スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B型肝炎ワクチンは危ない。怪我しても輸血が受けられなくなるかも。スケジュールに惑わされないで、十分に考えてください。

今回は、コメントでワクチンの情報を教えていただきましたので、
それについて記事を書きます。

RIMG0207.jpg
(朝日新聞1月12日の全面広告、
下のほうに、
申し訳なさそうに・・・しかし当たり前であるかのように
B型肝炎のワクチンについて書いてあります。
これ、大々的にPRしたら、ほとんど犯罪じゃないですか)


コメントのコピーです。
=============================引用はじめ

きく ○2014/01/14○

ついにここまで…
子どもの任意予防接種に、いつの間にかB型肝炎3回も加えられています

しかも4剤同時接種とか、おかしな話になっています

阪大微生物病研究会(BIKEN)のホームページに書いてあります

1月12日付朝日新聞の一面広告でも掲載されています

B型肝炎のワクチンなんて、3回打っても抗体がつかない人だって大勢います

その反対に接種がきっかけで肝炎になる人もいます

もちろん通常の生活では感染しませんし、子どもには全く意味がないです

輸血や注射針の使い回しや避妊なしの性行為など、汚染血液が直接体内に入ることでの感染なので

大人になってから危険性と相殺して、どうしても打つ必要を考えたらやればいいはずなのに…

これはかなりの悪影響を心配します



フォーミディブル ○2014/01/14○ No title

きくさん、

情報をありがとうございます。

そういえば、大きな広告がありましたね。

朝日新聞、こういう類の公告多すぎなんで、見逃していました。

肝炎と言えば・・・
もう、針を刺すこと自体が、怖いということですね!!



きく ○2014/01/15○

献血制度が揺らぐ?
職場にいる30代の女性で、マニアックに献血していた人がいます

16歳から毎年4~6回ずつ20年近くもの間で計100回ほど

珍しい血液型ということもあって、血液センターから直接依頼の連絡があったことも

でも彼女は去年血液センターから、今後はワクチンでの抗体がある人の血液も使用しないことになったので、献血はしないように言われたそうです

これからもしB型肝炎のワクチンがスタンダードになったら、誰の血液も輸血には使用できなくなってしまいます

そんなワクチンは一般的な生活をしている人には、全く必要ないと思いますが…




フォーミディブル ○2014/01/15○ No title
きくさん、

>ワクチンでの抗体がある人の血液も使用しないことになった

なるほど、肝炎は、キャリアになることが問題です、
ワクチン接種も、ウイルスを身体の中に入れることになりますから、
献血ができなくなるということも、ありうるのかもしれませんね。

みんなが接種するようになると、
事故などのけがで、輸血の必要がある人は、
置いてきぼりになってしまうかもしれません。

大変わかりやすく書いてくださってありがとうございます。
肝炎ワクチンについての、きくさんのコメントを、
そのまま本記事のほうに、掲載させていただきますので
ご了承願います。


きく ○2014/01/16○ 了解いたしました
B型肝炎のワクチンを1歳の赤ちゃんに打つって、絶対におかしいです!!

フォーミディブル様の視点からのご意見も含めて、よろしくお願いいたします

(強調と改行は、管理人)


==============================引用終わり

きくさんご指摘の、阪大微生物病研究会(BIKEN)のホームページ
http://www.biken.or.jp/
医療関係者じゃないと見れない情報がありますね。
(きくさんは、医療関係のお仕事をしていらっしゃいます)

必見!!
ビケンワクチンニュース2
特集、B型肝炎

http://www.biken.or.jp/medical/news/pdf/2013/201302.pdf

きくさんは、1歳の赤ちゃんに打つのはおかしいと書いておられますが、
そのとおりで、
この、ビケンニュースを読むと、
大人の感染はたいしたことがないが、赤ちゃんの母子感染が、
キャリアになりやすいため、危険と読めます。

・・・となると、
B型肝炎を防ぎたいのであれば、
(母子感染する可能性以外では)
子どものうちは、
なるべく注射針のような針は刺さない、
輸血が必要となるような、
怪我はさせないように気をつける

(大人も、コンドームを使う、タトゥーなどはやらない
医療関係の人は、針刺しなどに気をつける)
これしかない・・・と言うかこういったことに気をつけていれば、
キャリアになることは、防げると思われます。

それに対して、
強制的に、子どもの身体の中に、B型肝炎ウイルスを、
注射で入れるというのは、「キャリアを増やしたい」、
「事故などで大怪我をした人は、見殺しにしてもいい」
そういう意図で行われているとしか思えません。


ネットでは(新聞でも)
欧米ではB型肝炎ワクチンの接種率が高い、と書いてあります。
何でもかんでも日本は遅れていると書いてあります。

しかし、その、ワクチン医療のすすんでいるはずの欧米から持ち込まれてくる
”欧米型のB型肝炎”のほうが、
高ウイルス量、持続感染により、従来のものより怖いということは、
日本が被害を被っていると言う事ではありませんか??

