FC2ブログ

グローバル化の時代だからこそ外国人のクオリティーを研究して、自分の身は自分で守ろう

武田薬品 初の外国人トップ 
異例起用で欧米に対抗


産経新聞 12月1日(日)7時55分配信

 国内製薬最大手の武田薬品工業は、同社初の外国人トップを起用し、グローバル戦略を加速させる。来年6月からは長谷川閑史(やすちか)社長(67)の後任となる、英製薬大手のグラクソ・スミスクライン(GSK)グループのクリストフ・ウェバー氏(47)の陣頭指揮のもと、欧米大手に大きく見劣りする収益を高め、世界市場での勝ち残りを目指す。(西村利也)

 長谷川社長は30日、社長交代を発表した記者会見で、「組織に新しいリーダーを入れる時期だった」と強調。ウェバー氏については、「7カ国で働いた経験と人をひきつけるパーソナリティーは、武田の今後をリードしていくのにふさわしい人物だ」と期待を寄せた。

 長谷川社長は6月に会長兼最高経営責任者(CEO)に就くが、1年以内をめどにウェバー氏にCEO職も譲ることも明らかにした。

 新薬開発競争が激化し、先進国の市場が伸び悩む中、武田はここ数年、新たな市場の獲得に向けM&A(企業の合併・買収)を積極的に展開してきた。平成23年にスイスの製薬大手ナイコメッドを約1兆1千億円で買収、新興国の攻略もぬかりなく進める。

 今では海外売上高比率は5割を超え、重要案件を決める重役9人のうち5人に外国人を登用。約3万人の世界の従業員のうち、3分の2が外国人だ。

 今回のトップ人事は、就任11年を迎える長谷川社長が断行した、グローバル戦略強化に向けた人事体制の総仕上げを意味する。

 日産自動車やソニーのように国内大手企業が外国人をトップに据える例は今や珍しくない。だが、今回の武田のように提携先やグループ会社以外から外国人トップを登用するのは極めて異例だ。

 「国籍や人種、性別や年齢で意思決定を束縛される時代ではない」と言い切る長谷川社長。社内の人材育成が追いつかなかった事情もありそうだが、武田の思い切った人事改革は、グローバル戦略を加速する国内企業に大きなインパクトを与えそうだ。

b_06536205[1]
(いいかげん欧米コンプレックスはやめられないものでしょうか、きもちわるい、
日本のえらいさんは、恥もプライドも捨ててしまったのでしょうか)

===============================引用終わり


あのね、だれもインパクトなんて与えられてませんよ。

「日産、ソニーの二の舞ですか、がっかりしました」
ガクガクブルブル・・・ですよ。


本日朝刊の広告欄、
「選択」12月号の見出しに、日産の現状がはっきり書いてあります。

企業研究 日産自動車ルノーの奴隷永遠に
親会社ルノーの放漫経営を支えるべく、多額の「上納金」を献上。
営業利益率が右肩下がりの中で、
戦犯・ゴーンは十億円弱の巨額報酬をせしめる。
奴隷奉公の身に落ちたかつての名門に、ふたたび経営危機が迫る。


日産には私も頭にきてます。
原発事故直後に、電気自動車のCMを堂々とやってる、無神経さ。
会社の風通しをよくするために、外国人を起用したというのは、
理屈としてはわからないではありませんが、
それならどうして、
15年近くも、10億もの大金でフランス人を飼っておくのでしょうか。
自動車には、まったくうとい私でも、日産はおかしいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

べつに、日産やソニーのように
わざわざ上納金を献上して、奴隷になりたいと願ったとしても、
最悪つぶれても、
私には関係ないことなんですが、
薬品に関しては、命が関わってくる事なんで、見過ごしにできませんね。



朝日新聞によれば、
武田は「ワクチンで巻き返し」をしたいらしいです。
===========================引用はじめ(抜粋)
12年1月に「ワクチンビジネス部」を設け、今春、ワクチンに強い米創薬ベンチャーを買った。そして社長交代。米大手ファイザーの元幹部らからなる、「アドバイザリーボード」のメンバーに意見を聞いた。
ウェバー氏はGSKのワクチン社社長だった。

===========================引用終わり


グラクソ・スミス・クラインは、
あの、子宮頸がんワクチンを作っている会社です。
精神薬などの副作用により、世界各国で訴訟を起こされまくって、
経営が危ぶまれている会社でもあります。
悪い事だとわかっていてやるから、裁判で負け、
会社がつぶれかけているわけです。


百歩譲って、
武田薬品の社員の3分の2が外国人でも良いとしましょう。
武田薬品が、アフリカやアジアの貧しい国で、ワクチンを売りまくって、
人口削減に寄与したとしても良いとしましょう。
だって、もうすでに日本の会社ではありませんから・・・
ワタクシ、フォーミディブル、そこまで心を痛める必要はありません。


”日本の中にある、外資系製薬会社”が本当に怖いのは、
日本でワクチンの義務化とかされかねないことでしょう。

男の子にも、子宮頸がんワクチンを義務化するとか、
コメントでもいただきましたが、韓国ではワクチンを接種してないと
小学校に入学させてもらえないとか。

アメリカはシビアです。
http://brunchstyle.com/?p=1044
生まれたときから人間が選別されています。
公立の学校には、ワクチンを接種していないと入れない。
リッチな私立では、しなくてもいい。
が、しかーし!!
ホームスクーラーも1割ぐらいはいるらしいから、
生き残るのは、お金持ちと、かしこい人ですよね!!

しかし
マイケル・ジャクソンもスティーブ・ジョブズも医療で殺されているので、
最終的には、現実を見る目を持っている人が生き残る。

まったくもって、アメリカ人のスピリット(たましい)というか
自分の面倒を自分で見られない人、
自分の子どもの面倒を自分で見られない人、
自分の子どもを守れない人は、殺されてもしーらない!!。



精神薬についての記事でも書きましたが、
欧米で副作用の訴訟が起こされ、売れ残った、
各種薬品の在庫一掃セールが、日本でおこなわれないとも限りません

健康保険制度によって、私たちは
高額の保険料・・・つまりは高額の医療費を払わされていますが、
その保険料が、外国(欧米)に吸い取られてしまう危険性もあります。

即刻、健康保険制度をやめて、
一人ひとりが医療費について考える時期に来ています。
子どもがいる人は、子どもに保険をかければいいと思います。
がん治療が趣味の人は、がん保険をかければいい。


しかし、かしこい人は、医療や保険にお金をかけのは、
ばかばかしいと思って、なるべく医者へは行かず、
保険も最小限にするでしょうから、
医療費は下がり、そして何より、
みんなが健康になれるわけですから
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/12/01 (Sun) 14:36
  • #
No title

上の方、

お察しします。

よりにもよって、GSKの、ワクチン部門の社長だとは、
おどろきました。

  • 2013/12/02 (Mon) 07:48
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する