スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルシウムパラドックスについて 、カルシウムの所要量を満たすには・・・

MEC食についてのコメントがありました、
MEC食にすると、コレステロールが、一時的に上がる人が多いようですので、
健康診断の前には気をつけてくださいね。

私は痩せているし、病院で検診なんかはしない事にしているので、
豚バラなんかバクバク食べてますが、
コレステロールなどは、全然気にしてませんので・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実はですね、更年期の症状は、今はほとんど治りました。

2週間前とは全然違い、今は日常生活に、ほとんど支障はありません。

2週間前に突然起きた症状には驚きました。
肉体労働をしたわけでもないのに、体中の筋肉が痛み、
頭皮から、足の裏まで痛みます。首も曲がりません。

骨なのか筋肉なのかわかりませんが奥のほうで、熱感があり
台所で立っている事もできず、
足はむくみ、赤い斑点までぽつぽつと・・・
蚊に刺されたようにも見えるんですが、
平面で、腫れていないので、血管性の障害で
虫さされでないのはすぐわかります。

ぺったんこの柔らかサンダルを履いて歩いても、甲が当たる部分が痛いのです。
夜になるとさらに痛みだし、昼間もだるくて眠くて・・・

なんとなくですが、これ、カルシウム不足ではないかと、
なんだか感じるものがあったんですね。
なべちゃんのMEC食を参考に、
(肉は食べているので)乳製品.、卵を増やし、

タマちゃんにコメントをもらってから、
よりいっそう、カルシウムの量を増やしてみたんです。

それとマグネシウムもね。
マグネシウムは、精製塩を使っていると不足します。
ですから、にがりを2~3滴、水で薄めて飲めばいいのです。

ビタミンDは、私は日焼け止めを使いませんし、
わんこの散歩は、袖なしワンピで歩くのが好きなので、
今の時期、ビタミンDは大丈夫だと思います。

そしたら治ちゃいましたね~。
痛み止めも、漢方薬も、もちろんホルモン剤も一切使ってません。
本当に苦しい夜は、1晩だけでした。


牛乳(と、にがり)だけで治ったんです。!!
まぁ、プラシーボかも知れないけれど、
こんなプラシーボなら、良いことづくめの言う事なし、です。
また波があって波が来るかもしれないけれど、
こうなったら、次の波が来ても、恐れなくてすみそうです。




必見!!
カルシウムのお話し、
及びカルシウムパラドックスについて

http://www.wakando.jp/kenko-info/calcium-1.htm



私はあまりにも体中が痛かったので、
今、病院へ行ったら、線維筋痛症とか、
誤診されるんじゃないかと思ったんですけれど、
http://ja.wikipedia.org/wiki/線維筋痛症


線維筋痛症の治療として、
カルシウムとビタミンDの、点滴や注射で治ったという情報が散見されるのには、
驚きました。
朗報 繊維筋痛症が治るかも!?
http://blogs.yahoo.co.jp/vetcocoro/41398434.html

昔は、じんましんの治療も、カルシウムの注射でしたが、
ステロイドを使うようになって、よけいに湿疹がこじれるようになりましたが、
合点がいく話です。



私は、カフェオレを飲んだり、チーズも食べますし、
切り干し大根も、しらす干しも好きですが、
自分ではカルシウムを摂っていたつもりなんですが、
きちんと計算してみると、全然足りなかったようです。
最低限でも600mg~700mgを摂らないといけません。
(アメリカの基準は、1200mg!!)
更年期の人や、骨粗しょう症、そのほか成人病のある人、女性は、
もっとたくさんとる必要があります。

私たちが最低限のカルシウムを摂る場合、
どのような食品をどれだけ食べなければいけないかを、
わかりやすく、実物の写真を使って説明してみたいと思います。


これ、毎日欠かさず食べなければいけないんですよ。

☆まずは牛乳、乳製品・・・
20140130162623372[1]
500g×110÷100=550mg
足りませんね、100mg足りません
チーズ一切れ足しましょう。
6p-chese[1]
一切れ103mg