皮肉な話です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

付記

赤十字のHPからです
B型肝炎の抗体がある人は、
平成24年から献血できなくなったという部分の引用です。

(抗体があって血液中に抗原がなくてもキャリアである可能性がある)

======================引用はじめ(抜粋)

平成24年8月より献血血液の検査基準が変更されました

 平成23年9月28日に開催された、国の血液事業部会運営委員会及び同年11月4日開催の血液事業部会安全技術調査会、並びに同年12月26日開催の血液事業部会において、輸血後のB型肝炎対策として、「HBc抗体1.0以上12.0未満かつHBs抗体200mIU/mL未満」の献血者に対する献血制限を実施することが了解されました。

 日本赤十字社では、輸血用血液製剤の安全性を確保するために、下記の病原体の検査を実施しております。
 B型肝炎ウイルス(HBV)につきましては、一般的に感染したことに気づかないまま治ることが多く、治った後は日常生活に問題となることはありません。
 しかし近年、その人自身の健康に影響を及ぼすことはないものの、血液中にHBs抗原が検出されない場合(HBs抗原陰性)でも、HBc抗体陽性の人では肝臓の中にごく微量のHBVが存在し続けており、まれに血液中にもごく微量のHBVが検出される場合があることがわかってきました。
 日本赤十字社では、患者さんへの万が一の感染を防ぐために、献血血液の検査基準を変更することとし、HBc抗体陽性の方々にはこれからの献血をお願いできなくなりました。

==================================引用終わり
スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして、こんにちは。
いつも興味深く拝見しております。
残念ながらB型肝炎をはじめとするウイルス感染症の理解ができていないようですね。
理解せずして正論は語れません。
ワクチン接種は悪であるという立場をとっていらっしゃることは理解しています。
せめて病気についての正しい知識を持った上で論じて下さい。

  • 2014/01/16 (Thu) 19:12
  • #-
  • URL
No title

上の方、

肉体も精神も・・・病気も、
それは私自身のものです。

自然体で生きるのか、
成分の明らかにされていない化学物質にたよって生きるのか、

それを決めるのは自分自身ですので、
あなたに残念に思っていただく、いわれはありません。

>病気についての正しい知識

あなたにその知識がおありになるなら、
それを披露なさってはいかがですか?

せめてHNぐらいは書いてください、
失礼なコメントは、今後削除させていただきます。

  • 2014/01/16 (Thu) 21:03
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/01/17 (Fri) 17:35
  • #
No title

上の方、

なんでもワクチン、、
アルツハイマーのワクチンもあるそうで・・・

”ワクチンイコールウイルスや細菌を身体に注入する事”

みたいです。

  • 2014/01/18 (Sat) 11:30
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

B型肝炎抗体陽性の自分ですが、献血できないのは知りませんでした。
というか献血をするとふらっと倒れてしまう体質なので
できないんですが。

話は違いますが、今朝NHKニュースで生理痛予防薬かなにかで
死亡例があったとかやってました。
薬が効くどころか亡くなってしまうものがあるって怖いです。

  • 2014/01/18 (Sat) 18:18
  • ラセテイ #u2lyCPR2
  • URL
No title

ラセテイ さん、

私もふらっと倒れてしまうほうなんでー。
あまり針は刺さないほうがいいかと。


生理痛の薬=低用量ピルじゃないですかね。
新聞にも、ヤーズその他のピルの死亡例が出ていました。

  • 2014/01/19 (Sun) 08:38
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

ワクチンの接種で肝炎になると思ってるのか
笑ったわ
そんなデマを誰から聞いたんだろう

ウイルスそのものを接種するわけじゃなく表面のたんぱく質を接種するだけなのにな
もちろん繁殖力はない

  • 2014/09/30 (Tue) 22:43
  • #-
  • URL

それと、子供には全く意味がないってのは間違い
むしろ4歳未満にこそ意味がある
こんなの調べればすぐ出てくるはずだが…

  • 2014/09/30 (Tue) 22:46
  • #-
  • URL
No title

上の、2件の方、

藪をつつくような、コメントはやめたほうがいいですよ。


キャリアになる・・・

つまり進行の遅い感染症に、ワクチンは意味ないだけでなく、
病気を撒き散らす危険性が多いのです。



肝炎の原因は何かというと、医療行為である注射が原因と、
厚労省が認めているんです。
厚労省がウソをいっているというのなら、
厚労省に、苦情を言った方が良いのではありませんか。

