薬を甘く見てはいけません、問題は副作用だけではありません、離脱症状や、後遺症のほうが怖いかも。

相変わらず、感じの悪い薬のCMは後を絶ちませんね。

headimg_00[1]
(サインバルタのオフラベルプロモーション)


2月11日の読売新聞にこんな記事があったようです。
================================引用はじめ
http://ameblo.jp/omw2610022/entry-11769917343.html
向精神薬大量処方が原因で救急搬送

2014年02月11日 20時00分00秒
テーマ:健康・医療

精神科の薬を一度に大量に服薬した患者の搬送を受けた救急医療機関が、
2012年は全国で少なくとも156病院に上り、
うち約3割にあたる46病院は年間50件以上搬送されていることが、
読売新聞の調査でわかった。

服薬したのはいずれも医療機関でしか処方できない薬で、
抗うつ薬、睡眠薬などの処方のあり方が問われそうだ。
昨年11月、全国の救命救急センターと日本救急医学会の
救急科専門医指定施設の計498病院にアンケートを送り、
164病院から回答を得た(回収率33%)。

大量服薬患者を年間100件以上受けている病院も10病院あり、
最も多い病院では約500件と回答した。
うつ病で処方される三環系抗うつ薬では大量服薬によって
1年間で計5人が死亡したほか、52人に不整脈、
23人に長時間にわたるけいれんなど、命に関わる症状が見られた。

精神科医から救急医に転身した北里大学病院救命救急センターの
上條吉人特任教授(日本中毒学会理事)は
「処方する医師の側に大きな問題がある。
国は精神科関連学会などの自浄能力に任せるのではなく、
命に関わる薬の処方を制限するなど、強制力のある対策を講じるべきだ」と指摘する。

『読売新聞』 2014年2月11日付

==================================引用終わり

当ブログでは、これについて以前から書いているんですが、
このままだと、救急医療はいずれ破綻するんではないですか。
交通事故なんかであとまわしにされたらどうするんでしょうか。

うつについては経験していないので詳しくはわかりませんが、

私はパニック発作のとき、
(強度の回転性のめまいで平衡感覚を失い
立っていることも座っていることもできず、
床や柱で頭を打つのではないかという恐怖
下痢、嘔吐、異常発汗で、体中の水分がすべて出てしまう危険性)
救急車を呼んでもらった経験があります。
(もちろんこのときは、一切の薬を飲んでいません)

2回目に救急車を呼んだ時は、
一度、抗不安薬(ベンゾジアゼピンたった1シート!!)を
飲んだけれど、やめた2年後でした。
そのときに、はっきりいわれましたね。

「精神科の薬は飲まないでください」
そして「発作のときは遠慮なく救急車を呼んでください」・・・と。
救急医療にたずさわる人たちは、
精神薬を飲んで自殺してもらうより、
薬を飲まず発作のときに救急車を呼んでもらうほうがいいのです。


はっきりいって救急隊だって、救急病院だって、
他の医療機関が処方した(不当に儲けた)薬で
オーバーズだの、自殺だの、
”同業者の尻拭い”なんか、したくないだろうと思いますよ。


そんな感じがびんびんと伝わってきました。



パニック障がいのサイトなどでは、
医者にかかって、精神薬を飲むように、とか、
救急車を呼んではいけないとか、書いてあるんですね。

おかしいですよ、それは反対です。

薬を飲まないで、発作がひどければ、救急車を呼ぶべきです。





なかなかいい動画ですが、これでもまだ甘いと思います。
この動画の作者は、多剤大量処方を問題にしていますが、

これは個人的な意見になりますが、パニック発作ぐらいで、
精神薬は1錠も飲まないほうがいいと思います。

私はたった1シートのベンゾジアゼピンを飲んだだけで
副作用が現れました。
動く気がしなくなり、買い物にさえ行く気がしなくなり、
コーヒーを飲んで無理やりスーパーへ行くと、
足首をつかまれて、地の底へ引きずりこまれるような、
精神症状が現れました。

薬を飲むのをやめると、
激しい頭痛と背中の痛み、それと嘔吐で苦しみました。
そのときに、市販の頭痛薬を飲みました。

このとき頭痛薬を飲んだ事で、後日大変なめに合います。


それから2年後、その頭痛薬を
風邪が原因で頭痛になったとき寝る前に、2錠ほど飲んだのですが、
それが効かないばかりか、
なんともいえないそわそわと落ち着きなく、
横になっている事も座っていることもできないで、
まるでアカシジアじゃないかと思うような、症状がでました。
風邪をひいて頭が痛いのに、寒い部屋の中で
一晩中横になることさえできなくて、これはつらかったです。
今でも怖くて風邪薬も飲めません。


