スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らなかった!!インフルエンザの予防にタミフルやリレンザが使われているとは・・・

前回の記事の歯石に関する補足です。

ペットの歯石を全身麻酔で取るということがいまだに行われているようです。

私の知ってる人間の歯医者は、
歯周病は栄養摂取の問題によるところが大きいと言ってましたよ。

歯医者へ行くと、歯石歯石とうるさいじゃないですか。
気持ちの悪い絵を見せてこうなると、脅してくるじゃないですか。

1002perionoe0901[1]

私は、「私の両親は歯医者へ通いつめていたのに、
最終的には総入れ歯になってしまったじゃないか」と言うと
歯科医ははっきり言いましたよ「それは栄養摂取に問題があったからだ」、と。
「それを先に言えよ!!」って思いません?

カルシウム不足と、糖質過剰が、歯茎にも悪い影響を与えるのは
紛れもない事実だと思います。

骨粗しょう症と歯周病は大きな関係があるみたいです。
http://www.kokusai-dc.net/pyorrhea/014.html

糖尿病も歯周病の原因になるようです。
http://www.dm-net.co.jp/okuti/2004/02/002.php

歯石は歯周病の直接的な原因ではないというのは、常識みたいです。
http://www.furumori.jp/dental/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

では今日の本題です。
インフルエンザの集団感染です。

入院患者1人死亡
=インフル集団感染―広島

時事通信 2015年1月24日 19時41分

インフルエンザ集団感染、
90代女性が死亡 滋賀・草津の特養

京都新聞 2015年1月24日 13時15分

病院でインフルエンザ集団感染 
入院患者4人死亡 愛媛・西条市 [動画]

フジテレビ系(FNN) 2015年1月24日 7時38分


インフルエンザの集団感染があると、ニュースになりますが、
おかしいと思うのは、施設側が全員あるいはほとんどがワクチンを受けていたとか、
言うんですよね。
「ワクチンを過信していました。」なんていういい訳まであります。



o0550041212395490740[1]
(型の合うワクチンを作るのは不可能)

まったくワクチンの効果がありませんでした、では済みません。
集団感染の原因となったウイルスの型と
接種していたワクチンのウイルスの型を公表するべきではないでしょうか、

そうしないと絶対に防げるものではないと思いますよ。
そうでないと、インフルエンザのウイルスはワクチンによってばら撒いている
と、言われかねませんよ。
・・・というか、その前にワクチンの無効性がはっきりしてしまうでしょうが。



テレビでも、じゃんじゃんワクチンの宣伝が行われている・・・
o0400040013193528365[1]
(こちらからお借りした画像ですhttp://ameblo.jp/t-konomi/entry-11978951217.html
井戸田さんって、本物のバカだったんですね?)



もっと驚いたのが、
タミフルやリレンザが予防に使われているということです。
===========================引用はじめ
yotyopop3000さん
2012/2/1422:53:38
.予防のためのリレンザを服用している人がいます。その人は発症しないのでしょうか?発症しても症状が出ないのでしょうか?
私は予防接種もしていないので友人に服用を勧められるのですがどうなのでしょうか?
閲覧数:32,935 回答数:3
===========================引用終わり

私は母親が特養でお世話になっていますが、
インフルエンザのワクチンは接種してもらいました。
施設側にご迷惑をかけないために、やるにすぎません。
施設側も、無意味とわかっていても、後から責められると困るから、
やっているに過ぎないんだと思います。
もしも集団感染が発生したら、
「全員やっていたのに」と言ってもらえばいいと思うんですが・・・
つまり記者会見対策です。

私のお茶友達は、ワクチンをやらないと、
お嫁さんから、孫にさわらせてもらう許可が下りないみたいですよ。

悪しき社交辞令みたいなものでしょうか。
こういうのはやめてもらいたいです。

でもそのうちに、予防のためにタミフルを飲ませられるようになるかもしれません。
それだけは困ります。

タミフルの副作用は、突然死や脳障害の多発
http://npojip.org/sokuho/no59-1.html



インフルエンザワクチン添付文書からの副作用のコピーです。
当ブログではいろいろな薬の添付文書からのコピーをしていますが、
これほど副作用が多いというのも、珍しいぐらいです。
=================================引用はじめ

