聖路加病院ってやっぱり人体実験やってるのかな?

140703_mama-ga-ikita-akashi_5[1]

昨晩は
テレビ朝日のドラマ「ママが生きた証」を見ました。
ドラマ「ママが生きた証」あらすじ 
ネタバレ 結末 実話 [ドラマ]

http://panda-press.blog.so-net.ne.jp/2014-07-05
・・・というか10時ごろまでですね。
それ以降は眠たくなっちゃうんで・・・

ブログ記事を書くほどちゃんと見てなかったので、
記事にする予定はありませんでしたが
当ブログの、1年以上も前の過去記事、聖路加病院の日野原重明の批判記事に、
昨晩さっそく荒らしコメントがあったので、やっぱり記事を書くことにします。

これから書くのは、日野原重明の批判です。
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ドラマの突っ込みどころは、

まず、
医者の、ネットの情報は間違っている事が多いから、
見ないほうがいいという指摘、
ネットを見るかどうかは、本人が(あるいは家族が)決めることだと思うんですがね。
せめて、治療に使われる薬の説明書ぐらいは、よ~~く”ネット”で読んで下さい。
←左のリンク、JAPICから、商品名を入力してください。
これは絶対やってください。

(このドラマの場合は妊娠という切羽詰った事情があったんだけれど、
基本的に乳がんは、わりと進行は遅く、怖いがんではないと言われています)
私は時間があるのであれば、安保徹さんの本とか、近藤誠さんの本とか、
ちゃんとした本も読んでもらいたいと思います。


聖路加病院という実名・・・
あちゃーーーっ!!
ヤバイよこの病院。
筑紫哲也さんだとか、やしきたかじんさんとか、有名人が
がんで、いや~な感じでなくなっているんですよね。

しかも
日本では例がないという、ハーセプチンを、妊婦に投与するという・・・
やっぱり人体実験・・・医者がただやってみたかった事しているんじゃないですかね。

人体実験だとわかっていても、抗がん剤投与ということで、
ほっとするという、気持ち、わからないでもないんですよね。

でもそれは自立してないのだろうと思います。
患者は医者に責任転嫁しています。
それもお互いがわかっているから、
結果がどうなろうと、患者側は医者に、文句を言わないでしょう。
訴訟なんて絶対しないでしょう。

2012043009090451a[1]

=============================引用はじめ
2014年7月5日 9:37 PM

untidy1998さん
.2014/1/1815:39:58
.
たかじんがテレビで言っていたことですが、
「3D内視鏡をはじめてつかう手術だ」と言って自慢していました。

結果は縫合不全で再手術。

問題があるとすればここぐらいでしょうか?

3Dという技術が必要なものだったのか?
医者が、ただやってみたかった、だけなのか?

でも、よくある話です。
医療は、常に新しい技術を導入するので、練習と言えばすべて練習。

王さんも、胃の全摘を、当時の内視鏡でやって、再手術していましたね。

=============================引用終わり

王さんは慶応大学病院だったらしいけれど、

どこでも同じような事やっているんでは?

東京女子医大病院の子どもへの、
禁止された鎮静剤投与で12人も死亡したという事件も、
泥沼になっているようですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
o0480025912961283744[1]

恭子の気持ちも、私には理解できません、

たまたま恭子は、夫が放送作家で、
聖路加病院の高い個室に入院できるほどの、経済力があるわけだし、
双方の両親(赤ちゃんの祖父母)も
立派な人格者でお金に苦労しているわけでもなく。
上司も理解がある。

現実的に、こんなに、
絵に描いたように恵まれた人っているでしょうかね。
(あまりにすべてが完璧すぎるのも、がんの元かもしれません。
闘病ブログを見てると、現実が見えてない人が多いような気がします!!)


私なら無理ですね。
末期がんで、放っておけば、つまり
・・・5ヶ月以内にハーセプチンを投与できなければ死ぬ・・・
子どもが生めないで死ぬ、というのであれば、生めないです。

経済的に不安定な夫、
両家の両親は無責任で自分の事しか考えていません。、
血圧が高いの、糖尿だのといって世話に手間がかかるだけの父親、
ヒステリックで、精神状態が安定しない母親。

妹一家にも、心配はさせられない。

自分が死んだ後で、子どもを施設にでも預けられても、
化けて出るわけにも行きません。

そこまでいかなくても、子どもは完全にACになります。

子どもがどうなるんだろう?と考えたら、
自分が生きた証がどうのこうのなんて言ってられません。

まぁ、本物のがんか、がんもどきかわからないような初期の状態だったら、
がんも子どももどちらも放置、ですかね。
自然に任せるという・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まぁ、とにかく、ネット上には
余命宣告されても、想像を超えて長く生きている人もいます。
とくに無治療を選んだ人は、
おだやかにがんと向き合っている人も多いように感じます。
かしこそうに感じます。

そういう人を、ドキュメンタリーにしたほうが、
がん闘病中の人にも、
私たちのように、がん検診、がん治療のあり方を見直してもらいたいと
思っている人たちにも、素直に見てもらえるのではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで後半は見てません。
NHKBSのビットコインの話のほうが、面白そうだったからです。
でもやっぱり眠たくなりました。
ビットコインにはまっちゃった頭の悪そうな中国人・・・
・・・だからなんなんだよ!!

10時に眠たくなるのは、ありがたい事ですね。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/07/06 (Sun) 19:01
  • #
No title

上の方、

申し訳ありませんが、意味がわかりません、
わかるように書き直してください。

  • 2014/07/07 (Mon) 07:32
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/07/08 (Tue) 10:04
  • #
No title

上の方、

私は淡々と、ブログを書いているだけです。
ウイルスだとか遠隔操作だとか、そういった技術は持ち合わせていません。
私も、そういった面には気をつけたいと思っていますので、
特定の読書の方との、メールのやり取りもしていません、
メールへの書き込みは、ご遠慮させていただきたいと思います。

(笑)とWWWは、そのときの気分で、入れているだけで、深い意味はありません。
ほとんどの人がそうではないでしょうか。

  • 2014/07/08 (Tue) 14:40
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/07/08 (Tue) 20:43
  • #
No title

上の方、

荒らしは大丈夫ですよ~。ご心配なく。

お母さんの体験談、ありがとうございました。
参考にさせてもらいます。

MEC食、少し実践してみて、
なかなか、よく考えられたものだなと思います。

沖縄だからできたのかもしれませんね。
これからももっと研究してみたいと思います。

あ、それからMEC食をすると、コレステロール値が増えるらしいので、
病院へ行く前は、要注意みたいです。

  • 2014/07/09 (Wed) 07:27
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
聖路加だけでなく

女子医大も最近おかしいですね

私も数年前に通院した時期がありますが、年々おかしな感じになっています

子供の薬は開発も治験単純にはできないので、大人の物を匙加減で使うしかない場合は確かにあるのですが…

禁忌とまで書かれた物は使用しちゃあいけないかと

安全性は確立されていない、だとしても使用はためらわれるし、慎重投与も慎重しすぎるくらいで試して行くのに

  • 2014/07/09 (Wed) 21:19
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

東京女子医大の事件はおかしいですよね。

どう考えても理解不能です。

親御さんがおかしいと気が付いているのに、
どうして、医者は投与を続けたんでしょうね。

  • 2014/07/10 (Thu) 07:36
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する