スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カネボウ ”ロドデノール” 回収問題

糖質制限食について、続きを書こうと思ったのですが、
カネボウ問題を書かないではいられない心境なので、そっち書きます。


花王の子会社、カネボウ化粧品の、肌がまだらに白くなるという事件は怖いですね。
息子が心配しましてね、ひどい被害があったねと。
私は市販のスキンケアは、数年間買っていないので大丈夫なんですが・・・



化粧品の被害なんて、日常茶飯事なのに・・・
実際、ハイドロキノンという美白剤でまだらに白くなる被害はあったはずです。
ロドデノールも同じ骨格を持つものだそうですから、
原因がわからないなんて、おかしいです。

むしろどうしてそんなに大騒ぎするのか、そっちの方が不思議だったのですが。

37ae7_1231_b77a39669414d01b249c113b0c8e9fb3[1]
(また、高い化粧品ばかり)

詳しくはこういうことだったようです。

==================================引用はじめ

http://blogos.com/article/65633/
記事 法律化粧品業界

他人事ではない
カネボウ化粧品の自主回収事件-
二次不祥事のおそろしさ

山口利昭

2013年07月05日 00:16

すでに大きく報じられているとおり、花王の子会社であるカネボウ化粧品は、製品の自主回収を決めたそうです。同社と子会社が製造販売する美白化粧品54商品について、肌がまだらに白くなる被害情報が39件確認された、とのこと。

薬事法の認可を得て製造販売している商品に、このような被害症例が発生したということですから、ブランドイメージを毀損するものとして、カネボウ化粧品には相当厳しい事件です。もちろん原因が特定されてませんので、これをカネボウ化粧品の不祥事だと断定できるものではありません。また厚労省からは重篤な被害が出たとまでは言えないことから「回収命令」の対象とはされてなかったため、自主回収を決めたようです。しかしマスコミはカネボウ化粧品の「まだら美白」製品を世に出したこと以上に、その後の対応という、いわゆる「二次不祥事」に注目しています。これがカネボウにとっては厳しいところではないでしょうか。

これまで確認されている被害例は39件だそうですが、すでに2011年ころから発症事例がお客様窓口に報告されていたとのこと。この消費者窓口に寄せられていた報告について、社長は「病気(持病)であるという(窓口担当者の)思い込みが問題の認識を遅らせた」と悔やんでおられるそうです(時事通信ニュースはこちら)。

しかし、毎度申し上げていることですが、こういった苦情対応において、窓口担当者が「たいしたことではない」と思い込むのは通常の感覚であって、会社にとってマイナスの報告を窓口担当者が行うことを期待するほうがかなり無理があります。思い込みがまずかった、というのは後出しジャンケンの言訳であり、会社の構造的な欠陥を窓口担当者のミスにすり替えることになります。これでは再発を防止できるわけがありません。

NHKニュースが報じるところによると、これまでも窓口担当者は発症を報告していた人たちに対して皮膚科での診察を勧めていたそうで、会社側から医院を紹介していた、とのこと。「会社側は病院を紹介しましたが、病院側からは、利用者が持っている肌の病気と報告される場合が多かったことから、化粧品が原因とは認識せず、発覚が遅れた」と報じています。つまり、会社から紹介を受けた(会社と関係性のある?)医院の医師も、やはり会社側に対して「これはたいへんなことだ」と診断結果を報告することはかなりむずかしかったのではないかと推察されます(そもそも薬事法上の承認を得ている医薬部外品の化粧品の成分に問題あり、と断定する方向の意見は、通常の医師であっても困難ではないでしょうか)。

現に、カネボウ化粧品が今回自主回収を発表するに至ったのは、会社とは全く関係のない皮膚科医師より被害状況に関する報告がなされたことが原因です。会社とは何ら利害関係のない第三者の立場にある医師からの報告だからこそ、会社側は「これはまずい」ということになったものと思われます。

