驚愕!! 転移があるのにがん手術をした、やしきたかじんさん

やしきたかじんさんが亡くなりましたね。
64歳でがん。

4bb88ce4b85689ba3855148036ab946b[1]
(あんたが黙っとっても、誰も困りゃしません)


================================引用はじめ

やしきたかじんさん 
食道がん発見時に既に転移 
いきなり週3本収録は負担に

スポニチアネックス 1月8日(水)6時50分配信

 切れ味鋭いテレビ司会で“浪速の視聴率男”の異名をとった歌手でタレント、やしきたかじん(本名・家鋪隆仁=やしき・たかじん)さんが3日、心不全のため都内の病院で死去していたことが7日、分かった。64歳。12年1月に食道がんを公表し同4月に手術、療養を経て昨年3月に復帰。再び体調を崩し同5月から長期休養していた。すでに近親者らで密葬が営まれ、後日、しのぶ会が開かれる予定。

 人間ドックで初期の食道がんが見つかったのは12年1月。すぐにテレビのレギュラー番組出演を取りやめ、休養すると発表。しかし、関係者の話を総合すると、この時すでに他のがんも見つかっており、楽観視できる状況ではなかったという。

 同2月には都内の病院に入院し、抗がん剤治療を経て同4月に内視鏡で切除手術を受けた。食道をほぼ摘出し、胃を持ち上げるような形で咽頭と直接つないだが、1週間後に合併症である縫合不全を発症し、再手術。その症状は同じ食道がんを患い、一昨年12月に亡くなった歌舞伎俳優・中村勘三郎さんと重なる部分が多く本人もショックを受けたという。

 だが、不屈の精神力で医師も驚くほどの回復ぶりを見せ、昨年3月に関西テレビ「たかじん胸いっぱい」(関西ローカル)の収録で約1年2カ月ぶりに仕事を再開。同時に冠番組2本にも復帰した。

 だが、いきなり週3本の収録は負担になったようで、同5月に体力低下を理由に再休養を発表。その後は「万全になってから帰りたい」と今度は慎重に慎重を期し、リハビリに努めていた。

====================================引用終わり

やしきたかじんの番組 「そこまで言って委員会」「たかじんNOマネー」は、
中部地方でも視られるんですが、
私はこの人嫌いです。
この番組視ていると、頭がおかしくなりますよ。

転移があるにもかかわらず、手術をして、失敗して(縫合不全?)
1週間後に再手術。
もちろん抗がん剤もやっていたわけだから、
こんなん死ぬに決まってるやんか。

近藤誠さんにけんかを売った
白い巨塔の財前五郎のモデルの
元大阪大学教授の神前五郎とかいう先生でさえ、
転移の兆候があるのに、手術しちゃいけない・・・って言ってるやん。
↓↓
「私なら手術のとき、腹膜播種(はしゅ)の斑点を見つけたら、その時点で手術をやめる。がんに手を加えると増殖してしまう。そのままおなかを閉めると、割合がんはおとなしい。当時、変人扱いされたけど、僕はそういうアグレッシブな手術はしなかった。それは患者のためにならない」
(注・・・播種とは転移のこと)

もう、むちゃくちゃでござりまんがな。




まあ、この人の場合、
若くしてこのような死に方をするのは自業自得でしょう。

テレビがうそつかないで、ちゃんと事実を報道していれば、
こんなむちゃくちゃな、がん治療を受けなかったはずです。
テレビ業界の人が、
テレビ情報にだまされた
 んでしょう。


私は男性の方々が、お酒を飲んだり、タバコを吸ったり、
遊ぶことを否定しませんが、

しかし、不摂生をすれば、がんになるのは当たり前の話なんで、
それをわかっていて不摂生するわけだから、
がんができたらできたで、じたばたしないで
「がん細胞と心中する」ぐらいの心構えで遊んでほしいと思います。

「がんになったら医者が治してくれる」なんて依存的な考えでは、甘いです。


こんな情報もありました
手術後がひどかったみたい。
http://matome.naver.jp/odai/2137586073226693601



RIMG4997_20110828162534s[1]
(この人も頭おかしい。○ねばいいのに)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次男クンのコメントです。