たった1シート、10錠ほどの精神薬で、
副作用、離脱症状、後遺症のフルコースを味わってしまいました。


副作用の情報はあります。
その副作用へは、
他の薬を服用することで対応するということがおかしいです。

離脱症状については、情報はほとんどありません。
個人の闘病ブログぐらいです。

後遺症もあるのではないでしょうか。
中毒と言ってもいいでしょう。
依存はなくても(治っても)中毒は一生治らないものなのかもしれません。


例えば
アトピーで(たいした量ではない)ステロイドを使っていたがやめた長男クンは、
やめてから10年たっても、突然リバウンドのような症状が出ました。
それだけでなく
たった1回分の抗アレルギー薬を飲んだだけで、激しい身体の痛みが出て、
夜中に市民病院の救急外来へ行きました。
ステロイドの中毒ではないでしょうか。

20121129131615ead[1]
(脱ステ医で有名な多羅尾さんも、ステロイドを使うと、
ステロイドより弱い薬が使えなくなる
ワセリンでさえかぶれるようになると、書いています)



まるでアルコール依存症者が、依存症を克服し
飲酒をやめても、体が覚えている。
ビールを飲んでいた人はノンアルコールビールさえ飲めない、
果実系のお酒を飲んでいた人は、果実系のソフトドリンクさえ飲めない。
・・・というのと同じかも知れません。




私は・・・ちなみに、3回目の救急車は(あれから4年ほど)呼んでません。
病院にも行ってません。薬も飲んでません。
スポンサーサイト

コメント

医師と薬と病気

1, 薬の定義
薬学では薬を次のように定義してます(医師&薬剤師は当然ご存知の事で患者は知りません)
「薬は毒にして 毒をもって毒を制す を本則とす」 薬は毒と言ってるのです
つまり毒が原料で 毒の応用 チビリと使う事で症状を抑えてくれるのです(治すのではありません)
飲み続けますと体力が落ち 飲み過ぎると死に 運良くて後遺症です
必要な時 必要なだけ使うのが薬です 何時までも飲み続けるものではありません

2. 病気の原因
私自身で調べた限り 解明されているのは 「病原体によるものと栄養バランス」 位です 
これ以外の大方は不明であり 「精神疾患」 は尚更不明です
医学上は曖昧な表現で 押し並べて 「 ~と考えられている」 です 不明とは言いません
知り合いに このお話 したら自分の病気の原因 医師に尋ねたそうです
答えは 「 ~と考えられている」 を省いた説明に納得し 私は嘘付きに見られてます
最近 知りましたが 医師は病気の原因 聞かれる事を嫌うそうです 聞かない方がよさそうです

3.薬と病気
大方は原因不明ですから 残念ながら 「治す薬は存在しない」 のです
薬で治ると思うのは間違いで 「副作用を代償に症状抑える」 だけです これを理解しましょう
健保制度 出来る前は 薬 飲ます事少なかったように思います
当時は自由診療でしたから患者自身が直接 病院に支払っていたのです なので薬の使用は
必要最小限にしたでしょう でも安くはありませんでしたから頻繁に行きませんでした

4.医師の所得と健保制度
沢山 飲ますようになったのは健保制度拡充後の事で特に経済成長後です
昭和40年~50年に生産された薬 調べた人おりまして覚えやすい数字なので記憶しております 
10年間に金額で 一般向け10倍に 医師向けが7倍 であったと 
当時はインフレでしたので重量ですと 一般向け 5倍 医師向け 3,5倍 と見れば良いでしょう
増えた理由は健保制度で気軽に行けるようになった事と医師の所得が減ったからと思います
健保制度の為に医師の所得が相対的に減ったと思います 所得が頭打ちになったのでしょう

5.世界の医師所得 比較
検索して見ましたら先進国中 最下位でした 医師は不満タラタラでしょうね? それで薬の投与が
増えたと思います 薬投与すれば健保も払うしか無いでしょう(医師には技術料が入る)
その後 適量の 2倍以上処方する時は 理由書が必要になり 最近は多種の薬を飲ますようです

