牛乳を飲むと骨粗しょう症になると言う人に聞きたい、どうして、日本人力士が朝青龍や白鵬になかなか勝てないのかを

img_0[1]


牛乳について書いていましたが、
カルシウムとリンの関係についてお尋ねがありました。

2年ほど前にカルシウムとリンの関係についての記事を書きましたが、
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-25.html
もう一度新しく書き直してみたいと思います。


牛乳は毒という人たちは、
牛乳を飲むと、骨粗しょう症になると言います。

本当でしょうか。

その理由のひとつとして、牛乳にはリンが多いから、カルシウムの吸収を妨げると言います。
リンは不足することはなく、少ないほうがいいのは本当です。

女子栄養大学の食品成分表によりますと

リンの欠乏症状として

骨が弱くなる
骨折を起こしやすくなる
リンは日常食品中に充分含まれており、
欠乏したり不足したりすることはない
ただし、ビタミンDが不足すると利用率が低下し、
反対に摂取量が多すぎるとカルシウムの吸収を悪くする

ではおもな食品についてみてみると、

              カルシウム    リン
しらす干し           210    470
豆乳               15     49
こまつな            150     46
わかめ(水戻し)        130     47
普通牛乳            110     93
ヨーグルト(全脂無糖)     120    100   
チーズ(エダム)        660    470  
コーヒーホワイトナー      30    150

きはだまぐろ           5     290
ぶたロース            4     180                              
                    (100g あたり、単位mg)


(乳製品クンたちグッジョブ!!)

ここでちょっとコーヒーホワイトナーに目を留めていただきたいんですけれど、
カルシウムに対してリンがすごく多いでしょ、これは、添加物に問題があるんです。
食品添加物はリンが多いんです。リン酸塩、あるいは○○リン酸の表示のあるものはそれに当たります。
そういう表示はなくても結着剤、増量剤、乳化剤などとして入っていることもあります。
リンはあらゆる加工食品に添加されている可能性があります。
肉や魚はリンが多い上、加工品にすることによってさらに増えるんです。

牛乳のリンがカルシウムの吸収を妨げると言うのは、まったくの濡れ衣です。

もちろん植物でカルシウムを摂ってもいいのですが、
どの野菜でも良いというわけにはいきません。
大豆製品、トマトやピーマン、果物などには少なく、
こまつなや、だいこん葉、わかめといった、限られた葉物野菜あるいは海草にしか、
多くは含まれていませんから、
成分をよく確かめて食べる必要があります。

また、牛乳は毒だという人たちは、欧米人に骨粗しょう症が多いといいますが、
私が調べた限りでは、同じような環境条件による
牛乳をよく飲む人と、まったく飲まない人の、
骨密度の比較に関する、資料は見当たりませんでした。

かわりに出てきたのが、あのへんてこりんな、トンデモ御用学者の
佐藤章夫のグラフでした
乳がんのグラフにそっくり、佐藤さんはこういうの好きですね~(苦笑)

生活習慣病を予防する食事
http://www.eps1.comlink.ne.jp/~mayus/
3) 牛乳と骨粗鬆症
牛乳は予防にならないどころか骨粗鬆症をかえって助長する
と書いてあります。
しかしそれについての説明は見当たりません。
milkpicture7[1]
おかしいですよね、これ、
”骨粗しょう症”イコール”女性の大腿頚部骨折”ではないはずです。
それに佐藤章夫の”生活習慣病を予防する食事”には、

ヨーロッパ系白人の大腿骨頸部骨折がアジア人に比べて多いのは、股関節の形状が両人種で異なっているからである。ヨーロッパ人の大腿骨は股関節軸(頸部)が長いために解剖学的に折れやすい構造になっている。
と書いてあります。

それでもですよ、
大腿骨頚部骨折は、ほとんどがころんでしりもちをついて、骨折するらしいので、
ころばなければ、折れないわけです。

今はアメリカ人の骨折の20%ぐらいは、
ステロイドの副作用によるものという情報もあります。
昔のアメリカの映画やドラマでは、おばさんが気を失って倒れるシーンが、
よくありましたが、
精神安定剤やピルによる、ふらつきやめまいが原因しているかもしれません。

佐藤章夫はこのグラフは無意味だとわかっていて、
情報をかく乱するためにUPした可能性があります。

milkpicture8[1]
このグラフもですね、はっきりいって、
雪や氷で転んでけがをした人の数と言ってもいいのではないでしょうか(苦笑)

たんぱく質の多い食品でカルシウムの利用率について問題になるのは、
たんぱく質や脂肪より、リンの多さではないでしょうか。

しかしリンについて、ひとことも書いていないのは、
リンが加工食品の添加物としてじゃんじゃん使われているため、
大企業を敵に回す可能性があるからではないでしょうか。

リンは肉より魚に多く、へんてこな食事療法で儲けている人たちを、
敵に回す可能性もあります。

もしも動物性たんぱく質が、骨量に関係していたとしても、
それが牛乳が、骨粗しょう症を助長するという証明にはなりません。

北欧では日照量が少ないので、ビタミンDが不足しているかもしれません。
骨が丈夫になるには、運動によって負荷がかかることも必要なので、
気候条件が悪くて、運動不足になりやすい地域では骨がもろくなる可能性はあります。
寿命の長い国では、どこであっても年寄りの骨折が多くなるのは当然の話です。

また、パプアニューギニアや南アフリカ現地人の数値があって、
日本の数値がないのは、おかしいです、笑っちゃいます。

牛乳が骨粗しょう症を助長するという証明になっていません。
意味ないです。




牛乳は骨粗しょう症の原因だと言う人は
牛乳のカルシウムは、吸収率が良いので、血中濃度が高くなり、
骨のカルシウムが溶け出すと言いますが、

もしそうだするとサプリや、加工食品でカルシウムをたくさん摂ってしまうと、
危険だという事になりませんか?

