スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のニュースから・・・「体によい」食品、無審査表示へ

AS20140718004295_comm[1]



【マレーシア機撃墜】
エイズ研究者ら百人搭乗か 
WHO報道官も


ウクライナ東部で撃墜されたとみられるマレーシア航空機には、オーストラリア南東部メルボルンで20日から開かれる「第20回国際エイズ会議」に参加する研究者らが搭乗していた。有力紙オーストラリアン(電子版)などによると、開催会場では18日、搭乗者の約3分の1に当たる100人前後が会議参加者との情報が流れ、動揺が広がった。

主催する国際エイズ学会は同日、ウェブサイトに声明を出し、エイズ研究者として著名な同学会の元会長、ヨープ・ランゲ氏が搭乗者に含まれているとの情報があるとした。また、世界保健機関(WHO)の報道官も同機に搭乗していた。

エイズ会議は20日から25日までの日程で、約200カ国から1万数千人が参加し、クリントン元米大統領も出席予定。同機に搭乗した参加者はクアラルンプールで別の便に乗り換え、18日夜、メルボルンに到着する予定だったという。

===========================引用終わり

これってすごく、ミョ~な話じゃないですか?
1万メートル上空の、民間機が、ミサイルで打ち落とされたというのも、
ほとんど世界大戦がはじまちゃったんじゃないかと思うような話なんですけれど、

その撃墜された飛行機に、
エイズの研究者約100人、
エイズ学会の元会長、
WHOの報道官
、が乗っていたそうで、
これはあやしいですよ。

しかも最近、マレーシア航空機が、オーストラリアの近辺で、行方不明になってるし??


エイズ問題は、闇が深く、
人工的に作られたウイルスだとも言われています。

まさか、
9.11の同時多発テロ事件みたいに、
後々になって、
あれは証拠隠滅、その他、保険金詐欺など諸事情・・・のための自作自演でした、

・・・みたいな事にならないでしょうね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


次・・・

スティーブ・ジョブズさんを思い出させるような話。

============================引用はじめ
JPモルガンCEOが咽頭がん
 4~6月は減収減益

2014/7/15 22:48

 【ニューヨーク=佐藤大和】米金融最大手JPモルガン・チェースの経営体制が市場の関心を呼んでいる。ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO、58)が咽頭がんをわずらっていることを明かしたためだ。ダイモン氏は会長も兼務するワントップ体制。明確な後継候補は不在で、第一人者の動静にウォール街は気をもむ。

 JPモルガンが15日発表した2014年4~6月期決算は売上高に相当する純営業収益が前年同期比3%減の244億5千万ドル、純利益は同8%減の59億8500万ドルにとどまり、減収減益となった。

================================引用終わり

どんな治療が行われるかというと、

「過酷な治療になるだろうと医師らは話す。デーナファーバーがん研究所(ボストン)の頭頸部(けいぶ)がん研究プログラム疾病センターの責任者、ロバート・ハダード氏によれば、標準的な治療プランでは、1日約15分間の高エネルギー放射線照射が週5日行われるほか、1週間から3週間に1回、シスプラチンなどの抗がん剤が投与される。」


90%は治るっていってるのに、もう終わっちゃってる。
命は取り留めても、
がん治療によって、仕事は期待できないと、周りはわかっているんじゃないですか?



日本では坂本龍一さんが咽頭がんになったので、
治療に専念するというニュースがありました。

20120106_matsuko_28[1]


坂本さんは原発反対運動をやっていたので、
ウソかホントかしらないけれど、放射線治療はしないと報道されましたが、
どうして、放射線治療をしないと言うと、批難ゴウゴウなんでしょうね。

でも坂本さんは、絶対治すって言ってるみたいだから、
がん治療にハマってしまうかもね。

まったくセレブって、
利口なんだか、馬鹿なんだか、
さっぱりわかりませ~ん ┐(´Д`)┌



咽頭がんで、ガンマーナイフ治療を行ったが、10ヶ月で再発し、
頸動脈の狭窄、眼底出血などの、重い晩発障がいだけは、
しっかり残った人の話・・・
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-660.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


次!

2014年07月19日
「体によい」食品、無審査表示へ
企業責任で解禁

http://itais.blog.jp/archives/9937856.html

だが新制度導入は、経済成長を最優先する安倍政権が健康食品市場の拡大を狙い、表示解禁で市場が急成長した米国にならって唐突に打ち出したものだ。
食品を口に入れる消費者の視点から出発したものではない。


安倍政権って、一般国民のことなんて、全然考えてませんよね。
大企業の方しか向いていない。

今でさえ、サプリやトクホの広告、CMばかり見せられて、
頭がおかしくなりそうなのに、
もっと売れ(買え)ってか?





笑っちゃう、変なサプリ特集。

サントリーのロコモア
title[1]

筋肉成分だとさ、

ペプチドとは、たんぱく質とアミノ酸の中間の物質、
早い話が、たんぱく質です。

一生泳ぎ続ける!!マグロやカツオの、たんぱく質を、
サプリ((何ミリグラムか知らないけれど、苦笑)5500円ナリ、で
買えってか?

笑っちゃいますよね。

サントリーといえば就職でも人気の企業、
情報弱者の年寄りに、ゴミみたいなものを売りつけて、金を巻き上げて
この会社にエリートのプライドっていうものは、かけらも残っていないのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

週刊文春最新号に

サプリメントで健康上効果が得られることはほとんどない、的な記事が掲載されていましたね~

それは食べ物からだって完璧な栄養素を追求すると、1日にサンマ20匹だのキャベツ5玉だの(あくまで極端な例えです)食べる話になります

だからレタス10個分の食物繊維が摂取できるとか、1日分のビタミン各種が含まれているとか、そう言われた何粒かの錠剤で済ませたくなる心情も、解らなくはないのですが…

経口摂取が可能で食事提供している患者さんは、点滴に混ぜるビタミン剤の投与には保険が効きません

裏を返せば管理栄養士がキチンと考えて作った食事を食べていたら、ビタミンはそれなりに食べ物から摂れるってことですからね

まあ健康ビジネスは人の不安を利用した、一般的に良心的ではない物が多いですよね~

  • 2014/07/21 (Mon) 03:28
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

必要な栄養を、食物から摂るというのは、
効率よく食べなければいけないと言う意味で
とても難しい事なのかもしれません。

>経口摂取が可能で食事提供している患者さんは、点滴に混ぜるビタミン剤の投与には保険が効きません

そうなんですか、
食べ物から栄養を摂りなさいっていうことですね。

どうすれば、ちゃんと食物から栄養を摂ることができるか、きちんとわかるように
情報提供する必要があるでしょう。

例えば「野菜や小魚でカルシウムは摂れます」
その一言では不十分です。

サプリは、その次でしょうね。

  • 2014/07/21 (Mon) 12:55
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。