スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞はまたウソ書いてる「ピルを飲まないと卵巣がんになるぞ」みたいなウソ書いてる(怒)

2_convert_20111109094909[1]
(画像は勝手にお借りしたもので、本文とは関係ありません)


当ブログでは、先月、ピルの危険性について、
記事を書いてきました。
11月の時点で、死者は2人とか書いてましたが、

当然といえば当然なんですが、
そんな甘いものではありませんでした。



本日の朝日新聞デジタルからです。

=================================引用はじめ
ピルの副作用、血栓に注意を
5年で11人死亡例


2013年12月17日05時31分

 【阿部彰芳】生理痛の治療や避妊でピルをのんだ後に、血の固まりができる副作用によって、この5年間で11人死亡し、重症例が361件報告されていることがわかった。日本産科婦人科学会(日産婦)は緊急に注意を呼びかけたほか、厚生労働省研究班も実態調査に乗り出した。

 医薬品の安全を管理する独立行政法人の集計などによると、2008年~13年上半期に、低用量ピル11品目で、血の固まりが血管をふさぐ血栓の重症例が延べ361件、副作用として報告されていた。死亡は11件で10代1人、20代2人、30代4人、40代1人、50代2人、不明1人だった。

 血栓は血の流れが遅い静脈にできやすく、ピルを使わなくても10万人あたり年5人の頻度で起きる。ピルはこのリスクを3~5倍引き上げる。ピルに含まれる女性ホルモンが血液を固める成分の合成を促すためだ。副作用の報告はピルとの因果関係が不明の例も含むが、08年の33件から12年の105件に増え続けていた。

 ピルは避妊だけでなく重い生理痛や子宮内膜症などの治療薬として広がっている。子宮内膜症は、治療しないと不妊や卵巣がんのリスクが高まるからで、08年以降、2品目が保険適用された。日本家族計画協会専務理事の北村邦夫医師によると、ピルの売り上げは08年から4年間で約1・5倍に増え、利用者は推定100万人に上る。

 日産婦は今年2人死亡したことを受け、注意喚起した。血栓の前兆になる頭や胸、ふくらはぎの痛み、視野の異常などがあれば、すぐに専門医に診断を頼むよう求めた。北村さんは「事前に血栓が起きるかわからない。血栓は治療薬があるので、早く見つかれば重症化を防げる」と話す。

 厚労省研究班(担当=小林隆夫・浜松医療センター院長)は2千超の医療施設を対象に、ピルなどの女性ホルモン剤と血栓の頻度など副作用の詳しい実態を調べ、安全策を提言する。小林さんは「ピルは比較的、副作用が少ない薬だが、血栓が起きうると思って使うことが大事だ」と話す。

================================引用終わり

これほどの人が死に、重い副作用を負ってしまったのに、
どこが副作用が少ない薬なんですか(怒)


もっとひどいことに朝日の記事を読むと、まるで
「ピルを飲まないで、不妊症になりたいか、がんで死にたいか」、
みたいなことが書いてありますが、
それはウソです。
ウソと断定すると、
文句言われるかもしれませんから書き直しますと、

「事実を巧妙に捻じ曲げて、読む人が勝手に誤解するよう誘導している」んです。


問題点、1点目
>月経困難症や子宮内膜症が、ピルで治るでしょうか?
治りません。
ピルは一時的な、対症療法にすぎません。
ネット上で検索してみてください、
ピルで子宮内膜症が治るとはどこにも書いてありません。


2点目
>子宮内膜症(月経困難症)はがんや不妊症の原因となるでしょうか?
子宮内膜症や不妊症は、内分泌かく乱物質(環境ホルモン)が原因であると、
そんなことはもうわかっていることです。
日本産科婦人科学会の、論文にも書いてありましたね。
環境ホルモン汚染と問題点
- 日本産科婦人科学会

http://www.jsog.or.jp/PDF/51/5109-211.pdf

身体の中に”ピルの成分である合成ホルモン剤(内分泌かく乱物質)”
が蓄積しているかぎり、
がんにも、不妊にも、子宮内膜症にも、口蓋裂でもどんな病気にでもなります。
(確たる治療方法がないのに、治療しないと○○のリスクが高くなる、
という表現はおかしいと思います。)

女性の身体と心から考えた「ピル解禁」
http://mag.gto.ac.jp/cat8/cat11/post-25.html
【ピルで卵巣がんが予防できるとする論文を読むと、治験に参加した全部の人を調査しているわけではなく、「死んだ人、重病の人、医者が拒否している人、自分 たちがいやな人」を除いたデータとなっています。そして、論文には「こうしたデータを含めると結論は変わってくるかもしれない」ということが書いてある。 にも関わらず、一方的に都合のいい情報だけが流されているという形になっているのです。】


3点目
>医者は、ピルの副作用を「早く見つける」事ができるでしょうか?

