FC2ブログ

ココナッツオイルは太る

いやぁ 牛乳批判勢力というのは、すごいですね。
しつこいといったら・・・

私は牛乳を飲んで元気です。
体の痛みはいっさいありません。
気温が下がってきて、(軽いホットフラッシュだったでしょうか?)
顔から汗が出ることもなくなりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ココナッツオイルが流行っているようですが、
はたして本当にココナッツオイルは、健康に良いのでしょうか。

(この記事は、私の推測を書いています。)

ココナッツオイルの50%ぐらいは中鎖脂肪酸です。
ラウリン酸、カプリン酸、カプリル酸、ですね。
このような脂肪酸組成を持つ油はココナッツオイル、パーム核オイル以外には
ほとんどありません。

中鎖脂肪酸は体脂肪を減らすと言われていますが、本当でしょうか?


世界各国の、肥満率のグラフです。

2222[1]

メチャクチャ肥満率の高いのは、南太平洋の国々ですが、
これらの国では、ココナッツは毎日の食事に欠かせない食材なんですね。

主食はタロイモやバナナですが、
魚や野菜など、何でもココナッツクリームで煮たりするらしいです。

小さな国々で、自給自足的に栽培され使われているんだと思います。
サモアでは、ザ・ボディショップのココナッツオイルが栽培されているんだそうです。

これらの国々には、
アメリカのペットボトル飲料、ジャンクフードが、入ってきていると思うので、
それらの影響もあるとは思うのですが、
それにしても恐ろしいほどの、肥満率の高さだと思います。

samoa02[1]


125558057667216232017[1]
(お借りした画像です)





中近東では、オリーブオイルが多く使われているのではないかと思います。、
メキシコは、ココナッツオイルの生産第8位です。
アメリカは消費量が多いです。


フィリピンやインドネシアは主要なココナッツオイル生産国ですが、
南太平洋の国々ほどではないとしても、日本人より太っているんですね。

インドネシアはパームオイルの生産も世界一だそうです。

(パームオイルはココナッツオイルとは全然脂肪酸組成が違って、
飽和脂肪酸のパルミチン酸が多く、、動物の脂に近いです)


このグラフを見る限り、
むしろスイスとかEUのほうが
乳製品とか飽和脂肪酸とかおいしいもの(経済差は別として)を食べていながら、
それほど太っていないような気がします。

ココナッツオイルのラウリン酸やオリーブオイルのオレイン酸より、
動物の油脂に多いパルミチン酸などの飽和脂肪酸のほうが太らないんじゃないですか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中鎖脂肪酸は消化吸収がよいというのは本当みたいです。
体の中ですみやかにケトン体になって、消費されるというのですが、
それはいいとして、

中鎖脂肪酸からできたケトン体が、先に消費に回り、
同時に摂取したたんぱく質や、糖質が貯蓄に回ったら、
同じ事だと思うんですが・・・

油と糖質の使われる順番が変わっただけでは何の意味も無いでしょう。
ケトン食のように完全に糖質たんぱく質を排除すれば、
効果があるかもしれませんが・・・

それより、痩せたい人にとっては、
消化吸収の悪い油脂が 消化吸収されずに、
するっとお尻から出て行ってくれたほうが、ありがたいのではありませんか?


実際、日清オイリオの、HPにはこう書いてあります。
http://www.taisibo-navi.com
【中鎖脂肪酸100%の油は、手術後の流動食や未熟児の
エネルギー補給などに長年利用されています。】


なたね油がベースのヘルシーリセッタに、
どれだけの中鎖脂肪酸が含まれているのか知りませんが、
こうも書いてあります
【中鎖脂肪酸を含む健康オイル「ヘルシーリセッタ」を食べ続けると
12週間で、体脂肪、内臓脂肪面積、体重、ウエストが減りました。】


おかしいと思いませんか?
消化吸収代謝がいいから病人や未熟児に使われるのでしょうが、

病人や未熟児が中鎖脂肪酸100%なんていうすごいものを摂取して、
痩せたらいけないんじゃないですか? 小さくなってどうするんですか?



