昨日の紙面より

健康診断の基準が緩和されるそうです。
いまさらという感じですが、しぶしぶですかね。

ネット上で具体的な数字がでていないかと調べたんですが、
人間ドック学会のHPを見ても、名簿だか会議のスケジュールみたいなものばかりで
肝心な事は何も書いてないし、
運用は来年の4月からだそうですよ!!

今月からやれよ!!と思うんですが。

皆さん、
約束を反故にされないように、ちゃんと覚えておきましょう。

それにしてもコレステロールなんて、今までのがなんだったのというぐらい
すごい緩和してますよね!!

=================================引用はじめ

健康」基準、緩めます 
血圧・肥満度など、学会見直し


朝日新聞デジタル 4月5日(土)20時41分配信
「健康」基準、緩めます 血圧・肥満度など、学会見直し


 日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は4日、血圧や肥満度などについて、健康診断や人間ドックで「異常なし」とする値を緩めると発表した。国内で人間ドックを受けた人の値を調べたところ、血圧やコレステロールの値がこれまでの基準より高くても「健康」だった。学会は新基準を6月に正式に決め、来年4月から運用する予定。

 学会は2011年に人間ドックを受けた約150万人のうち、たばこを吸わずに持病がないなどの条件を満たす約34万人を「健康な人」とした。そこから5万人を抽出して27の検査項目の値をみた。

 その結果、従来は130未満を「異常なし」としていた収縮期血圧は、147でも健康だった。85未満が「異常なし」だった拡張期血圧も94で健康だった。


健康診断の新たな基準範囲

2014040500003_1[1]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


次・・・

ステロイドの被害についてです、
実はワタクシ、この事件をぜーんぜん知りませんでした。
朝日新聞(名古屋版)には、ほとんど書いてありません。

読売新聞のネット記事が詳しかったので、そちらを引用しておきます

===========================引用はじめ
漢方ステロイドで院長、説明会で謝罪

2014年04月05日

 横浜市都筑区の「山口医院」が、「最強」クラスのステロイド入り塗り薬をステロイドが入っていない「漢方クリーム」として患者に処方していた問題で、同医院は4日、初めて患者説明会を開き、山口了三院長が「ステロイドが入っていたとは知らなかった。申し訳ありません」と謝罪した。

 会場には、600人以上の患者や家族が詰めかけ、一時は怒号が飛び交った。

 説明会の開始予定時刻だった午後2時、会場の横浜市都筑公会堂ホール(座席数604席)は満員に。それでも外に約100人の患者らが押し寄せ、入れなかった人たちが、立ち入りを拒んだ医院の弁護士に詰め寄り、そのまま会場に入った。説明会は30分遅れで開始。質疑応答では、「きちんと説明しろ」などと大声も上がった。

 混入していたステロイドは、国民生活センターの調査で「最強」クラスに分類されるプロピオン酸クロベタゾールと判明している。

 山口院長は、医院で漢方相談を担当していた50歳代の中国人女性に、中国の製造工場との取引を任せていたと説明したが、弁護士が調査したところ、この工場は実在しなかった。

 弁護士によると、クリームは1998年頃から処方し始めたが、ステロイドがいつ頃から混入したかは不明という。医院が取り急ぎ、昨年1年間に処方した患者数を調べたところ、少なくとも1600人いたことが判明。医院は売り上げの大部分をこの女性の給料などに充てていた。

 医院は代金を返済する意向だが、総額で3億円以上になるため資金が足りず、医院の破産や民事再生法の適用を検討しているという。説明会に参加した相模原市の女性(37)は「(院長の説明は)中国人女性に全ての責任を押しつけた印象だった。誠意は見られなかった」と憤っていた。


弁護団、きょうから無料電話相談実施


 横浜弁護士会の有志でつくる「神奈川医療問題弁護団」は5~6日、患者を対象にした弁護士による無料電話相談(045・681・8686)を実施する。患者数や副作用の実態などを把握し、被害救済につなげることが目的。電話相談は両日とも午前10時~午後4時。弁護団は「自己決定権を侵害された患者の声を集約して救済したい」としている。


「早く教えてくれれば…」


 「『漢方薬』と言われて安心していた。早く教えてくれれば、すぐに使うのを中止できたのに……。説明不足で、患者を考えていない証拠だ」

 長女(1)と自分の湿疹に悩む東京都中野区の主婦(36)は、山口医院の対応に不満を募らせている。

 来院のきっかけは、人気女性タレントのブログだった。「いくつかの病院に通って治らなかったのが、漢方の塗り薬で治りました」。このブログを見てタレントの所属事務所に問い合わせると、山口医院の連絡先を教えてくれたという。

