スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今人気の喘息吸入薬、説明書を読んでいたら、スキージャンプのメダリスト竹内択さんがかかった難病、チャーグ・ストラウス症候群の原因が、ステロイドの離脱症状であることが、はっきり書いてありました。

BgtCSQCIIAEpuUF[1]


ちまたでは、喘息の吸入薬に、副作用はない、
(あってもカンジダぐらい)といわれていますが。
今朝2月27日の朝日新聞にこんな記事がありました。

===============================引用はじめ
子どもの吸入ステロイド薬、
慎重に 身長伸び抑える恐れ


2014年2月27日


 日本小児アレルギー学会は、子どもの気管支ぜんそくの治療で広く使われている吸入ステロイド薬を、より慎重に使うよう注意喚起する声明を出した。副作用で子どもの身長の伸びを抑える可能性が、海外で報告されたためだ。ただ、治療の効果は大きいため、病状をこまめに調べて、使うのは必要最少量にすることを求めている。

 15歳以下の小児ぜんそくは、20人に1人程度いるとされている。発症するのは0~1歳の乳幼児が多い。ダニなどへのアレルギー反応で気管支に炎症が起こるのが原因だ。発作が治まった後も炎症が続くため、発作の防止には治療を長期間続ける必要がある。

 よく使われるのが吸入タイプのステロイド薬。しかし、子どもの身長の伸びが抑制され、その影響は成人した後も続くという報告が、3年ほど前から米国で相次いだ。患者約950人の調査では、5~13歳から吸入ステロイド治療を4~6年間受けた患者は、この薬を使わなかった患者と比べて、成人後の身長が平均1・2センチ低かったという。

 こうした報告を踏まえ、同学会は25日に見解を示した。見解では、身長の伸びに最も影響を受けやすいとされる乳幼児は、軽症ならばステロイド以外の薬を最初に使うと指摘。のどが週1回以上ゼーゼーするなど中等症以上の場合は、年齢にかかわらず吸入ステロイドを最初に使うことが適切とした。体格に応じた使用量の基準がないため、少量から始めて効果を見極めていくことを勧めている。

 ステロイドの大量使用には、骨の成長を阻害するなどの副作用があることはわかっていた。これまでは、吸入タイプは気道や肺など限られた部分にしか薬が届かないことなどから、副作用は少ないと考えられてきた。また、身長の伸びが一時的に抑えられても、成人になれば差はなくなると考えられてきた。

 見解をまとめた同学会の浜崎雄平・ガイドライン委員会長(佐賀大教授)は「吸入ステロイドは小児ぜんそく治療の根幹をなす薬。患者や保護者は自己判断で減量や中止をせず、担当の医師と相談してほしい」と話す。(大岩ゆり)

================================引用終わり

そんなもん、副作用があるに決まっているじゃないですか。



ここにアドエアというステロイド入り喘息吸入薬の
説明書からのコピーを貼ります。

これは数年前に発売された新しい薬で、
ステロイドの単体ではなく、
気管支拡張剤も入っているものですが
幼児から年寄りまで、
最も多く使われている人気の吸入薬らしいです。

次々と発売される吸入薬はステロイドと気管支拡張剤もの合剤が多いみたいなので
あえて、アドエアの説明書を引用しました。

(副作用の項は割愛しました)

===========================引用はじめ(抜粋)

【使用上の注意】
1.慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
(1) 感染症の患者[ステロイドの作用により症状を増悪するおそ
れがある]
(2) 甲状腺機能亢進症の患者[甲状腺ホルモンの分泌促進により
症状を増悪するおそれがある]
(3) 高血圧の患者[α及びβ1作用により血圧上昇を起こすおそ
れがある]
(4) 心疾患の患者[β1作用により症状を増悪するおそれがある]
(5) 糖尿病の患者[グリコーゲン分解作用及びステロイドの作用
により症状を増悪するおそれがある]