6.老後における薬の副作用(若い時に服用した薬はどうなるのか?) 
大抵は体外に排泄されるようですが全部排泄されるかどうか解りません形を変えて残るかも~
長年薬服用された人の汗は薬臭いと言われます これは汗と共に薬が出て来る現象でしょう
肝臓はこのような不純物を排除する重要な働きをしますが遺伝情報から2万5千種しか分解出来ない
そうで随分多いと思うかも知れませんが人類が今迄に作った合成物質は300万種です(教育TV)

7. 薬 老後の影響
私自身は 「薬一錠 飲んだら 寿命が1分 縮むか 老後の寝た切りが1分伸びる」 と考えてます
幼馴染みは長年7種飲み続け副作用で手足が麻痺し→車椅子→寝た切り→ついに亡くなりました
もう一人は 若い時の結核治療後 徐々に難聴に 補聴器無しでは対話出来ず
後に脳血栓が発見され抑える為に 8種飲み続け副作用と見られる症状が少なくとも3件解ってます
しかし最近ボケてしまいました これも副作用なのか解りません

だから医師は家族に薬 飲ませないのでしょう 本人も飲まないでしょうし薬剤師も同様でしょう
(薬剤師に付いては情報持ってません あったら教えて下さい)

8, 薬の情報 検索(医師が患者に処方する時に決定する情報)
効能 副作用 相互作用 使用上の注意 併用注意 等あります

 「薬名 添付文書」 で検索 (薬事法による文書 言わば医師の手の内)

別サイトで偶々知った大変な情報で「医師も知られたくない事が~」とありました。

No title

まうんてんごりらさん、

薬と病気についてわかりやすくまとめてくださってありがとうございます。

>「病原体によるものと栄養不良&栄養過多」位です。
私もそう思います。
論文を読むと
>「 ~と考えられている」
という表現が多いですよね。

昭和40年~50年の10年間で金額にして10倍ですか、
今はもっと多いでしょうね、何十倍になっていることやら。

健康保険制度も問題だと思います。
薬を売らなければ儲からない制度もおかしいですよね。

>私自身は 薬一錠 飲んだら 寿命が1分縮むか 老後の寝た切りが1分伸びる と考えてます
そうかもしれませんね。

  • 2015/08/18 (Tue) 13:31
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/04/07 (Fri) 18:03
  • #
医師と薬と病気-2

新たな事 気付いたので~(重複部分あり)

1, 薬について 毒が原料である事 前に お伝えしました 最近調べて解かった事
 精神疾患薬について多くは「劇薬」となっており mg単位でした 青酸カリと同じです
 中には「軽い麻薬」が使われているのです 精神疾患者(鬱病 統合失調症etc)の平均寿命は
 6~20年短いと~ 統合失調症は20年短いです(検索を~ 統合失調症 平均寿命)
 統合失調症の自殺率は日本人平均の10倍で薬 服用しても治らないか自殺願望薬のせいか
 解かりません(精神疾患薬の中には自殺願望の薬あり WHOから注意勧告出てます)。

2,身内に統合失調症患者 居りまして先月亡くなりました
 ほったらかし(医師なし薬なし)で完治してます(寛解では無い)重症ながら10年位で治ってます
 (統合失調症患者の平均寿命 61歳からみると驚異的な 9x歳でした)
 当時は薬 無くて ほったらかしにするしかなく これが結果的に良かったのでしょう 自然治癒です
 当時は健保も 無かったので庶民は長期入院出来ず 皆こんなもので その内 治るのです
 体には体自身が治す力あり「自然治癒能力」と言い 寿命来てなければ何時かは治るのです。
 
3,病気の原因 について 追加です
 解明されているのは「1、病原体によるもの 2、栄養バランス&不良 3、遺伝病」の3種類でした 
 これ以外の大方は不明であり 「精神疾患」 は尚更不明
 例えば ありふれた高血圧症の原因も不明で1割ほど解明されている~とありましたが
 「別の病」によって起こるとあり 「別の病」も原因不明なので結局100%原因不明となります
 原因不明は難病だけと思ってましたが難病に限らず先の 3種以外の殆どが原因不明です
 (但し膨大な病の数ありますので調べ尽くした訳ではありません 解明されたもの あるかも
 知れませんが私が調べた範囲では無かったのです 患者数の多いものが主です)。