もし、最初に被害症例が報告されていた2011年ころから真摯に対応され、「被害のおそれがある」という段階で自主回収に出ていれば、多大な回収費用を必要とすることにはなりますが、一番大切なブランドイメージの毀損は防ぐことができたのではないでしょうか。リコール問題はメーカーにとって厳しい判断を迫られる場面ですが、社会的信用を守ることが大切な時代、そのあたりの経営判断について、どこの企業でも他人事では済まされない教訓を示している事例だと思われます。リスク判断を真剣に検討しれいれば、会社が本質的にもっている構造的欠陥、たとえば窓口担当者のバイアス問題や委託先医師の意見が会社寄りになってしまうリスクにも思いが至るかもしれません。今後の続報について注目しておきたいところです。

================================引用終わり

もう数年前から、被害はあったわけです。
そしてそういう被害は、
昔から、化粧品会社と癒着関係にある医者がもみ消してきたわけです。

しかし今回はそういうシステムが、機能しなかったという話らしいです。

化粧品会社と、御用皮膚科医の関係は、昔から問題視されてきたことです。
私はこの本の記述を思い出しましたね。


続 あぶない化粧品 (三一新書 907)続 あぶない化粧品 (三一新書 907)
(1981/01/01)
日本消費者連盟

商品詳細を見る



大昔から何も変わっていません。上のブログ記事と、
下の引用を読み比べてみてください。

もう、あきれるのを通り越して、笑えて来ます。

=========================引用はじめ(P105~、抜粋)

「あなたは膠原病の疑いがある」と黒皮症で資生堂に連れて行かれた病院で、
顔を見るなりこう宣言されたある主婦は、「1ヶ月も入院させられた」。
高いお金を払って1ヶ月の入院と検査を終えた後
「アンタはやっぱり膠原病じゃないヨ」の一言。
腹が立たない方がどうかしているでしょう。
次の言葉はさらにヒドイものでした。
「アンタ、ノイローゼかなんかのクスリを飲んでいるんじゃないの?
精神科の薬を飲むとそんな顔になるんだヨナ」。

(中略)

カネボウ化粧品で目のまわりにシミができて「パンダみたいだ」と職場の同僚から
からかわれたNさん(39歳)は済生会中央病院で「組織検査をしてみましょう」と、
ウムをいわさず顔の皮膚と背中の皮膚を剥ぎ取られた。
特に背中は2cm四方ほど切られ、
その跡が治った後も茶色くシミになって浮き出てしまった。
頬の”手術”も「ニキビの跡ぐらいにしかキズは残らない」と、
それでも4針縫われて跡が残ってしまった。
これほど痛い目にあわされた後、
「やはりあなたのシミは中からではなくて、外から来たもののようですね」
と平然といわれるのだから、頭にくるのは当然である。

済生会中央病院の皮フ科の例です。
病院の黒板には、ダレソレさん手術、△月△日、予約と”手術予定日”等が板書され、
九州や北海道など各地からやってきて、大きなバンソウコウを顔に貼って
ガウンを着た「入院客」が済生会病院内をウロウロしているそうです。
いつの間にか、黒板に”手術予定日”を書き込まれ、怖くなって逃げ出してきた、
ある奥さんの話ですが、やはり尋常な光景とはいいがたいようです。

=============================引用終わり


資生堂の医者も、一部、本音を吐いていますね。
精神薬によって、エリテマトーデスといった膠原病が誘発され、
肌が炎症を起こすというのは本当のようです。
日本皮膚科学会のHPにも書いてありました。
でももちろん、化粧品でも炎症を起こします。

michael01[1]
(マイケル・ジャクソンはまだらに白くなりましたが、
全身性エリテマトーデスでもありました)



(おまけ)
ハルさんのコメントを読んでいて、
そういえば、子どもが小さいころ、
マクドナルドより、モスバーガーに行こう、
といっていたのを思い出し、検索したらこんなのが出てきました。

面白いので、ぜひ読んでみてください。
モスバーガーとマクドナルドの比較画像が
話題にwwwwwwwwwwwwwwww

http://orzorzorz.doorblog.jp/archives/29224824.html
スポンサーサイト

コメント

比較画像みました!

おまけのマックとモスバーガーの比較画像見させていただきました!!

