甲状腺がん手術はやってはいけない?

23_20150114125022f59s[1]
(福島原発の放射線はいまだ垂れ流しだが・・・)



当ブログはがんの無治療を、支持しています。

がんの原因というのは、もうすでに解明されています。
がんは慢性病で、生活習慣が大きく影響しています。

ストレスをためないようにする。
糖質はがんのエサというのは、事実です。
糖質制限食や、MEC食を実践する事でがんが防げると、証明することができます。


安保徹の新体温免疫力安保徹の新体温免疫力
(2012/10/19)
安保 徹

商品詳細を見る

(この本を古本で注文しました、もうすぐ届くと思います、楽しみ!)


がんの闘病ブログを見ていると、
よくこんなに平気で炭水化物や甘いものが食べられるなと感心したりします。
例えば・・・
”すい臓がんのお母さんに、大好きなおしるこを作ってあげた”とか・・・
実際、糖尿病だった人とか・・・
・・・糖尿病によりがんにかかる確率が増えるのは事実です。


こんなものは自業自得でしょう。
放置で十分!!

高い公費、医療費を使うなんて無駄ですよ。
近藤誠さんや安保徹さんを批判する資格はありません。
がんの無治療をやっている患者さんを批判する資格もありません。
フォミを批判する資格もないと思います。



こういう人もいます。

あるブログからの引用です。

================================引用はじめ
自己紹介

いわきの迷い子です
家族五人中二人が甲状腺乳頭ガン
私は、2014.8月に全摘手術しました
長男は、手術することは決まりなのですが未定
旦那さんは、センシュヨウセンシュ
次男は、原発事故以来 鼻血に悩まされ、
喉に違和感訴えて検査予定
長女は、幸い元気



偽りの自分

2015-01-07 13:42:03NEW !
テーマ:ブログ

私は、実母の前になると、
頑張り過ぎの自分が
現れます!

長男君の手術が、決まり
実母は、孫の代わりになりたい…と
泣きます

そのたびに
頑張ろう!✴
って言ってるけど

本当は、怖くて泣きたい自分がいます!


=================================引用終わり

私は中部地方に住んでいて、福島周辺の事情はまったくわからないのですが、
こういう家庭は多いのかもしれません。

この方は全適されたということですから、
甲状腺ホルモン剤を一生のみ続けなければならないと思われます。

まるで絵に描いたような、希望に満ちた家庭が、
こうなってしまうという、この日本。
日本はぐるりと海岸線を原発で囲まれていますから、明日はわが身でしょう。

o0720050812270581927[1]



甲状腺がんについて調べてみました。


近藤誠のがん相談室
甲状腺がん 放置したらどうなるか?

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/137160

============================引用はじめ(抜粋)
<質問>

 地方のがん拠点病院で甲状腺乳頭がんと診断されました。主治医は甲状腺並びに頚部(けいぶ)リンパ節の切除を勧めます。私は手術はごめんですが、家族は「切除しろ」とうるさく言います。放っておいたらどうなりますか?

<回答>

 甲状腺がんは、比較的まれな疾患でした。のどぼとけの下あたりに硬いシコリ(腫瘤)ができることで発見され、「未分化がん」など、4つのタイプに分かれます。「乳頭がん」がもっとも多く約9割。
 乳頭がんは、肺や骨など他臓器への転移が少なく、転移が発見されても長く生きられることが多い、生命予後が極めて良好ながんです。実際、ある統計では、15年間のがん死率はわずか2%。
 他方、別の原因で亡くなった人たちを解剖すると、その3割に微小な乳頭がんが発見されます。このことから、微小がんの99.9%は有症状がんになり得ない性質のものだといわれてきました。 

(中略)

病巣が増大した患者は9%で、他臓器転移の出現はなく、がんで死亡した患者はいませんでした。他方、7人(2%)にリンパ節転移があります。
 隈病院からの別の論文では、頚部リンパ節郭清をした微小乳頭がんでは、50%にもリンパ節転移が認められています。
 しかし、臨床上、リンパ節転移として認識できるようになるのは2%。リンパ節転移があっても「がんもどき」であることを意味しています。
 このように超音波検査で発見された微小乳頭がんは「がんもどき」と考えられます。

===================================引用終わり

乳頭がんは生命予後が極めて良いだけでなく、
手術をしたほうがリンパ節への転移が多くなるといえます。
そのリンパ節への転移も「がんもどき」だとすれば・・・



こちらのクリニックのHPには、近藤さんの言っている事と
似たようなことが書いてあると思います。
病気と手術(甲状腺癌)
http://www.kojosen.com/Sickness1.html

============================引用はじめ(抜粋)

甲状腺に発生する大半の癌は、他の臓器の癌に比べて性質がおとなしく進行がゆるやかなため、すぐに命を脅かすものではありません。告知されてすぐの「頭がまっしろ」な状態で医師にすすめられるままに手術日を決めてしまい後悔することのないように、あるいは決断するための情報を得ていただきたいと考えて、甲状腺癌について公開しました。

==========================引用終わり(強調はフォミ)

後悔する人もいるんでしょうね。
あわてて手術しなくていいと書いてあります。
どの程度切除すればよいのか、という統一された見解もないと書いてあります。
治療自体が極めてあやふやなものであると判断していいと思います。
超音波などの検査で見つかる小さな癌は悪さはしないとも書いてあります。

しかし一生のみ続けなければいけないホルモン剤については書かれていないようです。
これが大きいので、残念ですね。



福島県の甲状腺検査のやり方を見直してほしい、
と私が発言した理由

http://www.huffingtonpost.jp/kenji.../thyroid-function-test_b_5518695.html




428c31e9[1]
(チェルノブイリ・ネックレス)


実際に甲状腺がんの手術をした人でこういう人は多いようです。
==================================引用はじめ

甲状腺を失って
うずき 2014年3月27日 22:59

わたしは30代後半子どもあり既婚者です。20代で甲状腺に腫瘍が見つかり手術して乳頭癌でした。
そして一年半前また残した甲状腺の腫瘍が大きくなり甲状腺全摘でリンパ節転移でした。
甲状腺がなくなってから体調不良が増えました。薬はきちんと飲んでいます。
ですが今の病院は先生がテレビに出演したり有名な甲状腺専門病院ではありますが患者の気持ちは無視な病院で質問など出来ません。
やはり甲状腺という身体の一部を失えば人間弱くなるものでしょうか?
胸の痛み・吐き気・下痢・疲労感色々襲われます。
消化器内科では異常ありませんでした。あまりの体調不良に正直負けそうになります。まだ幼い子どもが居てその子の成長を見届けたい一心で頑張っています。わたしのように原因不明の体調不良に悩まされている方はいますか?
甲状腺をなくすとこうまで弱くなりますか?
年齢的なものもありますか?
甲状腺の手術をしてから酷い冷え性や白髪が一気に増えたり生理の量も減りました。
年齢的なものなのか甲状腺が関係あるのか…
とても不安です。

アドバイスよろしくお願いします。

=================================引用終わり

ここでも答えは、「治療はしないほうが良い」でしょう。

手術をすることによって
チラージンという副作用の強いホルモン剤を、
一生飲み続けなければならなくなる訳ですから、
その分、損なだけです。



もちろん原発による放射線のリスクは、甲状腺がんだけではありません、
今のところ甲状腺がんより心筋梗塞や脳卒中などの方が深刻らしいです。
近藤さんも、放射線には発がん性がある、晩期障がいがあるといっています。
福島原発の事故によって引き起こされたがんが今後どうなるのかは、
誰にもわからないはずです。

しかし,がんより,医療のほうがもっと怖いといえるのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する