スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬を甘く見てはいけません、問題は副作用だけではありません、離脱症状や、後遺症のほうが怖いかも。

相変わらず、感じの悪い薬のCMは後を絶ちませんね。

headimg_00[1]
(サインバルタのオフラベルプロモーション)


2月11日の読売新聞にこんな記事があったようです。
================================引用はじめ
http://ameblo.jp/omw2610022/entry-11769917343.html
向精神薬大量処方が原因で救急搬送

2014年02月11日 20時00分00秒
テーマ:健康・医療

精神科の薬を一度に大量に服薬した患者の搬送を受けた救急医療機関が、
2012年は全国で少なくとも156病院に上り、
うち約3割にあたる46病院は年間50件以上搬送されていることが、
読売新聞の調査でわかった。

服薬したのはいずれも医療機関でしか処方できない薬で、
抗うつ薬、睡眠薬などの処方のあり方が問われそうだ。
昨年11月、全国の救命救急センターと日本救急医学会の
救急科専門医指定施設の計498病院にアンケートを送り、
164病院から回答を得た(回収率33%)。

大量服薬患者を年間100件以上受けている病院も10病院あり、
最も多い病院では約500件と回答した。
うつ病で処方される三環系抗うつ薬では大量服薬によって
1年間で計5人が死亡したほか、52人に不整脈、
23人に長時間にわたるけいれんなど、命に関わる症状が見られた。

精神科医から救急医に転身した北里大学病院救命救急センターの
上條吉人特任教授(日本中毒学会理事)は
「処方する医師の側に大きな問題がある。
国は精神科関連学会などの自浄能力に任せるのではなく、
命に関わる薬の処方を制限するなど、強制力のある対策を講じるべきだ」と指摘する。

『読売新聞』 2014年2月11日付

==================================引用終わり

当ブログでは、これについて以前から書いているんですが、
このままだと、救急医療はいずれ破綻するんではないですか。
交通事故なんかであとまわしにされたらどうするんでしょうか。

うつについては経験していないので詳しくはわかりませんが、

私はパニック発作のとき、
(強度の回転性のめまいで平衡感覚を失い
立っていることも座っていることもできず、
床や柱で頭を打つのではないかという恐怖
下痢、嘔吐、異常発汗で、体中の水分がすべて出てしまう危険性)
救急車を呼んでもらった経験があります。
(もちろんこのときは、一切の薬を飲んでいません)

2回目に救急車を呼んだ時は、
一度、抗不安薬(ベンゾジアゼピンたった1シート!!)を
飲んだけれど、やめた2年後でした。
そのときに、はっきりいわれましたね。

「精神科の薬は飲まないでください」
そして「発作のときは遠慮なく救急車を呼んでください」・・・と。
救急医療にたずさわる人たちは、
精神薬を飲んで自殺してもらうより、
薬を飲まず発作のときに救急車を呼んでもらうほうがいいのです。


はっきりいって救急隊だって、救急病院だって、
他の医療機関が処方した(不当に儲けた)薬で
オーバーズだの、自殺だの、
”同業者の尻拭い”なんか、したくないだろうと思いますよ。


そんな感じがびんびんと伝わってきました。



パニック障がいのサイトなどでは、
医者にかかって、精神薬を飲むように、とか、
救急車を呼んではいけないとか、書いてあるんですね。

おかしいですよ、それは反対です。

薬を飲まないで、発作がひどければ、救急車を呼ぶべきです。





なかなかいい動画ですが、これでもまだ甘いと思います。
この動画の作者は、多剤大量処方を問題にしていますが、

これは個人的な意見になりますが、パニック発作ぐらいで、
精神薬は1錠も飲まないほうがいいと思います。

私はたった1シートのベンゾジアゼピンを飲んだだけで
副作用が現れました。
動く気がしなくなり、買い物にさえ行く気がしなくなり、
コーヒーを飲んで無理やりスーパーへ行くと、
足首をつかまれて、地の底へ引きずりこまれるような、
精神症状が現れました。

薬を飲むのをやめると、
激しい頭痛と背中の痛み、それと嘔吐で苦しみました。
そのときに、市販の頭痛薬を飲みました。

このとき頭痛薬を飲んだ事で、後日大変なめに合います。


それから2年後、その頭痛薬を
風邪が原因で頭痛になったとき寝る前に、2錠ほど飲んだのですが、
それが効かないばかりか、
なんともいえないそわそわと落ち着きなく、
横になっている事も座っていることもできないで、
まるでアカシジアじゃないかと思うような、症状がでました。
風邪をひいて頭が痛いのに、寒い部屋の中で
一晩中横になることさえできなくて、これはつらかったです。
今でも怖くて風邪薬も飲めません。


たった1シート、10錠ほどの精神薬で、
副作用、離脱症状、後遺症のフルコースを味わってしまいました。


副作用の情報はあります。
その副作用へは、
他の薬を服用することで対応するということがおかしいです。

離脱症状については、情報はほとんどありません。
個人の闘病ブログぐらいです。

後遺症もあるのではないでしょうか。
中毒と言ってもいいでしょう。
依存はなくても(治っても)中毒は一生治らないものなのかもしれません。


例えば
アトピーで(たいした量ではない)ステロイドを使っていたがやめた長男クンは、
やめてから10年たっても、突然リバウンドのような症状が出ました。
それだけでなく
たった1回分の抗アレルギー薬を飲んだだけで、激しい身体の痛みが出て、
夜中に市民病院の救急外来へ行きました。
ステロイドの中毒ではないでしょうか。

