「大根の葉は栄養たっぷり」は、真っ赤なうそだった。

RIMG0409.jpg
(最高齢の俳優、庄司永建さんは、91歳、
チーズ付きのでかい豚ステをたべるらしい、死ぬ気がしないという。)


o0720043212188967602[1]
(最高齢のキャンペーンガール、ぎんさんの娘さんたちは、
から揚げやすき焼きが大好物だそう。)


imagesUXOG8896.jpg

私はその昔、作家で尼さんでもある瀬戸内寂聴さん(92)は、
ステーキやお酒が好きで、肉を食べなければ、
作家の活動なんてできないとか言っていたので、
肉はしっかり食べようと、再確認したわけです。

毎日座禅ばかりやっている坊主なんて役立たずです。
どうぞ霞でも食っていてください。

しかし、瀬戸内さんはあれだけ精力的に活動しているんですから、
肉を食べていて当然ですよね。

(瀬戸内さんは今年、骨折で病院へ行ったために、がんが見つかってしまいましたが、
がんの手術する必要があったとは思えないのですが、
医者に丸め込まれてしまったのでしょうか?)

この方たちは、肉を食べるだけでなく、
笑顔がステキで、
ユーモアがあって面白い



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ところで、この2、3日寒かったですね。
当地も雪が積もっています。
天候が悪いと、野菜が高くなります。

野菜が高くなる前に、もうお正月の野菜の準備をしてしまいました(笑)
だって、これからメチャクチャ高くなるのに、高いもの買うのは、いやじゃないですか。
お正月まで、このわずかな野菜で食いつなぎます(笑)


RIMG0414.jpg

地物が好きなんで(笑)
地元で自家用に栽培されたものを購入。

ネギが、一把70円×2、大根、サトイモ・・・
子どもの頭ほどもある大きなカブが、1個80円で、千枚漬けにしちゃいました。

ところでこのカブに立派な葉っぱが付いていたんですが、
捨てようかとも迷ったんですが、
野沢菜漬け風の漬物にして食べてみることにしました。


葉っぱは食べられるかどうかは微妙です。
発がん物質に変化する可能性の高い硝酸たっぷり風の味がします。
おいしくないんです。
苦味となんだか舌の細胞が萎縮するような、変な感じ、
それだけでなく、繊維が硬いんです。
これがいちばん問題かも・・・

農水省のHPにも、日本では野菜は生で食べなかった。
漬物や茹でて、硝酸を抜いて食べるようにと書いてある(苦笑)ので
まず、しっかり塩で着けるか茹でて、その後水でさらして、硝酸を抜き、
それからしょうゆや酢で味付けしたので食べてみようと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実は、2、3年前に野沢温泉村の民宿のおかみさんたちが漬けたという、
野沢菜漬けを何種類かもらったんですが、
野沢温泉村で30年以上前に食べた、野沢菜漬けと、味が違うと感じました。

今のは、とにかく硬い(こわい)んです。
お正月をすぎていても、味が水っぽくとげとげして、
まろやかさが感じられません。

調べたのですが、皆さん絶賛するばかりなので、
おかしいおかしいと思っていたんですね。


同じように感じていた人はいるようです。
http://www12.plala.or.jp/green_up/h097.html
2013年 5月 9日
“野菜が硬くて食べ辛い”
 = キャベツやレタスなどの葉野菜が硬くなる、
その原因は・・?? =


 皆さん、スーパーや農家の直売所で買うこのシーズンの葉野菜が硬いと思いませんか?本当は、春に出回る野菜はもっと柔らかくて美味しい筈です。夏に近くなればなる程、 硬くなっていきます。口に入れて噛んだら蕩(トロケル)けるような、そのような上質な野菜には滅多に出会いませんから、一般的には感じない人が多いかも知れません。 しかし、有機栽培では時々そのような柔かい野菜に出合う事があります。少し高価ですが、時には美味しい有機野菜を食べて、比べて見て下さい。

