興味深いところを抜粋してみた。2回に分けてお伝えしてみたい。

■大家族は夢。子供たちがいない静寂はかえって落ち着かない
「ビッグファミリーは僕の夢だった。今のわが家はあちこちでドタバタを繰り返し、笑い声、叫び声、それに泣き声が常に聞こえる状態だよ。このカオスがたまらなく好きだね。仕事でホテルに宿泊すると初日はこれでゆっくりと新聞が読めるなんて思うけれど、次の日になるともう寂しくて我慢できなくなるよ。」

■友人が極めて少ない
「家族がいるから僕の日々は充実しているし、こんなにもハッピーでいられるんだ。僕には友人と呼べる人が片手で数えるくらいしかいないからね。」

■ひどい“薬物依存”だった
「僕は長年にわたりドラッグにかなり依存していた。これによるダメージは本当に深刻なものだよ。当時の僕は浮浪者みたいだったし、行動もまさに中毒者だった。人生を何年間も無駄にしたと思っている。」

■短期記憶力がかなり減退
「友人が出来ないのも実はそれが理由なんだ。人の名前と顔がまるで覚えられないために尊敬が足りないと誤解され、人から嫌われてしまう。“あなたとどちらで会いましたっけ”と尋ねてはムッとさせ、ヒントを与えてくれてもなおも思い出せない僕に、皆は“お前、ずいぶん偉そうだな”ってひどく怒った顔になるね。」

同誌とのインタビューでブラピはさらに、女優ジェニファー・アニストンと結婚していた時期を振り返り、「僕はひどくチャランポランだった」と反省している。…
(以下略)

================================引用終わり

私は当ブログで、常々言っているんですが、
はっきり言って、がんより依存症の方が怖いと思います。

ブラピがドラッグとアルコールにおぼれて、ひどい状態だと、
アンジーが知らないわけはありません。
どうもアンジーもドラッグをやっていたみたいですね。

ブラピは、今はやっているのかいないかどうかは、知りませんが・・・
やっていないと言ったって信じられませんよ、
だって、短期の記憶力がないんですから!!

ここまで脳が破壊されてしまったら、もう、やめられないでしょう。
24時間ブラピに張り付いて
「君はドラッグとアルコールをやめると決めたんだよ」と、
5分ごとに言ってくれる人を、雇う必要があるでしょうね。

大きな声では言えませんが、
ほとんどキチガイです
そして、子どもたちは、AC(アダルトチルドレン)であることは間違いないです。
DNAの問題以前に、機能不全家庭の問題が大きく横たわっているのです。

アンジーさん、タトゥーを入れようが、ドラッグをやろうが、
乳房や卵巣を切除しようが好きなようにやればいい。

しかし私たちは、こういうキチガイの流す情報に翻弄されている、
馬鹿マスコミに、翻弄されてはいけないと、つくづく思います。


遠いアメリカの話ではないんです。
昨日も”日本の”テレビに、アンジーの手術をした医者が出ていました。
ナグモクリニックの、なぐちゃんの姿も流してました。

ついでに橋下徹も然り。

彼らは、他人(大切なはずのわが子にも)に悪影響を及ぼすから、厄介なんです。
それでありながら、彼らは自分は良い事をしていると思っています。

彼らのDNAの問題ではありません。
機能不全家庭が生み出した、妖怪です。


3a7a111d[1]

・・・あっ、そういえば、ハリー・ポッターの、
ダニエル・ラドクリフもアル中で、おかしくなっているらしいですね。
目玉をくりぬかれるかと思うほどの、殺人的な、群発頭痛を患ったらしいです。

ま、ハリーポッターは、あまり面白くなかったので、別にいいんですけれど。


===============ウィキペディア、ダニエル・ラドクリフより引用はじめ
複雑な血筋の告白 [編集]

2012年7月22日に、南アフリカのCityPressに対し、「自分は南アフリカ人、ポーランド人、ロシア人、ユダヤの血や北アイルランド・プロテスタントの血が入ってる」と告白し南アフリカとのつながりがあることを強調した。母方の祖父が南アフリカ人であるが、「“世界で最も良い人”というようなタイプではなかったので、僕たちはほとんどこのことを話さない。祖父は基本的に祖母のことを大事にしない人だった。だから祖母は、生まれて2週間の僕の母親を連れて、南アフリカから逃げた。母は南アフリカ航空で南アフリカから出国した赤ちゃんの中で最年少だったそうだ。」と語っている[6]。

なお、アフリカでも南アフリカ共和国には白人が多いため、ダニエルの外見から祖父は白人だったと見られる。
スポンサーサイト

コメント

No title

ブラピ、私は発達障害かなと思っていたんですが、
ドラックでしたか。そりゃ脳は破壊されますよね。

話は違うんですが、株大幅下げニュースのドサクサに紛れ
住民番号制法が可決されたそうですね。

予防接種の管理も遠くなさそうですね。
こちらの国ではネットで買い物するにもサイトの会員になるにも
この番号が必要で何をするにも番号です。
日本もこうなるのですね…

  • 2013/05/25 (Sat) 13:26
  • ラセティ #u2lyCPR2
  • URL
No title

ラセティさん、

番号制ですね、
本日朝刊1面に載っていましたが、
行政が取り出せる情報は多岐にわたっています。
予防接種や一部の病歴も管理されるようです。

ひとつ間違えば、カモリストになりかねません。
対策を考えていかなければいけませんね。

  • 2013/05/25 (Sat) 18:57
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

依存度が高いバカップルですね。
ここまでくると、気持ち悪いですね(苦笑)

  • 2013/05/25 (Sat) 23:07
  • あさり #-
  • URL
No title

あさりさん、

おおいに気持ち悪いカップルですよね。

  • 2013/05/26 (Sun) 13:18
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する