スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の紙面より・・・お上の物語 流されない 原発・戦争考えなきゃ

AS20140124003580_comm[1]

お上の物語 流されない
原発・戦争考えなきゃ
大竹しのぶさん語る
朝日新聞より
=============================引用はじめ

2014年1月24日22時25分

特定秘密保護法を作った安倍政権は、集団的自衛権の行使容認、憲法改正へ向けて動き出した。東京・新宿で上演されている井上ひさし作「太鼓たたいて笛ふいて」。従軍記者から戦後、反戦小説家となった林芙美子を演じる俳優の大竹しのぶさん(56)には、あの時代が今の世の中と重なって見えるという。

 2002年に初めて演じてから4度目の公演となる。「前よりも深く、真実味を感じている。いまの日本の状況をみて井上さんが書いたのかな、と思うほどです」。5日目の公演を終えた20日、大竹さんはかみしめるように話した。

 「物語を決めるのは この国のお偉方」と歌って従軍記者になった芙美子。しかし、日本軍による侵略を目の当たりにし、ウソの物語に踊らされたことに気づく。「無知な人間の妄想ほどおそろしいものはないわ」

 昨年12月、たくさんの反対や懸念の声を押し切って秘密法が成立した。大竹さんも、反対する映画人の会に名を連ねた。

 「なぜこの法律が必要なのか、詳しい説明もないまま乱暴なやり方で通ってしまった。そのことに恐ろしさを感じる。上のほうの、物語をつくる人たちによって決められ、違う方向に動かされていくような。演じながら、太平洋戦争を始める前ももしかしたらこんなんだったのかなって思いました」

 「『お上』が作った物語に流されるのではなく、自分たちで考えることが大事。震災や原発事故以降、多くの人たちが今まで考えなかったことをきちんと考えなくちゃいけないと思ったはずです。みんなで節電しましょう、とか。なのに、いつのまにか考えなくなってしまった」

 敗色が濃くなってきたある日、芙美子の母は「夫、戦死、靖国の神になりました」と書かれた、知人の死を知らせるはがきを受け取る。

 昨年末、安倍晋三首相が靖国神社に参拝。中韓両政府は反発し、米政府も「失望した」と談話を出した。

 「特攻隊の人たちは、自分が死ぬことで(戦争を)やめてくれ、という思いだったと思う。安倍総理は御霊(みたま)をねぎらうのがなぜいけないのですかということをおっしゃっていた。しかし、特攻は美しいことではなく、残酷で、二度とあってはいけないこと。それをもっともっと知らせることのほうが大切なのではないでしょうか」

 10年春に亡くなった井上さんは生涯、反戦を訴え、憲法改正に反対した。

 「国のことを考えるのは、私たちが選んだ国会議員。みんなの意見の代表のはずなのに、私たちが考えていることとの間に差がありすぎる。井上さんがずっと叫んでいたように、憲法が変わることは絶対に阻止しなくちゃいけないと思う。知らないうちに『あれ、ちょっと言葉が変わってない?』みたいなことにならないように」

 日本はきれいに負けるしかないと主張する芙美子。「非国民」と言われ、日本が嫌いなのかと問われ、こう歌う。「私は日本を愛してる。この国、滅びるにはあまりに素晴らしすぎるから」

 「3・11が起きるずっと前から、原発は本当に怖くないのかと(歌手の)忌野清志郎さんらがずっと訴えていた。でも、私たちはそれに耳を貸そうともしなかった部分もあった。そして、福島が住民が帰れない状況になってしまった」。今、ひとごとではなくて、一人ひとりが自分のこととして日本を考えていかないと、と何度も繰り返した。

 物語の終盤、芙美子は戦に打ちのめされた庶民の悲しみを伝えようと決意する。「歴史の本は私たちのことをすぐにも忘れてしまう。私たちがどんな思いで生きてきたか、どこで間違って、どこでその間違いから出直したか、今のうちに書いておかなくてはね。私たちが自分で地獄をつくったということを」

 大竹さんが一番伝えたいせりふでもある。(今村優莉)

     ◇

 〈太鼓たたいて笛ふいて〉 「放浪記」などで知られる作家・林芙美子の後半生を、井上ひさしが音楽評伝劇に仕立てた作品。従軍記者として戦争賛美に筆をふるった芙美子は、南方戦線の視察で戦の欺瞞(ぎまん)に気づき、戦後は反戦文学の担い手として、普通の日本人の生活や悲しみを書き続けた。東京では紀伊国屋サザンシアターで2月9日まで(火曜は除く)。その後は2月15・16日に名古屋、22・23日に大阪、26日に鹿児島、3月1日に福岡。問い合わせはこまつ座(03・3862・5941)。

===================================引用終わり

大竹しのぶさん、素晴らしいです。

これでこそ一流アーティストでしょう。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それに比べてこの人っていったい!!

201401251845[1]

この、お笑い芸人みたいな顔をしたオジサンは、
NHKの新会長だそうですが、言ってる事がひどすぎます。


NHK:籾井会長、従軍慰安婦「どこの国にもあった」
毎日新聞 2014年01月25日 21時26分(最終更新 01月26日 00時59分)
http://mainichi.jp/select/news/20140126k0000m040043000c.html


ネット上では、籾井勝人会長に批判的な
朝日新聞に対する、批判が強いみたいですが、
私は「アカ」だとか「ブサヨ」だとか言われたくないので
あえて、毎日新聞の記事の、リンクを貼りましたが、
内容はほとんど同じだと思います。

取り消して済む問題ではありません。
メディアの代表者が、公言するべきでない事を、平気で言うとは、
なんて頭が悪いのかと、思わずにはいられません。

朝日新聞によれば・・・
【籾井氏の会長選出に当たっては昨年11月、会長の任命権を持つNHK経営委員に、歴史認識などで安倍首相に近い作家の百田尚樹氏ら5人が国会で同意で選ばれた。以来、NHK経営陣と安倍政権の距離感は近づくと指摘されてきた。】
・・・だそうです。


その百田尚樹とはこういう人物。

百田尚樹のトンデモツイート集
http://matome.naver.jp/odai/2138403790714522501
しかしこの百田氏は極右と言ってもいいぐらいの人物、とか
自身の作品を宮崎駿に酷評されるありさま、とか・・・etc。
もうね、いっぱいありすぎてブログに引用しきれませんな。





スポンサーサイト

コメント

まったく同感です。

安倍政権の軍国化について書こうとし、フォーミディブルさんの記事に影響を受けて、結果として、同じような内容の記事を書いてしまいました。
ご容赦ください。
大竹しのぶは偉い、それに比べてNHKの新会長ときたら、とんでもない。
橋下にしても安倍にしても、似たようなもんでしょう。
マスコミも自民党の広報誌に堕してしまっています。
貴ブログのような、本当のことを書くミニメディアが、これからますます重要です。
お互い、できる範囲でがんばりましょう。

  • 2014/01/28 (Tue) 18:33
  • 小言幸兵衛 #-
  • URL
No title

小言幸兵衛 さん、

こちらこそ、
小言幸兵衛さんの記事は、詳しくてすごいなと思います。
参考にさせていただいています。

励ましていただいてありがとうございます。
お互いできる範囲でがんばりましょう。

  • 2014/01/29 (Wed) 08:50
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。