2.重要な基本的注意
(1) 本剤は既に起きている気管支喘息の発作又は慢性閉塞性肺
疾患の増悪を速やかに軽減する薬剤ではないので、毎日規
則正しく使用すること。
(2) 本剤の投与開始前には、患者の喘息症状を比較的安定な状
態にしておくこと。特に、喘息発作重積状態又は喘息の急
激な悪化状態のときには原則として本剤は投与しないこと。
(3) 気管支粘液の分泌が著しい患者では、本剤の肺内での作用
を確実にするため、本剤の投与開始に先立って、分泌があ
る程度減少するまで他剤を使用すること。
(4) 過度に使用を続けた場合、サルメテロールのβ1作用により
不整脈、場合により心停止を起こすおそれがあるので、使
用が過度にならないよう注意すること。
(5) 喘息患者において、本剤の投与期間中に発現する急性の発
作に対しては、短時間作動型吸入β2刺激剤等の他の適切な
薬剤を使用するよう患者、保護者又はそれに代わり得る適
切な者に注意を与えること。
また、その薬剤の使用量が増加したり、あるいは効果が十
分でなくなってきた場合には、喘息の管理が十分でないこ
とが考えられるので、可及的速やかに医療機関を受診し医
師の治療を求めるよう患者、保護者又はそれに代わり得る
適切な者に注意を与えること。
そのような状態では患者の生命が脅かされる可能性がある
ので、患者の症状に応じてステロイド療法の強化(本剤のよ
り高用量製剤への変更等)を考慮すること。
(6) 喘息患者及び慢性閉塞性肺疾患患者において、感染を伴う
症状の増悪がみられた場合には、ステロイド療法の強化と
感染症の治療を考慮すること。
(7) 本剤の投与を突然中止すると喘息の急激な悪化を起こすこ
とがあるので、投与を中止する場合には患者の喘息症状を
観察しながら徐々に減量していくこと。
なお、慢性閉塞性肺疾患患者においても、投与中止により
症状が悪化するおそれがあるので、観察を十分に行うこと。
(8) 全身性ステロイド剤と比較し可能性は低いが、吸入ステロ
イド剤の投与により全身性の作用(クッシング症候群、クッ
シング様症状、副腎皮質機能抑制、小児の成長遅延、骨密
度の低下、白内障、緑内障を含む)が発現する可能性がある

ので、吸入ステロイド剤の投与量は患者毎に喘息をコント
ロールできる最少用量に調節すること。特に長期間、大量
投与の場合には定期的に検査を行い、全身性の作用が認め
られた場合には患者の喘息症状を観察しながら徐々に減量
するなど適切な処置を行うこと。
(9) 全身性ステロイド剤の減量は本剤の投与開始後症状の安定
をみて徐々に行うこと。減量にあたっては一般のステロイ
ド剤の減量法に準ずる。
(10) 長期又は大量の全身性ステロイド療法を受けている患者で
は副腎皮質機能不全が考えられるので、全身性ステロイド
剤の減量中並びに離脱後も副腎皮質機能検査を行い、外傷、
手術、重症感染症等の侵襲には十分に注意を払うこと。また、
必要があれば一時的に全身性ステロイド剤の増量を行うこ
と。
(11) 喘息患者において本剤を含む吸入ステロイド剤投与後に、
潜在していた基礎疾患であるChurg-Strauss症候群にみられる
好酸球増多症がまれにあらわれることがある。この症状は
通常、全身性ステロイド剤の減量並びに離脱に伴って発現
しており、本剤との直接的な因果関係は確立されていない。
本剤の投与期間中は、好酸球数の推移や、他のChurg-Strauss
症候群症状(しびれ、発熱、関節痛、肺の浸潤等の血管炎症
状等)に注意すること。

(12) 全身性ステロイド剤の減量並びに離脱に伴って、鼻炎、湿疹、
蕁麻疹、眩暈、動悸、倦怠感、顔のほてり、結膜炎等の症
状が発現・増悪することがある(このような症状があらわれ
た場合には適切な処置を行うこと)。
(13) リトナビルとの併用により全身性のステロイド作用(クッシ
ング症候群、副腎皮質機能抑制等)が発現したとの報告があ
るので、併用する場合には注意すること(「相互作用」の項参
照)。
(14) 本剤は患者の喘息症状に応じて最適な用量を選択する必要
があるため、本剤の投与期間中は患者を定期的に診察する
こと。
(15) 慢性閉塞性肺疾患患者を対象とした国内臨床試験及び海外
臨床試験において肺炎が報告された。一般に肺炎の発現リ
スクが高いと考えられる患者へ本剤を投与する場合には注
意すること。また、肺炎と慢性閉塞性肺疾患の増悪は共通
の臨床症状を呈することがあるので、慢性閉塞性肺疾患の
増悪が疑われる場合には肺炎の可能性についても十分に考
慮し、適切な処置を行うこと。(「重大な副作用3)」、「その
他の注意(2)」の項参照)
========================引用終わり(強調は管理人)

↑↑これ、よーくみてくださいよ、
チャーグストラウス症候群について書いてありますよね、
わざとわかりにくく書いてあるようですが・・・!!

あのスキージャンプのメダリスト竹内択さんが罹った難病、
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-date-20140219.html
チャーグ・ストラウス症候群は、
喘息や、鼻炎のステロイドの離脱症状である事が、間違いないということは、
こんなところにはっきり書いてありましたよ!!

「本剤との直接的な因果関係は確立されていない。」
とか書いてありますが、ほとんど黒に近い灰色だから、
わざわざ書いてあるんじゃないでしょうか?

