スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型渡り鳥、尾羽根の異常が急増 

img_4[1]
(画像は、Nawshicaの自然とともに 、より)

がんの治し方を書いているところですが、
本日5月24日の朝日新聞に、こんな記事があったので引用します。
がんと栄養について、続きは次回です。

==============================引用はじめ
http://www.asahi.com/articles/ASG5N56HZG5NUGTB00V.html
小型渡り鳥、尾羽根の異常が急増 
2011年秋から


編集委員・上田俊英

2014年5月24日03時00分

 オオジュリンという小型の渡り鳥の尾の羽根に、2011年秋から、虫食い状に欠けていたり長さがふぞろいだったりする異常が広がっていることが、山階(やましな)鳥類研究所の調査で確認された。原因はわかっていないが、寄生生物や未知の感染症、東京電力福島第一原発事故で放出された放射性物質の影響などを可能性としてあげている。

 オオジュリンは生態や渡りの経路を知るため、いったん捕まえ、足輪をつけて放鳥する調査が1961年から各地で続けられている。調査チームによると、尾羽の異常は11年10月24日、新潟県の調査地で最初に確認された。このため、東北から九州まで14都県の17地点で緊急調査をした。

 すると、すべての調査地で異常が確認された。12年3月までに調べた5541羽のうち、13・8%にあたる767羽に同様の尾羽の異常がみつかった。異常をもつ鳥の97・3%は、11年に生まれた幼鳥だった。

 チームはこうした調査結果を昨年秋、日本鳥学会誌で報告。原因は「判断できなかった」としながら、全調査地で異常が確認されたことから、渡りの経路など共通して利用する地域の環境の変化が影響しているおそれを指摘した。可能性としては、①寄生生物②感染症③栄養不足④甲状腺異常⑤放射性物質の影響などが考えられるとした。

===============================引用終わり
ネット上ではここまでですが、
紙面の方には、

寄生生物に食べられた形跡はなく、
栄養不足も考えられない、感染症の症状とも合致しない。

欠損した尾羽を抜いたら同じ形の欠損した羽が生えてきた事から、
遺伝子やホルモンの異常が原因ではないかと分析されている。

また、12,13年のデータは集計中だが異常のある鳥の割合は減っていない。


チェルノブイリで、原発事故の影響で
ツバメの尾羽に異常がでたと言うのは有名な話で(数年前に、NHKでもやっていました)

white[1]



今回のオオジュリンの異常は、福島原発事故による放射線が原因である
といってもいいのではないでしょうか。

ネット上には、山科鳥類研究所の、オオジュリンの尾羽の画像がありましたが、
絶対に転載しないでくださいと書いてあったので、
よく似た事例の画像をお借りしました。

===========================引用はじめ(抜粋)
Nawshicaの自然とともに
http://blogs.yahoo.co.jp/nawshica/15869568.html
2013/11/26(火) 午後 11:53

11月2日~4日に和泉葛城山で鳥のバンディングを行いました。

(中略)

img_7[1]

またです。前日の鳥と同様、ポツポツと虫食い状の穴があいている羽があります。さらに中央尾羽は異常に長く、その羽毛の縁はぼろぼろになるような感じに虫食い状態になっていました。こういう長さの異常も福島原発事故以来オオジュリンでしばしば見られるものです。穴に関しては外部寄生虫によるものでは、という疑念もありましたが、長さ異常は外部寄生虫との関連はまず考えられませんので、遺伝子に異常がおこっている可能性も考えられます。

たった2羽しか捕獲できなかったクロジの2羽ともがこんな状態だったことはかなりショックでした。2羽とも今年生まれの若鳥でしたので、もしかしたら兄弟か、近い場所で生まれた若鳥なのかもしれません。

「福島原発は完全に Under Controle」と言い切った人は、この現実を見てどう考えるのでしょうか?

===========================引用終わり

私は、この、クロジという鳥がどのような行動をする鳥か知りませんが、
(和泉葛城山は、関西らしいですね)

日本全国でこのような鳥が見つかると言うのは、
日本中がチェルノブイリのようになっているとしか考えられません。

実際、私が住んでいるところは、名古屋より西ですが、
尻尾が、定規を当てて直角に折ったように曲がった、
トンボやトカゲを見ました。
3,11以降にウグイスの声もカッコウの声も聞いていません。

福島の現実は
鼻血が出たとかそんな、なまやさしい話ではないでしょう。
当然人間を含むすべての動物の内臓や脳が
こんな状態になっていると考えるのが普通だと思います。

野生動物の死亡率はわかりませんが、
DNAが損傷しているとなれば、
じわりじわりと死んでいく、あるいは子孫を残せないと言う事でしょう。

同じ地球の空気を吸い、水を飲んでいる生物はすべて
同じ運命です。

勝ち組はありません。

マイケル・ジャクソンも
スティーブ・ジョブズも
大企業の社長も、
アメリカ大統領も、
日本の総理大臣も、

みんなこの鳥と同じ、負け組みなんです。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/05/24 (Sat) 22:23
  • #
No title

上の方、

そうですよね
都会暮らしをしている人
田舎に住んでいても、利便性ばかりを追いかけている人、
にはわからないかもしれません。
自然に親しんでいると、よくわかります。

アンジー女優を辞めたとか聞きましたが、
そこまでとは・・・絶句
体の病気以前に、アタマの病気で逝っちゃってますね。

  • 2014/05/25 (Sun) 09:11
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。