それとも今、C型肝炎治療のキャンペーンをやっているから、
このような記事は都合が悪いのでしょうか

B型であろうがC型であろうが同じなので・・・


厚労省のHPには、

過去の集団予防接種等により、多くの方がB型肝炎に感染した可能性があります~

 国内のB型肝炎( ウイルス性肝炎)の持続感染者は、110~140万人存在すると推計されています。 このうち、昭和23年から昭和63年までの間に受けた集団予防接種等(予防接種またはツベルクリン反応検査)の際に、注射器(注射針または注射筒)が連続使用されたことが原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した方は最大で40万人以上とされています 。

※予防接種の際の注射器の交換については、昭和33年から注射針を、昭和63年から注射筒を、予防接種を受ける人ごとに取り替えるよう指導を徹底しています。

もっとも、厚労省のHPも、うそだらけではあります。
昭和33年から注射針の取替えの指導の徹底なんてされていませんが・・・

ワクチンそのものではなかったとしても、
血液製剤と、
針やらメスやら、内視鏡やらで体を傷つける、
医療全体に問題があると、言いかえても良いですが・・・

  • 2014/10/01 (Wed) 08:31
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
B型肝炎gentypeA

上記の肝炎は3歳以上でも慢性化するタイプのB型肝炎でアメリカで流行しています。
性行為、針刺し、輸血で感染例がありましたが、今は歯科治療、汗、唾液からも感染するリスクがあるといわれています。 ご自身のお子様にも感じては親御さんが打つかどうかお決めになればいいかと思いますがもしキャリアになってしまえば社会的制約だけでなく、慢性肝炎、肝硬変、肝がんのリスクが伴います。もう少し冷静になられて考えてはいかがですか?

  • 2015/02/14 (Sat) 21:13
  • とある小児科医 #xssB07A2
  • URL
歯科治療追記

B型肝炎キャリアの方が歯科治療を受けました。
歯科治療で歯医者さんが使うペンシル型の持ち手は滅菌されていません。
4歳未満のお子様にもその器具は使用されます。
もちろんそのペンシル型の取手にはB型肝炎が飛び散った血液が付着しています。
それがあなたのお子様の口の中に入れられることを想像してみてください。
タトゥーだけの問題ではもはやなくなりました。
あと幼稚園行かせますか?
汗、涙、唾液からも映ることを覚えておいてください。
B型肝炎の方はエイズと同じように、私はB型肝炎のキャリアですと名札はかけていません。幼稚園や学校に紛れ込んでいます。実際感染例が報告されています。

B型肝炎gentypeA 覚えてください

  • 2015/02/14 (Sat) 21:23
  • とある小児科医 #-
  • URL
誤字脱字

誤字脱字ありますが、医師免許、小児科医専門医はあります。あしからず。

B型肝炎gentypeAですよ!
4歳以上でも慢性化しますよ。
どこにこのウイルスを持ち歩いている人がいるかわかりません。
汗、涙、唾液からうつります。
マスク、ゴーグル、露出のない服装、怪我をしている部位は完全防水でお出かけください

  • 2015/02/14 (Sat) 21:37
  • とある小児科医 #-
  • URL
最後に

最後になりますが、あなたを誹謗中傷するつもりで書いておりませんので。

あなたは医師ですか?
あなたはワクチンのエキスパートですか?
海外の医学文献などを手当たり次第お読みになっていますか?
あなたは小児科医ですか?
インターネットには根拠のない情報が錯綜しています。
あなた様のお子様に対するお気持ちは察するに余りありますが、あまりいわれのない情報に振り回されないようにしたほうがいいかと思います。
何かの宗教や信念があって、我が子にはワクチンを打たせないというのであれば、今はやりの自己責任でしょう。
ただしあなた様のお子様が不幸にして(おどしではありませんよ)B型肝炎gentypeA慢性肝炎に罹患し、ウイルスを周りに拡散させることになれば自己責任ではすまないこともご理解ください。
反論されても結構です。
削除されても結構です。

ただし、もっと根拠のある、医師にも説得できる知見をお示しになり広報してください。
悲しい風評被害がでないことを祈りまして最後の投稿にいたします。

  • 2015/02/14 (Sat) 22:55
  • とある小児科医 #-
  • URL
言い忘れていました

B型肝炎ワクチンは死滅ウイルスで、感染力は全くありません

  • 2015/02/14 (Sat) 22:58
  • とある小児科医 #-
  • URL
お待ちしています

B型肝炎ワクチンgentypeAに関する反論をお待ちしています!

