過ぎたるは及ばざるが如し、

医療も美容も、やりすぎなんですよ。
お金の計算ばかりやっているからこうなる。
やりすぎは怖いですね。

===============================引用はじめ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130820-00000002-asahik-soci
統合失調症、薬出しすぎ 
入院患者の4割、3種類以上 
診療報酬明細から分析


朝日新聞デジタル 8月20日(火)5時40分配信 (有料記事)

 統合失調症で精神科に入院している患者の4割が、3種類以上の抗精神病薬を処方されていることが、国立精神・神経医療研究センターの研究でわかった。患者の診療報酬明細書(レセプト)から実態を分析した。複数の薬物による日本の治療は国際的にみても異例で、重い副作用や死亡のリスクを高める心配が指摘されている。

 これまでも精神科の治療では「薬漬け」を指摘する声が根強くあったが、一部の医療機関などを対象にした研究が多かった。今回の研究では、2011年度から、全レセプトデータを提供する厚生労働省のデータベースの運用が始まったことから、精神科での詳しい薬物治療の実態の調査、分析ができるようになった。……

=================================引用終わり



=================================引用はじめ

中津川市民病院が和解
昨年の医療事故2件で賠償


 中津川市民病院(安藤秀男病院長)は19日、昨年発生した2件の医療事故について、損害賠償を支払うことで和解したと発表した。

 同病院によると、昨年4月に致死率の高い重症尿路感染症・敗血症性ショックの治療を受けた恵那市の60歳代の女性患者が、手術後、薬の副作用で右足の一部が壊死(えし)した。また、同8月には、乳がんと診断された県内の50歳代の女性の左乳房を全摘する手術を行ったが、術後の検査で良性の腫瘍と分かった。薬剤を投与した後の経過観察が不十分だったことや、診断ミスが原因といい、安藤病院長は「患者さんやご家族に大変申し訳なく、深く反省している」と陳謝した。

 賠償額は、60歳代の女性が約1000万円、50歳代の女性は約450万円。同病院は「薬剤を使用した後の巡視確認、診断が難しい病変で複数の医師に意見を求めることなどを徹底し、再発防止を図りたい」としている。

(2013年8月20日 読売新聞)

==================================引用終わり

こういう事件はたくさんあるんでしょうね。

乳がんと間違えて乳房全摘してしまった・・・

「これで、乳がんに罹らなくなったからいいじゃないか、
高額な手術代をチャラにしただけでなく、賠償金までもらって」
なんて、まさか言い出すような時代になるんじゃないでしょうね。

昨今の予防的乳房切除のニュースを見ていると、
こんな皮肉のひとつも言いたくなります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



===================================引用はじめ
2013年 8月 19日 20:45 JST 更新
「白斑」被害、7266人に
=カネボウの美白化粧品


 カネボウ化粧品(東京)が製造・販売した美白化粧品を使用した人に肌がまだらに白くなる「白斑(はくはん)」の症状が出ている問題で、同社は19日、訪問で症状を確認した被害者が8月11日時点で7266人になったと発表した。1週間前の4日時点に比べ1564人増えた。こうした状況について19日、消費者庁と厚生労働省に報告した。

 カネボウは、美白化粧品の利用者ら約1万1000人から被害や不安の訴えを受け、11日までに9000人超を訪問。症状の確認などを行った。このうち、白斑が「3カ所以上ある」「5センチ以上の大きさ」「顔にある」のいずれかに該当する重い症状だったのは2980人で、4日時点に比べ556人増えた。

 同社は社員ら1000人体制で、被害を訴えた顧客への訪問を7月10日から続けている。また、顧客や小売店から自主回収した製品は約118万4000個に達した。 

[時事通信社]

=================================引用終わり

1[1]


被害はどんどん増えているようですね。
みなさん、そこまで化粧品を信頼していたんでしょうか。

化粧品とは効果があるというのは嘘です。
だから薬品ではなく、化粧品。

効果を期待するものではなく、単なる趣味のためのアイテムです。

日本酒にグリセリンをほんのちょっとたらしただけで、
立派な美白美容液ができます。

日本酒にかぶれるという人は、
何か薬を使っていないか、過去に使っていなかったか、
そちらを検証するべきです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「カネボウ美白化粧品」、
なぜか話題にされない"3つの重要な論点"

http://www.huffingtonpost.jp/nobuo-gohara/post_5397_b_3741607.html‎
スポンサーサイト

コメント

No title

お久しぶりです。

化粧品は異変に気づいたらすぐ止めないで
いた方も多いと聞いて驚きました。
もちろん会社にも大きな責任はありますが・・。

ところで日本に帰ってテレビを見たときのこと。
芸能人に驚きました。
フェイスリフトやボトックス、本当にみんなしてますね。
昔と顔がぜんぜん違ってる人もいて驚きでしたよ。
引っ張りすぎて人相変わってます。

  • 2013/08/20 (Tue) 23:48
  • ラセティ #u2lyCPR2
  • URL
No title

ラセティさん、

>化粧品は異変に気づいたらすぐ止めないで
いた方も多いと聞いて驚きました。

そうなんですよね、
化粧品がおかしいとは思わないのか?わかりませんが。

フェイスリフトにボトックスですか、
さすがにラセティさんは鋭い。

  • 2013/08/21 (Wed) 08:53
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
多剤併用禁止

現在の職場は労働基準法スレスレの、限りなくブラックに近いグレー企業です

厳密に言えば企業ではなく病院なんですけど、ワンマン理事長が独裁的権力者で、その方針が嫌で従えないなら、どうぞ辞めていただいて結構ですよ~、と

でも絶対に法に触れることはないように、契約書でも何でも抜け道を作って、訴訟で負けない手筈が整えてあります

私の職場は前の経営陣が破綻の責任を免れようと、今の法人に買収されて逃げ出してしまいました

この辺のいきさつはまた後ほど…にして、今の理事長のやり方はとにかくあざといのですが、唯一私が納得しているお触れは、多剤併用禁止をしていることです

内服薬は原則的に2剤まで、症状の変化によって原疾患以外の薬剤を使用する時も追加は2剤まで、トータルで3剤までは一週間毎に評価して定時処方として使用できます

どうしても症状が変わらない場合でも、4~5剤になってしまう場合は一週間で止めて経過観察します

無駄な内服薬は出さない・飲ませない、が基本です

他の病院で6剤以上内服していた患者さんたちでも、うちに入院して0~2剤にして症状が劇的に回復したなんてザラですよ

世間一般でいかに不必要な処方がなされているか、目の当たりにしています

  • 2013/08/22 (Thu) 07:58
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

なるほど、

それほど「無駄な内服薬は出さない・飲ませない」って大切なことなんですね。

私の母も、どんな薬をどれだけ飲んでいたのか、わからない状態です。
痴呆になってしまったので、遅いんですけれど・・・

  • 2013/08/22 (Thu) 09:21
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する