ところが、
牛乳のカルシウムも、野菜や魚のカルシウムも、吸収率が同じだから、
牛乳を飲む必要がないといって、牛乳を叩いている人たちもいるんですね。

牛乳たたきをする人たちは、
カルシウムの吸収率は、大きかろうと少なかろうと関係なく、
それが牛乳だ、というだけで、牛乳イコール絶対悪なんでしょう。

酪農家は今は日本では弱い存在なので、
弱いものいじめをしているとしか思えません。

佐藤という人は、
糖質をたくさん摂れば摂るほど、糖尿病の予防になると言ってますから、
そのうち給食でバヤリースとか、なっちゃんとかペットボトル飲料が
出るようになるんじゃないですか。
アホらしくて付き合いきれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PO-6[1]
(関節拘縮 ・・・画像はお借りしたものです、本文と関係ありません)


そしてこれがいちばん問題かもしれませんが、
牛乳は毒だという人たちは、
日本人はもともと乳製品なんかなんか摂らなくても、骨が丈夫だ、
牛乳を飲むようになって骨が弱くなったとも言います。

でも私はこれはぜんぜんウソだと思います。
私の両親の世代、あるいはその前の世代は、
成長期にまったく乳製品などは摂る事ができない時代でした。

田舎なので、戦争があっても
まあ、何とか、野菜やお米、魚の干物ぐらいは食べられたと思います。

しかし、その世代の人たちは、
歯はそう入れ歯だし、
関節が曲がらなくて、足が痛い腰が痛いという人がめちゃくちゃ多いです。
腰が90度にも曲がった、小さな小さなおばあさんが、
手押し車の老人カーにすがりつくように歩いています。
足が曲がって本当に0の字のようになっている人もいます。
寝たきり予備軍じゃないですか?

事実、寝たきり老人が多かったです。

今でも日本では寝たきり老人が多いと言われていますよね?
EU諸国と、寿命はほとんど変わらないのにです・・・
1.何故多い寝たきり老人と関節拘縮
http://senkensoi.net/column/2011/10/18369
もともと関節がよく曲がって、骨や筋肉が強ければいいのにと思いませんか?

骨折どころの話ではないと思いますよ。
先進国として恥だと思います。


私は、
外国へ行ったら、お年寄りが、体が大きく姿勢もいいので圧倒させられました。
いかに日本人が貧弱かと再認識しました。

私の父の家は八百屋でした。、父は牛乳を飲みませんでしたが、
総入れ歯で、
糖尿病の治療のため入院していた病院で、
お茶を飲もうとベッドから降りようとしてころんで、
大腿骨を骨折し、2日後に死にました。

母の家は農家でした、
母は大人になってからは少しは牛乳を飲みましたが、
歯が3本残っていますが、背骨が曲がって、
上から押しつぶしたような体型をしています。
今は要介護5で特養にいます。
(余談ですが、寝たきりではないです。
高級な特養で、料金は高くても、ケアが良いので、よかったです、
グループの皆さんとリビングで車椅子に座って、自分で食事が摂れます。)

そんな母から生まれた私は、小さい頃は、栄養失調でした。
体が小さかったし、歯が弱いのです。

とにかく骨は丈夫じゃないと怖いと思いますね。

給食でアメリカ軍の脱脂粉乳を飲みクジラ肉を食べていた世代は
そんなふうにはならないと思いますよ・・・まぁ・・・たぶん。

私は父母のようにはなりたくないです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が牛乳を飲むのをやめる、理由が1つも見つかりません。
いや、もっと飲んだほうがいいのじゃないかと、思いますね。
御用学者が束になってかかってきても、です。

私は牛乳は毒だという人たちに聞きたいです。

どうして、朝青龍や白鵬に日本人力士はなかなか勝てないのですか?
どうして、昔の中国は万里の長城を作らなければならなかったのですか?
どうして、チンギスハーンはあんなに強かったのですか?

zinbutsu001[1]
スポンサーサイト

コメント

牛乳の放射能

牛乳はとても体にとって大事だと思います。しかし、311震災以降の牛乳は気を付けないとストロンチウム入りで、よけいに骨が悪くなります。私も知らずに東北の物を飲んでいて、足が青あざだらけになり、やっと気が付きました。今はなるべく、西の物を飲むようにしてます。子供達の将来が心配です。なぜ、ストロンチウム入りの牛乳を禁止しないのか?牛乳業界の圧力に負けているんでしょうね。

  • 2014/06/12 (Thu) 14:16
  • june #-
  • URL
No title

juneさん、

>ストロンチウム入りの牛乳・・・そうですよね。
危険はいっぱいあります。
今後記事にしようと思っているのですが、
牛に人工ホルモン剤を投与している国からの、
輸入乳製品も、野放しのようです。

  • 2014/06/12 (Thu) 14:36
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/11/21 (Mon) 23:17
  • #

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する