  • 2015/02/15 (Sun) 00:18
  • とある小児科医 #-
  • URL
No title

とある小児科医さん、

ブログのコメントを削除するのは簡単なんですよ。
しかし
これが日本の現役医師であると、皆さんに知っていただくためにも、
今回は、削除しません。

医者であるとは信じられないのは、誤字脱字だけではありません。
反論しろと言ってらっしゃいますが、
私もそこまで暇人ではありません。
まるで小学生の作文のような文章、内容では、
話になりません。

今後のコメントをお断りします。

  • 2015/02/15 (Sun) 08:43
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

誤字脱字はスマホのせいです。
あなたが反論できないのは暇だからではなく、ちゃんとした医学的知識を持っていないからです。もしくは、宗教、強い思い込み、精神的な問題でしょう。
あなたを受け入れている医師あるいはあなたの子供を受け入れている小児科医に脱帽です。おそらく医療水準が低いか、医師の頭が悪いのでしょうね。まあ、もうこれであなたとのかかわりもおしまいにします。
私も暇ではありませんので。

  • 2015/02/15 (Sun) 09:33
  • とある小児科医 #-
  • URL

完全なアスペと小児科医の戦いやな

  • 2015/02/15 (Sun) 10:08
  • あらら #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/02/15 (Sun) 16:03
  • #
No title

上の方、

そうなんですよね。
私も母親として何でそこまで責められなくてはいけないのかと
思ったことがあります。
今から思うと、やっぱり頭が高くなりすぎているんでしょうね。

昔のほうが、もう少しのんびりしていたと思います。

  • 2015/02/15 (Sun) 19:20
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
もう見てないかと思いますがとある小児科医さん…

体液で感染、で、唾や汗で感染するから幼稚園に行かせることも危険とおっしゃってるみたいですが、本当なんですか??
だとしたらとんでもないじゃないですか!!
キャリアの人はもう一生外出ちゃダメじゃないですか!そうですよね??
だってワクチン打っても一定数は抗体ができない人もいるし、そもそもその抗体が一生続くわけではないんですよね?
いくら全員がワクチン打ててもキャリアの人の唾や汗で感染なら、危険じゃないですか!
しかも今のご時世歯科治療なんて殆どの人が受けますよ?
ワクチン打ってない大人も大勢いるわけで、それなら歯科でもっとB型肝炎の感染の危険があると啓発すべきでは??

  • 2016/05/26 (Thu) 14:45
  • 通りすがり #-
  • URL
正しい知識を広めたい

子供への強制接種は選択制にしてもいいと思いますが
ワクチン接種により肝炎になるというのはありえないと思います
献血での基準としてHbc抗体陽性と明記されています。Hbcは感染履歴を示します。私はワクチン接種によるHBs抗体陽性です
Hbcは陰性です HBs抗原ももちろん陰性です
抜粋で書かれている輸血後のB型肝炎対策として、「HBc抗体1.0以上12.0未満かつHBs抗体200mIU/mL未満」というのはHbc抗体=感染履歴 HBs抗体値はワクチン接種ではこんな高い値にはあまりなりません
昭和時代のインフルエンザ等の予防接種は使用器具を使いまわし複数人注射していたため知らぬ間に感染していたということがありました 現在はディスポです
HBs抗原、HBs抗体、Hbc抗体、Hbe抗原、HBe抗体と検査項目は多々あります
相手に感染させてしまうほどウイルスが強いか弱いかはこれらの値の増減によります
また親がキャリアである場合、子供への感染例がありなかなかHBs抗原が消えないという特徴があります。現在、様々な予防策や治療法があるため感染者数はかなり減ってきています。
正しい知識を持つことによって過剰に反応しなくても良くなります。もし歯科受診等で心配でしたら医師に洗浄方法など聞いてみてはいかがでしょうか
肝炎が心配ですと
自分の身を守るために自分で病院を決めればいいと思います 仮にHBs抗体があれば通り魔に次々と刺されても防御されるでしょう そんな事件があったような
HBs抗体をつけるかつけないかは自分で考え選択できたらいいですね まあ私としてはついていて損はないと思います 大人になって性交渉時にコンドームをつけていても感染しないとは言えませんから
ねえ 肝炎?なんて言えないし

  • 2016/07/08 (Fri) 18:36
  • 一応 医療従事者 #mQop/nM.
  • URL
No title

一応 医療従事者 さん、

情報ありがとうございます。

しかし
私自身は、基本的に病気を恐れていません。
検査だのワクチンだので(病院を決めたり?)病院にも行きません。

通り魔にあったらどうのこうのとか、性交渉時にどうのこうのまで考えていたら、
明るく前向きに生きられませんよ(笑)

どうしてこのようなコメントをされるのかわかりません。
はっきり言ってしまえばキャリアのあなたより、
キャリアでない私のほうが有利なんじゃないですか。

あなたの意見を世間伝えたいのであれば、
シロウトブログのもう終わってしまった記事にコメントするより、
論文でも発表される方が、伝わると思いますよ。

  • 2016/07/09 (Sat) 08:44
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。