美談の裏に家庭問題あり・・・田宮五郎の場合・・・

これ、すごい話ですね。
田宮二郎さんの活躍を、リアルタイムで見てきた年代としては、
すごく悲しい話です。

===========================引用はじめ
田宮五郎さん くも膜下出血再発…最期みとった浅野ゆう子憔悴

Photo By スポニチ

 78年に死去した俳優田宮二郎さん (享年43)の次男で、くも膜下出血で闘病中だった俳優の田宮五郎(たみや・ごろう、本名柴田英晃=しばた・ひであき)さんが6日、東京都内の病院で死去した。47歳。葬儀・告別式は近親者で済ませた。闘病を支え、交際していた女優浅野ゆう子(54)が最期をみとった。浅野は憔悴(しょうすい)しきっているという。

 関係者によると、田宮さんは今月2日、都内の自宅で、同居していた浅野の目の前で倒れた。驚いた浅野は救急車を呼び同乗。搬送された都内の病院で付き添った。

 田宮さんは病院で、2年前にも患った「くも膜下出血」と診断された。浅野は昏睡(こんすい)状態に陥った田宮さんの手を握るなどして回復を祈ったが、意識は戻らず、6日未明に帰らぬ人となった。

 最初にくも膜下出血で倒れたのは12年4月。この時は8時間に及ぶ手術を受けた。同年12月の退院時に付き添った浅野はコメントを発表して交際を認めた。

 周囲によると現在、浅野は憔悴しきっており、7年間交際したパートナーの死去についてはコメントを出していない。

 田宮さんは、ドラマ「白い巨塔」などに主演し猟銃自殺した故田宮二郎さんの次男。母は元女優の藤由紀子さん(71)で、兄は俳優でテレビリポーターの柴田光太郎(48)という芸能一家に育った。39歳だった06年に俳優デビューし、同年のNHK大河ドラマ「功名が辻」に黒田長政役で出演。浅野とはデビュー前からの知り合いで、07年から交際していた。闘病中も2人の絆は変わらず、最近まで黒い杖(つえ)を付いて歩く田宮さんの傍らに、浅野が寄り添う仲むつまじい姿が近所で目撃されていた。

 浅野は10月31日に主演していたフジテレビ系昼ドラ「ほっとけない魔女たち」の放送が終わり、オフに入っていた。2人の時間を大切に過ごそうとしていた矢先の別れ。ブログの更新は田宮さんが倒れる前日の今月1日で止まっている。

==============================引用終わり

img2610da19zikazj[1]


田宮五郎さんって、お父さんの田宮二郎さんにそっくりで驚きました。

乗り移っているんじゃないですか?
五郎という名前も、白い巨塔の財前五郎からとったそうです。
何でそんな名前にしたんでしょう、田宮二郎さんも
二郎さんが主役を務めた名作ドラマの主人公、
財前五郎(推定)も、40代でがんで亡くなっているんですね。
その上見た目がそっくりとなれば・・・・


田宮二郎さんは、当時としては異例の独立をしたんだそうですが、
うまくいかず、多額の借金があったんだそうです。

=======================掲示板より、引用はじめ
114 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2014/11/10(月) 07:01:05.36 ID:Hjezxg9CW.net>>89 
その発端となった独立も、ちょっとブライドが高過ぎたってことなどが
原因だったとか。
自分の扱いが、映画出演者内で、二番手となってたのが許せなくて、
また作品的にも口出ししたいなどの「知性」があったために災いとなったんだって。
二枚目俳優で通ってたんだから、呑気にスター人生を謳歌してれば、何も問題なかったか。
生まれは三井の番頭(今で言う三井財閥の重役みたいなものか)の家だったが、
その父親を早くに亡くして、生育期に苦労もそれなりにはしてるとか。
生まれ良くて、顔も良くて、頭も良い。まあプライド高くなってしまっても仕方ないか。

===========================引用終わり
(今日あたり、週刊誌を賑わしている、水谷豊も大丈夫でしょうか?)

自分に対して、完璧を求めすぎたのでしょうか、完ぺき主義は病気です。

それに自分の姿しか見えていない、
自分が死んだら、子どもはどうなるのかとか、考えなかったのでしょう。
自己愛的ですよね。
自殺は家族の病であり、罪悪です。

最近、がんにかかったアメリカ人女性が、動画で自殺(尊厳死)宣言をしましたが
全然美談なんかじゃありません、
本人は自殺であり、まわりは自殺ほう助です。
自殺は家族の病です。



田宮五郎さんは39歳で俳優デビューする前に、
父の言いつけにより、いろんな職業を体験していたんだそうです。

田宮二郎さんの時代はそれで良かったのかもしれませんが、
今時そんなのはありえないと思いますが・・・?

見た目からしてそうですが、
堅苦しく、融通の利かない、
そういう意味で、ストレスの多い家庭だったのではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実を言うと、私の実家の本家の従姉は自殺しましたが、
その下の従弟は若くして、くも膜下出血で亡くなりました。

その二人のお母さんである伯母は、今でも私に
あなたの実家(分家)のお墓の掃除をしておきましたよ、とか、
お彼岸には花を供えておきましたよとか電話をかけてきます。
自分の腰痛がひどくなると、
あなたがお墓の守をやりなさい、と電話をかけてきます。

私は口では、「そうですか、そうします」とか言って、
母が死んだら取り壊す予定の、お墓に花なんて供えません。
またゴミを作るだけなんです。すぐまた掃除に行かなければなりません。
その上自分の家のお墓はきれいでも、その捨てた花や包み紙で、
墓地の共有部分はごみの山があってきたないのです。


伯母の家庭は、夫(従弟)をなくした嫁さんと息子たちが同居していて、
お金に困っていて、
近所で葬式があっても、香典のお金がないので、
私の母に借金をしていました。

嫁さんは、男を引っ張り込んでいるという、うわさまであったんです。
それに比べて、伯母は(自分だけは)表面的に立派なんです。
私の実家(分家)のお墓の心配をするヒマがあるのなら、
自分の家族(孫)の心配をしたらどうだっ!!て、思うんですがね。
スポンサーサイト

コメント

白い巨塔と言えば

田宮二郎さんの財前が一番好きです
役を演じているというよりは
もう財前が乗り移っている感じで
死ぬ寸前の回なんかは本当に
このまま死ぬの?と思うほど

里見役は韓国のリメイク版の
俳優さんが良かったです
(名前もわからないですが…)
財前を真人間に戻したい感じが
じわじわ来ました

前にも財前のように
メスが切れてなんぼ、の医者は
謙虚さがなくて
冷たくなりがちなんですが
財前は子供のままお山の大将で
ただ一番になりたかっただけ…

田宮二郎さんもそうなんですね

  • 2014/11/15 (Sat) 13:58
  • きく #-
  • URL
No title

きくさん、

田宮さんの財前はすごいですよね。

韓国のリメイクも見られたんですね。

小説、ドラマと解釈はいろいろあるみたいですが、

私はスピリチュアルとか、あまり信じないほうですが、
こういうのってあるのかなと思います。

  • 2014/11/15 (Sat) 17:09
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する