(1)重大な副反応(類薬)
以下は、インフルエンザHAワクチンの添付文書に記載
されている重大な副反応情報である。

1)ショック、アナフィラキシー(0.1% 未満):ショック、ア
ナフィラキシー(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)があ
らわれることがあるので、接種後は観察を十分に行い、
異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。
2)急性散在性脳脊髄炎(ADEM)(0.1% 未満):急性散在
性脳脊髄炎(ADEM)があらわれることがある。通常、
接種後数日から2 週間以内に発熱、頭痛、けいれん、運
動障害、意識障害等があらわれる。本症が疑われる場合
には、MRI 等で診断し、適切な処置を行うこと。
3)ギラン・バレー症候群(頻度不明):ギラン・バレー症
候群があらわれることがあるので、四肢遠位から始まる
弛緩性麻痺、腱反射の減弱ないし消失等の症状があらわ
れた場合には適切な処置を行うこと。
4)けいれん(頻度不明):けいれん(熱性けいれんを含む)
があらわれることがあるので、症状があらわれた場合に
は適切な処置を行うこと。
5)肝機能障害、黄疸(頻度不明):AST(GOT)、ALT(GPT)、
γ-GTP、Al-P の上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があら
われることがあるので、異常が認められた場合には適切
な処置を行うこと。
6)喘息発作(頻度不明):喘息発作を誘発することがある
われることがあるので、異常が認められた場合には適切
な処置を行うこと。
7)血小板減少性紫斑病、血小板減少(頻度不明):血小板
減少性紫斑病、血小板減少があらわれることがあるので、
紫斑、鼻出血、口腔粘膜出血等の異常が認められた場合
には、血液検査等を実施し、適切な処置を行うこと。
8)血管炎(アレルギー性紫斑病、アレルギー性肉芽腫性
血管炎、白血球破砕性血管炎等)(
頻度不明):血管炎
(アレルギー性紫斑病、アレルギー性肉芽腫性血管炎、
白血球破砕性血管炎等)があらわれることがあるので、
観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な
処置を行うこと。
9)間質性肺炎(頻度不明):間質性肺炎があらわれること
があるので、発熱、咳嗽、呼吸困難等の臨床症状に
注意し、異常が認められた場合には、胸部X 線等の検査を
実施し、適切な処置を行うこと。
10)脳炎・脳症、脊髄炎(頻度不明):脳炎・脳症、脊髄炎
があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常
が認められた場合には、MRI 等で診断し、適切な処置
を行うこと。
11)皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson 症候群)(頻度
不明):皮膚粘膜眼症候群があらわれることがあるので、
観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な
処置を行うこと。
12)ネフローゼ症候群(頻度不明):ネフローゼ症候群があ
らわれることがあるので、観察を十分に行うこと。
============================引用終わり

例えば幼稚園児が突然ぜんそくになったとして、
ワクチンが原因かもしれないと気が付くでしょうか?
それに気がつく人は、最初からワクチンなんかやりませんよね?

もちろん副作用はこれだけではありません。
頭痛や吐き気や、発熱や発赤や、いろんなものがあるのです。
適切な処置、適切な処置と書いてありますが、
適切な処置なんてありえません。

だいたいが、「悪魔の薬、ステロイド」の大量投与になると思われます。
自動車の、アクセルとブレーキを同時に踏んで、
自動車を壊してしまうようなものですね。
スポンサーサイト

コメント

No title

フォミさん、こんばんわ!ずーっと前にコメントさせていただいた薬剤師です。
インフル等の抗ウイルス薬の予防的投与はちょっと前までは保険適用外だったらしいのですが、今は保険適用らしいですよ!!(怖)私は調剤薬局勤務ではないので、
最近知り合いの問屋さんに聞いたんですが~(間違ってたらごめんなさい)
知り合いの病院は、インフル流行時期の当番医とかになると、働いてる人全員に
タミフル飲ませるみたいですよ(恐)
インフルなんて、死ぬ疾患じゃないのに、何をあんなに毎年みんな怖がるのか
わかりません。
息子は高校生で寮に入ってるのですが、予防接種を受けて下さいと、去年も
通達があったのですが、勿論受けてないですヨ。
3年前にインフルになったんで、しばらくは罹らないじゃないかな~。
タミフルなどでウイルスを叩きすぎてるから、毎年罹る人も居るし、重症化もしやすいんだと思ってます。
・・・で、毎年病院や(入院施設のあるとこ)老健とかで流行って、亡くなる人も
居るってのは、いかにワクチンや抗ウイルス薬が無能かを示していると思うのですが、多くの人たちは「ワクチンもタミフルもやったが死んだ!インフルってなんて
怖い疾患なんだ!」と思ってるのでしょうね~。
亡くなるのは抵抗力の無いお年寄りとかが多いのに。
でも、ニュースの病院では若い看護師さんも亡くなってましたね。
これは、タミフルのせいじゃないのかな~と思ったりしてます。
この、毎年の悪循環、どうにかしてほしいものですね~。
毎回読んでます!これからもがんばってくださいね☆
長くなってすみません

  • 2015/01/26 (Mon) 18:35
  • ぷぷ #EgNUYE9M
  • URL
No title

ぷぷさん。

情報ありがとうございます。

>インフル等の抗ウイルス薬の予防的投与はちょっと前までは保険適用外だったらしいのですが、今は保険適用らしいですよ!!

>知り合いの病院は、インフル流行時期の当番医とかになると、働いてる人全員に
タミフル飲ませるみたいですよ

もうそこまで行っちゃってるんですか。
病院だと専門家だから、こういうのはおかしいと声をあげてほしいです。


>「ワクチンもタミフルもやったが死んだ!インフルってなんて
怖い疾患なんだ!」と思ってるのでしょうね~。

がんなんかもそうだと思うんですが、
病気の怖さばかりが宣伝されているからでしょうね。

タミフルでは(昔はバファリンでも言われていた)子どもや若い人が被害にあっていると、
認識してほしいです

  • 2015/01/27 (Tue) 07:56
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。