 昨年6月に長女を連れて受診。山口院長に2種類の「漢方クリーム」(5グラム、各4000円)を処方され、計3個購入した。ファクスでクリームを手軽に購入できる注文方法も紹介され、これまでに9個を買った。保険の適用外だが効き目は抜群で、2人とも湿疹が治まったという。

 さらにクリームを購入しようと、昨年12月に問い合わせると、「クリームが入荷できていない」と言われた。同じ回答が続き、不審に思ってインターネットで調べると、ステロイド混入の疑いがあることを知った。

 すぐに使用をやめたが、2人とも湿疹がぶり返した。主婦は「ステロイドを使わない治療法と信じていたのに。副作用がないか心配」と表情を曇らせる。


(2014年4月5日 読売新聞)
=================================引用終わり

こちらは被害者の方たちの、ブログです。
pyonkoringの日記
居てもたっても居られなくとりあえずブログを開設してみました。 正義は勝つのだっ。
http://pyonkoring.hatenablog.com/entry/2014/02/28/120402

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


被害者の方たちの、くやしいお気持ちは、お察しします。
もちろん院長や、中国人女性のにせ医者が悪いに決まっています。

でも”お金を払いさえすれば、健康が手に入る”なんて
もう思わないことです。
誰かが親切に治してくれるなんて思わないことです。

そんな都合の良い話は、ありません。

アトピー性皮膚炎、あるいはアレルギーと名はついていますが、
ステロイド皮膚炎です。

赤ちゃんの体の中にある、環境ホルモンなどの化学物質が
皮膚から排出されるために、湿疹が出ます。

その湿疹にステロイドなどの薬を塗ってしまうために、
ホルモン剤が身体に蓄積し、
炎症がひどくなりステロイド皮膚炎になるのです。

ひどくなったステロイド皮膚炎は、
今まで使っていたステロイドより強い薬で押さえ込んでいくか、
脱ステをするかの、二者択一しかありません。

比較的作用の穏やかな、本当の漢方や、古典的な塗り薬は、
気休め程度にしかなりません。

本当に治したいと思ったら、体の中の化学物質が、排出され尽くすまで、
我慢するしかないのです。

私はこの事件を知って、松井○代が息子さんのアトピーが
漢方で治ったと、テレビなんかで散々吹聴していたのを思い出しました。
怪しかったと思いますよ、バラクリームとやらも・・・

タレントがステマやっていたなんて・・・
いいかげん利口になりましょう。

中国人の女医とかいう人が、本国へ帰ってしまったら、
どうしようもないじゃないですか。
こういった場合、外国人が当てになりますか?
スポンサーサイト

コメント

おばあさん医師

うちの息子が乳児湿疹がひどくて、当時住んでいたド田舎の皮膚科を受診しました

そこはおばあさん医師が週4日、午前中だけ勤務していました

「母乳で育てているね~、あなたの血が汚いから、この子の皮膚が傷んでしまったんだよ」

「無添加・無香料の石鹸を泡立てて、その泡でなでて洗って、後はワセリンを薄く塗って様子を見ましょう」

「添加物・化学物質を一切食べないということは、今の世の中難しいが、しばらくご飯と味噌汁とお浸しと納豆と豆腐とめざしで暮らしてごらんなさい、飲み物も白湯だけね」

新手の宗教?と思ったのですが、とりあえず何か売るわけでもなく、他に何かさせるわけでもないので、言う通りにしました

でもすぐに息子はよくなりました

「何でもアトピー性皮膚炎にしたがるけど、大多数は親子共々化学物質に負けてしまっただけなんだよ、正しい生活をしたらよくなる場合が多いよ」

それはおばあさん医師の持論なので、全ての人には当てはまらないのですが、ステロイドに行く前に試してみる価値はありました

  • 2014/04/06 (Sun) 18:02
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

>あなたの血が汚いから、この子の皮膚が傷んでしまったんだよ・・・・

この言葉、ちょっときついような感じもしますが、
でも、この先生の言うとおりなのでしょうね。

黙ってステロイドを出されるより、どれほど良心的でしょうか。
今は何でもスピード時代なんで、こういう悠長な事を言っていると、
なかなか患者さんに来てもらえないかもしれません

  • 2014/04/06 (Sun) 19:25
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/04/08 (Tue) 15:33
  • #
No title

上の方、

テレビでやっていましたか、
最強レベルのステロイドだそうで、
子どもさんもかわいそうですね。

今はビオレですか・・・(苦笑)
私が子どもを生んだときは、
ミルトン(消毒剤)にアルファケリー(入浴剤)勧められました。
今も昔もあまり変わらないみたいですね

  • 2014/04/08 (Tue) 21:02
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する