スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相、いよいよ主治医が、がん専門医に交代か?

1201086222[1]

週間ポストの見出しから、
安倍首相を診る「がん専門医」
突然の主治医交代の裏に緊迫事態が


くわしくはこちらを・・・
http://matome.naver.jp/odai/2135842796050168401


すごい話ですね、
ひょえーーーですよ。

安倍晋三さんは膵臓がんが疑われていますね。
膵臓がんは致死率が高く、怖いらしいですよ~

私に言わせれば、がんで死んじゃう人というのは、
「名医に任せればがんは治る」
と思い込んでいる人です。
なぜ死ぬかというと、
この名医のほとんどが迷医だからです。

歌舞伎役者や、有名なタレントやジャーナリストが次々と
高度な??がん治療を受けて、亡くなっていますが、
カネさえ積めば、名医(迷医)を雇うことができて、
その名医(迷医)が治してくれると思っているんでしょうね。

潰瘍性大腸炎の、副作用の強い薬のほかに、
ステロイドという、免疫抑制効果が高く、発がん性、精神病を起こすといわれている、
ホルモン剤まで、9錠も!!使っているというのですから、
安倍さん、A層じゃないですよ、B層ですよ。

立派な名医がどうやってこのようながん患者を治すのか、
お手並み拝見です。



糖尿病と膵臓がんには、深い関係があります。
血糖値を下げるインスリンを作っているのが膵臓ですから、
シロウトが考えたって、あたりまえの話です。

20130221003622[1]
(安倍さんは甘党だそうですが、ブラックサンダーの箱買いって・・・??)


img_1[1]
(糖質制限食の江部さんが卒倒しそうな原材料)


膵臓の働きには、膵液の分泌というのもあるのですが、
体全体の健康維持のためには膵液よりも、
インスリンのほうが何倍も重要といえると思います。
膵液は糖質、たんぱく質、脂質の消化液ですが、
例え膵液が少なかったとしても、消化不良になるだけで、
やせるぐらいのことはあるかもしれませんが、それほど問題にはならないと思われます。



江部康二さんのブログからです
http://koujiebe.blog95.fc2.com/
============================引用はじめ
Re: どうか教えて下さい
ミッチー さん。

膵液は膵臓で分泌される消化液です。

高脂肪食でも余裕と思います。
例えばイヌイットの膵臓が疲弊していたという報告はありません。

私も足かけ11年、スーパー糖質制限食ですが、膵臓を含め全ての検査データは正常です。
2012/11/18(Sun) 18:12 | URL | ドクター江部 | 【編集】

=================================引用終わり

膵臓にはたんぱく質や脂質より、糖質のほうが危険だといえると思います。


o0640048012469234433[1]
(膵臓の悪い人にはバレンタインデーはあきらめてもらったほうがいいかもです)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


次は、今朝の朝日新聞からです。
=================================引用はじめ

B型肝炎ワクチン、0歳児に3回接種へ 
厚労省分科会


伊藤綾

2015年1月16日01時11分


 肝がんや肝硬変に進行する恐れのあるB型肝炎のワクチンについて、厚生労働省の分科会は15日、すべての0歳児に3回接種する方針を決めた。財源や供給量を検討した上で、早ければ2016年度に予防接種法に基づく定期接種にし、公費で受けられることを目指す。

 B型肝炎ウイルスは血液や体液で感染する。従来はウイルスに感染している母親から子どもへの感染が多かったため、妊婦を検査して感染が確認されれば、赤ちゃんにワクチンを注射する予防策が1986年からとられてきた。

 これにより母子感染は大幅に減少したが、頻度は低いものの家庭内や保育所などで子どもが感染する可能性もあるとして、予防接種が有効と判断した。

 B型肝炎ワクチンをめぐっては、世界保健機関(WHO)がすべての乳児への接種を推奨している。厚労省の部会が12年に「広く接種を促進していくことが望ましい」という提言をまとめ、接種対象年齢などの検討を進めていた。(伊藤綾)

================================引用終わり

どう考えたっておかしいです。

百歩ゆずって、例えばポリオのように、急性の感染症で派手な症状が出るなら
ワクチンは意味があるかもしれません。
(しかし、このような病気は日本ではほとんど無くなっています)

肝炎のように、慢性=キャリアになることが怖い病気というのは、
ワクチンは無効、いや、菌をばら撒くだけ、となりかねません。
例えば結核なども同じと思われます。

水疱瘡も、保菌者がいっぱいいるということは、
どうやっても自力で排除できないということなので、
ワクチンは無意味なんです。

厚労省がこんな事わからないわけはありません。
WHOからなんか言われたのか知りませんが、
製薬会社の言いなりになって、税金を無駄に使って、
病人を増やしているってことになるのではないでしょうか。



以上、画像はイメージです、本文と関係ありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。