スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとも情けない、日本人の心の狭さ。いつから先進国を辞めたんですか

いやあ、大麻について気軽に書いてしまいましたが、
嗜好用、医療用大麻は、根の深い問題ですね。

「大麻は無害」とか
「まわりがワナ」とか言い出したら、
その人はすでに、依存症になってます。
たった1回の使用でも、自分を正当化するためにそう言うのであれば、
その人はすでに依存症です。

「まわりがワナ」・・・
(被害者意識)・・・
どこかで聞いたことのあるせりふ・・・
オウム真理教でしょうか?

アルコール依存症者が自分を正当化するために、
「アルコールは無害」と言う人は、少ないのではないですか。

そういう意味ではマリファナはアルコールより、たちが悪いかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ところで最近、ネット上で気になる話題がありました。

=====================================

http://www.j-cast.com/2014/01/07193577.html?p=all

「新幹線で騒ぐ子供には睡眠薬を」
「正月に帰省する必要なし」 
ホリエモンの「ツイッター」が
年明けから「絶好調!」な理由とは


J-CASTニュース 1月7日(火)19時8分配信

 ホリエモンこと堀江貴文さん(41)のツイッターが年明けから連日のように炎上を繰り返している。新幹線に乗っている子供が騒いだ時には舌打ちをしていいし、騒がないように睡眠薬を飲ませたほうがいい、といった発言や、正月に帰省するような習慣は止めたほうがいい、などの発言からだ。

 炎上に参加している人たちは、ホリエモンの主張全てに賛同できないわけではないが、常に上から目線で相手をバカにしている態度が鼻につく、と思っていたり、新刊本「ゼロ」などを売るためにわざと過激な発言をする「炎上商法」を仕掛けている、などと反発しているようだ。



そのツイッターはこちらで見れます。
ホリエモン「泣く子供に睡眠薬」には
「可哀想な母親アピール」でOK?


http://blogos.com/article/77374/

================================

この論争自体が、まるで、小学生の学級会のやり取りみたいで、
がっかりです。
ツイッターや掲示板でホリエモンの意見に反論している人も、
まるで小学生です。


ホリエモンの言っている事が間違っているというのは、
明白です。

私は、二人の息子が小学生のころ、
オーストラリア等を旅行したことがありますが、
(小中学生を、旅行代金の安い時期に、海外へ長期滞在できるのも、
ホームスクーラーのなせる業)
むこうの人は、子連れに、声をかけてきますよ。

日本の都会とは比べ物にならないくらい、牧歌的で
子どもが他人に迷惑なんかかけてなくても、
黄色い肌の外人に、声かけてくるんです。

(たまたまそれは偶然だったのでしょうか?
有色人種が嫌いな人も多いでしょうから
私は海外経験が豊富なわけではないので。)

私はこのとき、本当にカルチャーショックを受けました。
日本では(都会では)知らない子連れに声なんかかけませんよね。

舌打ちしたり、クレームするんじゃないですよ。
「何かお役に立てる事はありますか?」でしょう?
・・・違いますか?

マーケットで豪ドル、セントの使い方を教えてくれた人もいました。
私、知ってたんですけれどね(笑)

お母さんが困っているんだから、(困っていなくても大変だから)
回りに迷惑かけていようがいまいが、関係なく
手伝ってあげたらどうですか。
ホリエモンさん、子育ての経験があるんでしょう。

オムツ替えの手伝いとか、ミルク用のお湯を調達してあげるとか、
べろべろば~とあやしてあげるとか・・・
やってあげればいいじゃないですか。

新幹線や飛行機の雰囲気悪いですよ。
みんな苦虫を噛み潰したような顔をしている。
ホリエモンみたいな怖いオジサンに取り囲まれていたら、
子どもだって、怖がって泣きますよ。
子どもは勘がするどいですからね。

子どもに、ここは怖い場所ではないんだと、
教えてあげなくては安心できません。
ですからぜひとも、べろべろば~をやってください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで
札幌で、小学生の女の子の誘拐監禁事件がありました。

数日前にラジオで、アメリカ人が言ってたんですが、
街で、いやだいやだと泣きわめく子どもを抱いて歩いていた男性に、
「それ、あなたの子どもですよね」と聞いたことがある、と言ってました。

これからの時代はそういうことでしょうね。
子供の立場になれば、そういうことでしょう。
行方不明の子どもの親さんの気持ちとしては、
すべての子連れに、声をかけてほしいとさえ思うことでしょう。

ですから、
「あなたの子どもですよね」と確認して
「何かお手伝いする事はありますか」と声をかける。

これが正解ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それと、みんながみんな、子どもが騒ぐことに、迷惑しているわけではないですよ。

こんなことがありました。

名古屋市営地下鉄、東山線、
これはいつも混んでいる地下鉄線なんですね。
でもその日は、ものすごくすいていて、
こちらの長いすに腰掛けていたのは、私一人、
私の正面に、おじいさんが一人、
そこへ、小学校低学年の、ランドセルを背負った男の子が3人ほど乗ってきて、
電車の中で、楽しそうに走り回り始めたんです。

私はそのとき思いました。
大人は金儲けのためにしか、動かない。
子どもはお金にならないことであっても、楽しむために、
エネルギーと頭を使う、うらやましいな~と、
思っちゃったんですね。

うらやましくながめていたんですよ。
私の心は、子どもたちと一緒に遊び始めました。

そうしたら正面に座っていた、おじいさんが、子どもたちに怒ったんです。
子どもたちは遊びをやめて、おとなしく座席に座りました。

私はがっかりしました。

この楽しい子どものショーを、もう少し見ていたかったのに
退屈しのぎに子どもたちと一緒に心で遊んでいたかったのに・・・
スポンサーサイト

コメント

地下鉄(電車)で

走り回って遊んでいたら、いくら空いていても、注意するかも知れないです
というか、します

でもそれはうるさいから、周りに迷惑がかかるから、ではありません

地下鉄・電車はあくまで乗り物ですから、急にブレーキがかかるかも知れません
そんな時には歩き回っていると、思わぬ大きなケガにつながります

それをキチンと話して伝えたいだけで、怒ったり叱ったりするつもりは全くありません
ケガをしたら自分自身が困るのだし、親兄弟も悲しみますから

自家用車・バス・新幹線・飛行機でも同じように、空いているから走り回っていて良いとは思わないですよね

地下鉄(電車)だから急ブレーキや急降下などのリスクは少ないから、少しくらい走り回っても良いんじゃないか、とは私は思いません

  • 2014/02/08 (Sat) 10:09
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

もちろん公共の場で、走り回っていいとは思いませんが、

今の子どもって遊ぶところがなくてかわいそうですね。

私の子どものころは、ずいぶん危険な遊びをしていました。
私は幼児のころ、小学生のお兄さんお姉さんの後を付いて、
深さが2メートルもあるような、用水路の中を歩く遊びが好きでした。
夏は涼しくて、道を歩く気なんかしなくなります。

元ダンは路面電車の前についている障害物よけのネットに、
飛び乗っていたと、言ってました。
さすがにこれはまずいでしょうが・・・

昭和の昔にノスタルジーを感じているのは、
歳を取った証拠でしょうか?

  • 2014/02/08 (Sat) 12:55
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。