スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太っていても痩せていても・・・先進国でも栄養失調大国はあります。

High-Fructose-Corn-Syrup-Potentially-Linked-to-Type-2-Diabetes_J1[1]
(お借りした画像です、深い意味はありません)


前回までの当ブログ記事では、佐藤章夫という教授について分析し、
学校給食の牛乳が、
がけっぷちに立たされているのではないか、
日本人のカルシウムなどの栄養は不足していくんじゃないだろうか、
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-701.html

牛乳に取って代わって、
コカ・コーラやサントリーなどの大企業に狙われているんじゃないか
http://www.hokenkai.or.jp/suishou/suishou_youhin.html

子どもが
砂糖漬け、添加物漬けにされてしまうんではないかと、危惧し
私的に推測を書きました。


あまりにもその推測がドンぴしゃり、
それを証明するかのような動画を昨日見つけましたので
紹介したいと思います。



これを見て私はこれはオーバーなんじゃない?っていうか
悪くとりすぎているんじゃないかと思ったんですけれどね。

まだUPされ立てのほやほや、この動画の音声を聞いてみてください。
”肥満がアメリカを滅ぼす”
映画「FED UP」(フェドアップ)
給食にコーラが出る国☆町山智浩




日本人の多くは、アメリカ人の肥満は、ステーキばかりを食べ
牛乳をがぶがぶ飲んでいるからだと思っているかもしれませんが、
そうではありませんね、そんな高級な食べ物は食べていません。
穀物なんですよ

貧しいアメリカ人の子どもは、
野菜や果物はもちろん、まともなお肉も、牛乳も摂ってません!!
食べているのは穀物と甘いドリンクと、ジャンクフードばかりなんですね。
アメリカには栄養失調の人が5000万人(6人に1人)も!!

だから太っていてもカルシウム、鉄などの栄養は不足していると言ってますね。
太っていても栄養失調なんですよ。
だから軍隊にも入れない。

コーラのメーカーが学校に、
自動販売機を置かせてくれたら、跳び箱を寄付しますよと・・・
飲料メーカー、ジャンクフードのメーカーが、そうやって学校に入り込んでいく。

コーラはだめだと言うと、100%果汁ならいいだろうと、
しかしコーラメーカーに支配されているのは、おなじこと。

面白いのはミシェル・オバマさんの肥満と戦うヘルシー法が、
悪徳栄養士会に、つぶされたような形になっているみたいですけれど、
ミシェルさんも、甘すぎますよね。

糖質制限食やパレオダイエットに
くわしい人ならわかっていただけると思いますが、
全粒粉のパンに変えても、糖質にブロッコリーを足しても、
糖尿病や肥満の解消にはほとんど無意味だし、
カルシウムなど、ミネラルの摂取にも
ほとんど無意味か、害にさえなりかねません。

食品100グラム中のカルシウムとリンの比率、(単位mg)
強力粉1等    20:75
強力粉全粒粉   26:310
ブロッコリーゆで 33:66

ミシェルさん、やっぱりバックに飲料メーカーがあったらしいけれど、
栄養士会につぶされるべくしてつぶされたとしか思えません。
全粒粉だとか、ブロッコリーだとか言ってるとつぶされるという
見本みたいなものではないでしょうか。



(飲料メーカーが
日本の田舎の大学の先生を取り込んで利用していくことなんて、
ちょろいもんですよ。)

こうして子どもたちを幼い頃から、砂糖漬けにして
マーケットを拡大していくという。
穀物利権、糖質利権がすごいんですね(補助金85%)。
戦略なのか陰謀なのか知りませんが・・・おそろしい。

自国の子供に対してそこまでやるんですから、
こんな事は、TPPによって、日本の学校にも押し付けられかねませんね。
日本の子どもたちもがけっぷちに立たされているんだとおもいますよ。


この動画でもうひとつ気になったんですが、
アメリカとは規模は違えども
日本でも生鮮食品が気軽に買える小さなスーパーがつぶれ、
ドラッグストアが乱立している事です。

先日も、息子たちと焼肉を食べにいくため、
ちょっとしたドライブをしたんですが、
私、「どうしてこんなにドラッグばかりできるんやろ」
息子、「ドラッグは薬だけを売っとるんやないからね」
私、「そりゃあ、ペットボトル飲料と、お菓子とアイスクリームも売っとるわね
それでもコンビニもいっぱいあるのにね、私は小さいスーパーがつぶれて不便やわ」
息子「材料を買って調理するという事をしなくなったのは問題やろね」

そんな会話をしていたところなんです!!

コンビニの食べ物も、野菜はもちろん肉もまともな乳製品も少なく、
見事に糖質ばかりです。
日本もすでに、子どもだけではなく親たちも、
甘い飲み物と出来合いの食べ物(糖質)を食べさせられ
栄養失調になるように、
仕向けられているように感じます。

キング・コーン!

キング・コーン [DVD]キング・コーン [DVD]
(2009/12/19)
イアン・チーニー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。