すごい!!牛肉で末期がんが治った!!

1795714[1]
(画像はお借りしたイメージです。
アヒージョ、とは、エビなどの食材を、ガーリックオイルで煮たもの、
mikaさんのブログの画像には、エビ以外に
ウインナーソーセージも入ってました、うまそー)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が時々、読ませていただいている、mikaさんのブログからです。

私の記憶によれば(なにしろ末期宣告以後の年月が長いので・・・6年ぐらい?笑)
mikaさんは、末期の乳がんで、手術などの治療ができない状態で、
病院のそのほかのがん治療もやらない事にしました。
余命宣告も受けました。

mikaさんは、代替療法も、やっていません。
保険外治療はもちろん、
ゲルソン療法も、玄米菜食もやられてないようです。

やっているのは痛み止めなどの、対症療法だけです。


その後も、余命宣告を大きく越えたばかりか、
だんだん、がんが治っていったのです。




勝手ながら、引用(抜粋)を貼らせていただきます。
なお、mikaさんのブログは、1日何十件もの、コメントがきますし、
がん患者さんのコメントもあるので、部外者の私のブログには、
リンクを貼るのは控えさせていただきますので、ご了承ください。
============================引用はじめ
そういうつもりはございませんが・・(笑)
2014-11-13 16:20:43
テーマ:ブログ


今日もご訪問ありがとうございますラブラブ

お肉食べました!

和牛もも焼肉用4枚( ´艸`)

おいしかったぁ(笑)

次の日は調子に乗ってまだ食べたことなかったアヒージョを作って~

食べました!

バケット2切れ、アヒージョちょこちょこっと

完璧に味がわかるわけではないけど、そんなんかまへん、かまへん音譜

ちょっとわかって食べられたら~^^

================================引用終わり

以前にも、がんが小さくなったという記事はあったんですが、

今まで食欲がないと書いていたので、心配していたんですが、
びっくり!!
牛肉をおいしく食べられたとは!!

それにしても、mikaさんの人柄でしょう。
かまへん、かまへんって、こういう場合、
すごい魔法の言葉かもしれません。

mikaさんのブログは、
ユーモアがあって、ポジティブなんですよね。
おしゃれもそれなりに楽しんでいる様子がわかるし、
ネコちゃんたちの画像もかわいい。

がんが治るのも、mikaさんの性格によるものが大きいのではないでしょうか。

窮地に立ったとき・・・じゃあどうするか、
人をあてにしないで、自分を救えるのは自分だけ・・・と、
あらためて、mikaさんに教えられ、
免疫力をわけてもらったような気がします。

yakiniku[1]
(イメージ)

================================引用はじめ
治るかも・・?
2014-11-21 16:49:37NEW !
テーマ:ブログ

今日もご訪問ありがとうございますラブラブ

昨日何気に気づいたんですが・・

脇の下にあったピンポンぐらいの大きさのシコリ・・

ないです!w川・o・川w

いつなくなったんやろ・・

まったく気づかへんかった

ほんまにペッタンコにないねん・・

あったのが嘘やろってなぐらいにヽ((◎д◎ ))ゝ

落としたんやろか・・

・・・m(_ _ )m (;^_^A

ありがたいことやけど、どっかに移動してへんかったらいいな(^_^;)

初めてマジで治るかも?と思った日でした

来月、先生に報告してきます。

なんてゆうかなぁ~

認めへんやろなぁ~( ´艸`)
==============================引用終わり

牛肉と、アヒージョを食べた記事の
9日後の記事がこれです。

私は、移動したとは思いませんね。
どっかに落としてきたんですよ!!

でも拾った人は、絶対にmikaさんに返さないでくださいね。
そして、自分のものにもしないで、適切に処分してください(笑)


==============================引用はじめ

こんな再建あり?
2014-11-23 16:03:23NEW !
テーマ:ブログ

今日もご訪問ありがとうございますラブラブ

あれからシコリが戻ってきてないか確かめることが多くなりました。

今のところその様子はありません(笑)

これで膿が出なくなればパットもはずせるかも~

これがなくなったら毎日の煩わしさはなくなり、癌患者っていう気はせーへんと思う( ´艸`)

胸の膨らみは戻ってこーへんけど・・

枯れてシコリもなくなって・・

これって、どうなんやろ?

このままの状態からの再建手術ってできるんかな?

癌とらんと再建しはった人ていはるんやろか?

私はもうえええけどこれから結婚しはる人やったらある方がいいもんね(^_^;)

色んな場合の結果が知りたいなぁ~

と思うのは私だけやろか?