4,多くの病の原因不明は既に述べました(医師しか知らない事で世間では知らずにおります)
 これ実は 医師&患者に とって大変な事で「治す薬は存在しない」を意味します
 じゃ~医師は何をやっているのでしょう? 治す薬は無いので副作用代償に症状抑える位です
 でも難病でない限り何時かは大抵治りますね? 一体何が治しているのでしょう?
 結論は簡単で「自然治癒能力」が治しているのです(先の統合失調症患者治ったのはこれです)
 ほって置いても寿命 来てなければ何時かは治ります 急いで治そうと病院に行き副作用で~
 患者は何も知らず「治す為の薬」と勘違いし飲み続けているのです
 近所の叔母さんに原因不明を教えたら医師に聞いたそうで嘘を言われ信じ込んでおり 為に
 私が嘘吐きにされたままに~(プライド高い医師が原因不明ですと正直に言える訳ないのです)
 その後 あるサイトで教えて頂きました「医師は原因知らないので聞かれる事 嫌がる」と
 (医師に原因 聞いては いけなかったのです)
 何年か前のTVで観ました ある医師は「患者さんが治る手伝いをしているだけです」と謙虚です
 でも名前と顔は出しませんでした 出したなら この医師の所に患者 誰も行かないでしょう
 薬も医師も治しているのではないので患者の「自然治癒能力」が最大限 働かすのが医師の勤め
 でしょう 医師が治している振りしないと患者行かないでしょうから患者にも責任あるのでしょう
 無知のまま&医師任せにしてはいけません(医師に殺される? 少なくとも寿命縮められます)
 薬の多用 止めたなら日本人の平均寿命は更に延びるでしょう(医療費に占める薬代は20%とか)。

5,医師の所得不満に付いて新な事に気付きました
 医師が薬の多用で 所得 増やそうとしているのは お解りと思います
 健保制度 作ったけれど赤字の為に所得上限が抑え続けられているのです
 理由: 日本はイギリスと同じ位なのですがアメリカ医師の約半分しかないと~(検索を~) 
 何故アメリカの半分なのか? 理由は簡単 アメリカの医師が吊り上げているからです
 根拠も簡単 吊り上げた為に保険掛金が高くなり 誰でも加入出来ない民間保険になったのです
 つまりアメリカが高過ぎるのです 日本は安過ぎでは無いのすが医師には十分で無いのでしょう
 20年位前 TVで観た ある医師の所得は平均かは解かりませんが 東京勤務医 31歳独身で
 年収1,100万円 院長で どんな病院か不明ですが 5,000万円でした
 更に日本では医師優遇税制ありますが医師への所得補償と理解した次第です
 あるサイトで知りました「医師の平均寿命は10年短い」と 何故でしょうね?(検索で沢山 出ます)。

  • 2018/06/06 (Wed) 11:53
  • まうんてんごりら #Pp5JfzR.
  • URL
No title

まうんてんごりらさん、

情報ありがとうございます。

統合失調症も、自然治癒で治るんですね!!

おっしゃる通り
原因がわからないのに治す薬は存在しませんよね。
よく考えれば当然のことなんですが、
なんとなく薬を飲めば治る・・・
もっと言えば薬をな飲まなければ治らないと、
思い込んでしまいがちです。
医者の学校では、自然治癒という言葉を教えないそうですから・・


最近の若い勤務医なんかは、仕事がハードであるだけでなく、
賃金は安いのでしょうね。

これからは医者も歯科医のように、
下手をすると破産ということになっていくかもしれません。

町医者の時代だった昔ならいざ知らず、
最近の超巨大な総合病院なんて、
元気な人じゃないと通えませんよ(笑)
ちっとも患者の都合なんか考えていませんから。

医者の寿命が短いというのも、
仕事が精神的肉体的にハードなだけでなく、
薬を飲んでいるのもあるかもしれません。

いくら頭では、薬は危険と分かっていても、
やっぱりヤクの売人ですからね。

  • 2018/06/06 (Wed) 15:47
  • フォーミディブル #ZLvbO.Lc
  • URL
医師と薬と病気-2 (続)

