ダイエットの話・・・テレビは、お化けやしきです

162549291cf321d069955c3898a51c27[1]
(オンエア見てない。ネット情報だけで、もらい泣きしちゃいました。
パニック障がいも、摂食障がいの人と、育ち方や、性格が似ているんですよね)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前振りです(笑)

先日はいやな夢を見ました。
万引容疑でとっつかまる、夢です。
駅の近くのおしゃれなスーパー、
家に近いし店員さんも顔見知り、便利なのでここで出入り禁止にされたら、
困るよなーと思っているところで、目が覚めました。

前夜に弁護士が詐欺師を追い詰めるという
テレビを見ていたからだろうと思うんですが、
それにしても、あの番組はヤラセ臭いですね。

私はスーパーの、セルフレジとか、マイバックとか、
悪いことをしようと思えばできてしまうと、納得できないところがあるし、
変に疑いをかけられても、いやですよね。

ちなみに私は、ニャーとか、ワンとか鳴く、
動物さんセルフレジが好きで、楽しませてもらってます(笑)
こういうのは安売りスーパーにはありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここから本題です。

摂食障がいのテレビ番組は、ネット上で動画も見られますが、
まるで怖いもの見たさの、お化け屋敷みたいですね。
これはひどいと思いますよ。

210729_tv3[1]

曰く
「拒食症その病の恐ろしさ」
「摂食障がい恐怖の真実」
「女性を蝕む拒食症の恐怖」 
「過食の衝撃映像」


あげくの果ては・・・
「女性の症状に医師が驚いた」
「治療に前向きだった少女が医師にうそをつくようになった」

ここまでくると、お笑いですね、
医者までがモンスターの、被害者ですか??
テレビはヤラセとしか言いようがありません。

散々お化け屋敷を見せておいて、
その人がどうやって克服したかという話になると、
友人の何気ないひと言がきっかけとか、
病院で24時間拘束されて、点滴治療を受けたのがきっかけとか
恋人ができたからとか、
オーストラリアの医者のひと言だとか・・・

まあ、まれにはそういう人もいるかもしれませんが、
それで治ればだれも苦労はしませんね。
それで治るのであれば、
遠野なぎこさんはとっくの昔に、まともになってます。

もちろん自分で、「これは病気かもしれないから、手を打たなければいけない」
と、思うのなら、かまわないと思います。

しかし第三者が、「あなたは恐ろしい病に蝕まれています」などと言うのは、
医者であっても失礼だと思いますね。

医者には摂食障がいは治せません。
医者の教科書には書いてないからです。


未来蝶.net より、医者の言葉。
http://future-butterfly.net/
========================引用はじめ(抜粋)
-自助活動に対しての理解みたいなものが、少しずつ医師の方々の間でも浸透してきているような印象があります。

 私たちは結局病気を治せないわけだけれども、やっぱり自助グループに力があるというか、そこで回復されている人たちがいっぱいいて、みんな助け合って生活している。そこにすばらしさを感じます。私たちができないことをみんなでつくり上げていらっしゃる。そういうのをたくさん見てきて、やりようによってはそういう場をつくって支え合うと、やっていけるんだと実感しました。それをアメリカでも見てきたし、日本でもいろんなところにそんな活動があることがわかりました。
 医学教育は病気の経過についてもある程度わかっている範囲では教育をしてくれるわけですが、回復のプロセスはわからない部分がたくさんあるのです。統合失調症でもどうやって回復していくのかとか、そんなことは余り教科書には書いてありません。アルコール依存症は全く書いてないし、摂食障害なんか書いてないよね。

-アルコール依存症も書いてないんですか!

 書いてない。ただ、断酒率が何パーセントだとか断酒会とかAAがあるとか、そのぐらいしか書いてない。

==============================引用終わり

3e9a23a34746a01002abb7b7dbea301a[1]
(お借りした画像です、本文とは関係ありません)

恋人ができれば、やめられる
結婚すれば、やめられる
子どもができればやめられる・・・

依存症について、そういう甘い考えはやめてください。

それは結局、他力本願で、やっぱり依存症の言い訳なんです。
本人同士はそれでよくても、
そのときは一瞬やめられても、
そのしわ寄せは、子どもに行きます。



依存症の症状を抑えることはできます。
(たぶんパニック障がいも、よく似ている)

勉強をしましょう
本を読みましょう
自分を表現しましょう


もしも、娘や息子がダイエットのことばかり考えていたり、摂食障がいだったら、
母親が変われば、子どもは簡単に変わります。
褒めればいいんです。
大人の価値観による規範的な行動や、成績などの結果をほめるのではなく、

心や、感性や、人格のいいところを見つけてほめたほうがいいと思います

ちなみに私は、たまにですが、
長男には「トンビがタカを産んだようだ」、みたいなことを言います。
次男には「いろんなことを知っているね」とか「やさしいね」という感じで言います
褒められた事のない私は、ここにいたるまでがものすごく苦しかったですが・・・



症状が出ないうちにやりましょう。
症状が軽いうちにやりましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

RIMG036.jpg
季節の香り、ミョウガの梅酢漬け、さっと茹でて、白梅酢に漬けると
きれいなピンクに発色します。

RIMG03.jpg
いただき物のクリを茹でました。
大きくてピッカピカ、立派なクリでした。
こういうものは過食できませんね・・・


つづく
スポンサーサイト

コメント

No title

私は中学のときに拒食症になりました。
入院したこともあります。
ただ入院して体は回復しても心と拒食脳は回復しなかったです。
今は23歳ですがこれまで痩せたり太ったりの繰り返し。今はぽっちゃりです(笑)
ですが昨年からもう痩せることだけに一生を費やすのは嫌だ!もっと楽しく普通に?いきたいと思い、だんだんと痩せていることだけに執着することがなくなってきました。
それには食べることはもちろんですが一番は心の問題を解消できるようにしてきました。

ブログ、読み返してます。
普段ふあーっと過ごしていては騙されそうな世の中のこととてもわかりやすく勉強になります。

  • 2015/04/15 (Wed) 15:14
  • 拒食症 #-
  • URL
No title

>昨年からもう痩せることだけに一生を費やすのは嫌だ!もっと楽しく普通に?いきたいと思い、だんだんと痩せていることだけに執着することがなくなってきました

よく気がついてくださいました。


>今はぽっちゃりです(笑)

それで十分です。

そして読んでくださってありがとうございました。

  • 2015/04/15 (Wed) 18:52
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する