ラウリン酸は母乳の成分だといわれていますが、
母乳中の、中鎖脂肪酸はほんのわずかです。
人乳100gのうちの、脂質は3.5gで、
そのうちの4.6%がラウリン酸です。

人乳100g中のラウリン酸は何グラムになるか、
私には計算できないので、誰かやってください。



酪酸、デカン酸などの短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸は牛乳乳製品にも、
合計14%ぐらい含まれています。

育児用粉ミルクには、パーム核オイル(ラウリン酸が約50%)が使われており、
ミルクのウリ文句にもこんなふうに書いてあります。
【消化吸収のよい中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)を配合してミルクの熱量を高めています】

人工栄養のほうが太りやすいんですよ。
育児用ミルクで熱量が高まって発熱し、赤ちゃんが痩せた、
なんてことが起こったら、とんでもないことになります。


皆さん!!矛盾していると思いませんか?


coconut_oil2011cn[1]

(ココナッツオイルは、せっけん作りや、マッサージオイル、化粧品としても、
使われるので、必ずしもすべて食べているとは、言い切れませんが、
一応消費量のグラフを貼っておきます)



・・・それに、
ココナッツオイルには大きな欠点があります、それはまた次回。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

上の方、

ココナッツオイルの業者さんでしたか。

中鎖脂肪酸を否定しているわけではありません、

この特徴を上手に使えば、ケトン食療法等の効果が上がるかもしれません。
未熟児が大きくなるというのは、すばらしい効果です。
嗜好品として使う分にもまったく問題がありません。

しかし肥満や痴呆の改善あるいは、予防に使えるかというと疑問点は多いと思います。
使い方が、たいへん難しい油であり、注意が必要かと思います。

No title

はじめまして。
ココナツオイルのブーム?に飛びついている様子にちょっと疑問を感じていました。
参考にさせていただきます。

No title

✳︎ミノル✳︎ さん、

ココナッツブームはちょと疑問ですよね。

やっぱり動物性食品はいいですよね。
肉・卵・チーズにまさるものはないということでしょうか。

No title

ココナツオイルの回し者ではないですが。。。自分の体験として。

東南アジア各国へ短期滞在(ホームステイ)したことがあり、生活から食をみた時、
彼らが太っているのはココナツオイル(ココナツ製品)というより、やはり炭水化物の摂りすぎだと思います。
芋類も多いですし、お米も毎食、食べますし・・・
小麦粉を使った料理も多いです。
味が辛い、甘い、酸っぱいなので、かなり調味料に砂糖を使います。

フィリピンなんてアメリカのジャンクフードしかないし、揚げ物ばかり。
経済的に貧しい国(人)ほど、炭水化物でお腹をいっぱいにするのが国策って言われますから。

またココナツオイルの生産地であっても、今は調理に使う油は植物性油脂を使うのが一般的です。
ココナツオイルの方が価格が高いですから。
スーパーに行けば、ココナツオイルが一般的ではないことが分かります。植物性油脂の使いすぎも原因かと思います。
つまり植物性油脂+糖質(炭水化物)=肥満
こういう構図じゃないかと。

あとパーム油の方が安価なので、それを食用にしているのは世界どこでも同じだと思います。ココナツオイルとは全く別物ですしね。




No title

すみれさん、

やっぱりそうですか、
情報ありがとうございます。

私もたぶん、糖質が多いのだろうと思ってました。
インドネシアなんかでは、パーム栽培が相当多いようで、
パームを使っていて、
ココナッツオイルはあまり使ってないのかもしれませんね。

肥満ランキングでは、低いですから。


ココナッツオイルにやせる効果があるのかどうかは別として、、
やっぱり順番があって、
糖質制限食が大前提で、それをしないで、ココナッツオイルが
どうもこうのと言っても始まりません。

