スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤嚥性肺炎の背景に、間質性肺炎があるのでは?

20140414-00000006-spnannex-000-0-view[1]
(痩せ型のように見受けられる周さんに、
糖尿病であるというレッテルを貼る事は、必要だったでしょうか?
だいたいにおいて検査の基準値、正常値というもの自体が、
製薬会社の思いつきで、決められているものなんですが・・・)



周富徳さんがお亡くなりになりました。
私にとってはどうでもいい話なんですけれど、

この見出し↓にはおどろきましたね。

====================================引用はじめ
周富徳さん 最期は医師から
食事をすることも禁止されていた


NEWS ポストセブン 4月18日(金)7時6分配信


『料理の鉄人』(フジテレビ系)、『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)などに出演し、“炎の料理人”としてお茶の間の人気者だった周富徳さん(享年71)が、4月8日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため、この世を去った。

「料理番組のバラエティー化があって、ぼくは本来料理人だけど楽しんでやっている。今の社会が“おいしい”だけではなく、楽しみを求めてるんですよ」

 生前、周さん本人もインタビューでそう語っていたように、中華鍋に乗ってゲレンデを滑降するといった、番組制作側の無理な注文にも嫌な顔ひとつせず応じたという。

 ここ数年はメディアへの出演は減ったが、自分の店で月1回料理教室を開くなど、精力的に活動していた。しかし、昨年8月、突然の病が周さんを襲う。持病だった糖尿病に加え、肺炎を発症し、その後は入退院を繰り返していた。

 肺が弱って体力も落ち、自力でのみ込むことができないため、医師からは食事をすることも禁止された。料理を生業にしてきた周さんにとって、食事を許されないことは相当な苦痛だったに違いない。

「点滴か、あるいは胃に穴を開けて直接入れる方法で栄養を摂っていました。許されたのは氷をなめることくらい。自分でも固形物がダメだとわかっていたので、せめてのどがうるおうものをと、“いちごが食べたい”と言っていました。でも、それを叶えてあげることもできませんでした」(息子の周志鴻(しこう)さん)

※女性セブン2014年5月1日号
=================================引用終わり

最近、有名人の訃報で、肺炎で亡くなったという人多いと思いませんか

みなさん何でがん治療を受けていて、肺炎で亡くなるのか

間質性肺炎という不治の肺炎です
要するに薬剤性肺炎です。
放射線肺炎です。

がん治療の抗がん剤や、放射線の副作用によって、不治の肺炎になって死ぬのです。


しかし、周富徳さんの場合は、がん治療を受けていたという情報は見当たりませんでした。

周さんの場合、何で医師から食事を摂ることを禁止されるほどの重い”肺炎”を、
糖尿病に併発したのか。
もっといえば”肺炎”がいつから”誤嚥性肺炎”に移行したのか。

自分で飲み込むこともできない、
アイスクリームや果物さえ食べさせてもらえないほどの”肺炎”とは、
いったいどういうものでしょうか。

・・・ということで、周さんが糖尿病に罹っていたということで、
糖尿病の薬が怪しいのではないかと思い、
調べてみたら、副作用、ばっちり書いてありました。

糖尿病の薬でも間質性肺炎になります!!
最近当ブログでも、
アクトスでがんになる、心不全になるということで記事にしましたが、
アクトスはばっちり間質性肺炎の副作用もあります!!

料理人にとって、氷しか食べさせてもらえないなんて、
拷問以外の何物でもないと思うんですが・・・


糖尿病の薬がこれほど凶悪とは・・・さすがの私も絶句ですわ。




ちなみに、周さんのお店は名古屋にもあって、
私はランチタイムに行った事がありますが、
いいお店でしたよ。

1000円台でそれなりの味のランチが食べられるので、
普通の主婦でも、お財布を気にすることなく、気楽に入れます。
エビマヨで有名なんだそうですが、
エビ料理はおいしかったです。

あれだけマスコミで持ち上げておいて、
最近は、ドサ周りやってるとか、お店は全滅だとか、
ひどいことを言うものですね、マスコミって。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

周さんは脳梗塞をやったことがあるという情報もありました。


ちなみに私の母は、1年ほど前に脳出血と脳梗塞で
要介護5になり、特養でお世話になっています。

市民病院では、二言目には「誤嚥性肺炎で死にます」「誤嚥性肺炎で死にます」と、
耳にたこができるほど言われましたが、「だからなんなんだよーーーっ!!」
胃ろうはしないと言ってきました。