乳製品のカルシウムは、いちばん利用効率がいいのです
それに、牛乳なら、お茶代わりにちょこちょこ飲めるから、
いっぺんに摂るより、よりいっそう利用効率が良くなります、


MEC食の提唱者、なべちゃんこと、
渡辺信幸さんは、チーズを一箱食べるらしいですが、
☆6Pチーズ一箱だと(チーズの総重量は、108g)
Gjr5TKl4whFIHNecTy0X3ANB11ZIHH5N861pmOtQeJ1u4ozPmDg1Ar7ikgPoyH6k[1]
一箱当たり103mg×6=618mgで、ぎりぎりセーフかな。
(カルシウム値は雪印のHPより)


☆生わかめなら・・・
090305wakame[1]090305wakame[1]090305wakame[1]090305wakame[1]
たまたまお借りした生わかめの画像の1パックが179g、それを4パック。
179g×4パック×77÷100=551mg     
ちょうど牛乳500mlと同じ量・・・う~ん足りません。
もう1パック足して5パックにしましょうか。
090305wakame[1]
拷問だ~。毎日食べたら死ぬで~。
(わかめにはたんぱく質も脂肪も何もないので、
他に栄養のあるおかずを、たくさん食べる必要があります)


☆豆乳だと・・・
t_pkg_11[1]
無調製豆乳だと、
200ml×22本×15mg÷100=660mg
(カルシウム量は、食品成分表による)
200ml入り×22本は飲みたいところ・・・
1ケースに18本しかはいってないから、1ケースでは足りません。

ですから、4本プラスしておきますね。
61cn6YSQ3DL._SY300_[1]

カルシウムの必要量を植物性食品で摂ろうとすれば、
牛みたく、キロ単位で食べる必要があるといえます。
普通の人間が毎日飲んだら死にますね。


☆しらす干しなら・・・
20130326001[1]
300g×210÷100=630mg
これでやっとこさ・・・でしょうか。
もうおなかいっぱい、かんべんして~ これ毎日はきつい。



これら画像を見ると、
コーヒーに牛乳を入れて飲んでいるから大丈夫とか
味噌汁にわかめを入れて食べているからと大丈夫とか、
毎日無調製豆乳を1本づつ飲んでいるから大丈夫とか、
ご飯にちりめん山椒をトッピングして食べているから大丈夫とか

それが焼け石に水で、ほとんど何の意味もないことがわかります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カルシウムの不足で起きる症状

神経の異常
ヒステリー
ひきつけ
自律神経失調症
神経衰弱
ストレス
怒り
ホルモンの異常
体内酵素異常
慢性病
糖尿病
低血圧
不妊症
更年期障害
骨の脆弱
筋肉の働き鈍化
骨粗しょう症
関節・背腰痛
発育不良
胃腸下垂
胃アトニー
虫歯
免疫異常
病気が治りにくい
風邪を引きやすい
だるい
肺炎・気管支炎
肝臓病
リウマチ

アレルギー体質
慢性湿疹
ゼンソク
皮膚病
気管支炎
鼻炎
ちくのう(副鼻腔炎)
化膿
動脈硬化
血行不良
生活習慣病
高血圧
心筋梗塞
心不全
狭心症
脳血管性痴呆
肩こり
頭痛

ありとあらゆる病気ですね。

糖質制限食と、MEC食の大きな違いは、ここではないかと思います。
MEC食ではチーズを120g食べることになっています。

糖質制限食の江部さんは、牛乳は飲まないようにといってますが、
それならば、意図的にチーズをたくさん食べないと、いけないんです。

日本人でMEC食をやっている人以外で、
ちゃんと食べ物からカルシウムが摂れている中高年は、
ほとんどいないと思います。


食品成分表〈2014〉食品成分表〈2014〉
(2014/02/01)
香川 芳子

商品詳細を見る


(以上、カルシウム値は、五訂食品成分表より算出しましたが、
電卓が壊れかけているので、計算間違いがありましたら、ご容赦ください)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。