ココナッツオイルを使っても使わなくても、
糖質をやめることで健康的に痩せられるわけですし。



フィリピン、南洋の島々、中東、劇甘党で砂糖どっさり入れる習慣があるそうですよ。
肥満の原因の食習慣がわからないとなんとも言えない。
運動の習慣とか生活習慣もありますし。ちょっと前はトマトの痩せる効果ってマスコミがやってたな…。
その時ちらっと、イタリアの中年以降の体型が頭に…。
食事は一種類の食材だけじゃない。一種類だけ取り上げてもね。組み合わせでどんな種類どれだけ食べて、運動してるか
結局、満遍なく偏らないで、毎食食材組み合わせ考えて、毎日多種類の食材を少しずつ何種類も食べる。最高の贅沢で健康的なのだと思います。
ココナッツオイルも程ほどに適度に食べるのがいいのではないのでしょうか。

No title

みずほさん、

>フィリピン、南洋の島々、中東、劇甘党で砂糖どっさり入れる習慣があるそうですよ。
そうなんですよね~。
そういう国々って、アメリカなんかから加工食品が大量に入ってきているという印象を持っています。
ペットボトル飲料とか、スナック菓子とか・・・
アメリカの加工食品メーカーの食品を
栄養素の事とか何も考えずに、受け入れてしまい、
甘いものに馴らされてしまっているのが問題だと思います。


>結局、満遍なく偏らないで、毎食食材組み合わせ考えて、毎日多種類の食材を少しずつ何種類も食べる。最高の贅沢で健康的なのだと思います。
ココナッツオイルも程ほどに適度に食べるのがいいのではないのでしょうか。

そのとおりだと思います

No title

ご自身で分かっていて否定前提の付け焼刃論法って野党みたいですよ(^_^;)

No title

お猿のかごやさん、

あなたのかごに乗っているのは誰ですか?

No title

不飽和脂肪酸100%の油が未熟児や病人の栄養補給に長年使われているわけではないです。
流動食に使われている油の中に、不飽和脂肪酸100%の製品が使われているということですよ。
様々な栄養素(脂肪酸も様々配合されています)がさみだれ式に働くようにそれぞれの製品が設計されているのです。
速攻性が期待される不飽和脂肪酸が使われている割合は、脂質全体の中でも1/5程度ではないでしょうか。
ココナッツオイルが太るとは直接的な表現では言うべきではありません。

No title

上の方、

>不飽和脂肪酸100%の油が未熟児や病人の栄養補給に長年使われている。
そんなことは、書いてません。

>中鎖脂肪酸100%の油は、手術後の流動食や未熟児のエネルギー補給などに長年利用されています。
と書いてます。

これについては引用元は日清オイリオです。
そして同社は中鎖脂肪酸油100%の製品を何種類も売っています。

このフレーズに問題があるなら引用元に言って下さい。


人間の体の中で、カロリーとして利用されやすいものは、
どんなものでも、たくさん食べれば太ります。

「中鎖脂肪酸は体脂肪を減らす」
というフレーズのほうが問題だと思います。
さみだれ式と言いたいというのは、
それぐらいは想像はついています。
具体的にどういうことかここで証明して下さい。
そんなことは科学的な証明ができない
ということも承知の上で記事を書いています。

No title

オイルですものね、いろんな角度からのご意見を読みたいと思い、参考にさせていただきました。
やっぱり、食べるだけで痩せる物なんてないと思います(笑)。

それを踏まえた上で、私の体験談を書かせていただきまと、
ココナッツオイルを食べはじめて、痩せやすくなったのは事実です。
ただし、運動とセットでないと意味がなくて、運動に使うエネルギーを、体内の脂肪から引き出してくれている様だなと感じています。
頑張った分が結果に出るのが嬉しいです。