こんな、薬剤師さんのブログ記事があります。
================================引用はじめ
http://next-pharmacist.net/archives/1721
ヤーズ錠による血栓塞栓症について
ヤーズ錠×血栓塞栓症


女性ホルモン製剤は、低用量ピルをはじめ
決して使用頻度の低い薬ではありません。

今回はヤーズ錠(一般名ドロスピレノン・エチニルエストラジオール)
に対する注意喚起のニュースからまとめたいと思います。


症例

死亡例は、20代の女性。
月経困難症、ざ瘡(にきび)、不規則月経によりA病院にてヤーズ錠が処方

処方開始2日目に頭痛が発現。6日目にB病院を受診。

受診時の主訴は、朝からの頭痛、吐き気、動悸。
各種検査で問題なし。貧血がひどく、点滴などの治療を受ける。

処方開始9日目にB病院を再受診。
頭痛を訴えたが、異常所見はなかった。
クロチアゼパムが頓用で処方され、
貧血の状態が悪いため婦人科への受診が勧められた。

さらに同日、患者はA病院の処方医を受診し、具合が悪いと訴えた。
嘔気、食欲低下があるものの、バイタルサインは正常。
各種検査で異常なし。
この時点での同薬の総投与量は7錠。
処方医は内服を中止し、脳外科への受診を勧めた。

患者は同日のうちに、C病院の脳外科を受診。
嘔吐や歩行困難があったが、診察時には麻痺症状などを認めず、検査予約をして帰宅。

その翌日、患者は体動困難になり、処方開始11日後の朝、ベッドの上で失禁した状態でいるのを母親が発見。

D病院に搬送され、CT検査により脳静脈洞血栓と診断された。
治療が行われたが、処方13日後に死亡した。

この症例をみるに、この女性は複数の病院を受診して
症状を訴えています。

女性は患者ができる最大限の努力をしたはずです。
しかし、検査では異常を発見できず薬の犠牲となりました。
(ヤーズ錠のみが原因とは断定できませんが)

こういう症例をみると、病院に受診すれば副作用は
回避できるという単純な考えはできなくなりますね。

(以下略)
=================================引用終わり

この記事によりますと、4軒目の病院のCTで、血栓が発見されて、治療がされましたが、
(手遅れだったわけですが)

しかし
【CTでは単純撮影で約半数、造影検査を加えても、4分の1の例で
何も異常が見られないといわれています】

病院の検査なんて当てにならないということですね。
だからCTより先に、自分で見つけなければ、間に合わないという事でしょう。

この人の場合、見つかっただけ(原因がわかっただけ)でも
運がよかったといえるのかもしれません。


原因不明として闇に葬られている人なんて、多いと思いますよ。
中学生に、親に内緒で処方している医者がいるんです。
こんなの氷山の一角ではないですか?
被害者の数はこの、何十倍も何百倍もあるのではないですか?


・・・それに、運よく異常が見つかったとしても、
脳にカテーテルを突っ込むのかなんだか知らないけれど、
そんな怖い手術を受けたいですか??


ホントに朝日新聞って、姑息で卑怯ですね。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/12/18 (Wed) 13:21
  • #
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/12/18 (Wed) 13:35
  • #
No title

上の方、

情報ありがとうございます。
それ、すごい話ですね、
やっぱり創○学会ですか。

不細工で大根で下品であつかましい、
創○タレントは見たくないですが、
それは目をつぶるとしても、

肝心のニュースや情報まで捻じ曲げられ、隠されてしまったら、
マスコミの存在意味がなくなってしまいます。

宗教に関係なく
真剣にジャーナリストとして芸術家としてマスコミに関わっている人もいるでしょうに、
そういう人たちまでも汚してしまうようなことは残念です。


  • 2013/12/18 (Wed) 16:34
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。