自然治癒→乳房再建→何事もなかったかのよう~

になったら最高やんね^^

痛みですが・・

これはシコリが枯れてもなくなってもやっぱりある

以前ほど強くはないけどモルヒネを飲んでいてもわかる程度には・・

呼吸苦は薬が切れない限りはまったくなし!

ここにきて、またムクムクとある事を試してみたくなるこの頃・・

そう!

減薬~( ´艸`)

たぶん去年の終わりくらいからはまったく試してへんし~

そろそろいいんちゃうかと~

考え中です(笑)
================================引用終わり

そして昨日の記事がこれ・・・
すごいじゃないですか、



近藤誠さんは、がんになったらステーキでもトロでも、
おいしいものを食べなさい、
卵や牛乳も安くてお勧めと言ってます。



残念なのは、モルヒネです。
mikaさんはずいぶん昔に余命宣告をされていたからか、
医療用麻薬を使っているのですが、
以前からやめたいみたいなことを、書いていました。
なかなかやめられないんですね。

これもがん治療のひとつの問題だと思うんですが、
数日前の、朝日新聞に、こんな記事がありました。


医療用麻薬に誤解の壁 依存恐れる患者、
医師の説明不足 適切使用で熟睡得る

http://apital.asahi.com/article/iryou/2014111800003.html
2014年11月21日
【辻外記子】 がんの痛みを抑える医療用麻薬は、日本では使用が広がっていない。「依存症になる」「寿命を縮める」という患者・家族の誤解や、医師の認識不足が背景にある。学会は、正しい情報を患者側に説明するよう医師らに呼びかけている。また、患者側にも痛みや不安を医療スタッフに積極的に伝えることを求めている。

(強調はフォミ)
===============================


安保徹さんなんかは、モルヒネも使わないほうが良いと言うので、叩かれていますが、
たとえ末期がんで余命宣告されても、
我慢できるものなら、我慢したほうがいいと思いますよ。

丹羽靭負(耕三)(にわゆきえ(こうぞう)さんも、
小学生の長男を白血病治療で亡くされていますが、
動画などでも言ってますが、
抗がん剤の苦しみには麻薬も役に立たないのです。
(効いている時間が短くなってしまう、等)
丹羽さんの、長男さんの抗がん剤の苦しみに比べたら
私たち老い先短い中年が、
熟睡するため、不安を和らげるため、がんそのものの痛みを消すため・・・
そういうことに麻薬を使うのは、やめたほうが良いと思います。


この、朝日の記事は、医者の立場から叩いている人もいるようです。
はっきり言って、マスコミは患者や医者はどうでもいいようです。
製薬会社の方しか向いていないのでしょう。
テレビでは医者はまるで新種のお笑い芸人かというような、
大安売りです。
大安売りをしていると、そのうち売れなくなりますよ。
医者は使い捨てタレントでいいんですよ、マスコミにしてみれば・・・ね


くどいようですが、
医療用麻薬は、我慢できるなら使わないほうがいいです。
がんはいじらないで、自分で自分を癒してあげる・・・つまり
自然にしておけば治るんですから。


こちらも乳がんですが無治療の方です。
とても知的で、冷静な方のようにお見受けしました。
私的に参考になる情報が、たくさんあるようです
乳がん、無治療選択中
http://ameblo.jp/shiho730328/
スポンサーサイト

コメント

No title

末期とか言うの止めたほうがいいように思えてきます。

義母も乳がんで、大きなしこりが出来たと告白するように言ってきたんです、すごい悲壮感でした。

私は既にいろいろな情報を得ていたので、「こういった情報もあるよ、DVDも見て。」と一か八か送ってみたら、素直というかお医者さんに無理な治療はしないと告げたそうです。(いやな顔をされたと言っていました。)
「もう老い先短いし、好きなようにする。」とも。
しこり小さくなって、仕事もたまに行くようになりました。

詳しく聞いてはいないのですが、ビタミン剤はもらって通院しているとの事です。3年位経ったでしょうか。

では又その後の事、何かあれば投稿します。

  • 2014/11/25 (Tue) 21:09
  • アイスバーン #-
  • URL
No title

アイスバーンさん

お義母様、すごいですね。

>「もう老い先短いし、好きなようにする。」とも。
しこり小さくなって、仕事もたまに行くようになりました。


自分でわかるということは、大きかったんでしょうね。
長生きの人って、病気を怖がりすぎないというか、
切り替えられる、頭のやわらかさを持っているというか・・・

こうなったら末期も初期もないですよね。
「早期発見」とかうるさく言いますが
病院で治せないという、証明みたいなものです。

  • 2014/11/26 (Wed) 08:00
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する