なので、太ると断言は少し言い過ぎかなぁと思いました。
あくまで個人的な感想ですが、
ココナッツオイルは魔法の薬ではないけれど、サポーターとしては優秀ですよ。

No title

上の方、

>ただし、運動とセットでないと意味がなくて
どのようなダイエット用健康食品でも、こう言いますね。

蛇足ですが
下剤として使えるかもしれませんが、やめたほうがいいと思います。

No title

なるほど…。
批判もありますが、こうやって考えを提示してくださると、皆さんで議論できるので、
それを総合的に読むと、ほんと勉強になります。
よって、途中で提案者の考えが他の方の一部の意見をうけいれるのは、それはディスカッションならではということで、よいのでは?
重箱の隅をつついて全然考えを受け入れない国会の野党と同じにしないほうがよいかと思います。
日本食文化に自信をもち、ココナッツオイルのダイエット効果を過信しすぎずに、ココナッツオイルのおいしさをとりいれていきたいと思いました。

No title

ゆりえさん、

>途中で提案者の考えが他の方の一部の意見をうけいれるのは、それはディスカッションならではということで、よいのでは?
重箱の隅をつついて全然考えを受け入れない国会の野党と同じにしないほうがよいかと思います。

あなたが与党なのか野党なのか、どちらがどちらかは知りませんが、
議論がどうとかディスカッションだか、意見を受け入れるとかどうとか、
そんな、重要な話ではありません。

結局のところ商売の話でしょ?

通りすがりさんの国会ごっこに付き合うような、
めんどくさい事は、ごめんこうむります。

半信半疑でココナッツオイルを試してるところです

ネットで検索しても良いことばっかりで、
本当のところ、どうなんだろーと。「ココナッツオイル デメリット」検索で
こちらに到達しました。参考になります。
1瓶買っちゃったので、コーヒーに混ぜて飲んでいますが、
様々なことは過信せず、美味しいから料理に使用する。という気持ちに切り替えて、
とりあえず、使い切ろうと思います。ありがとうございました!

No title

半信半疑でココナッツオイルを試してるところですさん、

嗜好品として摂るのはまったく問題ないです。
おいしく食べてくださいね。

No title

一ヶ月ちかく毎朝コーヒーに入れて飲用しました。
結果体重2キロウェスト3cm増えました。。。。
他に原因がないのでオイルのせいですね。

もう辞めます、、、

No title

pakusi さん、

そうでしたか。

また何かあったら教えてください。

No title

pakusiさん

油入れてコーヒー飲んだら太るに決まってるじゃないですか…
あくまでココナッツオイルはバターやサラダ油、もしくはラードなどの動物油の代わりに使えば、それらよりもエネルギーになりやすいという代物ですし…

食生活もあるかと思いますが、私はちょっと痩せましたし、月経の日の前に起こる暴食が減りましたけれどもね。

No title

上の方、

なるほど、
ほかの油をやめ暴食もやめれば、やせるかもしれませんね。

ココナッツオイルが太る太らないの問題と、それを使っている人たちの肥満度は関係ないと思います。それ以前に、かれらの食生活が炭水化物と糖類(過度の砂糖入りおやつ、フルーツ)と揚げ物だらけだからだと思います。彼らがどのオイルを使っていたとしても、あれだけ油物を食べれば変わらないでしょう。

No title

上の方、

私は胡散臭いマスコミ報道より、日清オイリオのHPのほうを信用しますね。

パンにつけて食べろとか、いつもの食事にプラスとか
報道されていますがあれはおかしいですし、

>あれだけ油物を食べれば
"あれだけ"がどれほどのものか知りませんが、
もしそうであったら注意事項として注意喚起するべきです。

それをやっていない以上、少なくとも痩せるとはどうしても考えられないし、
むしろ太るといっていいと思います、

肥満率

はじめまして。

日本の肥満率は低いですね。
日本女性(男性)が痩せすぎてキモイというのは常々思っています。

海外旅行してる日本人がテレビに映るとひどい体型のときありますから…。
海外の人と並ぶと痩せのひどさがよく分かります。
栄養失調かガリガリの老婆のようです。汚い見苦しい体型です。