1, 先に述べた「難聴の幼馴染」が3年前亡くなりました 平均寿命より10年短かいです
 (若い頃より 薬 飲み続け 先に亡くなった幼馴染は更に20年短いです)
 薬が直接関係あるみたいなので生前 聞いていた事 詳しく お伝えしましょう
 若い頃に結核で入院し薬 処方されたのですが 処方する時 医師は「キツイ薬」と言ったと~
 処方されたあと耳に違和感あったそうです その後 退院し仕事に復帰しましたが
 何年後かから徐々に難聴になり~定年退職した時は補聴器無しでは お話し出来ませんでした。

 結核治療後に もう一件 これも何年後かは解かりませんが「酒の席」で倒れ救急病院へ~
 後に精密検査の結果 血栓が発見され医師が言うには「古い血栓」との事
 この後 薬8種の服用始まり その後 定年退職し我が家に顔 出すようになり色々聞く事 出来ました
 その後 キャッチボールしたのですが ボールまともに投げられず本人自身が驚いておりました
 「医師に副作用 聞いた方が良い」と伝えたのですが 仲良い知り合い医師だったのでしょう 遠慮し
 はっきり言えなかったみたいです 後で気付いた副作用と見られる症状は少なくとも次の3点あります
①ネジ締めにドライバー回せない ②ボール まともに投げられない ③歩行が緩慢
 (神経を麻痺させる副作用あるのではないかと疑ってます 古い血栓は恐らく結核治療薬が関係)。

上記を纏めますと 全て薬が関わっているように見えます(結核時 30歳位 死亡時 70歳位)
④結核治療中 薬処方後 耳に違和感→退院何年か後 難聴に→徐々に酷くなり補聴器必要に~
⑤「酒の席」で倒れた後「古い血栓」発見され その後 薬8種の服用 始まる
⑥後に副作用と見られる先述の症状 3点現れる
⑦その後 家の外に出なくなり 3年後に認知症になって施設に入所 更に一年後に死亡(70歳位)
(私の実体験から医師は副作用隠します 言ってくれても控え目でしょう)。

2,薬の情報 検索法-2 (副作用の無い薬は無いので患者は服用薬 自分で掴んでおく事大事です)
 検索で直ぐ出るメーカーや医療サイトの説明は飲ませる立場の説明とみて良く詳しく書いてません
 (同じ薬でも二つ名、三つ名が多く Wiki は割合詳しいです 根気良く~ 大抵 pdf文書です)
検索法
 「薬名 患者向医薬品ガイド pdf」 又は 「薬名 添付文書 pdf」 これ医師向けで最も詳しく難しい
 文字のみコピペし薬名に目的名を入れググレばよろしいです(Wikiも一緒に出る事 多いです)
 添付文書は法律上義務化されたもので あるサイトで「医師も知られたくない事が書いてある」と~
 精神疾患薬は神経に対し直接作用し怖いです シナプスの伝達物質を制御します(麻薬の模様)

3,まとめ
 既に言いましたが多くの病は原因不明ですから治す薬は存在しません
  原因不明の病=治す薬は存在しない です 
 副作用代償に症状軽くするだけ 患者は治ったと感違いしてます

 病気の法律上の分類に難病ありますが難病でなくても大方は原因不明です(医学上は曖昧表現)
  難病=抑える薬すら無い病 が正確な定義でしょう(抑える薬が出来ると難病指定から外される?)
 副作用代償に症状抑える薬位しか無い事 理解しましょう 飲ませ続けるから寿命縮むのでしょう
 医師は自分の家族には薬 飲ませない事 知りましょう(情報持ってます)

 薬剤師について情報入りました 風邪の場合ですが飲ませる薬は殆ど漢方薬と言ってました~
 漢方薬でも副作用あるのですが~(古くからあって副作用は良く解かっている安心?)
 でも寿命まで観察しない限り正しい判断出来ないはずですが~医師程に徹底してないようです
 私自身は大分前のNHKラジオ番組「科学千一夜」で聴いた 医師の話し以来 極力飲まずに
 済ませて数十年になります 病院にも殆ど行きませんでした(頭痛腹痛2百回位はありましたが)
 薬は必要な時 必要なだけで飲み続けるものではありません「治す薬 無い」のですから~。