20121129131615ead[1]
(脱ステ医で有名な多羅尾さんも、ステロイドを使うと、
ステロイドより弱い薬が使えなくなる
ワセリンでさえかぶれるようになると、書いています)



まるでアルコール依存症者が、依存症を克服し
飲酒をやめても、体が覚えている。
ビールを飲んでいた人はノンアルコールビールさえ飲めない、
果実系のお酒を飲んでいた人は、果実系のソフトドリンクさえ飲めない。
・・・というのと同じかも知れません。




私は・・・ちなみに、3回目の救急車は(あれから4年ほど)呼んでません。
病院にも行ってません。薬も飲んでません。
スポンサーサイト

コメント

医師と薬と病気

1, 薬の定義
薬学では薬を次のように定義してます(医師&薬剤師は当然ご存知の事で患者は知りません)
「薬は毒にして 毒をもって毒を制す を本則とす」 薬は毒と言ってるのです
つまり毒が原料で 毒の応用 チビリと使う事で症状を抑えてくれるのです(治すのではありません)
飲み続けますと体力が落ち 飲み過ぎると死に 運良くて後遺症です
必要な時 必要なだけ使うのが薬です 何時までも飲み続けるものではありません

2. 病気の原因
私自身で調べた限り 解明されているのは 「病原体によるものと栄養バランス」 位です 
これ以外の大方は不明であり 「精神疾患」 は尚更不明です
医学上は曖昧な表現で 押し並べて 「 ~と考えられている」 です 不明とは言いません
知り合いに このお話 したら自分の病気の原因 医師に尋ねたそうです
答えは 「 ~と考えられている」 を省いた説明に納得し 私は嘘付きに見られてます
最近 知りましたが 医師は病気の原因 聞かれる事を嫌うそうです 聞かない方がよさそうです

3.薬と病気
大方は原因不明ですから 残念ながら 「治す薬は存在しない」 のです
薬で治ると思うのは間違いで 「副作用を代償に症状抑える」 だけです これを理解しましょう
健保制度 出来る前は 薬 飲ます事少なかったように思います
当時は自由診療でしたから患者自身が直接 病院に支払っていたのです なので薬の使用は
必要最小限にしたでしょう でも安くはありませんでしたから頻繁に行きませんでした

4.医師の所得と健保制度
沢山 飲ますようになったのは健保制度拡充後の事で特に経済成長後です
昭和40年~50年に生産された薬 調べた人おりまして覚えやすい数字なので記憶しております 
10年間に金額で 一般向け10倍に 医師向けが7倍 であったと 
当時はインフレでしたので重量ですと 一般向け 5倍 医師向け 3,5倍 と見れば良いでしょう
増えた理由は健保制度で気軽に行けるようになった事と医師の所得が減ったからと思います
健保制度の為に医師の所得が相対的に減ったと思います 所得が頭打ちになったのでしょう

5.世界の医師所得 比較
検索して見ましたら先進国中 最下位でした 医師は不満タラタラでしょうね? それで薬の投与が
増えたと思います 薬投与すれば健保も払うしか無いでしょう(医師には技術料が入る)
その後 適量の 2倍以上処方する時は 理由書が必要になり 最近は多種の薬を飲ますようです

6.老後における薬の副作用(若い時に服用した薬はどうなるのか?) 
大抵は体外に排泄されるようですが全部排泄されるかどうか解りません形を変えて残るかも~
長年薬服用された人の汗は薬臭いと言われます これは汗と共に薬が出て来る現象でしょう
肝臓はこのような不純物を排除する重要な働きをしますが遺伝情報から2万5千種しか分解出来ない
そうで随分多いと思うかも知れませんが人類が今迄に作った合成物質は300万種です(教育TV)

7. 薬 老後の影響
私自身は 「薬一錠 飲んだら 寿命が1分 縮むか 老後の寝た切りが1分伸びる」 と考えてます
幼馴染みは長年7種飲み続け副作用で手足が麻痺し→車椅子→寝た切り→ついに亡くなりました
もう一人は 若い時の結核治療後 徐々に難聴に 補聴器無しでは対話出来ず
後に脳血栓が発見され抑える為に 8種飲み続け副作用と見られる症状が少なくとも3件解ってます
しかし最近ボケてしまいました これも副作用なのか解りません

だから医師は家族に薬 飲ませないのでしょう 本人も飲まないでしょうし薬剤師も同様でしょう
(薬剤師に付いては情報持ってません あったら教えて下さい)

8, 薬の情報 検索(医師が患者に処方する時に決定する情報)
効能 副作用 相互作用 使用上の注意 併用注意 等あります

 「薬名 添付文書」 で検索 (薬事法による文書 言わば医師の手の内)

別サイトで偶々知った大変な情報で「医師も知られたくない事が~」とありました。

No title

まうんてんごりらさん、

薬と病気についてわかりやすくまとめてくださってありがとうございます。

>「病原体によるものと栄養不良&栄養過多」位です。
私もそう思います。
論文を読むと
>「 ~と考えられている」
という表現が多いですよね。

昭和40年~50年の10年間で金額にして10倍ですか、
今はもっと多いでしょうね、何十倍になっていることやら。

健康保険制度も問題だと思います。
薬を売らなければ儲からない制度もおかしいですよね。

>私自身は 薬一錠 飲んだら 寿命が1分縮むか 老後の寝た切りが1分伸びる と考えてます
そうかもしれませんね。

  • 2015/08/18 (Tue) 13:31
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017/04/07 (Fri) 18:03
  • #

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。