癌細胞はブドウ糖がお好き

ct5[1]


私は、「糖質はがん細胞のえさ」だと、いう人たちがいるのを知っていました。
しかしわざわざ、本を読んだりはしていませんでしたので、
「糖質はがんのえさ」説について、疑心暗鬼だったのですが、

この事実↓を知って、糖質ががんのえさだというのは確実だと言えると思います

癌細胞はブドウ糖がお好き
http://www.kaiten.jp/syokuji/1.html

PET検査でできた画像 

赤い丸の部分、着色したブドウ糖が集まって色が変わっています。
この部分に癌細胞があります。

癌細胞が他の細胞の分のブドウ糖も横取りするかのように、
ブドウ糖を掻き集めています。
砂漠で水を求める人のように。


ct2[1]
(脳と心臓と膀胱の周辺は、ブドウ糖を多く必要とするので、
明るくなっていますが問題ないようです)



私は、この5年ぐらいは、医者にかかっていません。
これからもがん検診を受けるつもりはありません。
ましてやPET検査のように、放射線をたっぷり浴びる、検査なんて怖すぎます。
がん検診に興味の無い私は、PET検査がどういうものかまったく知りませんでした。


しかしですね、このPET検査というのは、
がん細胞のところに、ブドウ糖が集まって、ブドウ糖の代謝が、亢進するという、
そういうがん細胞の性質を、利用して、がん検診に使われていたんですね。

こういうこと、医者が知らないはずが無いじゃありませんか?
検査を受ける患者だって、
どういうメカニズムで、この検査でがんが見つかるのか、
知ってから受けているはずでしょう?

実際、病院や医療関係のサイトには、この事実が、はっきり書いてあります。


==========================引用はじめ(抜粋)
病院の検査の基礎知識
PETは痛みのない画像検査として、
がん検診に活用されています


http://medical-checkup.info/category/scan.html

PETの正式名称は「陽電子放射断層撮影法(Positron Emission Tomogoraphy)」といい、「苦痛がほとんどなく一度の検査で全身を調べることができる」「小さながんも発見することができる」として、近年注目されている検査です。

PETは、放射線を出す検査薬を注射し、その薬が発する放射線を特殊なカメラを使って外部から検出し画像化します。検査薬は細胞のエネルギー源となるブドウ糖に似た糖に放射性物質を結合させたもので、その取り込み具合によって対象となる部位の「機能」を判別します。
がん細胞は通常の細胞よりも増殖スピードが速いため、より多くのブドウ糖を必要とします。つまり、がんのあるところから放射線が多く放出され、それが画像に映し出される(白黒の場合は黒く、カラー画像では明るい)のです。

===============================引用終わり

がん細胞は通常の細胞よりも
増殖スピードが速いため、
より多くのブドウ糖を必要とします


こういう検査を受ける患者は、
糖質はやめよう!!と、ピーンと来ないと、
脳みそは宝の持ち腐れとなってしまいます。

しかしみなさん肉を避け、玄米をやにんじんジュースを摂取します。
白米が玄米になっても、糖質自体はほとんど減りません。
にんじんやプチトマトには、牛乳の倍の、糖質があります!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

恐ろしいことに、
女性たちを、ケーキで釣って、がんセミナーが開かれることが、
多々あるようです。

講師の先生が、ブドウ糖はがんのエサだと知らないわけ無いじゃないですか。
せめて普通のランチセットにしてください。

あのアヒルの保険会社も、乳がんのセミナーで
ケーキバイキングをやるという、情報もあります

================================引用はじめ

「カフェで学ぼう、"がんのこと"」
~久留米大学とNPO法人が企画

セミナー情報
2011年10月14日 17:34
 久留米大学先端癌治療研究センターは、NPO法人「ウィッグリング・ジャパン」と共同で「カフェで学ぼう"がんのこと"」と題し、がんの予防や検診、治療について学ぶ市民公開講座を毎月1度開催することを発表した。
 そのテーマどおり、実際にカフェで、ケーキセットを食べながら、リラックスした雰囲気のもとでがんの勉強ができるという企画。若い女性でも気軽に立ち寄れること、また少人数に定員を設定しているため、質問もしやすいことが利点だ。従来のセミナーでは、がんの予防や早期発見に通じる若年層の参加が少なかったということ、また、参加してもなかなか質問がしづらい雰囲気があったことをふまえ、企画された。

==============================引用終わり

がん細胞にエサやりまくり!!

保険会社はがんが増えると儲からないんじゃないかって?

儲かりますよ、
なんだって、入り口を大きくしておいて、出口を小さくしておけば儲かるんです!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

RIMG0268.jpg
フォミの冷蔵庫の冷凍室大公開!!

ほとんどが肉(笑)鶏がらもありますよ。
今はアイスクリームも入ってますが、
うどんやお好み焼きが入っているときもあります。

肉はなるべく売り出しの日に買いますが、
1日に500gぐらいは調理しますので、
ちまちまと野菜炒めなんか作っていられません。

その上、ブロックで買うと安いので、
ワイルドなブロック肉の料理が多くなります。

生協の冷凍肉,は使いやすいので、
買出しにいけないときのために、冷凍庫にストックしています。

私は、肥満でも、糖尿病でも、がんでもありませんので
予防的に、ナンチャッテMEC食をやっているわけですが、

がんを治したい人
血糖値や体重をどうしても落とさなければならない人は
アイスクリームよりチーズを食べてくださいね。

私は、肉は食べていましたが、
MEC食の理論から、乳製品と卵が足りなかった事に気づき、
カルシウム量を計算して食べるようにしました。

更年期の体中の痛みは、薬は飲まなくても、すっかり治っちゃいました
161センチ、46キロは痩せすぎなので、
1~2キロは増やしたいのですが、
増えません。

しかし、むくみが消えて、
おなかの皮にくっついていた、ぶよぶよが引き締まって、
背筋が伸びたように感じます。
肌のしっとり感も衰えていません。


実は、2~3ヶ月前に、体重が49キロ代ぐらいに増えて、
「おなかの皮がぶよぶよどうしちゃったんだろう?」という自覚はあったんですよね。
その頃からおかしかったのでしょう。

痩せていると、むくみやぶよぶよがあっても、
「食べすぎたかな?」、ぐらいにしか思わなかったりするので怖いですね。

まぁ、今のところ、体重が増えなくても仕方がないか~、と思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する