スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちっともこりないでまだやってる、「ほとんど麻薬」の売込みを・・・

hqdefault[1]
(名駅笹島交差点でおきた自動車暴走による殺人未遂事件、
向精神薬など処方薬が使われていた可能性は大きいと思います、
徹底的に調べてほしいですね)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

headimg_00[1]
「うつのいたみ」の「サインバルタ」のCMは
苦情が殺到したせいか、中止になったそうです。


img_509499_9981994_0[1]
「リリカ」のCMはまだやってますが、これはしつこいですね。


これでもまだ足りないのか、今朝の朝日新聞では、
糖尿病の痛みに、リリカ、サインバルタを使えと・・・
朝日新聞が先頭に立ってキャンペーンをやっているんです。
「放置すると命の危険」なんていうフレーズは、ほとんど脅しでしょう。

=================================引用はじめ

糖尿病の痛み、薬で緩和 
血糖値の管理はしっかりと 
放置すると命の危険


2014022500004_2[1]

==============================引用終わり

本文を引用するのもスペースの無駄なので、しませんが、

こんな子供だましのキャンペーン記事を出すなんて、朝日も地に落ちたものです。


サインバルタについては、こちらのブログ記事を見てください

キチガイ医の素人的処方箋
http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-108.html
==============================引用はじめ(抜粋)
そしてもう一つ、これ以上に恐ろしい話が舞い込んできている。それは海外でのサインバルタの糖尿病性神経障害に対する承認の通過である。これはジプレキサの話以上に恐ろしく、かつ一般人が逃げにくい話である。ジプレキサにしてもサインバルタにしても、各国で承認が得られている現状であるが、よく海外も承認したものだ。海外であればその反対運動もかなり過激に行われていると推測されるが、日本にはまだ情報がほとんど流れてこない。直接の通信手段がない自分が悲しい限りである。

話を戻して、どうしてサインバルタが恐ろしいか、この薬は製薬会社が認めている副作用率90.2%という、精神薬の中では最も副作用が出やすい薬である。そしてSNRIという種類の薬だが、SSRIも含めて多数の抗うつ薬による自殺や他害行為、依存や禁断症状による苦痛は、各地で報告されている。にもかかわらずこの薬を精神科ではなく内科の、しかもありふれた症状でも処方できるような承認をとった、このことはすさまじいことだ。要するに何の精神的に問題がない人でも、サインバルタを飲む可能性が飛躍的に高まり、全く理由もわからないまま自傷他害に至るケースが激増するということである。

事はそれだけにはとどまらない。もともと精神薬というのは代謝を狂わせる。ドーパミンやセロトニンやノルアドレナリン、もっといえばムスカリンアセチルコリンにも作用するので当然といえば当然である。最も有名なのはメジャートランキライザーによる糖尿病や体重増加などの発症だが、これは他の薬にも当然あるのである。そしてSNRIやSSRIでは動脈硬化リスクの上昇、血小板への影響に伴う出血リスクの増加などを示す論文もある。SSRIとは異なるが、三環型抗うつ薬などは心毒性が非常に強いことが知られている。要するにこういう危険と隣り合わせの薬が、糖尿病神経障害の治療薬として、内科から処方されるという危険性が激増したということだ。

ブプロピオンはウェルブトリンの名で抗うつ剤として、ザイバンの名で禁煙補助薬として北米で処方されている。サインバルタはエントリーブの商品名で「尿失禁薬」として承認され、売り出されているそうである。名前が違うだけで、すべて元は「抗うつ剤」。そんなことも知らず、サインバルタを飲んで困ったことが起きても糖尿内科などにはさっぱり事態はわかるまい。そして精神科に振られた患者は薬の問題ではなく精神がおかしいと一刀両断される。人類滅亡万歳。所詮「彼ら」の思うがまま、ニンゲンたちの自業自得。
=================================引用終わり

サインバルタは抗うつ剤でほとんど麻薬です。
これを糖尿病病の人に(うつの人にだって)処方することが、
どれほどひどい事か、子どもにだってわかります。

最近の、自分の痛みさえなくなれば、人に危害を加えてもいいという、
薬を飲んで事件を起こした人に対して、寛大というか・・・
医者も平気で黙認して、処方しているというか
そういうのは疑問を感じます。

 
リリカもそうです。
帯状疱疹の薬という事で少し調べてみたんですが、
こちらもほとんど麻薬です。
ひどい副作用、頭がおかしくなるそうです。
離脱症状も激しく、
この薬はおかしいと感じても、やめる事ができない人がいます。
リリカでも自動車事故を起こした人は、多いようです。


リリカは、激しい副作用の中でも、「太る」というのがあるんですね
脂肪が増えて文字通り太るというのもあるんですが、
むくみもあるようです。
二桁レベルで太るらしいです


目が見えづらくなったというのもあるようです。

リリカの副作用を調べてみると
【弱視、視覚異常、霧視、複視などの眼障害が 生じる可能性がある
腎不全】

まだ他にもたくさんありますよ。

むくみが出るということは腎臓がおかしくなっているということですよね
こんなの読まなくたって、リリカを飲めば腎臓病になるってわかります



これっておかしくないですか、
糖尿病で何が怖いって、目が見えにくくなったり、
腎臓が悪くなったりする事じゃなかったですか?

太る事も、むくむ事も、糖尿病の人にとっては、
とても危険な事ではなかったですか?

それだけじゃないです、
リリカによって、痴呆のようになったり、めまいがしたりするそうですが、
これも糖尿病の人にとって、怖い症状ではないですか?
骨が弱くなっているから、ころぶと大怪我になるのではなかったですか?



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私はすいぶんと・・・、このような薬に厳しい意見を書いています。
じゃあお前、糖尿病にならないのかと・・・そう問い詰められたら、
困っちゃいますよね。


問題は、やっぱり市販薬、処方薬です。
糖尿病になる薬はたくさんあります。
血行障害になる薬はたくさんあります。

血糖値が上がる薬は、有名なところでは、
ステロイド、向精神薬、抗精神病薬、ピルなどのホルモン剤、血圧を下げる薬!!
一部、サプリや、栄養剤など・・・
低血糖をおこす薬を合わせると、
ほとんどすべての薬を疑った方がいいと思います。

血の巡りが悪くなる薬、身体が冷える薬は、なんと!!
ほとんど全部の、化学合成された薬、血糖値を下げる薬も!!
市販薬、処方薬、すべてです!!

ですから私は、一切の薬を使わないようにしています。
1つの実験かもしれませんが(笑)
ま、やってます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。