スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月21日の新聞記事より

img_1506627_62054923_1[1]
(「心配されている福島と東京は250km離れているから安全です」、だそうな)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近の世の中の動きというものは、
どう理解していいものやら、さっぱりわかりません。
嘘と矛盾ばかりだからです。



消費税来年4月8%
安倍首相が決断 
法人減税に道筋

首相「賃上げ・雇用拡大を」

消費税引き上げですが、その代わり法人税を減税するんですって!!
どう考えたっておかしいですよね、
消費税って、社会保障、つまり福祉に使われるんじゃなかったですか?


百歩譲って、消費税引き上げが仕方がないこととしても、
なんで法人税を、減税しなければならないのか

小笠原誠治
2013年09月20日 12:13
法人税減税は個人のためであると言い張る日経新聞
http://blogos.com/article/70343/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「雇用特区」政府が検討
労働時間規制せず 残業代ゼロ

同じ日のニュースの見出しです。
上の欄、「賃上げ・雇用拡大」と矛盾しませんか?


しんぶん赤旗
2013年09月20日 11:37
主張/国家戦略特区/解雇自由、残業代ゼロの企て
http://blogos.com/article/70334/
 安倍晋三政権は、「世界で一番ビジネスのしやすい環境」をつくるためとして創設する「国家戦略特区」で、解雇の自由化や残業代支払いの適用除外など労働分野の規制を緩和する方向で検討をすすめています。それを受け、大阪府・市は、労働基準法などの適用を緩和する特区構想をまとめて政府の提案募集に応募しました。政府は、国家戦略特区ワーキング・グループなどで項目を絞り込み、秋の臨時国会に提出する「産業競争力強化法案(仮称)」に盛り込むとしています。「特区」の名で労働のルールが及ばない無法地帯をつくるのは、断じて認められません。
(以下略)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

都会の要介護者 地方が受け入れ
急増に対応、限定的に認める

 団塊世代が年を重ね、高齢者が激増する大都市。厚生労働省の「都市部の高齢化対策に関する検討会」は20日、都市部の要介護者を受け入れるため、郊外や地方に介護施設を整備することを限定的に認める報告書をまとめた。
(以下略)


地方はどうしてここまで、都会の犠牲にならなければならないのでしょうか。

地方の人たちもそろそろ気がつくべきです、
地元の優秀な高校生が、東京の有名大学に入ったからって、
手放しで喜んでいる・・・馬鹿みたい。

老人施設にしても、費用は元の自治体が負担するといって
ぼこぼこ作らせたあげく、
制度なんて後からいくらでも変えられますからね。

老人施設での、料金未納、迷惑ばかりかける入居者、家族に連絡がつかない、
なんていう話はよく聞きます。
だからといって老人を追い出すわけにはいきません。



最たる例が原発ですね。
せっせと都会に電気を送り続けたあげく、
原発が事故を起こしたら、ばっさり切り捨てられた、
どこかの自治体のことを忘れてはいけないと思います。
スポンサーサイト

コメント

雇用特区

労働基準法の規制緩和、なんて、ブラック企業の巣窟になるに決まっていますよね

雇用を増やすには事業主の提示する条件のハードルを上げざるを得ない、って意味が全く解りませんね

大阪市が乗り出しているって、市長があの人じゃあないですか?!

  • 2013/09/23 (Mon) 22:02
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

>大阪市が乗り出しているって、市長があの人じゃあないですか?!

言いだしっぺは、そうみたいです。

この市長の言うことなら何でも聞くみたいですね。

  • 2013/09/24 (Tue) 08:12
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。