スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特養見学記

母が脳出血で倒れ、脳梗塞も併発して要介護4になり、
老健でお世話になっています。
それで特別養護老人ホームに申し込みをすることになり、
こんな機会もなければ、知ることもないであろう、
特養という施設の見学をした、感想を書きます。

見学だけでは、スタッフの対応だとか本当に知りたいところはわかりません。
ですから、聞いた話と雰囲気だけの感想ということになります。

料金については要介護4、第3段階ということで、
対応した職員に聞いた、だいたいの金額です。

もちろん料金表などはもらえます。

文中の画像はお借りしたイメージで、本文とは関係ありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

多床室

利用料金が安い。
待ち期間が長い。

うちの場合、どういうわけか遠いです。
料金も、母の場合、そこそこの年金がもらえています。
緊急度の高さ(早く入りたい)もあって、
古いタイプの多床室は、対象外で、見学しませんでした。

20120605_2920266[1]


従来型個室

居室は、すべて個室です。
A 開設されたばかりで新しく、駐車場も建物も広く、天井も高いです。
 だからか・・・
 食事は(定員80人)は大食堂で摂るというかたちになるので、
 落ち着かない感じはします。
 スタッフの話によりますと、落ち着かないという理由で、
 他のところに変わられた人もいるということでした。
 料金は8万円ほど。
 
 ここは、私的には保留。

100907unit[1]

ユニット型個室

 個室を、10人ずつのユニットに分け、
 それぞれのリビングで食事をしたり、談話をしたりできるようになっています。
 
A、私の家からは最も近いです。
 環境、利便性は良い。
 数年前にできた、マンション風の建物、
 個室は、それぞれに、洗面台と
 掃きだし窓がついていて、ベランダに出られるようになっています。
 ここのリビングは、なんだか病院っぽいと感じたんですが、
 よくある、対面式キッチンが付いていないようで、
 ド真ん中に手すりつきの大きな白い洗面台が、どーんと2つあります。
 
 ロビーや、地域交流スペースは、広くて
 グランドピアノやお琴が置いてあったりします。
 
 ピアノも、お琴も、個室洗面台も、ベランダも、自分では動けない
 母にとってはあまり意味ないと思うんですが、
 見栄っ張りの、母や妹は、満足するでしょう。
 親戚、知人もここなら誰も文句は言わないでしょう(笑)

 料金は10万円以内という話。
 料金が高め。
 90代の人が多いということで、
 (症状の重い人には、合っているかもしれません)
 早く順番がまわって来ると思われます。
 ということで、申し込みをしました。
 たぶん、ここに決まると思います。

B、2桁国道に近く、隣が小学校という、比較的にぎやかなところにあります。
 こちらは、共有スペースが良いと感じました。
 各ユニットが広い廊下でつながっており、自分で動ける人は、
 ぐるっと各ユニットのリビングを、まわっていくことができます。
 デッキには、家庭菜園のように、何かの植物が植えてあり、
 リビングの中からも眺めることができます。
  
 申し込みしました。

C、市内ですが私の家からは遠いです。
 めっちゃイナカ、実際行くときに迷い、人に聞きました。
 たぶん、お見舞いの人は、迷うでしょう。う~ん。
 建物は立派で、最近増築し、定員を増やしたみたいで、
 新聞の折込チラシで募集をかけていました。

 ロビーは、木目調で広すぎもせず、狭くもなく、
 落ち着いた感じがよく。
 パンフレットの写真では、個室にはトイレもついているようです
 
 入居者のプライバシーに配慮ということで、
 中の見学はさせてもらえませんでした。
 それも一理あるのですが、
 私も母のプライバシーは洗いざらい話したんですが・・・??
 料金は9万円台という話でした。

 保留


複合型??

 A、場所は母の住む町のさらに郊外
 南欧風の装飾
 一般的な特養の定員は80人ですが、ここの定員は50人、
 しかしワンフロアに、多床室、従来型個室、ユニット型個室があり、
 料金も分かれているのですが、
 リビングは大きなのがひとつ・・・ってどういうこと??
 
 誰だって大きなリビングでわいわいやっていれば、
 小さいリビングの人はそっちへ注意が向きます。
 ユニット型個室が、ユニットになっていない??

 う~ん、よくわからないので、申し込みはしませんでした。

20120605_2920267[1]

地域密着型、サテライト型
 
 30人以下の小規模の特養、
 以下の2つは、所在地に住所が無いと、申し込めません。

A、私の家からは近いです。
 デザイン性のある、おしゃれな外観
 母の住所を、私の家に変更すれば、申し込めるとのことでした。
 ユニット型で家庭的な雰囲気が一番強いと思いました。
 ユニットの、リビングには対面キッチンがあり、
 私が行ったときは、職員が入所者とおしゃべりしながら、
 昼食の支度をしていました。 
 
 入所者の持ち込み品も多いようで、干からびた観葉植物の鉢植えとか、
 いろんなものがあるんですよね・・・どうなんでしょう??
 また、個室に家族が泊まっていくこともあるということでした。
 家庭的ということでは良いのでしょう.
 