チャーグ・ストラウス症候群は、喘息と鼻炎の人がかかるそうで、
アトピーの人は、かからないらしいので、
吸入薬(呼吸器系の粘膜)が関係しているとも、十分考えられると思います。


(普通、ステロイドは、角質層のある皮膚より、弱った粘膜のほうが
吸収というか浸透性がよいと考えるんですが、いかがでしょう?)




とにかく、
注意事項だけをコピーしてみたんですが、
ものすごく多いですよね。

たしかに、これだけの注意事項を忠実に守っていれば、
副作用は防げるのかもしれません。
しかしそういう意味で副作用はないというのなら、
どの薬にも1つも副作用はありえないといえるでしょう。


注意する事とか、適切な処置をする事とか書いてあっても、
具体的にどうすればいいのか、これではまったくわかりませんよね。
量が多すぎてもダメ、急に減らすのもダメ、
ものすごく神経質につかわないと、
死んじゃうかもよ、難病になっちゃうかもよ、みたいな・・・

これだけの注意事項を、患者や保護者に説明している医者がいるものでしょうか?
説明されたとして、不都合が出たらどうするのかと、
我が事と理解できる人がいるものでしょうか?

いや、医者自身もすべて正しく、理解しているでしょうか?
患者からこの注意事項に書いてあるような質問が来たらどうするんでしょうか
「先生、チャーグストラウス症候群になりました、どうしたらいいでしょうか?」
・・・みたいな。


img43db2eb4zik3zj[1]
(アドエアのパケって、すんごいごみが出るんだって)


ステロイドの副作用、離脱症状でよくある症状の1つは、
炎症を起こすんです。

アトピーでは、皮膚に炎症が起きたり、むくみが出たりします。
うちの長男クンは、毛穴が腫れました。
鳥肌というのがあるでしょう、一つ一つの毛穴が、
鳥肌の5倍ぐらいに腫れたんです。
まるで・・・ゾンビです。

ステロイドの副作用には、
消化管の炎症、潰瘍というのもあるんですね。

チャーグ・ストラウス症候群は血管が炎症を起こすと
アドエアの説明書にも書いてありますよね。



いいですよ、毛穴や消化管が炎症を起こすのは。
どんなに痛かろうが、苦しかろうが
2~3日ほったらかしていても、死にませんから。

気管が腫れたらそうはいかないでしょうね。

私はそれを承知で使っている人に、やめろとはいいません。


しかし、例えば子どもの虫刺されやかゆみに、
ステロイド(ムヒαとか)使わないでほしいのです。

風邪に、ステロイドをつかわないでほしいです。
風邪にステロイドを処方する医者は多いらしいですから、
処方された薬をよくしらべてください。

化粧品かぶれにフルコートとか手を出さないでほしいです。

ステロイドには副作用がありますよと言う人を、
攻撃しても、何の解決にもなりません。




はじめはちょっとしたアトピーや湿疹でも、
ステロイドを使えば、
ステロイド皮膚炎になって、
ステロイドをたくさん使うようになります。

ステロイドをたくさん使えば、
いろんなところに炎症を起こす確率が高くなります。

その炎症を抑えるために、さらに使えば、炎症がさらにひどくなります。

それで、ステロイドの危険に気がついて、脱ステして、
その後喘息になった人もいます。

喘息から、ステロイドの減量で、難病になった人もいるのです。

使えば使うほど、ますますやめられなくなります。

そういう意味では、麻薬のような薬(悪魔じゃないですよ!!
ステロイドには悪意はありませんから)といえるからです。


ステロイド吸入薬の危険性はこちら↓にまとめてあります。
ぜひ読んでください。
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-407.html
スポンサーサイト

コメント

初めまして。

①大変興味深い記事でした。
主人は約40年酷い喘息を患っていましたから、人事とは思えません。
また、薬に対する考えが私と似ていますので、共感しました。
喘息は病院に行かずに薬を使用せず独特の体質改善で約8年かけて完治しました。貴女がおっしゃっているように薬は抑え込むだけですものね。
羽生選手の息遣いを見て、かつて自分がしていた呼吸だと言っていました。羽生選手のブログ記事も資料も大変参考になりました。
ありがとうございます。

②プラセンタはステロイドと同類ですが、今はそのような批判的な資料がインターネットでなかなか見当たりません。
もしご存知でしたら教えてくださいね。

また訪問させていただきます☆

  • 2014/03/01 (Sat) 00:34
  • オーリングマクロビオティック #-
  • URL
No title

オーリングマクロビオティック さん、

ありがとうございます。
ご主人様、体質改善で完治されたんですね、
素晴らしいです。

プラセンタについてですが、
当ブログでも、胎盤エキス(臍帯エキス)として、とり上げたんですが、
どうも、産院から胎盤を回収して、冷凍してとか、ミンチにして・・・
みたいな事をやっているらしいですよ。

