スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に科学的な治療は無治療、放置療法です

フォミの初もうでです。

RIMG0424.jpg
鳥居をくぐると、境内で売ってるものは・・・


参拝を終えて、参道では・・・

RIMG0425.jpg
この神社の名物は、串かつの立ち食い。

RIMG042.jpg
人垣を掻き分けて前へ出ると、こんな感じ。
積み上げてある串カツを、勝手に取って、
好きなだけ食べてから、串とお金をお店の人に渡します。
キャベツは、串カツの串に、突き刺して食べるのが、
ここではお行儀のよい食べ方です。

”お上品ぶっていると、一生食べれません。”



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



がんの無治療の人は結構いるものですね。
でも、がんで無治療、放置療法の人
今は健康でもがんには無治療が良いと思っている人に対して
批判するがん患者も、いるんですね、残念ながら・・・・。

無治療、放置療法を批判する人(がん患者を含む)は、
大きな間違いをしていることが多いです。
代替療法や民間療法と、無治療、放置療法とが一緒になっている人、
両者がごちゃごちゃになっている人が多いと感じます。

代替療法、、民間療法と無治療、放置療法とは、全然違います。
マクロビ、玄米菜食、野菜ジュース、サプリや栄養剤、あやしげな灸など・・・
これらの代替療法は科学的な裏づけはありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/マクロビオティック
このような代替療法は、百害あって一利なしだと思います。

ときどき
「無治療でしたが良くならなかったので、病院で抗がん剤などの標準治療を始めました、」
という主旨のブログを見かけますが、
そういうブログを読んでみると、
どうしてここまで信じ込んでしまったんだろうと驚くほどに、
代替療法にのめりこんでいたりします。
ひっきりなしに代替療法のはしごをして、
無治療の期間なんて無いに等しかったりするんです。
無治療と書いていながら、無治療じゃないんですよ!!

思い込みの強い人、依存的な人、のめりこみやすい人、”先生”を信じてしまう人、
真面目すぎる人、頭の硬い人・・・そういうタイプの人は、
近藤誠さんが言うように、最初から
くり抜きをやっておいたほうがいいかもしれませんよ!!




それでは、がんの3大療法は、化学的な裏づけがあるかというと・・・無いですね。
整合性があるとは思えません。
両刃の剣というか、
半分ぐらいは科学的でも、半分は矛盾しているように思います。

がんの3大療法(標準治療)も「科学的に矛盾がない治療」ではないのです。

例えば、
自動車が故障したとき、具合の悪い部品は取ってしまって、
ほかの似たような車から、部品を取ってきてそれを付けたら動くようになったとか、

加工食品を大量に作って流通させようとしたとき、
酸化防止剤や殺菌剤を添加することによって、
酸化しにくくなったとか、悪い細菌が死んで、商品の寿命が長くなったとか、

下水に、とんかつの揚げ油を流してはいけませんとか・・・(笑)


あるいは、人類は何千年も前に、ピラミッドを造ったではないか、
奈良の大仏を作ったではないか、蒸気機関を作ったではないか
人類の科学力はすごいじゃないか・・・・と。

たしかにそれも科学的にすばらしいこと、証明出来ることではあっても、
人体にはそのような科学は通用しませんよね!!


02_01[1]

私がこのようなブログをやっていて楽しいのは、
人間の体というのは、小さな完成された宇宙であり、
そこには矛盾もウソもないからです。

宇宙にはブラックホールがあって何でも吸い込んでしまうとか、
宇宙はものすごい勢いで膨張し続けているとか・・・
膨張していないという証明は誰にもできないらしいです。

そういうことは人間にはコントロールできませんし、
(それに私には膨張のメカニズム自体が理解できませんが。笑)



しかしその宇宙の中に、科学的に完成された地球があり、
その一部である生物、
完成された小宇宙である人体を持つ”私自身”は少しは理解できます、
私にとってそれがとても興味深いのです。


私は、安保徹さんを、3年ぐらい研究していますが(笑)
はじめは、トンデモかも、と思っていたのですが、
だいたいは科学的に正しいと、いえると思います。
それについて書いてみたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。