  • 2018/06/06 (Wed) 19:11
  • まうんてんごりら #Pp5JfzR.
  • URL
No title

まうんてんごりらさん、

ストレプトマイシンに難聴や脳神経障害等脳副作用があるようですね。
結核だとどうしても薬を飲まなければならない印象があるのですが、
自然治癒はあるのでしょうか。

結核は、栄養をしっかり摂るなどすれば、
予防はできると認識していますが。

>検索で直ぐ出るメーカーや医療サイトの説明は飲ませる立場の説明とみて良く詳しく書いてません

私もこれは問題だと思います。
検索ですぐ出るのは、医療側にとって有利なものばかりという感じがしています。

やっぱり、医師向けの正式な添付文書を読むのが一番ですね。
読みにくいですが、ネットで読めるのは良いことだと思います。
そのようなサイトを活用したいものです。

  • 2018/06/06 (Wed) 19:55
  • フォーミディブル #ZLvbO.Lc
  • URL
医師と薬と病気-3 

「医者の学校では、自然治癒という言葉を教えない」 これは驚きです!
これでは患者の為の治療出来ません 薬飲ますだけの治療になる訳で痴療です
自然治癒の言葉聞いたのは35年位前のラジオで 今はこう言うのだな?と当時思いました
切り傷が何時の間にか消えるように誰でも何となく知っている事です
(医師は自分の家族に薬 飲ませないのは自然治癒を知っているからでしょう)

ストレプトマイシン 久しぶりに聞きました 結核は結核菌によるもので病原体な訳です
難聴や脳神経障害等の副作用あるのですね? 医師は全て知っていてやっていたのですね?
自己防衛必要です 医師から自分の身を自分で守らねば~

「医師の平均寿命10年短い」原因 私は全く違った所にあると観ており いづれ解かる時が~

免疫力は栄養や運動だけでなく「心の在り方に」よっても強化されるみたいです
1、先日NHKの「ガッテン」でやってました
 タイトル ガッテン 筋肉&血管を強くする!世界が証明した“最強の寝たきり予防法”

 外国での実験報告なのですが「他人に親切にする」で免疫力 強化されると~
 日本の例では孤独な生活は弱化し病気がちにと~「運動と人との繋がり持つ」が最も良いと~
 人との繋がりを持つ事が影響すると~孤独な生活が良くないのは何となく解かりますね?
 イギリスでは社会的孤独者問題解決の為に担当国務大臣が任命されたニュースありましたね?
 これも先進国病なのでしょう 日本もいづれそうなる事を意味します 既に起こっておりますが~

2、何年か前のTVで ある療養所では毎日 漫才&落語等 お笑いビデオ見せているそうです
 笑いが病を良くすると言う事のようです それなりの根拠あっての療養所としての方針でしょう

3、先日の民放TVで観たイギリスでの例 
 一家の叔母さん60歳位 癌を告知され普通なら落ち込むでしょうが この叔母さん違ってました
 残りの人生 太く短く楽しく過ごそうと考えたのか勤めている会社の事務担当している事を利用し
 詐欺を行い くすねた金で毎日豪華な食事作って家族にふるまいました
 次は外国旅行をと計画してたところで逮捕されました
 間もなく死ぬんだからと居直って居たでしょうが 改めて検査したら癌が消えて居たのです
 結局死なずに刑務所行きとなったと~心の在り方が癌を治したと言えます(心落ち込むのが駄目) 
 明るい程良くなるのでしょう 治った癌ですが刑務所で暗い過ごし方では再発するかも知れません

4、大分前のNHK番組で同様に癌 告知され毎日悶々と日々を送っていた叔母さん居りました
 この叔母さん旦那さんを恨むようになり(日々の旦那さんとの諍いが~と)更に悶々とした日々を~
 (人は兎角 降りかかった不幸は自分以外の者に求めようとするのでしょう)
 ある日 気付いたそうです「そうでは無い この自分の醜い心が癌を起こしたのだと~」悟りました
 そうしたら癌は消え録画した時は既に8年とか経過してます(医学上5年以上再発なければ完治)
 医師はどうして消えたのか解からないと~これも心の在り方&悟りが奇跡を起こしたと言えます

6、更にもう一件 ある一家の母親と娘二人の事です(23年位前の事)
 (これは当時自分で原稿書き 皆の前で読み上げてくれた内容の一部で私の記憶です)
 幼少の時 娘二人とも事故で耳が全く聞こえなくなりました
 (恐らく階段から転げ落ちたとかでしょう 二人共が不思議ですけれど)
 当時 娘二人は既に21歳と23歳になってました この頃 母親は一言で言えば「悟った」のです
 (お話しから そのように感じ取れました この人 悟りを開いた~と)その後 娘に良い兆候が
 ある日 救急車が通った時サイレンが微かですが聞こえたのです 約20年ぶりに~
 (1人とも2人とも言いませんでしたが)他にも幾つかありますが今の件とは関係ないので省きます
 その後の事は解かりませんが親子は見えない糸で繋がっているような お話で不思議です
 親心の在り方が子の病にまで影響与えるみたいな事ですが この件は免疫関係なさそうです