フォミ「やしきたかじんが死んだよ、ニュースを読んだけどこの人頭悪いね」
次男「頭がいい人はこんな番組に出んよ、
   テレビタックルにでてる人が、頭悪いのとおんなじ」

フォミ「ちょいわるオヤジは、死ぬまでちょい悪オヤジで通してほしかったね」
次男「こういう人たちは、欲が深いから、
   お金さえあれば、自分の命だけは助かると思ってる」
(ちなみに昨年末には、(死ぬとわかっていて)若い女性と結婚しています。
赤の他人に財産がっぽり持っていかれましたね!!)


フォミ「赤塚不二夫、食道がんだったらしいけれど、治療しないで長生きしたらしいよ」
次男「昔の漫画家は頭がよかったんや、今のタレントとは違う」
(タレント・・・どうして芸術家でとどまっていなかったのでしょうね)

・・・そのとおりですね。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/01/08 (Wed) 10:59
  • #
No title

上の方、

がん治療がおかしいと、皆さんに気づいてもらいたいですよね。

美談にしてしまって、”がん”だけを悪者にしてほしくないです。

  • 2014/01/08 (Wed) 17:07
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
病気発覚から2年で

亡くなっているようですが、発見時に食道が初期だったにもかかわらず、原発ガンではなく他の臓器にもあった書かれ方を見ると、何をやっても生存率は1年半程度だった人だと思います

近藤医師の言うように何も治療しなくても、2年以内で亡くなったと思います

だから本人が苦しんでもいいから、と様々な治療をして、若い女に財産を渡す代わりに、看病して死に水取ってもらおうとしたことも、本人の意向で全く構わないと思います

そこは卑下したり非難したり憐れむところではないと思いますよ

確かに医療費の無駄遣いにはなるのかも知れませんけれど…

本人が経口摂取にこだわって、声は残したいから喉頭は取りたくない、というQOLを望んだから、そのような治療になったと容易に想像がつきます

食道再建は昔から難易度の高い手術で、私がいた職場では年間10例位で、3年生存率は微妙に半数位かと(在職中に生存率を遡ることができたのは3年分ほど)

自己筋肉で再建した食道の縫合不全どころか、吊り上げた胃の大部分も壊死して、もう繋げられる部分すらない、なんてことも起こります

でも助かる人はそれで10年以上も元気に生きているんですよ

誰がその成功例となって10年以上の生存率を得られるのかは、全くの運次第でしかないことも確かです

ガン治療はある意味賭博と一緒なのです

そんな賭場にいるのが嫌になって、転職をしたように思います

  • 2014/01/08 (Wed) 17:52
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

ご意見ありがとうございます。

>ガン治療はある意味賭博と一緒なのです
私もそこが問題かと思います。

>若い女に財産を渡す代わりに、看病して死に水取ってもらおうとしたことも、本人の意向で全く構わないと思います

私も独り者ですから、若い男性で、
財産を渡すかわりに、看病してくれるような奇特な御仁がいたら、
そうしてもらいたいです。
でも絶対そうはできないだろうから(やっぱり息子たちの事考えてしまいます)
やっかみですね、これは、完全に(笑)

  • 2014/01/08 (Wed) 19:31
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
カトちゃんも

財産目当ての若い妻をもらって、騙されて気の毒がられていますが、それも周りの勝手な心配ですね

まあお金で何でも何とかして来た人たちが陥りやすい、人間関係にまでお金が介在する状態ですね

だったらヘルパーさんや専属看護師でも雇えば良いでしょうに、と思いますが、妻には愛があると信じていたいんでしょうね

  • 2014/01/11 (Sat) 21:46
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

カトちゃんもネットではいろいろ言われているみたいですね。

こちらの奥さんは、ビジネスもとてもうまいみたい。

カトちゃんもたじたじ・・・ってか?

  • 2014/01/12 (Sun) 09:03
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/11/13 (Sun) 14:28
  • #

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する