日本人は悲しいですが意思がないです。女性を痩せろと追い詰めますし。
ダイエットメディアに踊らされすぎなので、
「均整のとれた美しいスタイル」を目指してほしいです。

ただ日本人はもともと虚弱体型の人種かと思います。
アジア系は貧相だから猿とか言われるのか?と思いました。

それでは、失礼いたします。

No title

通りすがりさん、

実際私も、
海外へ行っって、自分が貧弱だと思いました。
日本でハイヒールを履いて歩いていると、
私はほかの女性を見下ろしてますが。

日本人はそのうえ、帽子を目深にかぶり、長そで長ズボンで、
青白い顔をして
何か悪いことをした人みたいに、お日様を避けて歩いているんですよね。
堂々と歩けばいいのに・・・

でも・・・
背が低く、浮き輪のようにおなかまわりがポッコリ出ているのも、
痩せとは言えなくても、恰好のいいものではありません。
カルシウムが不足しているのか、
まず、背が低いのが問題だと思います。

ココナッツオイルのデメリットが知りたくて読みました。
最近ダイエットを始めて、運動と組み合わせて試したらどうなんだろう?と思っていたので、とても参考になりました。
著者様はたくさん研究してらっしゃるので、長身でスリムな方なのですね。
私は低身長なので、背が低いのがまず格好がつかないと書いてあってちょっとショックでしたが、ちんちくりんなりに努力しようと思います。

No title

上の方、

読んでくださって、ありがとうございます。

身長体重については、
日本人全般(特に老婦人、あるいはビジネス、スポーツでも)
外国人と比べてどうか(不利なのでは?)ということで書いたつもりです。
それで日本人は、カルシウムなど動物性食品が足りないのはまちがいないと思いました。
私自身、外国へ行って、自分がガリガリで貧弱だとつくづく思いました。
お気を悪くされたら申し訳ありません。

日本人はココナッツオイルなんかより、ちゃんと動物性食品を食べるべきだと思います。

No title

ココナツオイルで痩せると聞いたので、2週間毎日3回スプーン1杯飲んでいたところ2kg太りました。運動は週に3回ジムで筋トレ(本格的なもの)、毎日水泳(競泳の練習。マスターズ水泳の選手です)1時間半をしていますが、痩せるどころか手持ちのズボンが入らなくなりました。一昨日からココナッツオイルを飲むのを止めると体重が1kg減りました。考えてみると毎日500kcalほどよく時とは別に摂取しているのだから太って当然です。

No title

やまちゃんさん、

ココナッツオイルにしろ何にしろ、あるいはケトン代謝になったとしても、
カロリーオーバーすれば太るようです。


それにしても、
>運動は週に3回ジムで筋トレ(本格的なもの)、毎日水泳(競泳の練習。マスターズ水泳の選手です)
すばらしい!!

確実に肥りますよね

私もココナツオイルで肥りました。
そもそも和食派で煮物にも油使わない砂糖入れない派なので。
食べない油スプーン一杯でも食べたら肥りますよね。
ミランダカーとかは肉喰う人種なのでバターの代わりに、っ
て事かと今更ながら気付いてしまいました。

そういやアメリカの料理映画に料理長が
ダイエットと健康の為にバターでなく生クリーム使いましたとか説明入れてて
え、意味わからん、ってカルチャーショック受けてた事忘れてました。

暑い所は体力的な面で砂糖と油が必須だったんでしょうが、
クーラー暖房機完備の今の日本と私の体質では合わない
と言うことに気付いてしまいました。
オリーブオイルならスパイスオイルとして保存して
パスタ料理とかに使えますが、
ココナツオイルはこれまた残った油がどーしよーもなくて
たまにオイルプリングでもして消費頑張ってマス。