このような事 探せば沢山あるでしょう 世間ではあるはず無いと思い込み気付かないだけでは?
あまりにも原因不明だらけの医学に頼ってしまった為に気付けないのでは? 研究が必要です
心の在り方で病は治りそうです 何を悟れば良いのでしょう?悟る為に何をすれば良いのでしょう?
悟りは 簡単ではありません十年単位です 先の母親は10年以上は掛かったはずです
先ずは悪い所をでしょうか? 昔から「無くて7癖あって48癖」とか言います。

  • 2018/06/08 (Fri) 12:07
  • まうんてんごりら #Pp5JfzR.
  • URL
No title

まうんてんごりらさん、

ストレプトマイシンは今も使われているんでしょうかね。

>「他人に親切にする」
>イギリスでは社会的孤独者問題解決の為に担当国務大臣が任命されたニュースありましたね?

この、ためしてガッテンは最初のところを少し見ました。

私は民生委員をやっていますが、
来年いっぱいでやめさせてもらおうと思っています。

厚労大臣に委嘱されただか何だか知らないけれど
引きこもりやひとり暮らしの老人の世話なんて
やってられないというのが本音です。

私たちが老人の仲間入りをするころには、
団塊の世代が後期高齢者になり
民生委員制度は成立しません。

距離が近すぎてトラブルになることが多々あります。
「人間は最後はひとりなんだ」という覚悟をしないと、
これからは生きていけないと思います。


>3、先日の民放TVで観たイギリスでの例 

これは私も見ました。
面白い話でしたね。

  • 2018/06/08 (Fri) 15:14
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
医師と薬と病気-4

1)ストレプトマイシンに付いて
2,3年前のニュースでは日本で結核は既に絶滅したけれど最近 徐々に増えてきていると~
(30年前頃に絶滅宣言あったような気が~)
亡くなった幼馴染は恐らく最後の頃の結核患者と思われます
長い間 結核患者 居なかったので詳しい医師も居らず対策が必要と~(難聴患者増えるかも)

2)認知症に付いて
年追う毎に問題抱える世界情勢ですが日本では認知症が今後 数の上で問題になります 
先進国故の病であり(先進国病)日本は老人大国故の最大の認知症大国で推定数500万人
これも原因不明なのですが認知症患者の発症前&中の生活スタイル見れば何となく解かります
現在解明中とか~でも可笑しな事に今年初めに薬 出来たニュースありました
副作用代償に抑える薬に違いないのですが効果少なく発売取りやめたメーカーもあったと~

認知症には3大認知症ありますが解かっている事は 多くの場合脳みそが委縮するのです
神経は死んでは新しく生まれるのですが生まれて来ないから委縮するのでは無いかと思います
何故生まれて来ないか?恐らく神経使わないから~つまり頭脳を使わないからではないかと~
頭脳使用は難しい事を考える事だけでは無く 例えば運動 常に考えながら動かしているのです
その為に運動野があり視覚野、味覚野~etcあり 使わないと死んだままになるからではと~
歳寄ると何事も面倒になって行き行動が狭まり 頭脳を使わないからと想像してます
TVばかり観るのは 良くないようなので受け身の生活は良くない事が想像されます
結核の幼馴染は これのようで注意しましたが当時は自信なかったので強くは言いませんでした
金さん銀さんの娘達のように人任せにせず何でも 出来る事は自分でやる事が大事のようです

「民生委員 距離が近すぎてトラブルに~」 「引き篭りや一人暮らしの老人の世話なんて~」
 理解出来ます でも「何時か我が身」ですから
 認知症 男性より女性が多く1,5倍です 長生きし一人暮らしになり易いからでしょう
「人間 最後は一人なんだ~」 これ 認知症まっしぐら~の気がしますけれど