ホルモンがどうこう言う前に、
基本的な衛生上の問題とか、倫理的な問題とか、
そっちのほうが問題だと思っています。
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

馬や豚ならいいというものではないと思いますし・・・

  • 2014/03/01 (Sat) 09:31
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/03/01 (Sat) 22:41
  • #
No title

上の方、

アルファのほうは、ステロイドはいっているようです。

スズメバチの焼酎漬けが蚊に刺されたときのぬり薬になるんですか。
昔の人の知恵って、馬鹿にできないですね。

  • 2014/03/02 (Sun) 09:52
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
ありがとうございます!

http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-119.htmlを拝見しました。とても勉強になりました。

三一書房のあの2冊、20年以上前に私も購入しています。いろいろ書いてありますよね。すっかり忘れていました。

馬や豚の胎盤も同様ですね。
基本的な衛生上の問題、倫理的な問題、プラセンタの人体に与える悪影響、全てを考えてもやはりよくないですよね。

平成6年3月25日朝日新聞に『胎児ベッド 化粧品に育毛剤に胎盤が使われている そう、知らないうちに』に貴女がおっしゃっていることが記載されています。

胎盤は廃棄される限りでは医療廃棄物ですが、再利用となると有用物となるようです。でも、同意が必要か否かについては厚生省(現・厚生労働省)は明言を避けていると書かれていました。

今日のステロイド記事も同感です。主人もこの離脱で相当苦しめられました。

  • 2014/03/02 (Sun) 10:58
  • オーリングマクロビオティック #-
  • URL
No title

オーリングマクロビオティック さん、

朝日新聞の
>『胎児ベッド 化粧品に育毛剤に胎盤が使われている そう、知らないうちに』
なんだか、内容がわかるような気がします。
厚労省は20年も、明言を避けたままなんですかねW。

貴女もお詳しいですね。

  • 2014/03/02 (Sun) 11:25
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
はじめまして

はじめまして。まさしく今、私が直面していることにリンクしていてコメせずにはいられませんでした。
じつは三日前に急性喘息発作がでて救急車で運ばれました。このまま死ぬのか、、と恐ろしく初めて喘息の恐ろしさをしりました。
もともとアトピー体質で12年前に脱ステロイドを試みて壮絶な数ヶ月を過ごし無事に脱することができて、それ以来ステロイドとは無縁の生活を送ってきました。
数年前から時折喘息の音が聞こえるようになり、去年からひどくなりアドエアを吸引はじめました。ステロイドとわかっていたのですが、シングルで育児をしているのでわたしが倒れては、、とついつい手を出してしまったのが、今思うと後悔の火種です。
入院三日目ですが、ステロイドの点滴をしています。呼吸困難は見事になくなりましたが、ステロイド独特の身体のだるさがあります。
正直、今、とても怖いんです。
せっかくあんな苦しみを抜けてステロイドから脱したのに、こんどは命に関わる部分にステロイドを投与してしまい、これから、わたしは無事にステロイドから脱して、喘息を完治できるのだろうか、、、
子供と健やかな人生を送りたいのです、、。
ホメオパシーを勉強中で同時に薬草なども使っていますが、余計に咳が激しくなり(排出作用なので当たり前ですが、、)同時進行の難しさも感じています。
すみません。どこにも吐き出せず長々とかいてしまいました、、。

  • 2014/04/29 (Tue) 21:03
  • アルケミラ #.kbl62y.
  • URL
No title

アルケミラさん、

私としては、役に立つお返事は書けませんが、
愚痴ぐらいは、いつでもコメントしてください。


>子供と健やかな人生を送りたいのです、、。
お気持ちはわかるつもりです。

子どもさんはお母さんの後姿を、みていると思います。

できれば・・・症状が落ち着かれてからできれば、でいいのですが、

ステロイドの危険性を、広く若い人たちに伝えていってほしいです。

  • 2014/04/30 (Wed) 08:47
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

ありがとうございましたm(_ _)m

こうやって吐き出させて頂けるだけでほっとします。
退院して一週間が経ちました。ステロイド服用もやめましたので、再び脱ステの症状が始まりました。顔中が赤く腫れパンパンです。
でも、やるしかないですね!
ステロイドに頼る人生なんてまっぴらです。

無事脱ステできたら、またコメントさせてください。

ブログ更新楽しみにしています。

  • 2014/05/11 (Sun) 00:00
  • アルケミラ #-
  • URL
No title

アルケミラさん、

脱ステの方向で行かれるんですね。
大変だろうと思いますが、
くれぐれも無理をしないでくださいね。

  • 2014/05/11 (Sun) 09:02
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。