母の痴呆にも効いてないし!宣伝にやられました。

No title

あさん、

やっぱり、カロリーオーバーすれば太りますね。

>そういやアメリカの料理映画に料理長が
ダイエットと健康の為にバターでなく生クリーム使いましたとか説明入れてて
え、意味わからん、ってカルチャーショック受けてた事忘れてました。

こういう意味不明な誘導って多いですよね。

ココナッツオイルは料理なんかには使いにくいみたいですね。

栄養と料理今月号ではココナッツオイルには特に絶対的なダイエット効果は見られないという記事が掲載されています。
東京大学医学系研究科、公共健康医学専攻、社会予防疫学分野別教授の佐々木敏さんの記事です
コマーシャルバイアスについても触れています

No title

適当でさん、

情報ありがとうございます。
ココナッツオイルは、まさにコマーシャルバイアス。

これでこそ「栄養と料理」ですね。

ダイエットから見えた国際問題

いい記事だと思います。
これはダイエットとかそんな問題じゃないんだ、実は。
もっと根深いグローバリズムの弊害があるんですよ。

豊かな先進国では見向きもされなくなった肉類が、太平洋諸島の国々に輸出され、安い輸入食品があふれ、ナウル共和国では成人の77%が肥満であり、多くの人が危険なほど太る事になった。


アメリカからは七面鳥の尻部、オーストラリアおよびニュージーランドからは羊の皮などが入ってくる。
こうした脂肪分の多い組織は、以前はペットフードや肥料に使われていたが今では食卓の人気者である。

トンガでは地元産の魚は輸入された肉類よりも15~50%も高い。
こうした肉類を輸出する国々を『食の大量虐殺』と非難する人もいる。

サモアの保健相ムリタロ・シアファウサ・ブイはこうした輸入肉を
「富裕国が貧困国に押し付けるジャンクフード」と呼ぶ。


経済の豊かな国は健康に良い食事をとり、油肉を発展途上国に流通で押し付けてるから、貧困国程肥満が多くなって、死人が増えてる。国連も問題視してるんだ。

ちなみにスイスはパンも乳製品もとびきりマズいよ。
あそこは採れた小麦を備蓄してから流すから、1〜3年も前の小麦でパンを作るんだよ。
傭兵国家だったから、備えてるんだよね。
バターなんて真っ白で、食べつけない匂いだし、味も酸化したショートニングと石けんでも混ぜたみたいだった。
ニュージーランドのバターは美味しかったよ。日本のメーカーと変わらない位。

国によって歴史も現状も違うから、この表だけでココナツオイルが太るとは言えないんだよー、という通りすがりの余計な一言でした。

No title

ととさん、

>もっと根深いグローバリズムの弊害があるんですよ。
それはありうる話ですね。

日本だってTPPだのなんだのって、いじめられているんだから、
もっと弱い立場の国々は、
ゴミみたいなものを押し付けられていても不思議ではありません。

日本で言うところのジャンクフード…例えばコーラとか、
加工食品も入ってきているのではないですか。


原産国の人たちの食用になるココナッツオイルも、
その国の人たちにとっては、
輸出すれば、手っ取り早くお金になるのでしょうが、
ほとんどタダみたいな値段で、買いたたかれているに違いありません。


こう言っては産地の人たちに失礼になるかもしれませんが、
ココナッツがすぐれた食品とは思いません。
(せっけん等工業用の材料としてなら人々を太らせる原因にはなりませんが)

なんということもないただの油を、
2000円、3000円というとんでもない値段で、買わされている
日本人は鳥の尻を買わされるよりもっとバカみたいかもしれません。


どちらにしろ油脂ですから、カロリーが高く、
太りやすい食品であることには違いないと思います。
非公開コメント

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきて、
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