民生委員 別の幼馴染がやっていて時々我が家に顔 出します 月一度あるなし程度です
苦労話 した事ありませんが当地も少子化進み一人暮らしの老人多くなりつつあります
認知症防止は先の「ガッテン」の通りで一人暮らしで人や世間との付き合い少ない人程なり易く
本人が意識しない限り無理なので「認知症防止教育」が絶対に必要です
(それとなく ボケると近所迷惑掛ける事に~とか) 私は原因 掴めてきたので近所の人に
出来るだけボケない為の お話し しつつ自分がならないようにも努力してます

3)医大に付いて
医師になるには医大に行く事になりますが現在の医大入学には 3千万~5千万円掛かると~
(金持ちしか行けません)何年か前TVで ある父親は息子の医大入学の為に家を売ったそうで
サラリーマン家庭ではこうなります(息子は不退転の決意で行く事になります)
(結核の幼馴染は父親が医師にしようとしたのですが当時の入学金 300万円必要で諦めました)

医大生は原因解明されていて治療が行われているものと思い入学した事でしょう 
殆ど原因不明の現実に がっかりした医大生 居たでしょうけれど既に投資した後ですし高収入が
待ってます 続けるしか無いでしょうね?
原因未解明 前もって知っていたなら行かない人も居たでしょう 今も居るでしょう

知り合いに 医大生になったけれど「書きもの」が捨てられず途中で医大を止め出版社に勤めたとか
今は退職し何か書いては自費出版してます 何時も赤字~と言ってました(元地主らしいです)
この人と街角で出会った時 前立腺肥大 患っている事 聞いて殆どの病は原因不明を伝えました
20年位前 病院内廊下の壁に「前立腺肥大症は原因不明ですが治療法が確立しつつある」ような
変なポスター張り付けてあり 当時は前立腺肥大症の原因説明だけは正直でした (ポスター上で)
でも治す薬 無いのです 殆どの病は原因不明である事 世間では知りません
これ医学の誤魔化しではないでしょうか? 医師が治してるような顔して高収入得ているのです
嘘 言って金品 受け取る事を詐欺と言いますが 嘘 言ってる訳ではなく何も言わないだけであり
患者が勝手に解釈してるだけだから詐欺には ならないのでしょう 賢いですね?。

  • 2018/06/10 (Sun) 14:52
  • まうんてんごりら #Pp5JfzR.
  • URL
No title

まうんてんごりらさん、

>認知症 男性より女性が多く1,5倍です 長生きし一人暮らしになり易いからでしょう

まうんてんごりらさんが女性か男性かわかりませんが、
私たちの年代の女性たちは、
子どもの世話、舅姑の世話、両親の世話、旦那の世話を無給無休でやってきて、
それだけで済まず、
働くお嫁さんの世話や孫のお守までやっている人もいます。
地域では子供会、PTA、、婦人会。
人の世話ばかりやってきている人が多いのです。

お姑さんに口答えしないでおっしゃるとおりにしつつ、
自分が姑になったら、
お嫁さんに口答えしないでおっしゃるとおりにする。
それが今の「かしこい」女性アラ還です。

>「他人に親切にする」で免疫力 強化される

と言われてもあえてやりません。
他人の世話のエンドレスをするぐらいなら、
少々寿命が短くても、自分がやりたい様に生活したいですし

実際、他人に親切にするより
「自分を大切に、自分に親切に」したほうが
何より大切な「自分の息子やお嫁さん」に迷惑をかけないし
関係がうまくいくと私は信じています。


あなたは民生委員をやったことがなければ
やられたら良いと思います。
これほどまわりに喜ばれるボランティアはないと思います。

自治会長、通学時の見守り隊、福祉推進委員、老人用の給食作り、防災。
その他いろいろ
どこの自治会も忙しいばかりでなり手がいないのが現状なので
大変喜ばれます。


>「人間 最後は一人なんだ~」 これ 認知症まっしぐら~の気がしますけれど

私の認知症を心配してくださるのでしたら、
ぜひ新しい記事に「記事についての的確なコメント」をください。

他人の4年も前の終わっている記事の「コメント」欄に
「がっつりと論文」を書いている人が
まともに相手にされていると思っていますか?

私は、
この人大丈夫か?と、最初からうたがっています。
あなたは手心を加えてもらっていることをわかっていらっしゃらない様です。

あなたが認知症でなかったとしても、
私はあなたのようになりたくありません。


それと
最後になりましたが根絶宣言されたのは天然痘ではなかったでしょうか。
結核は減少していただけかと・・・


  • 2018/06/10 (Sun) 17:11
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する