大爆笑です!笑

みなさんのコメントが面白いですね!笑
個人的には25の箱代のくだりが好きです♪

ぜひみなさんも見てくださ~い(^-^)

  • 2013/07/07 (Sun) 11:35
  • ハル #-
  • URL

比較画像見ました。

ま、まずそうでした…。
あんなのに1000円も払いたくないですー。

  • 2013/07/07 (Sun) 14:25
  • あさり #-
  • URL
No title

ハルさん、

あのお値段は、箱代だったようですね。
あれじゃ、笑われますよね。
もう少しましなものをつくるかと思ってましたが。

  • 2013/07/07 (Sun) 18:22
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

あさりさん、

テレビ、ラジオで騒いでいたのは、なんだったんでしょうね。
マスコミも、まずいですよね。

  • 2013/07/07 (Sun) 18:24
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

いつも貴重な記事をありがとうございます。
カテゴリー違いなのですが、質問させて下さい。
ホームスクールで立派にお育てですが、ホームスクールの子育てを始める方法に付いて教えて頂きたいのですが、私立小学校をやめてすぐに始められますか?
その場合、市や教育委員会にいわなければなりませんか?
教えて下さい、宜しくお願いします。

  • 2013/07/07 (Sun) 18:29
  • はな #-
  • URL
No title

はなさん、

うちは、市立の学校だったので、在籍はしていました。
私立だと授業料も高いし、在籍は無理かもしれませんね。

市立だと、1日も登校しなくても、卒業証書をもらうことは可能です。
卒業証書はいらないという人もいますが、
私は、もらっておいたほうがいいとおもいます。

一度転校の手続きをとってみてはどうでしょう。
その際、今の学校から新しい市立に、成績表とか連絡が行くのではないでしょうか。
今の段階で、在籍している学校にお尋ねになりにくいかもしれませんが。



うちは引越しで転校の経験もありますが、
教育委員会や、市役所のほうにこちらから言う必要はないと思います。
私は、そういう人たちと会ったことも話したこともありません。
(名古屋市と、近隣県)

話す必要があるのは、担任の先生です。
お休みが続くと、先生のほうから、何か聞かれますから、
そのときに言うということで、何も問題はありませんでした。
市立の小中学校の場合、出席日数と、進級、卒業は関係ないからです。

もしも校長が、会いたいから来てくれとか言ったら、行けばいいと思います。
先生や校長もいろんな人がいますが、
なるべく大げさにしない方法はあると思います。

  • 2013/07/07 (Sun) 19:43
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

お返事ありがとうございます。
夏休みの宿題などは届きますか?
クラスの催しなどPTA などは参加しなくて良いのでしょうか?

わからないことたらけです、


  • 2013/07/08 (Mon) 01:00
  • はな #-
  • URL
No title

はなさん、

教材なんかは、教材費を払えば、もらえます。
給食費も、始めは払っておいてもいいかと思います。
子どもが行きたいといえば、行かせてあげればいい
(PTAにも参加したければ参加すればいい)と思うからです。
・・というか、PTAは任意ですよ、子どもが1日も休まずに学校に
通っていても、参加しなければならないということはありません。

うちは行かなかったので、先生のほうから、
それらの費用(当然PTA会費も)は払わなくてもいいといわれました。

ドリルなどは、余ったのがあるからと、届けてくれたり、
給食も、いきなり行っても、休んだ子の分があるからいただかないということでした。


余計な話ですが、
学校って、親も子どもも、どうしても参加しなければならないというものではないんですね。
みんなが思うより、自由なんじゃないかな。
だから、自分たちはこうしたいって、言っていい。
ホームスクーラーをやって、勉強したことのひとつです。

  • 2013/07/08 (Mon) 06:54
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

アドバイスありがとうございます。
PTA が一番不安でしたが、色々でいいんですね。最初からパスしておきます。
慣習化されている事が多く、なかなか 自分を変えられませんでしたが、
今は出来そうです。
気持ちに正直になれば良いんですね。
それが普通なんですよね。

  • 2013/07/08 (Mon) 17:03
  • はな #-
  • URL
No title

はなさん、

>気持ちに正直になれば良いんですね。
それが普通なんですよね。

私もそう思います。

  • 2013/07/08 (Mon) 18:34
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。