 ドライブや旅行に出かけた時、例えば、野沢菜漬けなどの野菜の漬物を買って帰り、お酒のつまみにして楽しむ事があります。この時、歯に異常に繊維質が絡み、 楊枝を使わないといけなくなった事って、あるでしょう?また、私はその柔らかい野沢菜を求めて野沢温泉まで買い求めに行った事があります。ここの現地の手作り野沢菜は野沢温泉の高温の温泉水に数分浸してから漬け込みます。 高温の温泉水に浸すと柔らかく仕上がると言う事らしいです。しかし、残念ながら、こうして浸け込んだ物でも、私にとっては硬かった記憶があります。繊維質までは、柔らかくなっていませんでした。
(以下略)
================================引用終わり

やっぱり肥料過多や、栽培方法が関係あるんですよ。
有機栽培でも、堆肥などをたくさん入れれば、窒素過多になるでしょう。
有機栽培なら大丈夫とは言い切れないと思います。

キャベツやレタスだけでなく、
伝統的な野菜も、だめなんだと思いました。

生野菜(特にジュース)は危険で、食べれたものじゃありません。

野菜をあく抜きして・・・つまり酵素や、ビタミンCや、カリウム
カルシウム(野菜のカルシウムはシュウ酸カルシウムなので、
吸収がよくない上に結石の原因になるといわれている)
わざわざ手間をかけてそういった栄養素をあく抜きにより流出させて。
”健康のために”おいしくない野菜を食べるのはだまされているとしか言いようがありません。

栄養効率を考えたら、肉や卵、牛乳とは比べ物になりません。
もちろん肉や、卵が安全かというとそうではないと思いますが
たんぱく質や脂肪だけでなく、
がん患者さんが大好きなカリウムも焼いた肉の方が多いのです。


人間の体の中で、病原体や、がん細胞をやっつけるのに、
酵素が使われるのは、本当です。
しかし酵素は何万種類もあり、
人間のNK細胞の酵素とにんじんの酵素がおなじなんてことは
絶対ありえません。
万が一にも同じだとしても、人間が野菜の酵素をそのまま白血球や細胞に取り入れることは
これまた絶対ありえません。


カロチン(ビタミンA誘導体)も、がんに効くというのは否定されています。
ビタミンに抗酸化効果があるというのは、本当でしょう、
ペットボトルのお茶やジュースには、ビタミンCが添加されていますし、
油性の加工食品には、ビタミンEが添加されているものが多いのも事実です。
着色料の名目でカロチンが使われている食品もたくさんあります。
しかし人間の体は、ペットボトルの飲み物でも、パックされた加工食品でもありません。



人間の体のPH調整のかなめはカルシウムです。
これははっきりしています。
人間の体には大量の骨があるのは、からだを支えるためだけではありません。

病院で処方される薬に、
カルシウムをあっちへやったり、こっちへやったりするものが多く、
あらゆる病気に使われるのも、
(がん、高血圧、骨粗しょう症、線維筋痛症、その他)
カルシウムがとても大切な栄養素である事を証明していると思います。

繰り返しますが
野菜のカルシウムは、シュウ酸と結びついていて、吸収が悪く
結石ができやすいといわれています

だまされていましたねー
今でも大根の葉は栄養たっぷりだから、捨てないで食べなさいと言われていますが、
ウソばっかりです。
こんなもの下手に食べるべきではありませんでした。
あく抜きをしても栄養的に意味ないんだから、昔も今もおなじことです。
スポンサーサイト

コメント

No title

寂聴さん、上の写真はいつ頃なんでしょうか。
年齢60~70ぐらいと言ってもおかしくないですよね。
私の中で元祖肉食女だったのですが、本当に肉食だったとは。

90超えで乳がん見つかって手術って、そのほうが体に負担なのでは。

  • 2014/12/20 (Sat) 19:55
  • ラセテイ #u2lyCPR2
  • URL
No title

ラセテイさん、

正真正銘の肉食だったんですねー。スゴイ

>90超えで乳がん見つかって手術って、そのほうが体に負担なのでは。
私もそう思います。

寂聴さん、医者の言う事は聞いてはいけないみたいなことを言っていたんですけど、
医者に、簡単な手術で、すぐ仕事ができるようになりますよ、
みたいな事を言われたんじゃないかと思ってます。

  • 2014/12/21 (Sun) 09:04
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する