脳出血で倒れるまでは糖尿病の薬、血圧の薬、コレステロールの薬など
いろいろ飲んでましたが、市民病院を退院してからは、一切の薬をやめてもらいました。


特養では、ケーキを食べ、砂糖を入れたコーヒーや紅茶も飲んでいます。

妹が、「これ甘すぎない?」と言ったら、
母は、「いいやないか、おいしいんやで!!」
私は、「ごもっともでございます。どうぞお召し上がりください奥様」(笑)

当然ですが、血糖値検査なんてやってません。

母は今のところ調子がよく、新しい入れ歯を作り中で、
固形物も食べてもらう予定でいます。
母は次回は、要介護4に昇格するのではないかと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下はメモです。

先日、義父が間質性肺炎による呼吸不全でなくなってしまいました。
そもそもの入院のきっかけは肝臓の数値が高くなったことによる検査入院でした。その後退院というときになって高熱が出て、その後四回も誤嚥性肺炎を病院内で起こしてしまい、一度も退院することなくなくなってしまいました。入院当時の主治医の先生は内科担当の先生で肺炎を起こしてからも呼吸器科の先生が主治医になることは無かったようです。そもそも二年ほど前から間質性肺炎を患っていたらしくそのことは後で知りました。どこの病院でも最初に診てもらった先生が主治医になるのでしょうか?
途中で他の病気になっても専門の先生が主治医になることは無いのでしょうか?
いまさら言っても仕方が無いけれどもう少し何とかなったのではないかと悔やまれてなりません。
宜しくお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

がんの治療中になくなった
中村勘三郎さんも、誤嚥性肺炎で亡くなったといわれていますが、

間質性肺炎が
誤嚥性肺炎の背景にあるのではないかと、疑っちゃうわけです。

では、間質性肺炎の背景に何があるかというと、
抗がん剤や糖尿病の薬、他にも精神薬やステロイド
胃ろう、放射線というわけです。

つまり、たいした自覚症状もないのに、医者にかかったため、
重篤な副作用で、地獄の苦しみを味わい、
最期は・・・
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/04/19 (Sat) 22:31
  • #
No title

上の方、

おいしいですよね。
最近エビ高いんで安くなってほしいです
そして、頑張ってお店を続けてほしいですね~。

糖尿病の人はいきなりですか。

父は糖尿病の治療をしていて、
やっぱりいきなり呼吸ができなくなって亡くなったんです。

薬の間質性肺炎の副作用追加は、2011年だそうです。
もちろん知りませんでしたし、それを知っていたところで
私たちにはどうにもならなかったのでしょうが、釈然としない死でした。

情報ありがとうございました。

  • 2014/04/20 (Sun) 08:51
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
大橋巨泉氏も

中咽頭腫瘍で全身に転移しているが放射線治療だけで治した、と徹子の部屋に出演して告白したとか…

中咽頭腫瘍は血行転移もリンパ性転移も多く早く、頭蓋骨を壊しての脳への湿潤転移も多く、手術をするなら咽頭・喉頭・食道すべて摘出になる、悪性度も高くて怖い病気です

それが例の怪しい団体かどうかはわかりませんが、お金持ちのすることだから、健康保険範囲内の治療ではないと思います

それを「ま~よ~ございましたね~」なんて、徹子さんが持ち上げてしまっていたようです

予備知識ナシの人たちには放射線治療って効く、と洗脳になりますよね

闘病体験を語ることは良い面、悪い面の両刃の剣ですね

  • 2014/04/20 (Sun) 16:04
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

情報ありがとうございます。

お金持ちのおじいさんのがんは、
勝手にやってくださいという感じだったので(苦笑)、
詳しくは知らなかったのですが

今ざっくり、ニュース記事や、短い動画を再生しましたが、
以前に胃がんの治療を経験していて、
今回は大変珍しいがんで7箇所も転移があったんだそうですね、

放射線治療が終わったは、「地獄の苦しみ」で、
皆さんにはこの苦しみは味わってもらいたくないとも言ってました。

なかにしさんほどは言っていることに矛盾はないかもしれませんが、

私は、最初の胃がんの治療がどんなものであったか、気になります。

  • 2014/04/21 (Mon) 08:05
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。