スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏バンザイ!!・・・牛乳は体に良いのか悪いのか?

AS20140728000277_commL[1]
(朝日新聞の7月28日の記事
山形で乳牛を1年中放牧しているんだそうです。)



コメントで、
日経トレンディネットの記事の紹介がありました。
わかりやすくまとめてくださったので、
そのままコピーを貼ります。

============================引用はじめ
すみれ ○2014/07/28○ No title
先ほど見つけた記事ですが、

牛乳は身体に良いのか悪いのか?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140725-01059247-trendy-sci

・人間だけが、大人になっても、ほ乳類の乳を飲んでいる
・お金のある人は乳製品以外からカルシウムを摂るのを推奨し
 貧しい人は乳製品からカルシウムを摂りましょう 
・牛乳の脂肪分による肥満も問題
・牛乳を飲み過ぎるとがんになる?
・IGF-1を過剰に摂取ががんの原因になる?
 牛乳など乳製品も含め、動物性食品の摂り過ぎは控えるべきでしょう。
・遺伝子組み換え牛成長ホルモン(rBGH)の問題

最後はrBGHの牛乳はIGF-1が高い、だからガンになりやすいと。
そして
1日コップ1杯から2杯までの牛乳が適量だと思います。
と締めています。

記事が曖昧すぎて、真実と嘘を混ぜていますね。

==============================引用終わり

お金持ちは乳製品以外、イワシやケールや豆で、カルシウムを摂れっていってます。
これは現実的に可能な事でしょうか。

牛乳のカルシウムは、100gあたり、110mgですが、
イワシのカルシウムは、100gあたり、70mgしかありません

カルシウムを500~600mg摂ろうと思ったら
牛乳なら500ml、イワシなら800g食べる必要があります。

一方脂質のほうは、牛乳は、3.8g、いわし13.9gです。
脂質は、牛乳なら19g、イワシなら111gの脂質を一緒に摂ることになります。

どちらが肥満の原因となるといっている脂質が多いか、
子どもが考えたってわかることです。

イワシを800g食べるとすると、頭や、内臓を除くと1キロは必要ですね。
image-20140306103713[1]
(江戸前のイワシ、キロ2500円で安いほうだとか。
これを毎日だと、お金持ちじゃないと無理ですね・・・お借りした画像です)


・・・というか、イワシを1キロなんてとても私には無理。
気持ち悪くなって吐いてしまうでしょう。
よほどの健啖家でも、毎日イワシを800gも食べていたら、病気になります。

豆も無理です。
無調製豆乳なら、4リットルは飲まなければなりません。
お金もかかります、貧乏な人には無理ですね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ではケールならどうでしょう。
ケールには牛乳の2倍のカルシウムがあると言うのは本当みたいですが

ケールは普通のスーパーで売っているのを見たことがありません。
ケールはアクが強く、まずくて食用にならないから売ってないらしいです。
そもそも人間の食べるものではなく、せいぜいが家畜のえさでしょう。


しかしケールは青汁の原料として、ポピュラーな素材なので、
青汁のカルシウム量を見てみると、

ファンケルの本搾り青汁ベーシックだと
http://www.fancl.co.jp/aojiru/
1本あたりカルシウム:33~78mgですから、
最低でも一日10本(約1000円)は飲まないと、いけません。

これもお金持ちじゃないと不可能でしょう。


じゃあお金持ちだから、
青汁をがぶがぶ飲んでいいかというとそれは違いますね。
こういったアクの強い青菜には、硝酸塩が多く、
硝酸塩は、もっと毒性の強い、亜硝酸塩となります。
ブルーベビーといって、赤ちゃんが死んだり、
がんの原因(ニトロソ化合物)といわれています


241x209xae1d9b16d2b9478b550fd3a2[1]

青汁は危険!?乳児の死亡例も
http://matome.naver.jp/odai/2136758813428091701

=========================引用はじめ(抜粋)
二銘柄が、基準超
「キューサイ青汁」(2900mg/Kg)と「ほらケール畑から」 (2500mg/Kg)。

EUの硝酸塩の残留基準は1Kgあたり2000mg市販の青汁商品(冷凍)で二銘柄が、この基準を超えていました。成人で許容ADI185mgなのにキューサイは一パックで290mgと大幅超。
 同社は「一日二パックが目安」と宣伝しています。すると580mgと三倍強の硝酸塩を摂取してしまう。二パック愛飲は、かなり危険な〝健康法″ です。(『食品と暮らしの安全』2006/10/1)
===========================引用終わり

野菜の硝酸塩についてまとめてみました。
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-687.html


牛乳の危険性としては、私は
遺伝子組み換え牛成長ホルモン(rBGH)意外聞いたことがありません、
それに今のところ、日本では使用禁止になっているようですから
私は貧乏人といわれようと、地元の牛乳を飲むようにしています。
たまにはEUの、ナチュラルチーズも食べます。

牛乳なら1日約500ml、
100円で、”吸収のよい”550mgのカルシウムと、
たんぱく質そのほかの微量要素も摂れるので、そうしています。



NGY201305010016[1]
(こちらは高山の、飛騨牛の牧場)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サプリは怖いですよ、
こんなニュースがありました。
ビタミンEは古くからある、基本的なサプリですが


=============================引用はじめ
ビタミンE効率よく合成、有害な金属使わず 名古屋大
2014年7月18日18時33分

 血流改善などに作用するビタミンEを、体に有害な金属を使わず効率よく作るための触媒を、名古屋大の石原一彰教授らが開発した。18日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 新しい触媒は、人体への影響が少ないヨウ素を使う。ビタミンEを人工的に合成するには、現状では希少な金属を含む触媒を使う必要があるという。

 新しい触媒を使えば、組成が同じで鏡に映した関係にある無用な物質も生まれない。反応時に炭酸カリウムを加えると、触媒の量を最大20分の1に減らせることも発見した。

 一方、植物から抽出できる天然のビタミンEは8種の化学物質の混合体。そこから人間にとって効能が高い物質だけを分離するのは難しい。
============================引用終わり

サプリを作るのに、有害な金属が使われていたんですね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7月29日は土用の丑の日でした、うなぎの売込みがものすごかったですね。
絶滅が危惧されているものを食べるという気にもなれませんが、
何しろ高すぎます。

もっと怖いのは、うなぎはいいのですよ、うなぎは・・・でも
うなぎはちょっぴりなのに、
どんぶり飯に、あの甘いたれをたっぷりかけて食べるということになるので、
MEC食やっている人には、
危険性が高いといえるでしょう。

RIMG0247.jpg
29日の夕食・・・・うちでは、
黒毛和牛(切り落とし)の、蒲焼風焼肉。
子持ち鮎(少々キズあり)の塩焼き
卵入り、とろろ汁、
おかずは、ご飯小さいお茶碗半分

なんとなく和風のスタミナ食っぽい献立にしてみました。
3人分合計で約1500円!!

とろろ汁でスタミナがつくかって?

いいんですよ、気分ですから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。