 わざわざ住所変更をしてまで、申し込みをしようとは思いませんでした。


B、複合型??、B、のすぐ近くにあります。
 私の家からは遠いです。
 町民でないと申し込めません。
 上のAより広々としています。
 
 部屋は多床室と個室がありますが、ユニット型ではありません。
 
 29人の定員に対して、リビングは2つですが、
 とても広く、窓も大きくて、ゆったりした感じです。
 リビングにはキッチンもあり、おかずは複合型、B、から持ってくるのだそうですが、
 電磁コンロで暖めることができ、それぞれのリビングでご飯を炊いているそうです。

 多床室は、それぞれのベッドが厚い壁で仕切られており、
 それぞれのスペースは、すべてが小さいながらも窓に面していて
 従来の多床室とはおもむきが違うと思いました。

 一部、廃園になった保育園の建物が使われているそうで、使いにくいという話でしたが、
 田舎ならではの工夫でユニークなものはできると感じました。
 (外観は、保育園と工場と山小屋を、強引にくっつけた感じ?(笑))
 料金も安く、個室でも6万円台とのことでした。
 
 申し込みをしました。
 
 ただ、職員の話では、入所者が家族の話を洗いざらい話す事もあり、
 町内中に知れ渡ることになるかもしれません。
 とのことでしたが、私は世間様に顔向けできないようなことはやっていませんので(笑)
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01[1]


家庭的な雰囲気を重視する傾向にあるのはいい事だと思います。
しかし、ユニットのキッチンでご飯を炊いてもらっても、
おかゆや、母のようにミキサー食の人もいるのでたいへんだろうなとか、
個室にトイレがついていても、どれだけの人が使えるのだろうかとか
スタッフの人たちの負担を考えると、どうかなという感じはします。

それに、やっぱりこういう施設ですから、オムツをしている人もいるし、
痴呆の人もいるということで、清潔感が大切だと思いました。


実際人気なのは、料金の安い多床室のようで、
最近推奨されているユニット型は
収入によって減免はされますが、居住費が最高で1日約2000円かかります。
たまたま母の場合は、ひとり暮らしだったので、減免があり助かっています。

やっぱり東京のエライさんが、机の上で作り上げたものという感じが否めません。
田舎と都会ではコストが違うということを考えて料金設定しているんでしょうか。
大切なのは形よりも、スタッフだということを考えているんでしょうか。

今後老人は増えるばかりなので、いらないものはなくてもいいので
効率の良さを、考える必要があるのかもしれません。


ま、とにかく脳卒中はゴメンです。
うちの隣のおばあさんは90代でも一人暮らしで頑張っていますが、
あやかりたいです。
スポンサーサイト

コメント

参考になります

きめ細かく色々な施設についてご説明下さって、ありがとうございます
一番良いと思われる場所に決まると良いですね
アットホームで良い面と悪い面は、やはりそれぞれありますよね
私の母は長年勤務した事業所の経営者の奥様を、一時期自宅に泊めて介護していました
子どもがいなくて唯一の身寄りの妹さんは事情があって引き取れなかったから、ほったらかしにできなかったのです
余計なお世話なのですが、私を孫のように可愛がって下さったので、そのお礼の意味で病院と特養の隙間の二週間を…
奥様はお金があったのと弁護士の後見人のコネで、最終的にはすごく良い施設に入りました
母の施設のイメージは奥様がいた所で、自分も入れるつもりでいますが、さてどうなりますやら…

  • 2013/07/19 (Fri) 19:58
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

>私の母は長年勤務した事業所の経営者の奥様を、一時期自宅に泊めて介護していました

そういうこともあるんですね。
お母さんは良い事をされましたね。

良いところに決まるといいですね。お互いに。

  • 2013/07/20 (Sat) 06:48
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
ありがとうございます

落ち着いて余生を過ごせるところに入れると良いですね~

でも母と奥様の話は私にとっては美談ではなくて、韓国ドラマのようなレベルの変テコな後継者問題に巻き込まれました
経営者には愛人との間に男の子が一人いて、認知する代わりに財産は法定相続分に関しても放棄ということでもめて…
後継者に何故だか奥様が私を担ぎ上げて、学費や経費は全額負担するから継ぐ資格を取ったら養女にして財産相続させる、と言い出しました
地位や名誉に弱い母もその気になって、私に跡継ぎになるように奥様と一緒に洗脳教育にかかりました
その過程で17歳の時に心身を壊して入院し、母も奥様もおかしな人格だと気付いて、洗脳されていた自分から解放されました
進学も全く別の道を選ぶならお金は出さない、と言われて逃げるように実家を出て、母の姉に借金をして進学就職して、その後返済しました
でも今の自分があるのもあの人達がいたから、と前向きに考えられるようになりました
人生いろいろ…です

  • 2013/07/20 (Sat) 13:28
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

なるほど、そうでしたか。
あるものですね、こういう話。
母の実家も、祖父の愛人の方に、男の子(異母の弟)がいたんですね。
母は本妻の長女で、本来なら跡継ぎのお嬢様だったのだろうと思います。
母は多くを語りませんが、おかしくなるには、原因があったんです。

それにしてもきくさんは、おかしさに気がつかれてよかったです。

私はあの人たちがいたから、とまでは、なかなか思えませんが、
子育てはいいかげんではいけないとか、
いろんなことを、真剣に考えるようになったので、
よかったのかもしれません。

  • 2013/07/20 (Sat) 15:11
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。