日本の農業を崩壊させるのは、モンサントかJAか

monsanto-01[1]


先週でしたか、空き家状態になっている実家の庭と屋敷畑の、
庭木を切り倒し、草取りをしてきたんですね。
それで、今後生えてくる草をどうするかという事で、
妹の意見に従って、除草剤を撒くことに決定しました。

妹と連絡をしたところ、
除草剤を撒いたから、「犬を連れてきたらアカンよ」と言われました。
ご親切にご忠告、ありがとうごぜーますだ。

庭には何も生えていませんから、こういうのを撒いたんでしょうね。
0071-01-20110520210503[1]
手入れが行き届かなくて、草ボーボーになってしまい、
苦情が出たので、仕方なく一時的に枯らすタイプを撒いた、というのなら
まだかわいげもあると思うのですが、

ツルッパゲになっている畑に、
予防的に、永く残存する除草剤をまくというのは哀しいものがあります。

それに、危ないのは犬じゃないんですよね。
人間なんですよ。
結婚を目前に控えた、娘が居るのに、そういうことは、考えないのでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここで朗報です!!
阿修羅掲示板からです。

コメントもなかなかおもしろいので、
お時間ありましたら阿修羅の方↓を読んでみてください。
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/320.html

=================================引用はじめ
モンサント社の株価が急落! 
http://www.asyura2.com/13/hasan80/msg/320.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 6 月 06 日 17:44:15: AtMSjtXKW4rJY

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51886073.html
2013年06月06日  日本や世界や宇宙の動向

14236[1]
最近、反モンサントの抗議デモが世界中で行われましたが、最近、モンサント社の風当たりが益々強くなってきています。悪魔企業らしく、彼等は法的に保護されるために別の法案にこっそりとモンサント保護法なる条文を書き加えたりして、なんとか農業の世界支配と巨額の富を得たいと画策していたのです。しかし、このところモンサント社製の遺伝子組み換え食品についての問題点が大量に報道されたことで、市場も考え始めたのでしょうか。
何しろ、モンサント社の遺伝子組み換えきゅうりを食べたら。。。股間の毛が抜け落ちたという報道までされてしまったのですから(笑)。。。
ネットでは、モンサント社の遺伝子組み換え食品が笑いの種になり始めてきました。このようなイルミナティの企業が落ちぶれることこそが新しい文明が始まる予兆ともいえるのではないでしょうか。このまま株価が落ち続けてもらうしかありません。そして日本政府には遺伝子組み換え食品を拒否し続けてもらいたいと思います。
http://beforeitsnews.com/agriculture/2013/06/monsanto-stocks-have-fallen-10-in-last-2-weeks-2448552.html
(概要)
6月6日付け:


なんと、あのフレンドリーな巨大企業モンサント社の株価がこの2週間で10%も急落しています。この原因は、最近になって盛んに報道されているモンサント社に批判的なニュースによるものだと思います。農場主は、モンサント社の遺伝子組み換え食品を栽培しても収穫高が上がらず利益をもたらさないということが分ったのです。株価がこのまま下がり続けなさい。このような悪魔の企業が破たんすることが、我々人類にとっての勝利なのです。彼等はお金を儲けるためなら、我々がどうなっても構わないのです。我々も彼等が破たんしようとも、どうでも良いのです。

===============================引用終わり

モンサントは、現代の枯葉剤、ラウンドアップのメーカーであり、
除草剤と遺伝子組み換え種子と、ワンセットで売り込もうとしています。

TPPで、私たち台所を預かるものが危惧するのは、食の安全です。

t02200249_0585066112009591598[1]

クサノンは経団連米倉弘昌が会長をやっている、住友化学の製品
モンサントと住友化学は、提携しています。
そりゃ儲かって笑いが止まらないでしょう、除草剤ってものすごく高いですもん。
その歳で悪いことをやってお金を儲けても、地獄へまでは持って行けませんよ。

それにしても76歳にしては老けてません?
モンサントや住友の社員は、わざわざ安全なものを食べているかというと、
そんなことしてません。

80年代に敦賀の市長が、公の場で子どもたちが全員かたわになろうが、
お金がもうかるんだから、原発を誘致した方がいいじゃないかと言い、
拍手にわいた。という話は、有名ですが、

この老けてデブてボケかけた、米倉が食べ物に気を配っているなんて、
思えません。

子どもの健康は、金には変えられないと思うのは、心が健康な人だけです。

除草剤、農薬などの化学物質は、もうすでに地下水、河川、海を汚染し、
雨となって降っているともいわれています、もう逃れようはありません。

彼らは、わが子が片輪になろうががんになろうが、
そんなことはどうでもいいんだから、なおさら食べ物に気を使うなんて事はしません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

食の安全を脅かしている、もうひとつのがんは、JA(農協)でしょう。

JAでは農薬なら何でもそろいます。
化学肥料も山積みになっています。
ラウンドアップやクサノンより、毒性が強くて、お高い、除草剤も
ハンコひとつで、入手することができるそうです。
良く効くそうな・・・コワー

私は、お米や野菜は、できれば地元のものを食べたいと思い。
近所のJAのお店で買うようにしているんですが、
このお店では、特売日にお米を買うと、一回ではすまないんですね。
どういうことかというと、

JAでは、お米の注文を受けてから精米してもらうことになっているんですが、
そのお店では精米機が、小さくて古く、お客の回転に間に合わないので、
お客は朝、わざわざ注文をしに、JAのお店へ一度出向き、米袋を店員に渡して、
それから、時間をつぶすために、
スーパーへ買い物に行くなり、家へ帰るなり、職場に向かうなりして
午後からもう一度JAへ、お米を受け取りに行くんです!!

普段口うるさいオバサンたちが、どうしてJAに文句を言わないのか不思議です。

私はホムセンの、コイン精米の機械を見たとき、カルチャーショックを受けましたね。
ホムセンの精米機が、大きく立派だったんで・・・

最近は、お米を計る、計量器も壊れていて店員さんが、アナログ計量してました。

JAは最近、近所に、車160台が余裕で停められるという、
ものすごく立派な、葬儀会館を作ったのに(当然のことながら)
最近はこういうばかでかい葬式をしなくなったため、
JAは予算的に苦しいのかもしれません。

こんなところで、家族葬だなんて馬鹿みたいですよ。
これから年寄りが増えるばかりで、年よりの葬式にまともに付き合っていたら、
香典だけで、家計は大赤字ですからね。

JAは精米機や、計量器にまで予算がまわらないのでしょう。
農産物を売る気なんてさらさらありません。
なんだか、JAでお米を買うのがいやになってきました。


金融の方はどうかというと、
母がJAの火災共済に入っていたので、
どういうものか、説明してもらうため、窓口の方へ訪ねたんですね、
職員はまったく商品を理解していませんね。
採用は、縁故が多いらしいので、当然でしょう。
採用は一家族にひとりと決まっているらしいですよ・・・ったく。

年寄りに、商品を売りつけるためにどうやって勧誘したんだか・・・

カウンターに墓石の、ミニチュアを並べたり
まるで30年前にタイムスリップしたみたいな、殿様商売やっています。
JAは農家からお金を搾り取ることしか考えていません。

JAがTPPに反対しているなんて、聞いてあきれます。

ほんと、こいつらバンパイアーです。
スポンサーサイト

コメント

矛盾してますよね〜(-_-)
JAに1票でしょうか。

  • 2013/06/11 (Tue) 13:41
  • あさり #-
  • URL
No title

あさりさん、

一票を投じていただきありがとうございます。
JAにはしっかりやれ~といいたいですね。

  • 2013/06/11 (Tue) 18:25
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する